「Surface Go」はレビュー以上のタブレットPCか?


AmazonにWindows 10を搭載したマイクロソフト製の10.0型タブレットPC「Surface Go」が入荷している。軽量コンパクト化した新型Surfaceとして注目の製品。専用タイプカバーやSurface ペンなど豊富なオプション製品も販売される。

「Surface Go」はどんなタブレットPCなの?

モバイル性を高めた薄型軽量のタブレット。LET対応モデルも用意され、単体で通信することもできる。液晶解像度は1800×1200ドットと非常に高精細で10点マルチタッチにも対応。4096段階の筆圧感知に対応したオプションのSurface ペンを使えば、快適に手書き入力をすることもできる。また、プロセッサはCore M3-7Y30と同程度の処理能力を発揮するといわれる第7世代のインテル Pentium Gold 4415Yを採用。9時間ほど駆動できるバッテリーで外出先でも快適に使用できる。

「Surface Go」の価格は?

Amazonでの「Surface Go」の価格は現在 69,984円(※ Office Home & Business 2016が付属)。モバイル性を高めた薄型軽量のSurfaceを探している人におすすめだ。

公式製品紹介ページはこちら

目次

「Surface Go」の詳細なスペック情報

「Surface Go」の魅力について

マイクロソフト Surface のまとめ記事はこちら

他社製のSurface風タブレットPC まとめ記事はこちら

モバイル性を高めたWindowsタブレットPC「Surface Go」

Surface Go」はWindows 10を搭載した10.0型のタブレットPC。厚さ8.3mmの薄型軽量ボディに第7世代のインテル Pentium Gold 4415Y プロセッサを搭載。解像度1800×1200ドットのPixelSense液晶、165度まで角度調節できるキックスタンド、800万画素カメラを備えるほか、4G LET通信(LETモデルのみ)、USB Type-C、生体認証機能「Windows Hello」、Wi-Fiデュアルバンドにも対応している。

続きを読む

「Surface Go」のスペック

  • ディスプレイは10.0インチ解像度1800×1200ドットの液晶
    ※PixelSense / アスペクト比3:2 / 10点マルチタッチ
  • プロセッサはIntel Pentium Gold 4415Y デュアルコア 1.60 GHz
  • GPUはIntel HD Graphics 615
  • RAMは4/8GB
  • ストレージ容量は64/128GB
  • バッテリー駆動時間は9時間
  • カメラは背面800万画素、前面500万画素
  • OSはWindows 10
  • ※ 一般向けは「Windows 10 Home(Sモード)」、法人向け/教育機関向けは「Windows 10 Pro」
  • ※ 一般向けには「Office Home & Business 2016」が付属する
  • ※Wi-Fiモデル / LTEモデル あり
  • ※ラインアップはメモリー4GB/64GB eMMCモデルとメモリー8GB/128GB SSDモデル
  • ※参考価格はメモリー4GB/64GB eMMCモデルの一般向けが64,800円、法人向けが52,800円、教育機関向けが47,800円、メモリー8GB/128GB SSDモデルの一般向けが82,800円、法人向けが70,800円、教育機関向けが65,800円(いずれも税別)。

Amazonで「Surface Go」をチェックする

楽天で「Surface Go 64GB 4GB モデル シルバー 」をチェックする

楽天で「マイクロソフト Surface Go」をチェックする

ヤフーショッピングで「Surface Go」をチェックする

EXPANSYSで「Surface Go」をチェックする

「Surface Go」と同価格で買えるSurfaceは?

新品だと無理だが、中古ならある。Amazonで検索してみると、 「Surface Pro 4」で78,000円、「Surface Pro 3」で 67,980円、「Surface Pro 2」で48,800円程度だった。いずれも状態やCPU性能などのスペックによって価格が変わるため一概にはいえないが、やはり「Surface Pro3」がもっともお買い得なのではないかと思う。Core i5プロセッサや256GBストレージ、Officeが付属するモデルでも6万円台であることを考慮すると、「Surface Go」よりも安いのかもしれない。「Surface Pro 3」および「Sufaceシリーズ 全機種」についてはこちらのページにまとめてあるので参考にしてほしい。

関連記事:

「Surface Pro3」は型落ちした激安品をねらえ!

人気爆発のマイクロソフト Surfaceシリーズ 全機種を比較

他社製のSurface風タブレットPCは?

実はマイクロソフト以外にもSurfaceによく似たタブレットPCが販売されている。ASUS、Huawei、Lenovo、Samsung、Acer、HPなど一流メーカーからも販売されており、それ以外のメーカーからも多数販売されている。

Surfaceと同じように角度調整できるキックスタンドやカバーになるキーボードも用意されており、使い勝手もなかなかいい。ただし、中には「Surface Go」よりも価格が高いモデルやLET通信に対応していないモデルもある。スペックや機能、オプション製品やモバイル性能(外出先でも快適に使えるか)などをよく考えてから購入するようにしよう。Surface風のタブレットPCについては以下のページにあるので参考にしてほしい。

関連記事:

ついに激安価格に?! Surfaceみたいに使えるタブレットPC まとめ

マイクロソフトSurfaceに対抗する2in1 PCの名機 まとめ

目次

「Surface Go」の詳細なスペック情報

「Surface Go」の魅力について

マイクロソフト Surface のまとめ記事はこちら

他社製のSurface風タブレットPC まとめ記事はこちら

<関連記事  2in1タブレットPC>

マイクロソフトのSurfaceシリーズをまとめて紹介!

人気爆発のマイクロソフト Surfaceシリーズ 全機種を比較

Surfaceに似たタブレットをまとめて紹介!

ついに激安価格に?! Surfaceみたいに使えるタブレットPC まとめ 

マイクロソフトSurfaceに対抗する2in1 PCの名機 まとめ

コスパのいい2in1タブレットPC

最強コスパはどのモデル? 低価格でもキッチリ使えるWindows 2in1 タブレットPC まとめ

2in1&ノートPCが新世代CPU登場でお買い得に 全機種を比較

<ASUS>

ASUS TransBook 納得コスパで人気! 全機種を比較

<Lenovo>

Lenovoタブレット&2in1 新モデルで再び人気 全機種を比較

<Acer>

Acerの2in1&ノートPCが高コスパで人気! 全機種を比較 

<Chuwi>

ChuwiのタブレットPCはコスパも性能もNo.1 全機種チェック

<mouse / マウスコンピューター>

mouseの2in1&ノートPC がデザイン刷新! 全機種チェック