「CHUWI CoreBox」とハイスペック小型PCと徹底 比較!


2020年6月に発売された「CHUWI CoreBox」とハイスペック小型PCを徹底 比較して紹介! 価格やスペック、ベンチマークの違いに加えて、メリット・デメリットの違いも紹介します。

※2020年8月「CHUWI LarkBox」も発売されました。

※日本のAmazon、楽天市場、ヤフーショッピングで発売されました。

「CHUWI CoreBox」の特徴

CHUWI CoreBox」の特徴をまとめてみました。

インテル Core i5プロセッサでパワフル動作

CHUWI CoreBox」はBroadwell世代のIntel Core i5-5257U  デュアルコアプロセッサを搭載。14 nmプロセスで製造された64ビット対応の2コア、4スレッドのプロセッサでPassmarkベンチマークスコアは「3269」(CPU)を記録しています。また、大容量8GB DDR3メモリを搭載。Intel Iri Graphics 6100 GPUグラフィックスも搭載し、フォトショップやイラストレーターなどもサクサクと動作します。

高速なM.2 SSDストレージ・拡張も可能

CHUWI CoreBox」は256GB M.2 SSDストレージを搭載。従来のHDDと比べてOSやアプリの起動が約5倍高速になっています。また、M.2 SATA 2280 SSD ストレージを最大 1TBまで拡張することが可能。2.5インチのSATA HDDは最大2TBまで拡張することができます。

デュアルHDMIポートで2画面出力・4K出力対応

CHUWI CoreBox」はインターフェースにHDMI端子を2つ搭載。4K動画の再生に対応するほか、2つのディスプレイを利用して2画面を同時に出力させることもできます。また、USB 3.0端子を2つ、USB 2.0端子を2つ搭載。ギガビット有線LAN端子を搭載するなど充実したインターフェースになっています。

公式ページ
https://www.chuwi.com/jp/product/items/Chuwi-CoreBox-i5.html

価格を比較

CHUWI CoreBox」と、「ThinkCentre M75q-1 Tiny」、「HP 260 G3 DM」、「BMAX B4 PRO」の価格を比較してみました。

「CHUWI CoreBox」

CHUWI CoreBox」は、日本のAmazonで39,500円(3000円OFFクーポン付き)、楽天市場で49,100円 (税込)、ヤフーショッピングで44,409円 (税込)、Banggoodで32,336円、Gearbestで40144 円 で販売されています。

「ThinkCentre M75q-1 Tiny」

ThinkCentre M75q-1 Tiny」は、レノボ直販サイトで41,800円(税込・Ryzen 3 Pro)、楽天市場で51,300円〜 (税込・Ryzen 3 Pro)、ヤフーショッピングで49,999円〜 (税込・Ryzen5)で販売されています。なお、AmazonではThinkCentre M720q Tiny(Core i3-8100T)が55,800円で販売されています。

「HP 260 G3 DM」

HP 260 G3 DM」は、Amazonで73,700円(5%OFF・Core i5)、楽天市場で59,800円 (税込・Core i5)、ヤフーショッピングで54,500円(※Corei3-7130U)、HP直販サイトで49,800〜円(税抜・Core i3-7130U)で販売されています。

「BMAX B4 PRO」

BMAX B4 PRO」は、Amazonで48,999円(3000円OFFクーポン付き)、楽天市場で65,594円 (税込)、ヤフーショッピングで56,053円 (税込)、Banggoodで50,619円、米国 Amazon.comで$429.99 (日本発送は+ $62.81)で販売されています。

スペックを比較

CHUWI CoreBox」と、「ThinkCentre M75q-1 Tiny」、「HP 260 G3 DM」、「BMAX B4 PRO」のスペックを比較してみました。

「CHUWI CoreBox」

  • プロセッサ Broadwell世代のIntel Core i5-5257U  デュアルコア 2.7GHz
    ※14 nm / 64bit / 2コア / 4スレッド / 最大3.1GHz
  • GPU Intel Iri Graphics 6100
  • RAM(メモリ) 8GB DDR3
  • ストレージ 256GB M.2 SSD
  • 拡張ストレージ M.2 SATA 2280 SSD 最大 1TB / SATA HDD最大2TB
  • 電源 DC 12V/4A、AC 100-240V
  • ワイヤレス通信  WIFI 802.11 ac/ a/b/g/n(2.4GHz/5GHz) 、Bluetooth 4.2
  • 有線LAN ギガビットイーサネット
  • インターフェース   USB 3.0×2、USB 2.0×2、HDMI×2、ギガビット有線LAN×1、マイク(内蔵)、DCポート
  • 4K出力 対応
  • OS  Windows10 Home
  • サイズ   173(幅)×158(高さ)×73(奥行)mm
  • 重量 805g
  • カラー  グレイ

関連記事激安で買える海外製の小型PC 2019 まとめ

Amazonで「CHUWI CoreBox」をチェックする

楽天市場で「CHUWI CoreBox」をチェックする

ヤフーショッピングで「CHUWI CoreBox」をチェックする

Banggoodで「CHUWI CoreBox」をチェックする

AliExpressで「CHUWI HeroBox」をチェックする

「ThinkCentre M75q-1 Tiny」のスペック

  • プロセッサ AMD Ryzen™ Athlon/3/5 PRO  ※カスタマイズによる選択可能
    エントリー:AMD Athlon 300GE Pro (3.4GHz, 4MB)
    スタンダード:AMD Ryzen 3 Pro 3200GE (3.30GHz, 2MB)
    パフォーマンス:AMD Ryzen 5 Pro 3400GE (3.30GHz, 2MB)
  • GPU
    エントリー:Radeon™ Vega 3 Graphics
    スタンダード:Radeon™ Vega 8 Graphics
    パフォーマンス:Radeon™ Vega 11 Graphics
  • RAM(メモリ) 最大32GB (PC4-21300 DDR4 SDRAM SODIMM)
    エントリー:4GB PC4-21300 SODIMM
    スタンダード:4GB PC4-21300 SODIMM
    パフォーマンス:8GB PC4-21300 SODIMM (4GBx2)
  • 最大搭載メモリー数(スロット数) 最大 2
  • ストレージ HDD(SATA) / SSD(SATA または M.2 PCIe NVMe)
    ※エントリー:500GB ハードディスクドライブ, 7200rpm 2.5インチ
  • 最大搭載HDD数 2.5型 x 1
  • オプション用スロット(空スロット) M.2 2230 1(空1)  M.2 2280 1(空1)
  • 最大搭載オプティカルドライブ数 最大 x 1
  • イーサネット(有線LAN通信) 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T (Wake on LAN対応) オンボード
  • ワイヤレス通信 ※カスタマイズで追加可能
  • インターフェース(USB)
    前面USB3.1 Gen1 x 1 (Powered USB対応)、USB3.1 Type-C x 1(USB3.1データ転送/外部へ最大4.5W給電機能) (標準搭載)
    背面USB3.1 Gen1 x 1 (標準搭載)
    背面USB2.0 x 3 (標準搭載)
  • その他のインターフェース DisplayPort x 1、HDMI x 1、イーサネット: RJ-45 x 1、セキュリティスロット x 1、マイク入力 x 1、マイク入力/ヘッドフォン出力コンボ ジャック x 1(前面)
  • 追加可能なインターフェース シリアルポート、DisplayPort、HDMIポート、VGAポートから1つ選択可能
  • スピーカー モノラル スピーカー内蔵
  • オーディオ機能  Realtek HD Audio (オンボード)
  • OS Windows 10 Home 64bit  ※Windows 10 Proも選択可能
  • サイズ 約 34.5x182x179mm
  • 重量 約 1.32kg (最大構成時)
  • カラー ブラック

関連記事「ThinkCentre M75q-1 Tiny」スペック、特徴、ドスパラと比較 

レノボ直販サイトで「ThinkCentre M75q-1 Tiny」をチェックする

楽天市場で「ThinkCentre M75q-1 Tiny」をチェックする

ヤフーショッピングで「ThinkCentre M75q-1 Tiny」をチェックする

Amazonで「ThinkCentre M720q Tiny」(Core i3-8100T)をチェックする

「HP 260 G3 DM」のスペック

  • プロセッサ Celeron 3865U、Core i3-7130U、Core i5-7200U
  • GPU  インテル HD グラフ ィ ッ クス 610
  • RAM(メモリ)  4 GB or 8GB
    ※PC4-17000 (2133MT/s) 4GB×1 (最大32GB)
    ※Core i3-7130U、Core i5-7200U搭載モデルは8GB(最大32GBまで)
  • ストレージ  500GB HDD / 1TB  HDD
    ※SATA/600(7,200rpm)
    ※Core i3-7130U、Core i5-7200U搭載モデルは1TB (SATA/600・7,200rpm)
  • 拡張スロット M.2 2230/2280×1スロット(空1)(for storage) M.2 2230×1スロット(空1)( for WLAN)
  • 拡張ベイ 内部 2.5インチ×1(空0)
  • 通信  有線LAN(10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T)
  • ネットワークコントローラー Realtek RTL8111HSH-CG ギガビッ ト ネッ ト ワーク コネクショ ン
  • インターフェース  USB3.1×4(前面2、背面2)、USB2.0×2 (背面2)、VGA×1、HDMI×1、RJ45、マイク、ヘッ ド フ ォン×1。
  • キーボード USBスリムスタ ンダード キーボード (日本語版109Aキーボード )
  • マウス USB光学マウス
  • OS  Windows 10 Home (64bit)
  • サイズ  177×175×34.2 mm
  • 重量   約1.25kg  (タ ワースタ ン ド 含まず)
  • カラー   ブラック

関連記事「HP 260 G3 DM」レビュー ASUS VivoMini 以上の小型PCか? 

Amazonで「HP 260 G3 DM」をチェックする

楽天市場で「HP 260 G3 DM」をチェックする

ヤフーショッピングで「HP 260 G3 DM」をチェックする

HP直販サイトで「HP 260 G3 DM」をチェックする

「BMAX B4 PRO」のスペック

  • プロセッサ  Whiskey Lake世代のIntel Core i3-8145U  デュアルコア
    ※ 14 nm / 2コア / 4スレッド / 64ビット / 最大2.50 GHz
  • GPU 第9世代 インテル UHD グラフィックス 620
  • RAM(メモリ) 8GB DDR4
  • ストレージ  256GB NVMe SSD  ※ M.2 2242 SATAの空きスロットあり
  • 拡張ストレージ
    M.2 2280 SSD x1  (※最大1TBまで)
    M.2_NVMe_2280 x1  (※最大1TBまで)
    Micro SDカードリーダー x1
  • ワイヤレス通信  Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0
  • 有線LAN 1000Mbps・ギガビット有線LAN
  • インターフェース USB3.0 x 2、USB2.0 x 2、USB Type-C x 1、HDMI x 2、RJ45 ×1、 MINI DP(Mini Display Port) ×1、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • 電源 ACアダプター 100-240V / 50-60Hz
  • スピーカー チャンネルスピーカー x 2
  • 4K出力 対応
  • OS  Windows 10 Pro 64bit (インストール済み)
  • サイズ 125mm(L)×112mm(W)×47.0mm(H)
  • 重量 約450g
  • カラー ブラック & グレイ
  • 発売日  2020年2月

関連記事「BMAX B4 PRO」のスペック、ベンチマーク、増設、価格 

Amazonで「BMAX B4 PRO」をチェックする

Amazonで「BMAX B3 Plus」をチェックする

楽天市場で「BMAX」をチェックする

ヤフーショッピングで「BMAX B4 PRO」をチェックする

Banggoodで「Bmax B4 Pro」をチェックする

AliExpressで「BMAX B3 Plus」をチェックする

ベンチマークを比較

CHUWI CoreBox」と、「ThinkCentre M75q-1 Tiny」、「HP 260 G3 DM」、「BMAX B4 PRO」のベンチマークスコアを比較してみました。

「CHUWI CoreBox」

<CPU>   Intel Core i5-5257U

Passmarkによるベンチマークスコアは「3269」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「725」、マルチコアで「1589」。

<GPU>   Intel Iri Graphics 6100

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080]  によるグラフィックスコアは「826」。

「ThinkCentre M75q-1 Tiny」

<CPU> AMD Ryzen 3 Pro 3200GE

Passmarkによるベンチマークスコアは「8298」(CPU)。

<CPU> AMD Ryzen 5 Pro 3400GE

Passmarkによるベンチマークスコアは「10524」(CPU)。

<GPU>  Radeon Vega 8 Graphics

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィック性能は「2094」。

<GPU> Radeon Vega 11 Graphics

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィック性能は「3136」。

「HP 260 G3 DM」

<CPU>  Corei3-7130U

Passmarkによるベンチマークスコアは「2934」(CPU)。

<CPU>   Core i5-7200U

Passmarkによるベンチマークスコアは「3369」(CPU)。

<GPU>  インテル HD グラフィックス 620

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080]  によるグラフィックスコアは「808」。

「BMAX B4 PRO」

<CPU>  Intel Core i3-8145U

Passmarkによるベンチマークスコアは「3636」(CPU)。

Geekbench 5によるベンチマークのスコアはシングルコアで「926」、マルチコアで「1843」。

<GPU>  インテル HD グラフィックス 620

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080]  によるグラフィックスコアは「808」。

ドラゴンクエストXのベンチマークスコアで「5872」(快適)

「CHUWI CoreBox」のメリット・デメリット

CHUWI CoreBox」のメリットデメリットをまとめてみました。

メリット

・ストレージの拡張性に優れている

CHUWI CoreBox」はM.2 SATA 2280 SSD 最大 1TBまで、2.5インチのSATA HDDを最大2TBまで拡張することができます。

一方、「ThinkCentre M75q-1 Tiny」はM.2 SSDを最大256GB まで、2.5インチHDDを500GB まで拡張できます。「HP 260 G3 DM」は2.5インチHDDを1TBまで拡張可能、「BMAX B4 PRO」はM.2 SSDスロット搭載でSSDを1TB まで、2.5インチ HDD 2TBまで拡張することができます。

・高速なSSDを採用している

CHUWI CoreBox」は高速な256GB M.2 SSDストレージを搭載しています。一方、「HP 260 G3 DM」は1TB HDDなので「CHUWI CoreBox」よりもOSやアプリの起動が遅くなります。「ThinkCentre M75q-1 Tiny」は高速な128GB SSD M.2 2242 NVMe(楽天市場)、「BMAX B4 PRO」も高速な256GB SSD M.2ストレージを搭載しています。

・Wi-Fiデュアルバンドとギガビット有線LANに対応している

CHUWI CoreBox」は高速で途切れづらいWi-Fiデュアルバンドとギガビット有線LAN通信が利用できます。一方、「ThinkCentre M75q-1 Tiny」と「HP 260 G3 DM」はWi-Fi&Bluetoothに非対応(別途アダプターが必要)で有線LANに対応。「BMAX B4 PRO」はWi-Fiデュアルバンドとギガビット有線LAN通信に対応しています。

・プロセッサの性能が比較的高い

CHUWI CoreBox」はBroadwell世代のIntel Core i5-5257U  デュアルコアプロセッサを搭載し、Passmarkベンチマークスコアは「3269」(CPU)を記録しています。

一方、「HP 260 G3 DM」は Corei3-7130U / Core i5-7200U プロセッサ搭載でPassmarkベンチマークスコアは「2934」/「3369」、「BMAX B4 PRO」は Core i3-8145U プロセッサ搭載でPassmarkベンチマークスコアは「3636」になっています。なお、「ThinkCentre M75q-1 Tiny」はAMD Ryzen 3 / 5 PRO を搭載し、Passmarkベンチマークスコアは「8298」/「10524」で最も高いスコアになっています。

・フルメタルでもコンパクトサイズ

CHUWI CoreBox」のサイズは 173(幅)×158(高さ)×73(奥行)mmです。一方、「ThinkCentre M75q-1 Tiny」は182 x 179mm x 34.5mm、「HP 260 G3 DM」は177×175×34.2 mm「BMAX B4 PRO」は 125 x 112 x 47 mmになっています。

・本体が軽い

CHUWI CoreBox」の重さは805gです。一方、「ThinkCentre M75q-1 Tiny」は約 1.32kg (最大構成時)「HP 260 G3 DM」は約1.25kg( タワースタンド含まず)、「BMAX B4 PRO」は900gになっています。

デメリット

・USB Type-C端子がない

「CHUWI CoreBox」はインターフェースに USB 3.0 (×2)とUSB 2.0 ( ×2)を搭載していますが、USB Type-C端子は搭載していません。一方、「ThinkCentre M75q-1 Tiny」と「BMAX B4 PRO」はUSB Type-C端子を搭載しています。「HP 260 G3 DM」はUSB 3.1端子を搭載しています。

・Bluetooth 5.0に対応していない

「CHUWI CoreBox」はBluetooth 4.2に対応で、Bluetooth 5.0には対応していません。「BMAX B4 PRO」だけはBluetooth 5.0に対応しています。

「CHUWI CoreBox」の販売・購入先

CHUWI CoreBox」は、

Amazonで39,500円(3000円OFFクーポン付き)、

楽天市場で49,100円 (税込)、

ヤフーショッピングで44,409円 (税込)、

Banggoodで32,336円、

Gearbestで40144 円 、

で販売されています。

Amazonで「CHUWI CoreBox」をチェックする

楽天市場で「CHUWI CoreBox」をチェックする

ヤフーショッピングで「CHUWI CoreBox」をチェックする

Banggoodで「CHUWI CoreBox」をチェックする

AliExpressで「CHUWI HeroBox」をチェックする

 

他のハイスペック小型PCと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

ThinkCentre M75q-1 Tiny

HP 260 G3 DM

BMAX B4 PRO

ASUS「Mini PC PN60

ASUS「Mini PC PB50

Jumper EZbox i3

MINISFORUM U500-H

MINISFORUM U700

MINISFORUM DeskMINI UM300

Beelink GT-R

HP Desktop 190

他のChuwi小型PCと比較

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「CHUWI LarkBox

Banggoodで「CHUWI LarkBox」をチェックする

★「CHUWI HeroBox

★「CHUWI GBox Pro

その他のおすすめミニPCは?

その他のおすすめミニPCは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

激安で買える海外製の小型PC 最新 まとめ 

海外製の小型PCをまとめて紹介しています。

リビングにふさわしい超小型デスクトップPC まとめ

国内で販売されたリビング用の小型PCをまとめて紹介しています。

超小型UMPCが続々! 最新の極小Windows ノートPC まとめ 

超小型のUMPCをまとめて紹介しています。

大容量メモリ&ストレージの激安スティックPCを探せ! 

大容量メモリ&ストレージの最新スティックPCを紹介しています。