最高の成果がここから生まれる LET対応の薄型軽量ノートPC  レノボ「ThinkPad X1 Carbon」

ThinkPad-X1-Carbon-06

レノボから14型ノートPC「ThinkPad X1 Carbon」の最新モデルが発表された。

最新の第6世代Intel Coreプロセッサに刷新したほか、最大1TBのNVMe対応SSDを搭載できるという。

レノボはすでに薄型軽量ノートPC「ThinkPad X260」や薄型軽量の2in1 PC「Lenovo YOGA 700」を発売済み。

新世代のプロセッサを搭載しつつ、より薄型軽量化されたモデルを次々に投入している。

今回取り上げた「ThinkPad X1 Carbon」はLETモデムも搭載可能な注目のモデル。

より薄型軽量化されつつも、WiGigや指紋センサーなど豊富なオプションが選択できるのが魅力的だ。

公式製品紹介ページ

shopap.lenovo.com/jp/landingpage/x1-carbon/?ipromoID=jp_pub_lineup_b2


第6世代のCoreプロセッサ&高速SSD搭載 レノボ「ThinkPad X1 Carbon」

ThinkPad-X1-Carbon-011

ThinkPad X1 Carbon」はThinkPad Xシリーズの最上位モデル。

最新モデルではより薄型軽量化され、CPUやHDDが強化されている。

ディスプレイは14インチ、解像度1,920×1,080/2,560×1,440のIPS液晶を搭載。

プロセッサは第6世代のIntel Core i7 vPro、RAMは最大16GBを備える。

ストレージは最大1TB PCIe NVMe SSDを搭載可能。

バッテリー駆動時間は最大11時間。

通信機能はWi-Fi、Bluetooth 4.1、WiGig、4G+LTEに対応。

ThinkPad X1 Carbon-05

インタフェースはUSB 3.0×3、OneLink、HDMI×1、miniDisplayPort×1、microSDなど。

オプションにはQualcomm製のLTEモデム「Snapdragon X7」や60GHz帯の無線通信規格WiGig対応のドックを用意する。

サイズは333×229×16.45mm(幅×奥行き×高さ)、重量は1,209g。

ThinkPad X1 Carbon-04

参考:

news.mynavi.jp/news/2016/01/04/230/

pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20160104_737462.html

 icon-chevron-circle-right レノボショッピングで「ThinkPad X1 Carbon」をチェックする

 icon-chevron-circle-right ヤフーショッピングで「ThinkPad X1 Carbon」をチェックする

「ThinkPad X1 Carbon」(2016年最新モデル)のスペック

ThinkPad X1 Carbon-02

■ディスプレイは14インチ、解像度1,920×1,080/2,560×1,440のIPS液晶

■プロセッサはIntel Core i7 vPro

■RAMは最大16GB

■ストレージは最大1TB PCIe NVMe SSD

■バッテリー駆動時間は最大11時間

■カメラは720p HDカメラ

■OSはWindows 10 Pro 64bit

 icon-chevron-circle-right ヤフーショッピングで「ThinkPad X1 Carbon」をチェックする

 icon-chevron-circle-right レノボショッピングで「ThinkPad X1 Carbon」をチェックする

 icon-chevron-circle-right 最新のレノボ製品をチェックする

 icon-chevron-circle-right 最新のPC情報をチェックする


コメントを残す