ハイレゾ対応オーディオプレーヤー ベストな一台はどれ? 

DP-X1
ハイレゾ対応のオーディオプレーヤーが人気だ。最近では3万円以下で買えるものも登場し、いっきに注目度が高まったようだ。低価格とは言え、音質のクオリティは想像以上に良く、フレグシップモデルにも迫る勢いがある。

一方、高級なフレグシップモデルはAndroidを搭載したものが続々と登場中。その人気はいまやスマホよりも高いと言っても過言ではないだろう。

また、中級機は7~8万円前後で買えるものが増え他結果、選択肢も豊富になった。機能面では最上位機種を受け継いだものが多く、音質にも妥協がない。

どれも魅力的なモデルばかりだが、問題はどれを買うべきか悩んでしまうところ。それぞれの詳細な説明を読んで、自分に合ったベストな一台を選んでほしい。

目次

高級オーディオプレーヤー まとめ  パートⅠ

「A&ultima SP1000 Copper」「Astell&Kern AK320」「AK300」「Astell&Kern KANN」

高級オーディオプレーヤー まとめ  パートⅡ

COWON「PLENUE S」「PLENUE 2」「PLENUE J」Questyle「QP1R」

高級オーディオプレーヤー まとめ  パートⅢ

「GRANBEAT DP-CMX1」「ONKYO rubato DP-S1A」「DP-X1A」「DP-X1」

高級オーディオプレーヤー まとめ  パートⅣ

「FiiO X7」「FiiO X5 3rd generation」「FiiO X5 2nd」「AK100II Type-S Red Hot」

高級オーディオプレーヤー まとめ  パートⅤ

「ソニー NW-ZX100」「Lotoo PAW5000」「DX80」「Astell&Kern AK120II」

1万円前後のオーディオプレーヤー まとめ記事はこちら

2万円前後のオーディオプレーヤー まとめ記事はこちら

Sony ウォークマンのまとめ記事はこちら

高級オーディオプレーヤー まとめ  パートⅠ

最高の音を実現するハイエンド向けハイレゾプレーヤー「A&ultima SP1000 Copper」

A&ultima SP1000」はAstell&Kernのフラグシップモデルとなるハイエンドポータブルプレーヤー。世界最高峰のハイエンドポータブルプレーヤーをコンセプトに、Astell&Kernの技術をすべてを投入して最高品質の音を実現している。

続きを読む

Amazonで「A&ultima SP1000」をチェックする

楽天で「A&ultima SP1000」をチェックする

ヤフーショッピングで「A&ultima SP1000」をチェックする

完全無敵のハイレゾ対応オーディオプレーヤー「Astell&Kern AK320」

Astell&Kern AK320

Astell&Kern AK320」は最上位モデル「AK380」の基本設計を受け継いだハイレゾ対応オーディオプレーヤー。DACは、AK380と同じ旭化成エレクトロニクス「AKM AK4490」をデュアル構成で搭載している。

AK380と同様にVCXO Clock(電圧制御水晶発振機)による0.2Psの低ジッター、20バンド/0.1dB刻みの調整が可能なパラメトリックイコライザー機能や、2.5mm/4極のバランス出力端子を備える。

続きを読む

Amazonで「Astell&Kern AK320」をチェックする

ヤフーショッピングで「中古品 Astell&Kern AK380 メテオリックチタン」をチェックする

ハイレゾ対応ポータブルプレーヤー「AK300」

AK300

AK300」は最上位機「AK380」、スタンダード機「AK320」に続くエントリーモデル。DACには、AK380/320と同じ旭化成エレクトロニクス「AKM AK4490」を搭載。上位2モデルがデュアルDACになっているのに対し、AK300はシングルDAC仕様になっている。PCMは192kHz/24bitまで対応。

それを超える352.8kHzは176.4kHz、384kHzは192kHz、32bitは24bitにダウンコンバート再生となる。DSDはネイティブ再生不可で、PCM 176.4kHz/24bitへ変換してから再生可能になる。そのほか無線LAN機能やBluetooth機能を搭載。ディスプレイは4インチで、筐体はアルミニウム製。本体にはmicroSDカードスロットが搭載され、128GBまで増設できる。

Amazonで「AK300」をチェックする

ヤフーショッピングで「AK300」をチェックする

高出力ヘッドホンアンプを搭載したオーディオプレーヤー「Astell&Kern KANN」

Astell&Kern KANN」は旭化成エレクトロニスのDACチップ「VERITA AK4490」を搭載したポータブルオーディオプレーヤー。PCM 384kHz/32bit、DSD 11.2MHzをネイティブ再生できるほか、アンバランス出力で4Vrms、バランス出力で7Vrmsという高出力の内蔵ヘッドホンアンプを備えている。

続きを読む

Amazonで「Astell&Kern KANN」をチェックする

楽天で「Astell&Kern KANN」をチェックする

ヤフーショッピングで「Astell&Kern KANN」をチェックする

目次

高級オーディオプレーヤー まとめ  パートⅠ

高級オーディオプレーヤー まとめ  パートⅡ

高級オーディオプレーヤー まとめ  パートⅢ

高級オーディオプレーヤー まとめ  パートⅣ

高級オーディオプレーヤー まとめ  パートⅤ

1万円前後のオーディオプレーヤー まとめ記事はこちら

2万円前後のオーディオプレーヤー まとめ記事はこちら

Sony ウォークマンのまとめ記事はこちら

<関連記事>

1万円前後の音質のいいオーディオプレーヤー 全機種を比較

オーディオプレーヤーは2万円前後がおすすめ 全機種を比較

ソニーのウォークマンが再び人気に! 全種類を比較

完全ワイヤレスイヤホン 最強コスパはどれだ? 

ネックバンド型イヤホンに高コスパモデルが続々 全機種を比較