「WINNOVO M8」と最新8型タブレットを徹底 比較!


2020年9月に発売された「WINNOVO M8」と最新8型タブレットを徹底 比較して紹介!価格やAntutuベンチマーク、スペックの違いに加えて、メリット・デメリットも紹介します。

「WINNOVO M8」の特徴

WINNOVO M8」の特徴をまとめてみました。

極細ベゼルのフルスクリーンIPS液晶・目にも優しい

WINNOVO M8」は8インチのIPS液晶を搭載しています。解像度は1280×800ドットのHD画質。極細ベゼルを採用しているため、画面がより広く見えるようになっています。また、バックライト自動調整機能を搭載。自動で周囲の明るさに合わせることで目の負担を軽減できます。

Mediatek MT8167プロセッサで快適動作!

WINNOVO M8」はMediatek MT8167 クアッドコアプロセッサを搭載。28nmプロセスで製造された64ビット対応の4コアプロセッサで、Antutu総合で約75,000点を記録しています。Youtube動画の視聴、LINEなどのSNSアプリ、音楽再生、軽めのゲーム、電子書籍なども快適に使用できます。

Android 10.0搭載・Google Play対応

WINNOVO M8」は最新のAndroid 10.0 OSを搭載。目の負担の少ない黒を基調とした「ダークテーマ」やアプリごとに位置情報を制御できる「プライバシーコントロール」、タッチせずに操作できる「ジェスチャー ナビゲーション」などが利用できます。また、Google Playストアに対応し、LINEやYouTubeなど豊富なアプリも利用できます。

価格を比較

WINNOVO M8」と、「Teclast P80H」(2020)、「VUCATIMES N8」、「HUAWEI MatePad T8」の価格を比較してみました。

「WINNOVO M8」

WINNOVO M8」は、Amazonで9,888(2000円OFFクーポン付き)、楽天市場で12,964円、ヤフーショッピングで10,615円 (税込)、米国 Amazon.comで$69.99 (日本発送は+$14.38) で販売されています。

「Teclast P80H」(2020)

Teclast P80H」(2020)は、Amazonで8,900円(700円OFFクーポン付き)、楽天市場で 11,689円~ (税込)、ヤフーショッピングで12,147円 (税込) で販売されています。

「VUCATIMES N8」

VUCATIMES N8」は、Amazonで8,888(1500円OFFクーポン付き)、楽天市場で11,479円、ヤフーショッピングで9,319円 (税込)、米国 Amazon.comで$69.99 (日本発送は+$14.38) で販売されています。

「HUAWEI MatePad T8」

HUAWEI MatePad T8」は、Amazonで13,128円~、楽天市場で13,900円 (税込)、ヤフーショッピングで13,900円~、ビックカメラで15,290円(1,529ポイント)、Banggoodで26,996円 で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

WINNOVO M8」と、「Teclast P80H」(2020)、「VUCATIMES N8」、「HUAWEI MatePad T8」のスペックを比較してみました。

「WINNOVO M8」

Antutu総合で約75,000

<CPU> Mediatek MT8167 クアッドコア
※「ASUS ZenPad 3S 10」と同じプロセッサ

「Teclast P80H」(2020)

AnTuTu総合で約43,000

<CPU> Unisoc SC7731E クアッドコア
※「Vankyo S10」と同じプロセッサ

「VUCATIMES N8」

Antutu総合で約40,000

<CPU > Allwinner クアッドコア 1.70 GHz

「HUAWEI MatePad T8」

AnTuTu総合で「92164」、CPUで「39634」、GPUで「11625」、MEMで「24971」、UXで「15934」。

<CPU> MediaTek MT8768

スペックを比較

WINNOVO M8」と、「Teclast P80H」(2020)、「VUCATIMES N8」、「HUAWEI MatePad T8」のスペックを比較してみました。

「WINNOVO M8」のスペック

  • ディスプレイ 8インチ、1280×800ドットのIPS液晶
    ※マルチタッチ対応 / HD / バックライト自動調整
  • プロセッサ Mediatek MT8167 クアッドコア
    ※28 nm / 64bit / 4コア
  • CPU ARM Cortex-A35 @ 1.3GHz
  • GPU IMG PowerVR GE8300
  • RAM(メモリ) 1GB
  • ストレージ 32GB
  • 外部ストレージ micro SDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 4000mAh
  • 駆動時間  約 8時間
  • 背面カメラ 2MP
  • 前面カメラ 2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11b/g/n (2.4GHz)、Bluetooth4.0、GPS
  • インターフェース micro USB、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • FMラジオ 対応
  • 言語 日本語を含むマルチ言語に対応
  • OS Android 10.0
    ※Go editionの可能性あり
  • Google Play 対応
  • GMS認証 & Google アプリ 対応
  • サイズ 20.8 x 12.4 x 0.9 cm
  • 重量 320 g
  • カラー ブラック

関連記事超激安でゴメン! ノーブランド Androidタブレット まとめ

Amazonで「WINNOVO M8」をチェックする

楽天市場で「WINNOVO M8」をチェックする

ヤフーショッピングで「WINNOVO M8」をチェックする

米国 Amazon.comで「WINNOVO M8」をチェックする

「Teclast P80H」(2020)のスペック

  • ディスプレイ 8インチ、解像度1280×800 ドットのIPS液晶
    ※6mmベゼル / 10点マルチタッチ / 16:10
  • プロセッサ UNISOC SC7731E クアッドコア
    ※28nm  / 64bit / 4コア
  • CPU  1.3GHz quad-core ARM Cortex -A7
  • GPU  ARM Mali T820 MP1
  • RAM(メモリ)  2GB
  • ストレージ  32GB
  • バッテリー 4000mAh
  • 充電 PD充電に対応
  • 背面カメラ  200万画素、
  • 前面カメラ  30万画素
  • ワイヤレス通信 WiFi 802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2、GPS(北斗 BeiDou)
  • インターフェース    USB Type-C、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • OS  Android 10.0
  • サイズ  20.8 x 12.4 x 0.9 cm
  • 重量 331g
  • カラー  ブラック

関連記事「Teclast P80H」(2020)と最新 8型Androidタブレットを徹底 比較!

Amazonで「Teclast P80H」(2020)をチェックする

楽天市場で「Teclast P80H」(2020)をチェックする

ヤフーショッピングで「Teclast P80H」(2020)をチェックする

AliExpressで「Teclast P80H」(2020)をチェックする

「VUCATIMES N8」のスペック

  • ディスプレイ 8 インチ、解像度1280 x 800 pxのIPS液晶
    ※バックライト自動調整(目の保護モード) / HD
  • プロセッサ Allwinner クアッドコア 1.70 GHz
  • CPU Cortex-A53 Quad-core
  • GPU 不明
  • RAM(メモリ) 1 GB DDR
  • ストレージ 32 GB eMMC
  • 外部ストレージ microSDカードで最大512GBまで
  • バッテリー 4000mAh
  • 背面カメラ 2MP
  • 前面カメラ 0.3MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi (2.4GHz)、Bluetooth 4.0
  • インターフェース microUSB x 1、microSDカードスロット x 1、3.5mmイヤホンジャック x 1
  • OS Android 10.0
  • GMS認証 対応
  • Google Play 対応
  • 機能 ペアレンタルコントロール機能(コンテンツの利用制限)
  • サイズ 209 x 125 x 9.6 mm
  • 重量 約 320 g
  • カラー ブラック、グリーン、パープル

関連記事「VUCATIMES N8」と激安8型タブレットを徹底 比較!

Amazonで「VUCATIMES N8」をチェックする

楽天市場で「VUCATIMES N8」をチェックする

ヤフーショッピングで「VUCATIMES N8」をチェックする

米国 Amazon.comで「VUCATIMES N8」をチェックする

「HUAWEI MatePad T8」のスペック

  • ディスプレイ 約8.0インチ、解像度: 1280 x 800 ドットの液晶
    ※画面占有率80% / 約4.9 mmスリムベゼル / 1670万色 / NTSCカバー率60% / 189PPI / ダークモード / Eye Comfort Mode(ブルーライトカット)
  • プロセッサ MediaTek MT8768 オクタコア
  • CPU 4 x 2.0 GHz +4 x 1.5 GHz
  • GPU IMG GE8320 650 MHz
  • RAM(メモリ) 2 GB
  • ストレージ  16GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大512 GBまで
  • バッテリー 約5100 mAh
  • 駆動時間 最大12時間(動画データを1080P再生 / ローカル保存)
  • 背面カメラ  約500万画素 (AF)
  • 前面カメラ 200万画素 (FF)
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac (2.4 GHz / 5 GHz)、Bluetooth 5.0、GPS ( GLONASS、BeiDou )
  • インターフェース microUSB 2.0
  • センサー 加速度センサー
  • マイク 内蔵マイク x 1
  • スピーカー 内蔵スピーカー x 1
  • 生体認証 顔認証
  • 機能 キッズモード、ダークモード、Eye Comfort Mode(ブルーライトカット)
  • OS   EMUI 10.0.1 (Android 10.0ベース)
  • Google Play 非対応(他端末から移したアプリは使用可。Google アプリは使用不可)
  • サイズ 121(幅)×200(高さ)×8.6(奥行)mm
  • 重量 約310 g
  • カラー ディープシーブルー

関連記事「HUAWEI MatePad T8」と人気8型タブレットを徹底 比較!

Amazonで「HUAWEI MatePad T8」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI MatePad T8」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI MatePad T8」をチェックする

ビックカメラで「HUAWEI MatePad T8」をチェックする

Banggoodで「HUAWEI MatePad T 8」をチェックする

「WINNOVO M8」のメリット・デメリット

WINNOVO M8」のメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

・32GBストレージ内蔵で最大128GBまで拡張できる

WINNOVO M8」は32GBストレージを内蔵。別売のmicroSDカードを利用することでさらに最大128GBまで拡張することができます。

一方、「Teclast P80H」(2020)は32GB内蔵で最大128GBまで、「VUCATIMES N8」は32 GBストレージ内蔵で最大512GBまで、「HUAWEI MatePad T8」は 16GBストレージ内蔵で最大512GBまで拡張できるようになっています。

・4000mAhバッテリーでロング駆動

WINNOVO M8」は大容量4000mAhバッテリーを搭載。最大で約8時間駆動することができます。

一方、「Teclast P80H」(2020)と「VUCATIMES N8」は4000mAhバッテリー搭載、「HUAWEI MatePad T8」は約5100 mAhバッテリー搭載で最大12時間の駆動が可能になっています。

・視野角の広いHD画質のIPS液晶・バックライト自動調整機能付き

WINNOVO M8」は視野角の広い8インチ、1280×800ドットのIPS液晶を搭載しています。また、マルチタッチ対応でバックライト自動調整機能も利用できます。

一方、「Teclast P80H」(2020)は8インチ、解像度1280×800 ドットのIPS液晶、「VUCATIMES N8」は 8 インチ、解像度1280 x 800 pxのIPS液晶(バックライト自動調整)、「HUAWEI MatePad T8」は約8.0インチ、解像度: 1280 x 800 ドットの液晶(ブルーライトカット)を搭載しています。

・背面2MP&前面2MPカメラが使える

WINNOVO M8」は背面2MPのメインカメラと前面2Mのフロントカメラを搭載しています。テレワークやオンライン授業、Zoome会議でも鮮明な映像でやり取りできます。一方、「Teclast P80H」(2020)と「VUCATIMES N8」は背面2MP&前面0.3MPカメラを搭載、「HUAWEI MatePad T8」は背面5MPカメラ&前面2MPカメラを搭載しています。

・厚さ9mm & 重さ320 gの薄型軽量ボディ

WINNOVO M8」は厚さ9mmで重さ320 gの薄型軽量ボディになっています。

一方、「Teclast P80H」(2020)は厚さ9mm&重さ331g、「VUCATIMES N8」は厚さ9.6 mm&重さ約 320 g、「HUAWEI MatePad T8」は厚さ8.6mm&重さ約310 gのボディになっています。

デメリット

・Type-C端子を搭載していない

WINNOVO M8」はmicroUSB端子を搭載しています。そのため、Type-C端子を利用したPD充電は利用できません。一方、「Teclast P80H」(2020)だけはType-C端子を利用したPD充電が利用できるようになっています。

・メモリ1GB

WINNOVO M8」はメモリが1GBしか搭載されていません。一方、「Teclast P80H」(2020)と「HUAWEI MatePad T8」は2GBメモリを搭載しています。

「WINNOVO M8」の販売・購入先

WINNOVO M8」は、

Amazonで9,888(2000円OFFクーポン付き)、

楽天市場で12,964円、

ヤフーショッピングで10,615円 (税込)、

米国 Amazon.comで$69.99 (日本発送は+$14.38) 、

で販売されています。

Amazonで「WINNOVO M8」をチェックする

楽天市場で「WINNOVO M8」をチェックする

ヤフーショッピングで「WINNOVO M8」をチェックする

米国 Amazon.comで「WINNOVO M8」をチェックする

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

Teclast P80H」(2020)

VUCATIMES N8

HUAWEI MatePad T8

Fire HD 8」(2020)

Fire HD 8 Plus

Teclast P80X

ALLDOCUBE iPlay8 Pro

Galaxy Tab A 8.0 with S Pen (2019) 」

Winnovo TS7」(7インチ・Android 10.0)

Winnovo TS10」(10.1インチ・Android 10.0)

WINNOVO P20」(10.1インチ・Android 10)

WINNOVOタブレットをまとめてチェック!

WINNOVOタブレットは以下のページにまとめてあります。

WINNOVOタブレットに高評価 続々!全機種を徹底 比較

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

2020最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

Android 10.0 OSを搭載したタブレットをまとめて紹介しています。

Android 9.0で使えるタブレット 最新 まとめ

Android 9.0 OSを搭載したタブレットをまとめて紹介しています。

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

2万円前後のAndroid タブレット(国内販売)をまとめて紹介しています。

超激安でゴメン! ノーブランド Androidタブレット まとめ

ノーブランドの激安Androidタブレットをまとめて紹介しています。