Let’s note の型落ち&中古品が大量入荷! 全機種を比較


Amazonや楽天にパナソニック「Let’s note」の型落ち中古品が大量に入荷している。発売時に10万円以上した高級ノートパソコンがわずか2〜3万円程度に大幅値下げされていることも。やや古いモデルでもWindows10 OSを搭載し、ビジネス用としても十分活用できる。

目次

Let’s note パソコン まとめ パートⅠ

「Let’s note LX3」「Let’s Note J10」「Let’s note AX3」「Let’s note CF-MX3」

Let’s note パソコン まとめ パート Ⅱ

「Let’s note NX2」「Let’s note SX1」「Let’s note NX1」「Let’s note N10」

Let’s note パソコン まとめ パート Ⅲ

「Let’s note CF-RZ4」「Let’s note SX4」「Let’s note SZ5」「Let’s note LV7」

中古 Mac&iPadのまとめ記事こちら

東芝Dynabook タブレット&ノートPC まとめ記事はこちら

NEC タブレット&2in1パソコン まとめ記事はこちら

VAIOノートPC&2in1 PCのまとめ記事はこちら

 

Windows10& Core i5搭載の激安モデルが大量入荷!

「Let’s note」の中古品はWindows7などを搭載したものが多かったが、最近ではWindows10を搭載するものも多数販売されるようになってきている。プロセッサはIntel Core i5 が多く、OSがWindows10になっても軽快に動作する。また、他メーカーのノートPCと違い、ボディが頑丈に作られており、光学ドライブを搭載しているモデルも多い。バッテリーは中古の場合 劣化している場合があるが、パナソニック製の場合は互換バッテリーが販売されており、3千円程度で購入できる。中古市場では RZ / SV / XZ / SZ がまだまだ高めだが、LX / J10 / SX / AX / MX シリーズはだんだんと安くなっており、非常にお買い得だ。

Linux&PCSXで爆速ゲーム機になる?!

「Let’s note」パソコンはIntel Core i5 プロセッサを搭載しているため、OSをLinuxに変えて爆速マシンに変えやすい。ハードディスクをSSD(新品120GBで3千円ほど)に変更して、Lubuntuという軽量なOSに変えると、驚くほど高速になる。また、「ePSXe」や「PCSX2」などのエミュレーターをインストールすれば、プレイステーション1、2のレトロなゲームもほぼすべて遊べるようになる。光学ドライブを搭載したモデルでは、いちいちDVDドライブを用意しなくて済むので非常に便利だ。

Let’s note パソコン まとめ パートⅠ

ここでは人気が高い型落ちしたLet’s note パソコン をまとめて紹介する。最も安いモデルは「Let’s note パソコン まとめ パート Ⅱ」で、最もハイスペックで新品を含むものは「Let’s note パソコン まとめ パート Ⅲ」でまとめて紹介している。

2種類バッテリーで長時間駆動する「Let’s note LX3」

Let’s note LX3」(CF-LX3EDHCS)はWindows 10 を搭載した14型のノートPC。重量1.14kgの軽量かつ堅牢なボディにIntel Core i5プロセッサを搭載。光学ドライブを搭載するモデルを用意するほか、2種類のバッテリー(バッテリーパックS/L)で長時間駆動する。

「Let’s note LX3」(CF-LX3EDHCS)のスペック

  • ディスプレイは14インチ、解像度1600×900の液晶
  • プロセッサはIntel Core i5-4300U 1.9GHz
  • RAMは4GB
  • ストレージは250GB HDD
  • バッテリー容量はバッテリーパック(S)で36,720mWh、バッテリーパック(L)で73,440mWh
  • カメラはWEBカメラ
  • インターフェースはUSB(3.0)x2、USB(2.0)x1、HDMI、VGA、SDXCカードスロット
  • 通信はWiFi 802.11 a/b/g/n/(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth4.0、有線LAN(1000BASE-T)
  • OSはWindows 10 Pro 64bit
    ※DVDスーパーマルチあり

Amazonで「Let’s note LX3」をチェックする

コンパクトで堅牢な「Let’s Note J10」

Let’s Note J10」はWindows 10を搭載した10.1型のノートPC。コンパクトかつ堅牢なボディに第2世代 Intel Core i5プロセッサーを搭載。独自の省電力設計や放熱技術で約8時間の駆動時間を実現している。

「Let’s Note J10」のスペック

  • ディスプレイは10.1インチ 、解像度 1366×768ドットの液晶
  • プロセッサはIntel Core i5 580M(2.66GHz)
  • RAMは4GB(最大6GB)
  • ストレージは128GB SSD
  • バッテリー駆動時間は付属バッテリーパック(S)で約7.5時間、別売バッテリーパック(L)で約11.5時間
  • カメラはWebカメラ
  • インターフェースはUSB2.0ポート×2(右側面)、USB3.0ポート×1(左側面)、LANコネクター(RJ-45)、HDMI出力端子、ミニDsub 15ピン、オーディオ出力端子
  • 通信はWiFi 802.11 a/b/g/(2.4GHz)、有線LAN(1000BASE-T)
  • OSはWindows10 Pro 64bit アップグレード済

Amazonで「Let’s Note J10」をチェックする

フルHDのIPS液晶を搭載した「Let’s note AX3」

Let’s note AX3」はWindows10を搭載した11.6型のノートPC。
堅牢かつ薄型軽量なボディ(約1.14kg)に第四世代 Intel Core i5プロセッサを搭載。フルHDのIPS液晶を備えるほか、回転ヒンジ搭載で360度開閉して使用できる。

「Let’s note AX3」のスペック

  • ディスプレイは11.6インチ、解像度1920 x 1080のIPS液晶
  • プロセッサは 第四世代 Intel Core i5-4300U 1.9GHz
  • RAMは4GB PC3-12800/DDR3L SDRAM(空きスロット無し)
  • ストレージは128GB SSD
  • バッテリー駆動時間は約13時間 (内蔵バッテリーパックのみ:約4時間)
  • カメラはHD(720p)
  • インターフェースはUSB3.0ポート×2、ミニD-sub 15ピン、HDMI、SDメモリーカードスロット×1、音声出力
  • 通信はWiFi 802.11 a/b/g/n/(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth4.0、有線LAN(1000BASE-T)
  • OSはWindows 10 Pro 64bit

Amazonで「Let’s note AX3」をチェックする

12.5型フルHD液晶搭載の「Let’s note CF-MX3」

Let’s note CF-MX3」はWindows10を搭載した12.5型のノートPC。堅牢なボディに第4世代のインテル Core i5プロセッサを搭載。360度回転できるフルHD液晶を備え、2in1 スタイルで使用できる。また、着脱可能なバッテリーに加えて、内蔵バッテリーも搭載。電源を切らずに別売バッテリーの交換が行える。

「Let’s note CF-MX3」のスペック

  • ディスプレイは12.5インチ、解像度 1920×1080のIPS液晶
  • プロセッサは 第4世代のインテル Core i5-4200U 1.60GHz
  • RAMは4GB DDR3L SDRAM(空きスロット無し)
  • ストレージは128GB SSD
  • バッテリー駆動時間は約15時間
  • カメラはWebカメラ
  • インターフェースはUSB3.0ポート×2、ミニD-sub 15ピン、HDMI、SDメモリーカードスロット×1、音声出力
  • 通信はWiFi 802.11 a/b/g/n/(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth4.0、有線LAN(1000BASE-T)
  • OSはWindows 10 Pro(導入済)
    ※DVDスーパーマルチドライブ内蔵

Amazonで「Let’s note CF-MX3」をチェックする

 

この続きはこちら!

目次

Let’s note パソコン まとめ パートⅠ

Let’s note パソコン まとめ パート Ⅱ

Let’s note パソコン まとめ パート Ⅲ

中古 Mac&iPadのまとめ記事こちら

東芝Dynabook タブレット&ノートPC まとめ記事はこちら

NEC タブレット&2in1パソコン まとめ記事はこちら

VAIOノートPC&2in1 PCのまとめ記事はこちら