「ZBOX edge CI341」と人気ミニPCを徹底 比較!


2020年7月29日に発売された「ZBOX edge CI341」と人気ミニPCを徹底 比較して紹介! 価格やスペック、ベンチマークスコアの違いに加えて、メリット・デメリットも紹介します。

「ZBOX edge CI341」の特徴

ZBOX edge CI341」の特徴をまとめてみました。

Gemini Lake & M.2 SSDで高速・静音で動作

ZBOX edge CI341」はGemini Lake世代のインテル Celeron N4100 クアッドコア プロセッサを搭載し、Passmarkベンチマークで「2513」を記録しています。また、高速なDDR4規格の4GB メモリと 64GBのM.2 SSDストレージを搭載。大型ヒートシンク搭載で埃を吸い込まないため、無音で動作することもできます。

HDMI & DP出力に対応・Type-Cポートも使える

ZBOX edge CI341」はHDMI 出力の他に高リフレッシュレートに対応するDisplayPortも搭載。対応ディスプレイを使用することで、遅延のないより滑らかな映像を映し出すことができます。また、2つのUSB 3.0ポートの他にType-Cポートを1つ搭載。USBメモリやポータブルHDDなどでも高速なデータ転送が可能です。

Wi-Fiデュアルバンド & デュアル有線LAN通信

ZBOX edge CI341」は2.4GHz帯と5GHz帯の2つの周波数を使ったWi-Fiデュアルバンドに対応。2.4GHz帯と比べて途切れづらく、高速なワイヤレス通信が利用できます。また、2つの有線LAN端子を搭載。一方をインターネットに接続し、もう一方を他のノートPCに接続して通信することができます。

公式ページ

価格を比較

ZBOX edge CI341」と、「Beelink Gemini M」、「MINISFORUM GK41」、「BMAX B2 Plus」の価格を比較してみました。

「ZBOX edge CI341」

ZBOX edge CI341」は、Amazonで39,600円(税込・送料無料)で販売されています。

「Beelink Gemini M」

Beelink Gemini M」は、Banggoodで17,037円(SSD 128GB搭載モデル)で販売されています。

「MINISFORUM GK41」

MINISFORUM GK41」は、Amazonで25,980(128GBストレージモデル・256GBモデルは29,880円)、楽天市場で33,139円 (税込) 、ヤフーショッピングで30,107円 (税込)で販売されています。

「BMAX B2 Plus」

BMAX B2 Plus」は、Banggoodで23,427円、AliExpressでUS $211.19 で販売されています。

スペックを比較

ZBOX edge CI341」と、「Beelink Gemini M」、「MINISFORUM GK41」、「BMAX B2 Plus」のスペックを比較してみました。

「ZBOX edge CI341」のスペック

  • プロセッサ Gemini Lake世代のインテル Celeron N4100 クアッドコア 1.1GHz
    ※14nm/ 4コア / 4スレッド / 最大2.4GHz
  • GPU インテル UHD グラフィックス 600
  • RAM(メモリ) 4GB DDR4 SO-DIMM
  • ストレージ 64GB M.2 SATA SSD
  • 電源 ACアダプター 40W / (DC 19V)
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n(2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 4.2
  • 有線LAN ギガビットLAN ×2
  • インターフェース USB 3.0 Type-A ×2、USB 3.0 Type-C ×1、HDMI 2.0a (最大4096×2160@60Hz) ×1、DisplayPort 1.2 (最大4096×2160@60Hz)、カードリーダー (SDHC/SDXC) ×1、ヘッドフォン端子
  • OS Windows 10 Pro 64bit
  • サイズ 147.2mm × 147.2mm × 32.1mm
  • 重量 640 g (ACアダプター除く)
  • カラー ブラック
  • VESAマウント 対応
  • 型番 ZBOX-CI341-J-W2C

関連記事リビングにふさわしい超小型デスクトップPC まとめ

Amazonで「ZBOX edge CI341」をチェックする

楽天市場で「ZBOX」をチェックする

ヤフーショッピングで「ZBOX」をチェックする

米国 Amazon.comで「ZOTAC ZBOX Pico PI335」をチェックする

米国 Amazon.comで「ZOTAC Magnus EK3105T Gaming Mini PC」をチェックする

「Beelink Gemini M」のスペック

  • プロセッサ Gemini Lake Refresh世代のIntel Celeron J4125 クアッドコア
  • GPU Intel UHD Graphics 600
  • RAM(メモリ) 4GB / 8GB DDR  ※モデルによって異なります。
  • ストレージ 64GB eMMC or SSD 128 / 256GB ※モデルによって異なります。
  • 拡張ストレージ M.2 SATA SSD 2242 で最大256GBまで
  • 電源 ACアダプター 12V-2A 24W (Input: 100-240V AC, 50/60Hz, Output: 12V 2A)
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz+5GHz) 、Bluetooth 4.0
  • 有線LAN 対応・ 1000M
  • インターフェース USB3.0 x4、HDMI 1.4 x2 (4K/2K)、SDカードリーダー x1、有線LAN端子(RJ45 1000M) x1、3.5mmイヤホンジャック、DCポート
  • 冷却ファン ヒートシンク+ファン
  • VESAマウント 対応
  • 搭載可能なOS Windows10, Ubuntu
  • サイズ 119 x 119 x 17.7mm
  • 重量 340 g
  • カラー ネイビー

関連記事「Beelink Gemini M」スペック、ベンチマーク、増設、価格

Banggoodで「Beelink Gemini M」をチェックする

AliExpressで「Beelink Gemini T34」をチェックする

GearBestで「Beelink Gemini T34」をチェックする

Amazonで「Beelink ミニPC」をチェックする

楽天市場で「Beelink」をチェックする

ヤフーショッピングで「Beelink」をチェックする

「MINISFORUM GK41」のスペック

  • プロセッサ Celeron J4125 クアッドコア 2.0 GHz
    ※14nm / 4コア / 4スレッド / 2.7 GHz
  • GPU Intel UHD グラフィックス600
  • RAM(メモリ) 8GB  LPDDR4  (オンボード)
  • ストレージ SSD 128GB M.2 2280 SATA
  • 拡張ストレージ SSD M.2 2280 最大1TBアップグレード可
  • 消費電力 10W
  • ワイヤレス通信   Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5.8GHz)、Bluetooth 4.2
  • 有線LAN     1000Mbps LAN
  • インターフェース HDMI2.0ポート x1、DPポート  x1、USB 3.0ポート  x4、RJ45ポート  x2、マイクジャック  x1、デジタルマイクジャック  x1、3.5mmオーディオジャック  x1、SDカードスロット  x1、DCポート(12V、3A)  x1、電源スイッチ  x1、リセット穴  x1
  • 冷却ファン 搭載
  • OS Windows 10  Pro (64ビット) 日本語対応/LinuxおよびChromium OSをサポート
  • サイズ   12.5 x 11.3 x 3 cm
  • 重量 299 g
  • カラー ブラック

関連記事「MINISFORUM GK41」のスペック、ベンチマーク、増設、価格

Amazonで「MINISFORUM GK41」をチェックする

楽天市場で「MINISFORUM GK41」をチェックする

ヤフーショッピングで「MINISFORUM GK41」をチェックする

「BMAX B2 Plus」のスペック

  • プロセッサ  Intel Celeron J4115 クアッドコア
    ※ 14 nm / 4コア / 4スレッド / 64ビット / 最大2.50 GHz
  • GPU 第9世代 Intel UHD Graphics 600
  • RAM(メモリ) 8GB DDR4
  • ストレージ 128GB SSD  ※ M.2 SSDスロット
  • 拡張ストレージ  SSDを1TB まで / 2.5インチ HDD 2TBまで
    ※M.2 2280 SSD x1、M.2_NVMe_2280 x1
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0
  • 有線LAN 1000Mbps
  • インターフェース USB3.0 x 2、USB2.0 x 2、USB Type-C x 1、HDMI x 2、RJ45 ×1、 microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • 電源 ACアダプター 100-240V / 50-60Hz
  • オーディオ チャンネルスピーカー x 2
  • VESAマウント 対応
  • OS  Windows 10 Home 64bit
  • サイズ 12.5 x 11.2 x 4.4 cm
  • 重量 310g
  • カラー ブラック&グレイ
  • 発売日  2020年 1月

関連記事「BMAX B2 Plus」スペック、ベンチマーク、増設、価格

Banggoodで「BMAX B2 Plus」をチェックする

AliExpressで「BMAX B2 Plus」をチェックする

Amazonで「BMAX B2」をチェックする

ヤフーショッピングで「BMAX B2」をチェックする

楽天市場で「BMAX」をチェックする

ベンチマークを比較

ZBOX edge CI341」と、「Beelink Gemini M」、「MINISFORUM GK41」、「BMAX B2 Plus」のベンチマークスコアを比較してみました。

※PassMark、Geekbench、3DMarkとは、主にCPUとビデオカード(以下、グラボ)の性能を数値化したベンチマークスコアの参考値を表したものです。

「ZBOX edge CI341」

<CPU> Celeron N4100

Passmarkによるベンチマークスコアは「2513」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「381」、マルチコアで「1155」。

<GPU> インテル UHD グラフィックス 600

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「391」。

「Beelink Gemini M」

<CPU> Intel Celeron J4125

Passmarkによるベンチマークスコアは「3238」(CPU)。

<GPU> Intel UHD Graphics 600

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「391」。

「MINISFORUM GK41」

<CPU> Celeron J4125

Passmarkによるベンチマークスコアは「3035」(CPU)。

<GPU> Intel UHD グラフィックス600

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「391」。

「BMAX B2 Plus」

<CPU> Intel Celeron J4115

Passmarkによるベンチマークスコアは「2816」(CPU)。

<GPU> インテル® UHD グラフィックス 600

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「391」。

「ZBOX edge CI341」のメリット・デメリット

ZBOX edge CI341」のメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

・厚さ32.1mm薄型ボディ

ZBOX edge CI341」は厚さ32.1mmの薄型ボディになっています。重さは640 g です。

一方、「Beelink Gemini M」は厚さ17.7mmで重さ340 g、「MINISFORUM GK41」は厚さ30mmで重さ約299 g、「BMAX B2 Plus」は厚さ440 mmで重さ310g になっています。

・高速なM.2 SSDストレージを搭載

ZBOX edge CI341」は高速な 64GB M.2 SSDストレージを搭載し、通常のHDDよりもOSやアプリの起動が高速になっています。

一方、「Beelink Gemini M」、「MINISFORUM GK41」、「BMAX B2 Plus」も高速なM.2 SSD 128 GBを搭載しています。

・HDMI & DP出力に対応

ZBOX edge CI341」はHDMI 端子とDisplayPort 端子の両方で外部ディスプレイに出力できます。

一方、「Beelink Gemini M」はデュアルHDMI 出力、「MINISFORUM GK41」はHDMI & DisplayPort 出力、「BMAX B2 Plus」はUSB Type-C & HDMI x 2 出力に対応しています。

・Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 4.2 &デュアル有線LAN通信に対応

ZBOX edge CI341」はWi-FiデュアルバンドとBluetooth 4.2 、デュアル有線LAN通信(端子が2つ)に対応し、快適に通信できるようになっています。

一方、「Beelink Gemini M」はWi-Fiデュアルバンド & Bluetooth 4.0 & 有線LAN通信、「MINISFORUM GK41」はWi-Fiデュアルバンド & Bluetooth 4.2 & 有線LAN通信、「BMAX B2 Plus」はWi-Fiデュアルバンド & Bluetooth 5.0 & 有線LAN通信に対応しています。

・Windows 10 Proを搭載している

ZBOX edge CI341」はWindows 10 Proを搭載し、複数パソコンを仮想化できるHyper-V機能や、社内のパソコン管理がしやすいドメイン参加機能、遠隔操作が可能なリモートデスクトップ機能が利用できるようになっています。

一方、「BMAX B2 Plus」はWindows 10 Homeを搭載。「Beelink Gemini M」はOSは非搭載(ベアボーン仕様・Windows10, Ubuntu搭載可能)です。「MINISFORUM GK41」はWindows 10 Proを搭載しています。

デメリット

・4GBメモリ & 64GBストレージ搭載

ZBOX edge CI341」は4GBメモリ と 64GB M.2 SSDストレージを搭載しています。他のミニPCと比較すると、メモリとストレージ容量が約半分しかないことが分かります。

一方、「Beelink Gemini M」は8GB DDRメモリとSSD 128 GBストレージ搭載、「MINISFORUM GK41」は8GB LPDDR4 メモリとM.2 SSD 128GBストレージを搭載、「BMAX B2 Plus」は8GB DDR4 メモリと128GB SSDストレージを搭載しています。

・プロセッサ性能が高いわけではない

ZBOX edge CI341」はCeleron N4100プロセッサ搭載で、Passmarkベンチマークで「2513」(CPU)を記録しています。

一方、「Beelink Gemini M」は Intel Celeron J4125搭載でPassmarkベンチマークスコア「3238」(CPU)を記録、「MINISFORUM GK41」はCeleron J4125搭載でPassmarkベンチマークスコア「3035」(CPU)を記録、「BMAX B2 Plus」はCeleron J4115搭載でPassmarkベンチマークスコア「2816」(CPU)を記録しています。

「ZBOX edge CI341」の販売・購入先

ZBOX edge CI341」は、

Amazonで39,600円(税込・送料無料)で販売されています。

Amazonで「ZBOX edge CI341」をチェックする

楽天市場で「ZBOX」をチェックする

ヤフーショッピングで「ZBOX」をチェックする

米国 Amazon.comで「ZOTAC ZBOX Pico PI335」をチェックする

米国 Amazon.comで「ZOTAC Magnus EK3105T Gaming Mini PC」をチェックする

他のミニPCと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Beelink Gemini M

Banggoodで「Beelink Gemini M」をチェックする

★「MINISFORUM GK41

★「BMAX B2 Plus

★「BMAX B2

★「KODLIX GK45

★「CHUWI HeroBox

★ASUS「Mini PC PN60

★「CHUWI CoreBox

★「Beelink Gemini X45

★「Beelink GT-R

Banggoodで「Beelink GT-R」をチェックする

その他のおすすめミニPCは?

その他のおすすめミニPCは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

激安で買える海外製の小型PC 最新 まとめ

海外製の小型PCをまとめて紹介しています。

リビングにふさわしい超小型デスクトップPC まとめ

リビング用の小型PCをまとめて紹介しています。

超小型UMPCが続々! 最新の極小Windows ノートPC まとめ

超小型のノートPC「UMPC」をまとめて紹介しています。