Goal Zero製品は災害&アウトドア&に強い 全機種を比較


災害やアウトドアで役立つ「Goal Zero」製品をまとめて紹介します。

日本で「Goal Zero」製品の需要が高まる

日本国内で地震などの大災害の発生が続く中、アウドドアブランドで知られる「Goal Zero」製品の人気が高まっている。6月の「大阪府北部地震」、「7月の豪雨」、そして9月の「北海道胆振東部地震」と、災害続きの日本。迫りくる危機にどう対処し、生き抜くべきか。

2年前の「熊本地震」(2016)、7年前の「東日本大震災」(2018)を考慮すると、その頻度は年々増しているといえる。私たち日本人にとって大災害は「めったに起こらないもの」ではなく、「身近に起こるもの」に変わりつつある。

防災グッズに関していえば、従来までは「多少品質が劣ってもそれなりに使えるもの」で十分だった。大きな被害をもたらす災害が頻繁に起こらなければそれでもよかったのかもしれない。しかし、こうして大災害が立て続けに起き、いつ再び大災害が起こるか分からない状況の中では、まさかの緊急時でも確実に使える「Goal Zero」製品のような「品質の高い」ものを用意しておく必要がある。

大地震、台風、土砂崩れ、停電、異常気象などの災害は「忘れた」頃に必ずやってくる。大切ななのは、それが実際に起こるかどうかではなく、まさかの緊急時に対処できるようにしておくことである。立て続けに起こる大災害を乗り越えていくためには、用心に用心を重ねておいた方がよい。

Goal Zero製品 まとめ パートⅠ

Goal Zero製のソーラーパネルはエネルギー変換率が非常に優秀で、低価格のものとは比べものにならない。また、低価格なものと比べて非常に頑丈にできており、すぐに壊れるということなく、長期間にわたって使用できる。Goal Zero製のポータブル電源やモバイルバッテリー、に関しても同様で、トラブルに合うことが圧倒的に少ない。ここではそうした優れた品質をもつGoal Zeroのソーラーパネルやモバイルバッテリー、ポータブル電源を紹介していこう。

<最大50W出力できる ソーラーパネル>

 「BOULDER 50」

BOULDER 50」は最大50Wの出力が可能なソーラーパネル。ボディには耐久性の高い強化ガラスとアルミフレームを採用し、コーナープロテクションも装備。防水機能にも対応するほか、角度調整が容易なキックスタンドも備えている。また、8mm のソーラーポート出力に対応し、Yeti 1400、Yeti 400、Sherpa 100、Sherpa 50などのポータブル電源に接続することが可能。最大150Wまでの連結に対応し、短時間でより多くの電力を効率良く発電できる。

Amazonで「BOULDER 50」をチェックする

<耐水&耐衝撃で高出力>

「Nomad 13 Solar Panel V2」

Nomad 13 Solar Panel V2」は、13Wの出力が可能なソーラーパネル。耐水性、衝撃に強いボディとエネルギー変換効率17~18%の単結晶シリコン型セルを採用。折りたたみ収納も可能で、別売のポータブル電源「Sherpa 50 Recharger V2」と組み合わせた場合、約6~12時間で満充電にすることができる。出力端子はUSB、DC12V、Guide 10シリーズ(ポータブル充電器)用ポート。ソーラーパネル連結用のケーブルも備えている。本体にはケーブル収納もできるジッパーポケット付き。最大4台まで連結させることができる。サイズは273(幅)×235(高さ)×25(奥行)mm。重量は約720g。

Amazonで「Nomad 13 Solar Panel V2」をチェックする

<キックスタンドを備える高出力ソーラーパネル・ Goal Zero>

「Nomad 7 Plus」

Nomad 7 Plus」はキックスタンドを備えるGoal Zero製の高出力ソーラーパネル。最大出力7Wで、耐久性にすぐれた折りたたみ型のデザインを採用している。

続きを読む

Amazonで「Nomad 7 Plus」をチェックする

<14W出力でキックスタンド付き>

「Nomad 14 Plus 」

Nomad 14 Plus」は最大14Wで出力できるソーラーパネル。防水対応で、角度調整が可能なキックスタンドも備えている。キックスタンドは取り外し可能なマグネット式。太陽光強度インジケータ付きのジャンクションボックスを搭載し、4つのLEDライトから現在の太陽光の状態が確認できる。また、太陽光の不足、影などの環境的な理由により充電が完了していない場合、充電未完了を検出して自動的に再充電することが可能。Nomadソーラーパネルとの連結接続にも対応する。

Amazonで「Nomad 14 Plus」をチェックする

<耐水&耐衝撃モバイルバッテリー>

「Goal Zero Venture 30 Recharger」

Goal Zero Venture 30 Recharger」は、アウトドア用の軽量コンパクトなモバイルバッテリー。Nomad 7などの別売ソーラーパネルからの充電に対応している。

本体はIPX6相当の耐水性と耐衝撃性に優れた設計を採用。2台のデバイスへの同時充電にも対応し、スマートフォン、タブレット、アクションカメラなどのモバイル機器へ充電することができる。また、「スマートチャージ機能」を搭載し、USB出力を最適化して素早く充電することが可能。バッテリー容量は7,800mAhで、スマートフォンの場合は、2~3回、タブレットでは1回、アクションカメラでは9回ほど充電できる。そのほか、本体には65ルーメンのLEDを内蔵。ストロボ発光を含む3つのモードからLEDライトとしても使用することができる。

Amazonで「Goal Zero Venture 30 Recharger」をチェックする

<スマホ10回充電が可能>

「Sherpa 50 Recharger V2」

GOAL ZERO「Sherpa 50 Recharger V2」は容量50Wh、重さ500gの軽量ポータブルバッテリー。ノートPC1回、スマートフォン10回、iPad2回をフル充電できる。本体にはリチウムイオン電池で、約1,000回繰り返し使用できる(電圧は12V)。また、製品には充電用のACアダプタが付属。別売りのシガーソケットを使うことで車載のシガーライターから充電することもできる。

最大出力は75Wで、USB出力は最大7.5W。出力端子はUSB出力、DC電源出力、ノートパソコン専用出力の3種類。バッテリー残量を表示するインジゲーターも備えている。サイズは114×127×38mm(同)で、重量は500g。なお、別売りのインバーター「Sherpa Inverter AC Inverter V2」を使うことで、ノートパソコンなどの充電にも対応する(AC100V/100W出力)。

Amazonで「GOAL ZERO Sherpa 50 Recharger V2」をチェックする

Goal Zero製品 まとめ パートⅡ

北海道大地震のとき、予想外に起こったのが「大停電」である。電気が使えないうえに真っ暗なこともあり、思うように行動できない人が続出した。ここで、ランタンを含めて紹介しているのは、そうした思わぬトラブルを避けるためでもある。

Goal Zero製のランタンやライトは低価格なものにありがちな「予想していたよりも明るくない」という悲惨な目に合うことがなく、十分な明るさで長時間照らし続けてくれる。モバイルバッテリー機能をもつものもあり、北海道地震のように「大地震→大停電」が起こった場合でも十分に対処できるだろう。

<USB扇風機&懐中電灯にもなるモバイルバッテリ>

「Goal Zero Switch 10」

Goal Zero Switch 10」は容量3,000mAhのスティック型モバイルバッテリー。USB 1.5A出力ポートからスマートフォン、携帯ゲーム機などへ充電できる。本体にはバッテリーレベルを確認できるLEDバッテリーインジケータ付き。パススルー電力に対応し、充電する機器とSwitch 10を同時充電できる。

なお、「Switch 10」に取り付けできるアタッチメント2種類(USB扇風機とUSB懐中電灯)と「Switch 10」を太陽光発電により短時間で充電できる最大出力7Wの高性能ソーラーパネル「Nomad 7 V2 Solar Panel」をセットにしたマルチツールキット「Switch 10 USB Multi-Tool Kit(スイッチ10 USB マルチツールキット)」も販売されている。

Amazonで「GoalZero Switch10」をチェックする

<広範囲にも照らせるLEDランタン Goal Zero>

「Light-a-Life 350」

Light-a-Life 350」は最大350ルーメンのコンパクトなLEDランタン。Goal Zero製ポータブル電源、Sherpa Rechargerシリーズ、Yetiシリーズからの給電に対応するほか、付属のシガーアダプターを使用して車からも給電できる。本体には5W のLED電球を搭載。パワースイッチで高照度と低照度に切り替えできる。また、マグネット付きのカラビナも搭載。広範囲で明るい照明が得られる「エリアライトモード」、柔らかい間接照明で室内用に適した「ランタンモード」の2つのモードで利用できる。

Amazonで「Light-a-Life 350」をチェックする

<モバイルバッテリー機能LEDランタン>

「Lighthouse Mini」

Lighthouse Mini」はモバイルバッテリーにもなる多機能なLEDランタン。最大210ルーメンのLEDライトを搭載し、最大500時間以上の連続して使用できる。また、片面180度と全面360度の点灯面切り替えとノブでの輝度調節が可能。折りたたみ可能なスタンドと吊り下げ用のハンガーも備えている。そのほか、内蔵バッテリーには容量11.1WhのGoal Zero社製18650リチウムバッテリーを採用。前面のUSB出力ポートからスマートフォンなどの充電も可能なほか、別売のGoal Zero社製ソーラーパネルからの充電にも対応する。

Amazonで「Lighthouse Mini」をチェックする

<ソーラーパネル搭載のBluetoothスピーカー>

「Rock Out 2 Solar Speaker」

Rock Out 2 Solar Speaker」はソーラーパネルで充電できるBluetoothスピーカー。本体にリチウムイオン電池を内蔵し、最大10時間再生できる。充電は内蔵されたソーラーパネルのほか、USBケーブルでの充電にも対応(約2時間で満充電)。通信はBluetoothに対応し、3.5mmステレオミニプラグケーブルでの有線接続でも使用できる。

ボディにはバッグなどへ取り付けできるストラップを装備。携帯音楽プレーヤーやスマートフォンを本体へ収納することもできる。また、音楽の再生や停止、曲飛ばし、音量調整が行えるオーディオコントロールボタンを装備。コンパクトながらも簡単に操作できる。バッテリー容量は800mAhで、連続使用時間が約10時間。Bluetoothのバージョンは3.0。サイズは178(幅)×95(高さ)×64(奥行)mmで、重量は約454g。ボディカラーは、Black、Green、Teal、Blueの4色をラインナップする。

Amazonで「Rock Out 2 Solar Speaker」をチェックする

<スマホ15回充電が可能なポータブル電源>

 「Yeti 150 Solar Generator」

Yeti 150 Solar Generator」は防災対策として使えるコンパクトなバッテリー。容量150Whのバッテリーを搭載し、ノートPCを約2回、タブレットを約6回、スマートフォンを約15回 充電できる。出力端子にはACコンセント×1、USBポート×2、DCポート×2を搭載。内蔵バッテリーは、Goal Zero社製のソーラーパネルをはじめ、シガーソケットや家庭用コンセントから蓄電できる。サイズは約197(W)×146(H)×172(D) mmで、重量は約5.4kg。バッテリー残量を示すインジケータ付き。

Amazonで「Goal Zero Yeti」をチェックする

Goal Zero製品 まとめ パートⅢ

<最大100Wで出力できるソーラーパネル>

「Boulder 100 Briefcase」

Boulder 100 Briefcase」は最大100Wで出力できるソーラーパネル。強化ガラスとアルミフレームを採用した防水対応のボディにはキックスタンドが搭載されており、角度を調整して設置することができる。また、8mm ソーラーポート出力に対応し、Yeti 1400、Yeti 400、Sherpa 100、Sherpa 50などのポータブル電源にも接続することが可能。別のBoulderソーラーパネル製品と連結して最大150Wまで出力できる。

Amazonで「Boulder 100 Briefcase」をチェックする

<モバイルバッテリー機能搭載LEDフラッシュライト>

「Goal Zero TORCH 250」

Goal Zero TORCH 250」は、モバイルバッテリーを搭載したLEDフラッシュライト。USB充電のほかに、ソーラーパネルによる太陽光発電、ダイナモクランク(手回し充電)を利用して蓄電することができる。

ライトは、最大250ルーメンの明るさでスポットライトとフラッドライト、レッドライトの3つの点灯モードを搭載。ライトはスポットライトであれば最大15時間、フラッドライトであれば最大48時間のライト点灯が可能。災害時やアウトドアといった用途にも安心して使うことができる。バッテリー容量は、4400mAh(16Wh)。出力は5Vで1.5Aに対応し、スマホにでも充電が可能できる。

Amazonで「Goal Zero TORCH 250」をチェックする

<AC100V/100W出力に対応した小型・軽量インバーター>

「Sherpa Inverter AC Inverter V2」

Sherpa Inverter AC Inverter V2」はAC100V/100W出力が可能な小型・軽量のACインバーター。Sherpa Recharger V2シリーズ、Goal Zero社製のポータブル電源に対応し、ポータブル電源と組み合わせることで、ノートPCなどへ充電できるようになる。ボディはコンパクトで軽量なデザインを採用。コインで回せるネジを採用し、ポータブル電源より簡単に着脱できる。サイズはサイズ 約25(W)×25(H)×133(D) mmで、重量は160g。

Amazonで「GOAL ZERO ACインバータ Sherpa UI」をチェックする

<エネループをソーラー充電する>

「Guide 10 Plus Battery Pack」

Guide 10 Plus Battery Pack」はソーラーパネルと組み合わせて単3電池を充電できるポータブル充電器。最大出力7Wの高性能ソーラーパネル「Nomad 7 V2 Solar Panel」と組み合わせることで、エネループなどの単3形ニッケル水素充電式電池4本を充電できる。

ポータブル充電器「Guide 10 Plus Battery Pack」と組み合わせた場合、エネループ(別売)などを約2~4時間で満充電にすることが可能。充電した電池を利用し、USB 1A出力ポートからスマートフォン、携帯音楽プレーヤー、携帯ゲーム機などの機器へ充電も充電できる。非常用のLEDランプ付き。

Amazonで「GOAL ZERO GUIDE 10 PLUS」をチェックする

ソーラー充電器と比較

災害などで役立つソーラー充電器も発売されています。ぜひ比較してください。

ソーラー充電器は災害&アウトドアで役立つ 全機種を比較

その他のおすすめモバイルバッテリーは?

その他のおすすめモバイルバッテリーは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

<モバイルバッテリー>

ないとヤバイ! 災害に役立つ大容量モバイルバッテリー まとめ

モバイルバッテリーは緊急時に必ず役立つ 全機種チェック 

ガッツリ役立つ薄くて超軽量なモバイルバッテリーまとめ

<ソーラー充電>

ソーラー充電器は災害&アウトドアで役立つ 全機種を比較

<USB充電器>

USB充電器のオススメはどれ? 人気モデルを比較

スマホ&タブレットをまとめて充電できるUSB充電器 まとめ

<災害/防災グッズ>

災害が起こっても安心 充電器不要のモバイル防災グッズ まとめ

<大容量バッテリー搭載スマホ>

大容量バッテリースマホ 最強SIMフリーモデル全機種を比較