「BMAX B2」と激安ミニPCを徹底 比較!


2020年7月に発売された「BMAX B2」と激安ミニPCを徹底 比較して紹介! 価格やスペック、ベンチマークの違いに加えて、メリット・デメリットも紹介します。

「BMAX B2」の特徴

BMAX B2」の特徴をまとめてみました。

高速SSD 128GB・拡張スロットで容量を増やせる

BMAX B2」は高速なSSD 128GBストレージを搭載。最新のLPDDR4規格を採用した8GB メモリとの組み合わせで、OSやアプリの起動も高速になっています。また、M.2規格の拡張スロットを搭載。メモリのような形状のため、簡単にストレージ容量を増やすことができます。

デュアルHDMIで2台同時出力・4つのUSB端子も

BMAX B2」はHDMI端子を2つ搭載。2台のディスプレイに同時出力したり、PCとゲーム機など複数の機器と接続したりすることができます。また、USB 3.0端子を2つ、USB 2.0端子を2つ搭載。合計4つのUSB端子でUSBメモリやプリンター、スキャナーなどと接続できます。

Wi-Fiデュアルバンド&有線LAN通信に対応

BMAX B2」は2.4GHz帯と5GHz帯の2つの周波数を使っているため、高速で途切れづらいワイヤレス通信が利用できます。また、従来よりも最大2.5倍の転送速度を実現したBluetooth 4.2にも対応。有線LAN端子も搭載しているため、ワイヤレス通信よりも安定した通信も利用できます。

公式ページ
https://www.bmaxit.com/2020/minipc_0606/30.html

価格を比較

BMAX B2」と、「MINISFORUM GK41」、「GM-JAPAN GLM-MN3350」、「KODLIX GK45」の価格を比較してみました。

「BMAX B2」

BMAX B2」は、Amazonで21,350円(5%OFFクーポン付き)、Banggoodで16,358円、AliExpressでUS $189.99 で販売されています。

「MINISFORUM GK41」

MINISFORUM GK41」は、Amazonで25,980円(128GBストレージモデル・256GBモデルは29,880円)、楽天市場で37,542円 (税込)、ヤフーショッピングで32,152円 (税込)で販売されています。

「GM-JAPAN GLM-MN3350」

GM-JAPAN GLM-MN3350」は、Amazonで19,800円、楽天市場で25,734円 (税込)、ヤフーショッピングで22,625円 (税込)で販売されています。

「KODLIX GK45」

KODLIX GK45」は、Amazonで22,580円〜、楽天市場で29,205円〜 (税込)、ヤフーショッピングで25,651円 (税込)、Banggoodで25,009円、米国 Amazon.comで$199.90 (日本発送は+ $30.18 ) で販売されています。

スペックを比較

BMAX B2」と、「MINISFORUM GK41」、「GM-JAPAN GLM-MN3350」、「KODLIX GK45」のスペックを比較してみました。

「BMAX B2」のスペック

  • プロセッサ Apollo Lake世代のIntel Celeron N3450 クアッドコア 1.1GHz
    ※14nm/4コア/最大2.2GHz
  • GPU  Intel HD Graphics 500
  • RAM(メモリ)  8GB LPDDR4
  • ストレージ  128GB SSD
  • 拡張ストレージ M.2_SATA_2280 x1、M.2_NVMe_2280 x1
  • ACアダプター AC 100-240V・DC 12V/2A
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5.8GHz)、Bluetooth 4.2
  • 有線LAN  対応 1000Mbps
  • インターフェース USB 3.0 ×2、USB 2.0 ×2、microSDカードリーダー x 1、HDMI 2.0×2、RJ45(有線LAN端子) ×1、DCポート(12V/2A)、3.5mmジャック x 1
  • OS Windows 10 64bit
  • サイズ 12.5 x 11.2 x 4.4 cm
  • 重量 680 g
  • カラー スペースグレイ

関連記事高品質でも爆安! BMAX ノートPC & 小型PC 全機種を比較 

Amazonで「BMAX B2」をチェックする

Banggoodで「BMAX B2」をチェックする

AliExpressで「BMAX B2」をチェックする

楽天市場で「BMAX B2 Plus」をチェックする

ヤフーショッピングで「BMAX B2 Plus」をチェックする

「MINISFORUM GK41」のスペック

  • プロセッサ Celeron J4125 クアッドコア 2.0 GHz
    ※14nm / 4コア / 4スレッド / 2.7 GHz
  • GPU Intel UHD グラフィックス600
  • RAM(メモリ) 8GB LPDDR4 (オンボード)
  • ストレージ SSD 128GB M.2 2280 SATA
  • 拡張ストレージ SSD M.2 2280 最大1TBアップグレード可
  • 消費電力 10W
  • ワイヤレス通信   Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5.8GHz)、Bluetooth 4.2
  • 有線LAN     1000Mbps LAN
  • インターフェース HDMI2.0ポート x1、DPポート  x1、USB 3.0ポート  x4、RJ45ポート  x2、マイクジャック  x1、デジタルマイクジャック  x1、3.5mmオーディオジャック  x1、SDカードスロット  x1、DCポート(12V、3A)  x1、電源スイッチ  x1、リセット穴  x1
  • OS Windows 10 (64ビット)搭載。日本語対応。LinuxおよびChromium OSをサポート
  • サイズ   不明
  • 重量 不明
  • カラー ブラック

関連記事:「MINISFORUM GK41」のスペック、ベンチマーク、増設、価格

Amazonで「MINISFORUM GK41」をチェックする

楽天市場で「MINISFORUM GK41」をチェックする

ヤフーショッピングで「MINISFORUM GK41」をチェックする

「GM-JAPAN GLM-MN3350」 のスペック

  • プロセッサ Apollo Lake世代のintel Celeron N3350 1.10 GHz
    ※14nm / 64bit / 2コア / 2スレッド / 最大2.40 GHz
  • GPU  インテル® HD グラフィックス 500
  • RAM(メモリ) 4GB  DDR3 SDRAM
  • ストレージ SSD 64GB
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 対応 ※Bluetooth は非対応のようです
  • 有線LAN  対応
  • インターフェース USB3.0x3、VGAx1、HDMI、SDカードリーダー
  • OS Windows 10Pro 64Bit
  • Officeアプリ Microsoft Office 2019 (Office 365永久版) 搭載(Word、Excel,PowerPoint,Outlook使用可能・プロダクトキーなし)
  • サイズ  12cm x12cm x 2.3cm
  • 重量  約336g
  • カラー  シルバー

Amazonで「GM-JAPAN GLM-MN3350」をチェックする

楽天市場で「GM-JAPAN GLM-MN3350」をチェックする

ヤフーショッピングで「GM-JAPAN GLM-MN3350」をチェックする

「KODLIX GK45」のスペック

  • プロセッサ Gemini Lake世代のIntel Celeron J4105 クアッドコア 1.50 GHz
    ※14nm / 64bit / 4コア / 4スレッド
  • GPU インテル UHD グラフィックス 600
  • RAM(メモリ) 4GB
    ※DDR4-2133MT/s 4 GB RAM(オンボード)
  • ストレージ SSD 64GB / 128GB
  • 拡張ストレージ  M.2 NVMe 2242 SSD(最大1 TB) / M.2 NGFF 2280 SSD(最大1 TB) / 2.5 inch SATA HDD(最大1 TB) / SD カード最大128GBまで
  • 電源 ACアダプター DC 12V/3A / AC 100-240V
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0
  • 有線LAN RJ45 LAN (10/100/1000 M)/ 2つのポート搭載
  • インターフェース USB Type-C x1、USB 3.0 x2 、USB 2.0 x1、HDMI 2.0 x1、Mini DP x1、有線LANx2、音声出力
  • OS Windows 10 Pro 64ビット
    ※日本語対応。LinuxとChromium OSをサポート
  • Office なし
  • 消費電力 10W
  • サイズ 13.6 x 12.0 x 4.6 cm
  • 重量 350g
  • カラー ブラック

関連記事「KODLIX GK45」と2万円ミニPCを徹底 比較!

Amazonで「KODLIX GK45」をチェックする

楽天市場で「KODLIX GK45」をチェックする

ヤフーショッピングで「KODLIX GK45」をチェックする

Banggoodで「KODLIX GK45」をチェックする

米国 Amazon.comで「KODLIX GK45」をチェックする

ベンチマークを比較

BMAX B2」と、「MINISFORUM GK41」、「GM-JAPAN GLM-MN3350」、「KODLIX GK45」のベンチマークスコアを比較してみました。

「BMAX B2」

<CPU> Celeron N3450

Passmarkによるベンチマークスコアは「1913」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「282」、マルチコアで「934」。

<GPU> Intel HD Graphics 500

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「271」。

「MINISFORUM GK41」

<CPU> Celeron J4125

Passmarkによるベンチマークスコアは「3035」(CPU)。

<GPU> Intel UHD グラフィックス600

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「391」。

「GM-JAPAN GLM-MN3350」

<CPU> Celeron N3350

Passmarkによるベンチマークスコアは「1112」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「290」、マルチコアで「532」。

<GPU> インテル HD グラフィックス 500

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「271」。

「KODLIX GK45」

<CPU> Intel Celeron J4105

Passmarkによるベンチマークスコアは「2972」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「412」、マルチコアで「1365」。

<GPU> インテル UHD グラフィックス 600

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「391」。

「BMAX B2」のメリット・デメリット

BMAX B2」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・メモリ容量が多い

「BMAX B2」は8GB LPDDR4メモリを搭載しています。

一方、「GM-JAPAN GLM-MN3350」は4GBで容量は「BMAX B2」の半分になります。しかも DDR3(旧世代の規格)規格なので、「BMAX B2」よりも動作スピードが遅くなります。「KODLIX GK45」も容量が4GBですが、高速なDDR4規格を採用しています。「MINISFORUM GK41」は「BMAX B2」と同じく8GB LPDDR4 メモリを搭載しています。

・高速なSSD128GBストレージを搭載

BMAX B2」は高速なSSD128GBストレージを搭載しています。

一方、「GM-JAPAN GLM-MN3350」はSSD 64GBを搭載しており、容量は「BMAX B2」の半分になります。「KODLIX GK45」もSSD 64GB を搭載していますが、SSD 128GB搭載モデルも用意しています。「MINISFORUM GK41」はSSD 128GB (M.2 2280 SATA )を搭載しています。

・M.2規格のSSDストレージを拡張できる

BMAX B2」はSSD M.2_SATA_2280、もしくはM.2_NVMe_2280 でストレージ容量を拡張することができます。M.2規格なので増設も簡単です。また、NVMe規格はSSDの中で最も高速に処理できます。

一方、「GM-JAPAN GLM-MN3350」はM.2 SSDスロットがないためにをM.2 SSDで拡張することはできません。「MINISFORUM GK41」はSSD M.2 2280を 最大1TBまで拡張可能、「KODLIX GK45」はM.2 SSDを最大1 TB & 2.5 inch SATA HDDを最大1 TBまで拡張できます。

・デュアルディスプレイが使える

BMAX B2」はHDMI端子が2つあるため、2台のディスプレイに同時に映像を映し出すことができます。

一方、「GM-JAPAN GLM-MN3350」はVGAとHDMI端子を搭載していますが、同時出力できるかどうかは不明です。「MINISFORUM GK41」はHDMI2.0ポートとDPポートで2台同時出力が可能、「KODLIX GK45」はUSB Type-C&HDMI2ポート&DPポートで3台同時出力に対応しています。

・Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 4.2に対応

BMAX B2」はWi-Fi デュアルバンドに対応しています。2.4GHzと5.8GHz帯の周波数を使うため、高速で途切れづらい通信が利用できます。オンライン授業やテレワーク、チャットなどでは必須となる通信性能です。

デメリット

・プロセッサの性能があまり高くない

BMAX B2」はApollo Lake世代のIntel Celeron N3450 クアッドコア プロセッサを搭載し、Passmarkベンチマークスコアで「1913」を記録しています。

一方、「MINISFORUM GK41」はCeleron J4125搭載で「3035」(CPU)、「GM-JAPAN GLM-MN3350」はCeleron N3350搭載で「1112」(CPU)、「KODLIX GK45」はIntel Celeron J4105搭載で「2972」(CPU)を記録しています。

「BMAX B2」の販売・購入先

BMAX B2」は、

Amazonで21,350円(5%OFFクーポン付き)、

Banggoodで16,358円、

AliExpressでUS $189.99 、

で販売されています。

Amazonで「BMAX B2」をチェックする

Banggoodで「BMAX B2」をチェックする

AliExpressで「BMAX B2」をチェックする

楽天市場で「BMAX B2 Plus」をチェックする

ヤフーショッピングで「BMAX B2 Plus」をチェックする

 

他のミニPCと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

MINISFORUM GK41

GM-JAPAN GLM-MN3350

KODLIX GK45

Beelink Gemini X45

CHUWI HeroBox

ASUS「Mini PC PN60

CHUWI CoreBox

他のBMAXミニPCと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

BMAX B1

BMAX B2 Plus

BMAX B3 Plus

BMAX B4 PRO

BMAXパソコンをまとめてチェック!

BMAXパソコンは以下のページでまとめています。

高品質でも爆安! BMAX ノートPC & 小型PC 全機種を比較 

その他のおすすめミニPCは?

その他のおすすめミニPCは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

激安で買える海外製の小型PC 最新 まとめ 

海外製の小型PCをまとめて紹介しています。

超小型UMPCが続々! 最新の極小Windows ノートPC まとめ 

超小型のUMPCをまとめて紹介しています。

大容量メモリ&ストレージの激安スティックPCを探せ! 

大容量メモリ&ストレージの最新スティックPCを紹介しています。