「INFOBAR xv」現代に蘇ったストレートガラケー携帯の名機


4G LTE対応ストレートガラケー携帯au「INFOBAR xv」のスペック、特徴、魅力、価格を紹介。前モデル「INFOBAR 2」との違いやお得なセール&クーポン情報も合わせて掲載しています。

※Amazon、楽天市場、ヤフーショッピングで販売されています。中古品も入荷中。セール情報あり。

LINE&音声アシスタント対応のストレート型ガラケー携帯「INFOBAR xv」

INFOBAR xv」は4G LTE対応のストレート型ガラケー携帯。厚さ14mmのスリムなボディにQualcomm Snapdragon 210 MSM8909クアッドコアCPUと1GB RAMを搭載。

3.1インチ(解像度800×480ドット)WVGA液晶、8GB(最大32GB)、1500mAhバッテリー(通話 約600分/待受 約530時間)、約800万画素カメラ、フレームレステンキーを備えるほか、テザリング、Wi-Fi、Bluetooth、LINE、「+メッセージ」、「スマホ音声アシスタント呼出機能」、置き時計機能(充電中)も備えている。

公式ページ「INFOBAR xv」
https://adp.au.com/products/20181119/26?aa_bid=adp-pd-prd-0008

au 公式動画 基本的な使い方

楽天市場で「INFOBAR xv」をチェックする

Amazonで「INFOBAR xv」をチェックする

ヤフーショッピングで「INFOBAR xv」をチェックする

「INFOBAR xv」  スペック  一覧

  • ディスプレイ  3.1インチ、解像度800×480ドットのTFT液晶
  • プロセッサ  Qualcomm Snapdraon 210 MSM8909 クアッドコア 1.1GHz
  • GPU  Adreno 304
  • RAM(メモリ) 1GB
  • ストレージ  8GB(最大32GB)
  • バッテリー  1500mAh(通話 約600分/待受 約530時間)
  • 駆動時間 連続通話 時間は約600分、連続待受時間は 約530時間(4G LTE)
  • 充電時間   約120分 共通ACアダプタ05 別売使用時
  • カメラ  約800万画素 CMOS
  • ワイヤレス通信   Wi-Fi 802.11b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth4.1
  • インターフェース  microUSB端子(MicroB)、microSDHCカードスロット(最大32GB)
  • サイズ  48(幅)×138(高さ)×14(奥行)mm
  • 重量  約114g
  • カラー  NISHIKIGOI、NASUKON、CHERRY BERRY
  • 付属品  専用の「卓上ホルダ」「SIM取り出しピン」「取扱説明書」「設定ガイド」
  • SIMカード  au Nano IC Card 04

「INFOBAR xv」 の特徴

INFOBAR xv」 の特徴をまとめてみました。

3.1インチの大型液晶・高解像度で文字も見やすい

INFOBAR xv」は3.1インチ、解像度800×480ドットのTFT液晶を搭載。TFT透過型のパネルを採用したWVGA液晶で、文字もくっきりはっきりと見えます。タッチ操作には非対応。なお、前モデルの「INFOBAR 2」は2.6インチ、解像度240×400 pxで、画面が0.5インチ大きくなり、解像度も大幅に上がっていることが分かります。

アナログ時計表示のUI画面・LINEやメールもチェックできる

INFOBAR xv」のユーザーインターフェース(UI)にはシックなアナログ時計が設定済み(変更可)。メニュー画面は、2007年に発売された「INFOBAR 2」を踏襲したデザインになっており、データフォルダ、カメラ、ブラウザ、電話、メール、ミュージック(音楽アプリ)、ツールなどが用意されています。

また、利用できるアプリとしてLINEやEメール、+メッセージ(SMS)を用意。地図や乗換案内アプリのauナビウォーク、天気アプリ、音楽プレーヤーなども利用できます。※Google Playストアには対応していません。

大容量1500mAhバッテリー搭載・卓上ホルダで充電もラク!

INFOBAR xv」は大容量1500mAhバッテリーを搭載。連続通話 時間で約600分、連続スタンバイ時間で 約530時間(4G LTE)駆動することができます。また、製品には専用の「卓上ホルダ」が付属。ホルダに載せたまま充電することができます。

そのほか、充電中は「置き時計モード」にすることも可能。横置きにすると時計も横表示になる仕掛けも備えています。

なお、前モデルの「INFOBAR 2」のバッテリー容量は840mAh。「INFOBAR xv」になり、バッテリー容量が約2倍になり、駆動時間が大幅に延びていることが分かります。

800万画素カメラで夜景もキレイに撮影できる

INFOBAR xv」は約800万画素カメラを搭載。高感度センサー搭載されているため、夜景や室内などの暗いシーンも明るくクリアに撮影することができます。なお、前モデルの「INFOBAR 2」は197万画素で、「INFOBAR xv」はから3倍以上画素数が上がり、高画質な写真が撮影できるようになっています。

+メッセージで連絡も快適・LINEやGmail、Googleアシスタントも使える

INFOBAR xv」はメッセージアプリ「+メッセージ」が利用可能。ドコモ、au 、ソフトバンクのユーザー同士で電話番号を宛先にして、文字、スタンプ、写真、動画などを送受信することができます。また、「スマホ音声アシスタント呼出」機能を搭載。スマートフォンとBluetoothでペアリングし、Googleアシスタントを呼び出して音声で操作することができます。

そのほか、「LINE」(待受画面1キー長押しで起動)、「PCメール」(Gmailなど)、「ブラウザ」(Facebook、Twitter、Instagramアプリが利用可)、文字入力(トグル入力、2タッチ入力に対応)、「キーロック」(センターキー長押し)、FMラジオチューナー、音楽プレーヤー、エコモード、簡易ライト、デザリングなどの機能も利用できます。なお、ストラップホールも搭載。好きなストラップを付けることができるようになっています。

便利なショートカットキー機能も使える

INFOBAR xv」は「1」~「3」のキーに、頻繁に使うメニューやアプリなどをショートカットとして割り当てることが可能。初期出荷状態では「1」キーを長押しするとLINE、「2」キーを長押しすると連携したスマホの「スマホ音声アシスタント呼出機能」が設定されています。また、「3」キーを長押しすると、背面にある簡易ライトが点灯。センターキーを長押しすると誤操作防止の「キーロック」がかかる仕組みになっています。

「INFOBAR xv」の魅力

INFOBAR xv」を見て、とても懐かしいと感じた人も多いことでしょう。初代「INFOBAR」の発売は2003年。まだガラケーが大ブームで、スマホは登場していなかった時代の携帯電話です。この頃はデザインに凝った製品が珍しく、非常にセンセーショナルな印象を受けたのを覚えています。

INFOBAR xv」にも当時のデザインがそのまま踏襲されており、なんともいえないレトロ感が漂っています。

しかし、驚くべきことにスペックや機能は極めて現代的に改善されており、使いやすさはスマホにも引けをとりません。その秘密は大型化した液晶と大容量化したバッテリーにあるといえるでしょう。

2007年に発売された前モデル「INFOBAR 2」よりも0.5インチ大きくなり、解像度も240×400から800×480ドットに高精細化。バッテリー容量は840mAhから約2倍の1500mAhになり、駆動時間が大幅に延びています。この他にもカメラが197万画素から800万画素へと強化されるなど、スペックが大幅に向上しています。

また、「LINE」やGmailなどの「PCメール」が使えるなど機能面が強化されているのも大きな魅力です。メッセージアプリ「+メッセージ」、「スマホ音声アシスタント呼出」、「ブラウザ」(Facebook、Twitter、Instagramアプリが利用可)、FMラジオチューナー、音楽プレーヤーなどの機能もあるため、「INFOBAR xv」はスマホなしでも十分に活用できそうです。

「INFOBAR xv」の価格は?

INFOBAR xv」は、

楽天市場で19,335円 〜(税込・中古品)、

Amazonで28,800 円〜、

ヤフーショッピングで18,125円〜、

で販売されています。

楽天市場で「INFOBAR xv」をチェックする

Amazonで「INFOBAR xv」をチェックする

ヤフーショッピングで「INFOBAR xv」をチェックする

「INFOBAR xv」のセール・クーポン情報は?

INFOBAR xv」のセール・クーポン情報はまだありませんが、大規模なセール期間中にクーポンが配布され、さらに安くなることがあります。頻繁にサイトをチェックすることをおすすめします。

 

楽天市場にau「INFOBAR」シリーズの激安中古品が大量入荷!

楽天市場でau「INFOBAR」シリーズをチェックする

 

ヤフーショッピングでau「INFOBAR」シリーズが大幅値下げ!

ヤフーショッピングでau「INFOBAR」シリーズをチェックする