「HP Chromebook 14a」と最新Chromebookを徹底 比較!


2020年7月3日に発売された「HP Chromebook 14a」と最新Chromebookを徹底 比較して紹介! 価格やスペック、ベンチマークの違いに加えて、メリット・デメリットも紹介します。

※2020年7月6日に発売された日本HPモデル(14a-na0006TU)の情報を追加しました。Amazonモデル(3N929PA-AAAA)との違いも紹介しています。

「HP Chromebook 14a」の特徴

HP Chromebook 14a」の特徴をまとめてみました。

フルHD IPS液晶・タッチ操作にも対応

HP Chromebook 14a」は14インチのIPS液晶を搭載しています。解像度は1920×1080ドットのフルHD画質で非常に高精細。両サイドのベゼル幅も狭いため、映像がよりワイドに見えるようになっています。また、タッチ操作にも対応。Android アプリも快適に操作できるようになっています。

USB Type-C搭載・4K出力&高速PD充電も

HP Chromebook 14a」はインターフェースにUSB Type-C端子を搭載。高速なPD充電(Power Delivery)に対応し、充電器やモバイルバッテリーを使って短時間で充電を完了できます。また、DisplayPort 1.2との互換性に対応し、最大21.6Gbpsの伝送速度で、最大4K/60Hzの高解像度表示が可能になっています。

Google Play & Android アプリも使える

HP Chromebook 14a」はChome Webストアのアプリ以外に、Google Play ストアのAndroid アプリも使えるようになっています。Google アカウントでログインすると、スマートフォンで使っていたアプリがリスト表示されるので、使い慣れたアプリをすぐにインストールして利用することができます。

公式ページ
https://jp.ext.hp.com/notebooks/personal/chromebook_14a/

価格を比較

HP Chromebook 14a」と、「IdeaPad Duet Chromebook」、「ASUS Chromebook C223NA」、「Acer Chromebook 512」(C851)の価格を比較してみました。

「HP Chromebook 14a」

HP Chromebook 14a」は、Amazonで39,800円( Celeron N4000モデル)、日本HP直販サイトで42,800円(税抜・税込47080円・Pentium Silver N5000モデル )~で販売されています。

なお、「HP Chromebook x360 12b」は楽天市場で54,700円 (税込)、ヤフーショッピングで54,700円で販売されています。

「IdeaPad Duet Chromebook」

IdeaPad Duet Chromebook」は、Amazonで39,800円(※64GBモデル)、楽天市場で44,880円 (税込)、ヤフーショッピングで44,800円 (税込)、レノボ直販サイトで41,738(税込み・送料無料) で販売されています。

「ASUS Chromebook C223NA」

ASUS Chromebook C223NA」は、Amazonで31,318円、楽天市場で34,450円 (税込)、ヤフーショッピングで34,800円 (税込)、ビックカメラで34,800円 (税込・3,480ポイント 付き)、ASUS公式ストアで31,636円 (税別/税込価格は34800円) で販売されています。

「Acer Chromebook 512」(C851)

Acer Chromebook 512」(C851)は、Amazonで38,800円、楽天市場で78,127円 (税込)、ヤフーショッピングで65,762円 (税込)〜で販売されています。

スペックを比較

HP Chromebook 14a」と、「IdeaPad Duet Chromebook」、「ASUS Chromebook C223NA」、「Acer Chromebook 512」(C851)のスペックを比較してみました。

「HP Chromebook 14a」のスペック

  • 型番 3N929PA-AAAA (Amazon.co.jp) / 14a-na0006TU(日本 HP)
  • ディスプレイ 14 インチ、解像度1920×1080ドットのIPS液晶
    ※タッチ対応
  • プロセッサ Gemini Lake世代のインテル Celeron N4000 デュアルコア / 14nm / 64bit / 2コア / 2スレッド
    日本HPモデルはGemini Lake世代のインテル Pentium Silver N5000  /14nm / 64bit / 4コア / 4スレッド
  • GPU インテル UHD グラフィックス 600
    日本HPモデルはインテル UHD グラフィックス 605
  • RAM(メモリ) 4 GB LPDDR4 SDRAM, 2400MHz
  • ストレージ 64GB eMMC  フラッシュメモリ
  • バッテリー   リチウムイオンバッテリ (2セル)
  • 駆動時間 12 時間
    日本HPモデルは最大 11時間
  • ACアダプター  約 10W / 45W
  • カメラ HP Wide Vision HD Webcam (約92万画素)
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、 Bluetooth 5.0
  • インターフェース USB Type-C x2 (PD充電 Power Delivery / DisplayPort 1.2出力, 5Gbps ) x2、USB Type-A( 5Gbps ) x1、SDカードリーダー、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー  B&O Playデュアルスピーカー
  • マイク  内蔵デュアルマイク
  • キーボード バックライト搭載・日本語JIS配列
  • ポインティングデバイス  タッチパッド (タッチジェスチャー対応)
  • セキュリティ  サンドボックス、確認付きブート、暗号化eMMC フラッシュメモリ、復元モード、TPM
  • OS Chrome OS
  • サイズ  約 326 x 220 x 18(最薄部)-19.5(最厚部)mm
  • 重量 1.33 Kg
  • カラー ブルー(天板)
    日本HPモデルはホワイト(天板)
  • 付属品  スマートACアダプター、電源コード、保証書 等
  • 特典  Google Oneサービス 1年間無料
  • 発売日 2020年7月3日(Amazon)、7月6日(日本HP)

関連記事「HP Chromebook x360 14b」と2019モデルを比較 

Amazonで「HP Chromebook 14a」をチェックする

HP公式ストアで「HP Chromebook 14a」をチェックする

楽天市場で「HP Chromebook 12b」をチェックする

ヤフーショッピングで「HP Chromebook 12b」をチェックする

HP公式ストアで「HP Chromebook x360 14b」をチェックする

「IdeaPad Duet Chromebook」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920×1200ドットのIPS液晶
    ※LEDバックライト付 / WUXGA / 約1,677万色 / 光沢あり / 10点マルチタッチ
  • プロセッサ MediaTek Helio P60T オクタコア 2.0GHz
  • GPU Arm Mali-G72 MP3
  • RAM(メモリ) 4GB LPDDR4X ※増設は不可
  • ストレージ 128GB eMMC
    ※Amazonモデルは64GB
  • バッテリー 2セル リチウムイオンポリマーバッテリー (固定式)
  • 駆動時間 約 10.0時間
  • 充電時間 約 4時間 (ACアダプター使用時)
  • ACアダプター AC 100-240V(50/60Hz) / 本体:約 37g、コード:約 27g
  • 背面カメラ 800万画素 AF
  • 前面カメラ 200万画素 FF
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11ac/a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2
  • インターフェース USB Type-C 2.0 (DisplayPort出力機能付き、DC-in機能付き)、専用キーボード接続用コネクタ
    ※マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャックはなし
  • センサー ジャイロセンサー、加速度センサー、光センサー
  • スピーカー ステレオスピーカー
  • マイク デジタルアレイマイクロホン
  • キーボード 78キー、JIS配列、マルチタッチパッド
  • ボタン パワーボタン、ボリュームボタン
  • 消費電力 10W
  • OS Chrome OS
  • サイズ タブレット本体:約 239.8×159.8×7.35mm、キーボードとスタンドカバー装着時:約 244.9×169.3×18.2mm
  • 重量 タブレット本体:約 450g、キーボードとスタンドカバー装着時:約 920g
  • カラー タブレット本体:アイスブルー + アイアングレー、キーボード:グレー、スタンドカバー:グレー(ファブリック生地)

関連記事「IdeaPad Duet Chromebook」と人気Chromebookを徹底 比較! 

Amazonで「Lenovo IdeaPad Duet Chromebook」をチェックする

楽天市場で「Lenovo IdeaPad Duet Chromebook」をチェックする

ヤフーショッピングで「Lenovo IdeaPad Duet Chromebook」をチェックする

レノボ直販サイトで「Lenovo IdeaPad Duet Chromebook」をチェックする

「ASUS Chromebook C223NA」のスペック

  • ディスプレイ 11.6インチ1366×768のワイドTFT液晶
    ※ノングレア Panel / LEDバックライト / タッチには非対応
  • プロセッサ Apollo Lake世代のインテル Celeron N3350 デュアルコア 1.10 GHz
    ※14nm / 64bit / 2コア / 2スレッド
  • GPU インテル HD グラフィックス 500
  • RAM(メモリ) 4 GB LPDDR4 2400MHz
  • ストレージ 32GB eMMC
  • バッテリー駆動時間 約11.3時間
  • 充電時間 約4.0時間
  • 電源 ACアダプターまたはリチウムポリマーバッテリー
  • カメラ 92 万画素Webカメラ
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.0
  • インターフェース USB3.1 Type C Gen1 x 2 、USB 3.0 × 1、microSD カードスロット x 1、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
  • マイク デジタルマイク内蔵
  • スピーカー ステレオスピーカー内蔵
  • オーディオ レゾナンスチャンバー・最大82dBのハイファイサウンド
  • キーボード 78キー日本語キーボード / マルチタッチ・タッチパッド / フルサイズ / 人間工学 / 約1.5㎜の深いキートラベル / マルチタッチジェスチャー
  • 防水 防滴仕様
  • OS  Chrome OS
  • Google Play ストア 対応
  • サイズ 幅286 mm×奥行き199 mm×高さ17.25 mm
  • 重量 約999 g
  • カラー グレー
  • 発売日 2020年6月12日
    ※法人向けに発売されていたモデルを一般向けに発売開始

関連記事「ASUS Chromebook C223NA」のスペック、ベンチマーク、価格

Amazonで「ASUS Chromebook C223NA」をチェックする

楽天市場で「ASUS Chromebook C223NA」をチェックする

ヤフーショッピングで「ASUS Chromebook C223NA」をチェックする

ビックカメラで「ASUS Chromebook C223NA」をチェックする

ASUS公式ストアで「ASUS Chromebook C223NA」をチェックする

「Acer Chromebook 512」(C851)のスペック

  • ディスプレイ 12.0インチ、解像度1366×912ドットのIPS液晶
    ※タッチには非対応 / 3:2 / 非光沢
    ※フリップタイプのR851TN-A14N/Eはタッチ対応で光沢
  • プロセッサ Gemini Lake世代の Intel Celeron N4000 デュアルコア 1.10 GHz
    ※14nm / 64bit / 最大2.60 GHz
    ※フリップタイプのR851TN-A14N/EはIntel Celeron N4100
  • GPU  Intel UHD Graphics 600
  • RAM(メモリ) 4GB LPDDR4
  • ストレージ 32 GB eMMC
  • 外部ストレージ microSD・microSDXCカードで拡張が可能
  • バッテリー   3920 mAh、3-cell、Lithium Ion (Li-Ion)
  • 駆動時間 12時間
    ※フリップタイプのR851TN-A14N/Eは11時間
  • カメラ Webカメラ
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth
  • インターフェース USB Type-Cポート(PD対応/映像出力対応)、USB 3.1 Gen 1(最大5 Gbps)、ヘッドフォン/スピーカー・ジャック x1
  • 耐久性 米国国防省の軍用規格(MIL-STD-810G)
    1.2Mからの落下テスト
  • キーボード 日本語キーボード
    ※最大330mlの水をこぼしても耐える排水機構を備えた防滴仕様
    ※フリップタイプのR851TN-A14N/Eは英字キーボード
  • OS Chrome OS
  • サイズ 22.9 x 29.6 x 2 cm
    ※フリップタイプのR851TN-A14N/Eは23.1 x 29.6 x 2 cm
  • 重量 1.28 Kg
    ※フリップタイプのR851TN-A14N/Eは1.42kg
  • カラー ブラック

関連記事「Acer Chromebook 512」スペック、ベンチマーク、評価、価格

Amazonで「 Acer Chromebook C851-A14N」をチェックする

楽天市場で「Acer Chromebook 512」をチェックする

ヤフーショッピングで「Acer Chromebook C851-A14N」をチェックする

ベンチマークを比較

HP Chromebook 14a」と、「IdeaPad Duet Chromebook」、「ASUS Chromebook C223NA」、「Acer Chromebook 512」(C851)のベンチマークスコアを比較してみました。

「HP Chromebook 14a」

<CPU>  Celeron N4000

Passmarkによるベンチマークスコアは「1511」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「389」、マルチコアで「682」。

<CPU>  Pentium Silver N5000

Passmarkによるベンチマークスコアは「2732」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「433」、マルチコアで「1224」。

<GPU> インテル UHD グラフィックス 600

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「391」。

<GPU> インテル UHD グラフィックス 605

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「414」。

「IdeaPad Duet Chromebook」

<CPU> MediaTek Helio P60T

AnTuTu v7の総合で約130,000

Geekbench 5.1ベンチマークスコアはシングルスコアで「293」、マルチコアで「1439」

「ASUS Chromebook C223NA」

<CPU> Celeron N3350

Passmarkによるベンチマークスコアは「1123」(CPU)。

Geekbench 5 によるベンチマークのスコアはシングルコアで「290」、マルチコアで「529」。

<GPU>  インテル HD グラフィックス 500

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「271」。

「Acer Chromebook 512」(C851)

<CPU>  Celeron N4000

Passmarkによるベンチマークスコアは「1511」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「389」、マルチコアで「682」。

<GPU> インテル UHD グラフィックス 600

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「391」。

「HP Chromebook 14a」のメリット・デメリット

HP Chromebook 14a」のメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

・14インチの液晶が大きくて見やすい

HP Chromebook 14a」は14 インチ、解像度1920×1080ドットのIPS液晶を搭載しています。ベゼル幅が狭いので、映像がより大きく見えます。

一方、「ASUS Chromebook C223NA」は11.6インチ1366×768のワイドTFT液晶、「Acer Chromebook 512」(C851)は12.0インチ、解像度1366×912ドットのIPS液晶を搭載しており、解像度はHD画質になります。「IdeaPad Duet Chromebook」は 10.1インチ、解像度1920×1200ドットのIPS液晶でフルHD画質になっています。

・タッチ操作に対応している

HP Chromebook 14a」は低価格ながらもタッチ操作に対応しています。タッチに対応していないChromebookと比べてAndroidアプリの操作が快適です。

一方、「ASUS Chromebook C223NA」と「Acer Chromebook 512」(C851)はタッチ操作に対応していません(Acer Spin 512はタッチ対応)。「IdeaPad Duet Chromebook」はタッチ操作に対応しています。

・USB Type-C端子を2つ搭載している

HP Chromebook 14a」はUSB Type-C端子を2つ搭載しているため、さまざまなUSB機器と接続できます。

一方、「IdeaPad Duet Chromebook」と「Acer Chromebook 512」(C851)はUSB Type-C端子を1つだけ搭載しています。「ASUS Chromebook C223NA」はUSB Type-C端子を2つ搭載しています。

・バックライト付き日本語キーボードが使える

HP Chromebook 14a」はバックライト付きの日本語キーボードを搭載しています。英語キーボードではないので、初心者でもタイピングしやすくなっています。

一方、「IdeaPad Duet Chromebook」、「ASUS Chromebook C223NA」、「Acer Chromebook 512」(C851)もLEDバックライト付きの日本語キーボード(78キー)を搭載しています。

・重さ1.33 Kgで軽い

HP Chromebook 14a」は14インチの大きさながらも、重さ1.33 Kgの軽量なボディになっています。外出先でも気軽に持ち出して使用できます。

一方、「IdeaPad Duet Chromebook」は10.1インチで重さ約 920g(キーボード含む)、「ASUS Chromebook C223NA」は11.6インチで重さ約999 g、「Acer Chromebook 512」(C851)は12インチで重さ1.28 Kgになっています。

デメリット

・高速なSSDストレージを搭載していない

HP Chromebook 14a」は64GBの eMMC フラッシュストレージを搭載しています。通常のHDDよりも高速ですが、SSDストレージよりも速度が劣ります。

一方、「IdeaPad Duet Chromebook」は128GB eMMC(※Amazonモデルは64GB)、「ASUS Chromebook C223NA」と「Acer Chromebook 512」(C851)は32GB eMMCストレージで、いずれもSSDストレージを搭載していません。

・プロセッサの性能があまり高くない

HP Chromebook 14a」は Celeron N4000 デュアルコアプロセッサを搭載し、Passmarkによるベンチマークスコア「1511」(CPU)を記録しています。このスコアは「Acer Chromebook 512」(C851)と同じで、「ASUS Chromebook C223NA」よりも高いスコアですが、動画編集や3Dゲームなどの負荷の高い用途にはあまり向いていません。

※2020年7月6日、プロセッサ性能の高い日本HPモデル(14a-na0006TU)も発売されました。

Amazonモデルと日本HPモデルとの違い

Amazonモデル(3N929PA-AAAA)と日本HPモデル(14a-na0006TU)との違いは全部で5つです。

  • プロセッサ
  • GPU
  • バッテリー駆動時間
  • 天板のカラー
  • 価格

その他のスペックは共通しています。

プロセッサの違い

Amazonモデル(3N929PA-AAAA)は、Gemini Lake世代のインテル Celeron N4000 デュアルコアプロセッサを搭載していました。

一方、日本HPモデル(14a-na0006TU)は日本HPモデルはGemini Lake世代のインテル Pentium Silver N5000 クアッドコアプロセッサを搭載しています。

Passmarkベンチマークスコアの違いを見てみると、

Amazonモデル(3N929PA-AAAA)は「1511」(CPU)、日本HPモデル(14a-na0006TU)は「2732」(CPU)になっています。

両機種には約1200ほどのベンチマークスコア差があることになり、日本HPモデル(14a-na0006TU)の方がより高速に動作することが分かります。

ただし、この違いは劇的に大きなものではなく、はっきりと体感できるものではありません。動画ファイルのエンコード時間なので違いが生じてくるので、負荷のかかる作業が多い人は日本HPモデルを選択するべきです。Web閲覧やOfficeアプリ、テレワーク、オンライン授業などがメインであれば、Amazonモデルでも十分に快適です。

GPUの違い

プロセッサの変更に伴いGPUの性能にも違いがあります。

Amazonモデル(3N929PA-AAAA)はインテル UHD グラフィックス 600を採用し、日本HPモデルはインテル UHD グラフィックス 605を採用しています。

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアで比較すると、Amazonモデル(3N929PA-AAAA)は「391」で、日本HPモデル(14a-na0006TU)は「414」になります。

日本HPモデル(14a-na0006TU)の方がグラフィック性能が高くなりますが、スコア差はわずか23しかないので、劇的な違いはありません。

バッテリー駆動時間の違い

Amazonモデル(3N929PA-AAAA)は最大12 時間の駆動で、日本HPモデル(14a-na0006TU)は最大11時間の駆動が可能です。

この違いはプロセッサの消費電力から生じていると考えられます。より長く駆動できた方がいいのなら、Amazonモデル(3N929PA-AAAA)を選択した方がいいでしょう。

天板カラーの違い

天板カラーは、Amazonモデル(3N929PA-AAAA)がブルー、日本HPモデル(14a-na0006TU)がホワイトになっています。

価格の違い

税込価格で比較してみると、

Amazonモデル(3N929PA-AAAA)が39,800円で、日本HPモデル(14a-na0006TU)が47080円になります。

差額は7280円です。上記に示したように日本HPモデル(14a-na0006TU)はプロセッサ&GPUグラフィックス性能がAmazonモデル(3N929PA-AAAA)よりも高くなっています。それに見合うだけの価値があるかどうかは、「どんな作業をするのか」という点で決まります。

イラスト系の画像編集、動画ファイルのエンコード、ゲームなど負荷が高い作業をする人は日本HPモデル(14a-na0006TU)を選んだ方がいいでしょう。一般的な使い方しかしない人は価格が安いAmazonモデル(3N929PA-AAAA)の方がお買い得です。

「HP Chromebook 14a」の販売・購入先

HP Chromebook 14a」は、

Amazonで39,800円( Celeron N4000モデル)、

日本HP直販サイトで42,800円(税抜・税込47080円・Pentium Silver N5000モデル )、

で販売されています。

なお、「HP Chromebook x360 12b」は、

楽天市場で54,700円 (税込)、

ヤフーショッピングで54,700円、

で販売されています。

Amazonで「HP Chromebook 14a」をチェックする

HP公式ストアで「HP Chromebook 14a」をチェックする

楽天市場で「HP Chromebook 12b」をチェックする

ヤフーショッピングで「HP Chromebook 12b」をチェックする

HP公式ストアで「HP Chromebook x360 14b」をチェックする

他のChromebookと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

IdeaPad Duet Chromebook

ASUS Chromebook C223NA

Acer Chromebook 512」(C851)

Lenovo Chromebook S330」(14.0インチ)

ASUS Chromebook Flip C434TA」(14.0インチ)

Acer Chromebook 315」(15.6インチ)

他のHP Chromebookと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

HP Chromebook x360 12b」(12.0インチ)

HP Chromebook x2 12」(12.0インチ)

HP Chromebook x360 14b」(14.0インチ)

HP Chromebook x360 14」(14.0インチ)

その他のおすすめChromebookは?

その他のおすすめChromebookは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

Andoroidアプリが使える最新 Chromebook 2019 おすすめ比較

タッチ対応の最新Chromebookをまとめて紹介しています。

サクサク動作で超快適! 最新 Chromebook タッチなし 比較

タッチに対応していないコスパの高いChrmebookをまとめて紹介しています。