「Beelink S1」Linux Ubuntuも使える小型PC


GearBestでWindows10を搭載した小型PC「Beelink S1」が激安で販売されている。Linux Ubuntu OS&8GBメモリも選択(搭載)できる小型PCとして注目の製品。より高速に動作するM.2規格の SSDもサポートする。

8GBメモリ&Ubuntu OSで爆速化する「Beelink S1」

現在、日本で販売されているUbuntu OS搭載モデルは「Intel Compute StickのLinuxバージョン」のみ。一般的には中古PCにインストール用のCDを作成するなどして対処するしかなく、手間なくLinux Ubuntu OSを使いたい人にとっては非常に不便だ。その点「Beelink S1」は最初からUbuntu 17.04が使用可能で、しかも8GBメモリ搭載モデルも選択できる。おまけに通常の2.5インチのSSDよりも高速に動作するM.2規格の SSDもサポートされているので、Ubuntu OSであれば、かなり軽快に使えるようになることは間違いない。

実はWindows10よりも便利な「Ubuntu OS」

Ubuntu OS ( Linux )には軽量なアプリが豊富に用意されており、ほとんど無料で使うことができる。例えば、画像編集が行える「GIMP」やイラスト制作が行える「Inkscape」を使えば、有料のPhotoshopやIllustratorなどはほとんど使わずに済むようになる。アプリはWindowsと違い、ほとんどが軽量化されており、スペックが高くなくても軽快に動作する。もちろん、Chromeブラウザやプリンター、スキャナーなどの周辺機器も使えるので、通常のWindowsパソコンと同じように使用できる。セキュリティ面ではウイルスが少ない分、Windows パソコンよりも安全だ。

超低スペックでもサクサク! 快適 Linux パソコン活用術

「Beelink S1」の価格は?

GearBestでの「Beelink S1」の価格はUbuntu 8GBメモリ搭載モデルで26025円(4GBメモリ搭載モデルは21499円)。Windows10 8GBメモリ搭載モデルで26025円(4GBメモリ搭載モデルは24781円)。Linux Ubuntu やWindows10 が高速に動作する小型PCを探している人におすすめだ。

公式製品紹介ページはこちら(Beelink S1 )

小型PCのまとめ記事はこちら

Linux Ubuntu & 8GBメモリも搭載できる小型PC「Beelink S1」

Beelink S1」はWindows 10 を搭載した小型PC。Linux Ubuntu OSも選択可能で、メモリも4GBと8GBから選択できる。また、内蔵64GBストレージの他に最大2TBまでの2.5インチHDDやM.2 SSDで拡張することが可能。4K出力、マイクロソフトの音声アシスタント「Cortana」による操作(起動)、USB Type-C、Wi-Fiデュアルバンド、VESAマウント(壁掛け)による設置にも対応している。

プロセッサやメモリ、グラフィックはどうなってる?

プロセッサは Intel Apollo Lake Celeron N3450 Quad Core 2.2GHz 、RAMは4/8GBを搭載。「Braswell」の後継となる「Apollo Lake」世代のプロセッサで高い省電力性とグラフィック性能を発揮。グラフィック( GPU ) のIntel HD500 Graphicsとの組み合わせで、動画の再生やPhotoshopやillustratorでの画像編集、WordやEcelなどのOffficeアプリでの文書作成、Web閲覧などをスムーズに行える。

きれいに出力できるの?

出力は4Kでの出力に対応し、HDMIで3840 x 2160(4K)、VGAで1920 x 1080までサポートする。また、少ないデータ量で動画を伝送するための動画圧縮規格「H.264」はもちろん、「H.264」の半分のファイルサイズ・ビットレートで同等の画質を実現する(H.265)の再生にも対応する。

搭載できるストレージはどうなってる?

ストレージ容量は64GB。2.5インチのHDDを最大2TBまで拡張可能なほか、より高速なM.2 ( 2242 ) SSD での拡張にも対応する。

通信はどうなってる?

通信はWiFi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.0、有線LAN(1000Mbps)をサポート。

インターフェースはどうなってる?

インターフェースはUSB Type-C、SDカードスロット、USB3.0×2、USB2.0×2、HDMI×1、VGA×1、DC×1、3.5mmステレオジャック×1。

どんな機能があるの?

マイクロソフトの音声アシスタント「Cortana」に対応 ( ※Windows10使用時 )。本体に搭載れているマイクから音声で話しかけることでPCを操作(起動)できる。また、VESA規格に対応し、壁掛け用のマウントを用意。ディスプレイの背面や壁に設置できる。

サイズはどうなってる?

サイズは 16.00 x 13.45 x 3.20 cmで、 重量は407g。カラーはブラック&グレイ、ブルーの2種類をラインナップする。

「Beelink S1」のスペック

  • プロセッサは Intel Apollo Lake N3450 Quad Core 2.2GHz
  • RAM(メモリ)は4/8GB
  • ストレージ容量は64GB
  • 通信はWiFi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.0、有線LAN(1000Mbps)
  • 出力は4Kおよび2Kでの出力に対応
    ※ H.264@Lvl5.2 / HEVC(H.265) 8-bit / HEVC(H.265)10-bit / VP8/VP9
  • OSはWindows10 / Linux Ubuntu 17.04

日本のAmazonで「Beelink Gemini X45」をチェックする

ヤフーショッピングで「Beelink パソコン」をチェックする

Beelink製 小型PCは日本で売ってるの?!

Beelink製 小型PCは実はヤフーショッピングで販売されている。ただし、販売されているのはWindows10搭載モデルで、Ubuntu搭載モデルは販売されていない。Atomプロセッサ搭載の「Beelink BT3 PRO」など、動画視聴用のモデルが多数出品されているようだ。

なお、米国 Amazon.comで「Beelink M1 」というWindows10搭載モデルが販売されている。こちらは「Beelink S1」とかなり近いスペックになっている。

※追記:現在、日本のAmazonでも「Beelink 」の小型PCが販売されています。

「Beelink Gemini X45」スペック、ベンチマーク、特徴、Chuwi比較

「Beelink GT King / Pro」スペック、ベンチマーク、特徴、価格

その他のおすすめ小型PCは?

その他にもおすすめ小型PCはまだまだたくさんあります。ぜひ比較してみてください。

激安で買える海外製の小型PC 2019 まとめ

小型PCは実は海外で激安価格で販売されています。

超小型PCが続々! 最新の極小WindowsPC 全機種を比較

超小型のノートPCやデスクトップPCなどをまとめて紹介しています。