「Jumper EZbook X1」抜群コスパの360度回転ノートPC


2019年12月に発売された「Jumper EZbook X1」の特徴、スペック、ベンチマーク、価格を紹介します。

抜群のコスパを実現した360度回転ノートPC「Jumper EZbook X1」

Jumper EZbook X1」の魅力はなんといってもコスパが異常なほど高いことだろう。360度回転でテントモードで使用できる他に重量1Kgの軽さで携帯性も抜群にいい。

Gemini Lake世代のIntel Celeron N4100プロセッサと4GB RAMは想像以上に軽快で、ネットやOffice文書作成、軽めのゲームなどは非常に快適。フルHD液晶、64GBストレージ+64GBのSSDストレージ、USB Type-Cポート、Micro HDMI端子など必要なものはほぼすべて揃っている。テントモードでプレゼンも可能で、タブレットのようなタッチ操作も可能なため、ビジネス用途での商談時にも活用できるのが魅力的だ。

ただし、「Jumper EZbook X1」にはいくつかの弱点が存在する。例えば、以下の3点だ。

  • ① バッテリー駆動時間が4時間程度で短い
  • ② ACアダプターが大きめで携帯しづらい
  • ③ Bluetoothが途切れやすい

①と②についてはPC用のモバイルバッテリーを用意することで解決する。価格が5千円〜1万円ほどするが、一度用意するとPCを買い替えても使えるので便利だ。③については故障なのではなく、Bluetoothのバージョンが4.0のため生じる問題である。解決策としてはBluetooth アダプター(バージョン4.2)を用意するとよい。価格は千円ほどなので気軽に購入できる。

非公式レビュー動画 ディスプレイやボディの質感・回転・ゲームプレイの様子が分かる

「Jumper EZbook X1」のスペック  一覧

  • ディスプレイ  11.6インチ解像度1920 x 1080ドットのIPS液晶
    ※16:9 / マルチタッチ対応 / FHD
  • プロセッサ  Intel Celeron Gemini Lake N4100 Quad Core 1.1GHz
  • GPU  Intel UHD Graphics 600
  • RAM(メモリ)   4GB DDR4L
  • ストレージ  64GB HDD eMMC + 64GB SSD(※SSD128GBという報告あり)
  • バッテリー  7000mAhmAh
  • カメラ  前面200万画素
  • インターフェース  USB Type-C、micro USB、Micro HDMI 、SDカードスロット、3.5mm ステレオジャック
  • 通信  Wi-Fi 802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.0
  • OS Windows 10 Home 64bit
  • サイズ  27.50 x 18.80 x 1.40 cm
  • 重量  1.0290 kg
  • カラー  ホワイト

「Jumper EZbook X1」のベンチマーク

Jumper EZbook X1」のベンチマークスコアを紹介します。

<CPU> Intel Celeron N4100

Passmarkによるベンチマークスコアは「2285」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「1746」、マルチコアで「4942」。

<GPU> Intel UHD Graphics 600

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「391」。

※PassMark、Geekbench、3DMarkとは、主にCPUとビデオカード(以下、グラボ)の性能を数値化したベンチマークスコアの参考値を表したものです。

「Jumper EZbook X1」の性能

Jumper EZbook X1」の性能を紹介します。

ディスプレイの性能

Jumper EZbook X1」は11.6インチ解像度1920 x 1080ドットのIPS液晶を搭載。アスペクト比 16:9 のFHD液晶で、マルチタッチにも対応。IPSパネルを採用しているため、178度の角度まで見渡せるようになっている。

なお、レビューによると、解像度が高く、色むらもなく、きれいとの報告あり。黄色味を帯びているということもなく、白はきれいな白色で表示されるとのこと。保護フィルムが張り付いた状態で届く。

動画は快適に視聴できるか?

Jumper EZbook X1」ではFHD動画もコマ落ちしない。ただし、4KVR動画は少しだけカクカク表示される場合あり。一般的なYouTube動画は高画質で楽しめる)。

バッテリーの性能

Jumper EZbook X1」は7000mAhバッテリーを搭載。駆動時間は連続使用で最大4時間程度(※10分で10%の電池消費という報告あり)。なお、バッテリーの取り外しはできないので、注意が必要。

充電器(アダプター)はどうなってる?

Jumper EZbook X1」は付属の充電器はプラグ形状の充電器で、日本のコンセントに挿すことが可能。USB Type-Cとなっているため、裏表関係なく挿すことができる。

ストレージの性能 交換はできるか?

Jumper EZbook X1」は64GB HDD+ 64GB SSD(※SSD128GBという報告あり)を内蔵。SSDは交換可能で、別途容量の多いSSDに変更できる。

ボディ・筐体の性能

Jumper EZbook X1」はアルミ筐体で、スタイリッシュなシルバー色。キーボードとディスプレイ側はシックなブラックカラーを採用している。また、360°回転が可能な堅牢性の高いヒンジを搭載。ディスプレイを任意の位置でしっかりとホールドしてくれる。そのほか、キーボード部分が360度回転し、テントモードで使用できる。

キーボードの性能

Jumper EZbook X1」のキーボードはキートップ 14mm を確保し、快適にタイピングすることが可能。大型タッチパッド搭載で、マウスなしでも操作できる。なお、キーボードは英語配列になっている。バックライトは搭載されていない。

説明書は? 日本語で書かれている?

Jumper EZbook X1」には取扱説明書が付属。英語などの他に日本語もあり、初心者でも分かりやすく扱うことができる。

「Jumper EZbook X1」の価格は?

Jumper EZbook X1」は、

Amazonで35,250円、

楽天市場で98,024円 (税込)、

ヤフーショッピングで37,699 円、

AliExpressでUS $321.89、

GearBestで38827 円、

で販売されています。

Amazonで「Jumper EZbook X1」をチェックする

楽天市場で「Jumper EZbook X1」をチェックする

ヤフーショッピングで「Jumper EZbook X1」をチェックする

AliExpressで「Jumper EZbook X1」をチェックする

GearBestで「Jumper EZbook X1」をチェックする

 

 

他のWindowsタブレットPCと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Alldocube iWork 20

★「Teclast X6 Plus

★「Chuwi UBook X

★「Surface Go 2

★「CHUWI Hi10」(XR)

その他のおすすめタブレットPCは?

その他のおすすめタブレットPCは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

低価格でもキッチリ使えるWindows タブレットPC まとめ

国内で販売された低価格の2in1タブレットPCをまとめて紹介しています。

最新 Surface風タブレットPC 全機種 ラインナップ一覧 

最新のSurface風タブレットPCをまとめて紹介しています。

超小型UMPCが続々! 最新の極小Windows ノートPC まとめ

超小型ノートPC(UMPC)をまとめて紹介しています。

Andoroidアプリが使える最新 Chromebook ラインナップ 一覧 

Andoroidアプリ対応の最新 Chromebookをまとめて紹介しています。