一流ブランドの低価格スマホが続々! 全機種を比較


一流ブランドの低価格スマホが続々と登場している。ASUSやHuawei、SonyやXiaomi、OPPOなどもあり。顔認証やAIデュアルカメラ、18:9のフルスクリーン液晶を搭載するモデルも販売されている。

目次

一流ブランドの低価格スマホ まとめ パートⅠ

「ASUS ZenFone Live (L1)」「Sony Xperia L3」「HUAWEI nova lite 3」「Xiaomi Mi A2 Lite」

一流ブランドの低価格スマホ まとめ パートⅡ

「ASUS ZenFone Max M1」「Xiaomi Redmi 7」「OPPO AX7」「Huawei Mate 20 lite」「BlackBerry KEY2 LE」

海外SIMフリースマホのまとめ記事はこちら

 

顔認証&DSDS対応のASUSスマホが登場!

ASUSからは「ZenFone Live (L1)」や「ZenFone Max M1」などが販売されている。「ZenFone Live (L1)」は低価格ながらも顔認証やデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応するモデルで、「ZenFone Max M1」はそれらの他に21時間駆動する4000mAhバッテリーや1300万画素+800万画素、32GB ストレージを搭載している。いずれも2万円前後の価格になっているが、性能は抜群に良く、コストパフォーマンスに優れる。

驚異コスパで追撃するOPPOスマホ

2018年から日本で本格展開するようになったOPPOからも低価格なスマホが続々と登場している。中でも注目なのが「OPPO A83」と「OPPO AX7」。「OPPO A83」は顔認証やAIカメラを搭載しながらも価格が2万円ほど。「OPPO AX7」は大容量4230mAhバッテリや19.5:9液晶、AIデュアルカメラ(1,300万画素+200万画素)、セルフィー用の前面1600万画素カメラ、64GBストレージを搭載しながらも3万円という驚異的なコスパを実現している。OPPOからはこの他にも「OPPO R15 Neo」や「OPPO A3」が発売されており、日本での人気も高まっていきそうだ。

Huawei、Sonyのレアモデルもあり Xiaomiのコスパは健在

Amazonでは日本では発売されていないレアなスマホも多数販売されている。一万円台で購入できるSony のSIMフリースマホ「Xperia L1」はスペックが低いものの、ソニー製ディスプレイ&カメラが搭載されており、意外とお買い得。また、ファーウェイからは6.5インチの大型スマホ「Huawei Y9 2019」が3万円台で販売中。こちらはKirin 710 オクタコアCPU、19.5:9 のフルスクリーン液晶、クアッドAIカメラ、4000 mAhバッテリーを搭載し、AI機能やHisten5.0のサラウンドサウンドにも対応している。

そのほか、シャオミからは顔認証&AIデュアルカメラが使える「Xiaomi Redmi 6」、サムスンからは顔認証&18.5:9有機EL液晶の「Samsung Galaxy J8」も販売中だ。いずれも2〜3万円台で購入できるのでチェックしてみてほしい。

一流ブランドの低価格スマホ まとめⅠ

ここではASUSやファーウェイ、ソニー、Xiaomi などの低価格なSIMフリースマホをまとめて紹介する。

DSDS&トリプルスロット対応の「ASUS ZenFone Live (L1)」

ASUS ZenFone Live (L1)」(ZA550KL)はAndroid 8.0を搭載した5.5型のスマートフォン。厚さ8.1mmの薄型ボディに Qualcomm Snapdragon 430 オクタコアCPUと2GB RAMを搭載。1300万画素カメラやジャイロセンサー、2枚のSIMカードとmicroSDカードが同時に使える「トリプルスロット」を備えるほか、顔認証、デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)、分かりやすく表示する「簡単モード」、アプリや時間を制限する「キッズモード」も備えている。カラーは、スペースブルー、ミッドナイトブラック、シマーゴールド、ローズピンクの4色。専用アクセサリー「Clear Soft Bumper」も発売される。

続きを読む

「ASUS ZenFone Live (L1)」 (ZA550KL)のスペック

  • ディスプレイは5.5インチ、解像度1440×720ドットの IPS液晶
    ※ 18:9 / 画面比率 82% / HD+ / LEDバックライト / 明るさ 400 nits
  • プロセッサはQualcomm Snapdragon 430 オクタコア 1.4GHz
  • GPUはAdreno 308
  • RAMは2GB LPDDR3
  • ストレージ容量は32GBで、micro SDカードで最大2TBまで増設可能
  • バッテリー容量は3000 mAh(Wi-Fiで約16.3時間)
  • カメラは背面1300万画素、前面500万画素
  • インターフェースはmicroUSB、microSDカードスロット(SIMスロットとは別)、3.5mmジャック
  • OSはAndroid 8.1(Go edition)

Amazonで「ASUS ZenFone Live (L1)」をチェックする

18:9フルスクリーン液晶を搭載した5.7型スマホ「Sony Xperia L3」

Sony Xperia L3」はAndroid 8.0を搭載した5.7型のスマートフォン。厚さ8.9 mmのボディにMediatek MT6762 Helio P22 オクタコアCPUと3GB RAMを搭載。18:9のフルスクリーンHD + 液晶、3300 mAhバッテリー、32GBストレージ、背面1300万画素+200万画素のデュアルカメラ、前面800万画素のフロントカメラを備えるほか、指紋認証(側面サイドキー)、NFC、Cat6の高速LET通信、USBパワーデリバリー(USB PD)急速充電、FMラジオ、ステレオ録音、Googleキャスト、Bluetooth5.0にも対応している。

続きを読む

AIデュアルカメラ&19.5:9液晶の6.21型スマホ「HUAWEI nova lite 3」

HUAWEI nova lite 3」はAndroid 9.0を搭載した6.21型のスマートフォン。3D湾曲デザインを採用した美しいボディにHUAWEI Kirin710 オクタコア CPUと3GB RAMを搭載。顔認証機能や指紋認証、2枚の SIMカードで同時に 4G通信の待ち受けができる「DSDV」、グラフィック性能を向上させる「GPU Turbo」機能、カメラでスキャンして検索できる「AI Vision」機能にも対応している。

続きを読む

Amazonで「HUAWEI nova lite 3」をチェックする

4000 mAhバッテリー搭載のピュアAndroid Oneスマホ「Xiaomi Mi A2 Lite」

Xiaomi Mi A2 Lite」はAndroid One 8.1を搭載した5.84型のスマートフォン。厚さ8.8 mmのボディに Qualcomm MSM8953 Snapdragon 625CPUと4GB RAMを搭載。19:9のノッチ付きフルスクリーン液晶や64 GBストレージ、2日間使える4000 mAh バッテリー、 1200万画素+500万画素のデュアルカメラ(背面)、ジャイロスコープを備えている。また、カスタマイズされていないピュアなAndroid One OSを採用。Google の最新OSやセキュリティのアップデートが受けられる。

対応バンドは4G FDD-LTE: B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 20, TDD-LTE: B38 / 40、3G WCDMA: B1 / 2 / 5 / 8、2G GSM: B2 / B3 / B5 / B8。SIMカードはNano SIM(デュアルSIM仕様)を採用。サイズは149.3 x 71.7 x 8.8 mmで、重量は178 g。カラーはブラック、ブルー、ゴールド(グローバル)。ローズゴールド、レッド(中国限定)を用意する。

「Xiaomi Mi A2 Lite」のスペック

  • ディスプレイは5.84インチ、解像度1080 x 2280の液晶
  • プロセッサは Qualcomm MSM8953 Snapdragon 625 Octa-core 2.0 GHz
    ※GPUはAdreno 506
  • RAMは 4 GB
  • ストレージは 64 GB
  • バッテリーは 4000 mAh
  • カメラは 背面1200万画素+500万画素、前面500万画素
  • インターフェースは microUSB 2.0、microSDカードスロット、3.5mmジャック
  • 通信は Wi-Fi 802.11 a/b/g/n、Bluetooth 4.2
  • OSは Android 8.1(9.0へアップグレード予定)

※Amazonで売り切れ中

 

この続きはこちら!

目次

一流ブランドの低価格スマホ まとめ パートⅠ

一流ブランドの低価格スマホ まとめ パートⅡ

海外SIMフリースマホのまとめ記事はこちら