「Teclast P80」(2022)はWi-Fi 6対応! 8型Androidタブレットと徹底 比較


2022年7月に発売された「Teclast P80」(2022)と 8型Androidタブレットを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペックの違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2022年8月、8型「Teclast P80T」が発売されました。

「Teclast P80」(2022)の特徴

Teclast P80」(2022)の特徴をまとめてみました。

Wi-Fi 6&Bluetooth 5.0対応・Type-C充電

Teclast P80」(2022)は新たに次世代通信規格Wi-Fi 6に対応。従来のWi-Fi 5対応モデルよりも約4〜10倍の高速通信が利用できます。また、Bluetooth 5.0に対応。別売の「TECLAST KS10 Bluetooth キーボード」ともスムーズに接続できます。そのほか、Type-Cポートを搭載。OTG対応で5V/2Aの充電も利用できます。

Allwinner A133&2GBメモリ・Android 11

Teclast P80」(2022)はAllwinner A133 クアッドコアプロセッサを搭載。Webサイトの閲覧、YouTubeなどの動画視聴、電子書籍アプリでも快適に動作します。また、2GB LPDDR4メモリ搭載でスムーズに動作。OSはAndroid 11でバブルやスクリーンレコードなどの新機能も使えるようになっています。

8型IPS液晶・最大1TBストレージ・4000mAhバッテリ

Teclast P80」(2022)は8インチで解像度1280×800ドットのIPS液晶を搭載。アスペクト比は16:10で、画面がより広く見える6mmベゼルも採用しています。また、32GB eMMCストレージを搭載。別売のmicroSDカードで最大1TBまで拡張できます。そのほか、4000mAhバッテリーを搭載。背面200万画素カメラと前面30万画素カメラも利用できます。

公式ページ Teclast P80 – TECLAST

価格を比較

Teclast P80」(2022)と「Alldocube Smile 1」、「Blackview Tab 6」、「Headwolf FPad1」の価格を比較してみました。

「Teclast P80」(2022)

Teclast P80」(2022)は、Amazonで11,000円(1100円OFFクーポン付き)、ヤフーショッピングで12,787 円、AliExpressでUS $74.99 – 83.64で販売されています。

「Alldocube Smile 1」

Alldocube Smile 1」は、Amazonで15,999円(2000円OFFクーポン付き)、楽天市場で15,780円 (税込)、ヤフーショッピングで14,780円 (税込)、AliExpressでUS $99.99、Banggoodで13,834円で販売されています。

「Blackview Tab 6」

Blackview Tab 6」は、Amazonで15,999円(2500円OFFクーポン付き)、楽天市場で19,079円 (税込)、ヤフーショッピングで17,698 円、AliExpressでUS $107.99、Banggoodで14,941円、米国 Amazon.comで$149.99で販売されています。

「Headwolf FPad1」

Headwolf FPad1」は、Amazonで17,999円(2000円OFFクーポン付き)、楽天市場で20,609円 (税込)、ヤフーショッピングで20,160 円、米国 Amazon.comで$159.99、Banggoodで13,835円で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

Teclast P80」(2022)と「Alldocube Smile 1」、「Blackview Tab 6」、「Headwolf FPad1」のAntutuベンチマークスコアを比較してみました。

※Antutuスコアとは3D性能、UX速度、CPU性能、RAM性能を総合した評価点のこと。

「Teclast P80」(2022)

Antutuベンチマーク総合で約65,000

<CPU> Allwinner A133
※「Teclast P85」、「Teclast P25」、「FFF-TAB10A1」と同じプロセッサ

<プロセッサ性能を解説>

Allwinner A133 クアッドコアプロセッサを搭載し、Antutuベンチマーク総合で約6万5千を記録しています。同じプロセッサは「Teclast P85」、「Teclast P25」、「FFF-TAB10A1」などにも搭載されています。

Unisoc T310搭載の「Alldocube Smile 1」、「Blackview Tab 6」、「Headwolf FPad1」と比較すると、スコアが約85,000低くなります。性能的には動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍、写真撮影などで快適に動作します。

Androidの3Dゲームは一応動作しますが、動作がかなり遅くなるのでおすすめできません。2Dの軽めのゲームなら快適に動作します。また、PSP、PS1、SFC、DC、N64、MD、FCなどのエミュレーターも快適に動作します。

「Alldocube Smile 1」

Antutu総合で約154,644

<CPU> Unisoc T310

「Blackview Tab 6」

Antutu総合で約150,000

<CPU> UNISOC T310

「Headwolf FPad1」

Antutuベンチマーク総合で約153,968

<CPU> Tiger T310

スペックを比較

Teclast P80」(2022)と「Alldocube Smile 1」、「Blackview Tab 6」、「Headwolf FPad1」のスペックを比較してみました。

「Teclast P80」(2022)のスペック

  • ディスプレイ 8インチ、解像度1280×800 ドットのIPS液晶
    ※16:10/6mmベゼル/マルチタッチ
  • プロセッサ Allwinner A133 クアッドコア
    ※64bit/4コア
  • GPU GE8300
  • RAM(メモリ) 2GB LPDDR4
  • ストレージ 32GB eMMC
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで拡張可能
  • バッテリー 4000mAh
  • 充電  Type-C充電(5V/2A)
  • 背面カメラ 2MP
  • 前面カメラ 0.3MP
  • ワイヤレス通信 WiFi 6 (802.11 a/b/g/n/ac/ax 2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0
  • GPS 非対応・利用できません
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー Gセンサー
  • スピーカー 底面シングルスピーカー
  • マイク あり
  • キーボード TECLAST KS10 Bluetooth キーボード(別売)
  • 生体認証 顔認証
  • OS Android 11 ※GSM認証、Google Playストア対応
  • サイズ 20.8 x 12.4 x 0.93 cm
  • 重量 312.7g
  • カラー ブラック
  • 付属品 Type-Cケーブル、ユーザーマニュアル

関連記事Teclast タブレットがハイスペック化で人気! 全機種を比較

Amazonで「Teclast P80」(2022)をチェックする

ヤフーショッピングで「Teclast P80」をチェックする

AliExpressで「Teclast P80」(2022)をチェックする

楽天市場で「Teclast P80」をチェックする

米国 Amazon.comで「Teclast P80」をチェックする

「Alldocube Smile 1」のスペック

  • ディスプレイ 8インチ、解像度1280 x 800ドットのIPS液晶
    ※狭額縁ナローベゼル
  • プロセッサ Unisoc T310 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア/AI対応
  • GPU Power VR GE8300
  • RAM(メモリ) 3GB LPDDR3
  • ストレージ 32GB eMMc 5.1
  • 外部ストレージ microSDカードで最大256GBまで
  • バッテリー 4000 mAh ※AIによるインテリジェントな電力管理
  • 充電 Type-C充電
  • 背面カメラ 5MP
  • 前面カメラ 2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0 BLE、GPS (Beidou/GLONASS)、4G通信
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー Gセンサー
  • スピーカー モノラルスピーカー×1
  • Google Playストア 対応・利用できます
  • 生体認証 顔認証
  • OS Android 11
  • サイズ 208 x 127 x 9.3mm
  • 重量 320 g
  • カラー ブラック

関連記事「Alldocube Smile 1」と売れ筋の8型タブレットを徹底 比較!

Amazonで「Alldocube Smile 1」をチェックする

楽天市場で「Alldocube Smile 1」をチェックする

ヤフーショッピングで「Alldocube Smile 1」をチェックする

AliExpressで「Alldocube Smile 1」をチェックする

Banggoodで「Alldocube Smile 1」をチェックする

「Blackview Tab 6」のスペック

  • ディスプレイ 8インチ、解像度1280 x 800 pxの液晶
    ※HD/読書モード
  • プロセッサ UNISOC T310 クアッドコア
    ※12nm/64bit/4コア
  • GPU IMG PowerVR GE8300
  • RAM(メモリ) 3GB LPDDR3
  • ストレージ 32GB eMMC 5.1
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 5580mAh
  • 背面カメラ 5MP
  • 前面カメラ 2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (GLONASS/GALILEO/BEIDOU)、4G通信
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー デュアルスピーカー
  • マイク あり
  • FMラジオ 対応
  • OS Android 11 +Doke OS_P2.0
  • サイズ 207.6 x 124 x 9.45mm
  • 重量 365g
  • カラー ゴールド(Peach Gold)、ブルー(Macaron Blue)、グレイ(Truffle Gray)

関連記事「Blackview Tab 6」と最新8型タブレットを徹底 比較!

Amazonで「Blackview Tab 6」をチェックする

楽天市場で「Blackview Tab 6」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview Tab 6」をチェックする

AliExpressで「Blackview Tab 6」をチェックする

Banggoodで「Blackview Tab 6」をチェックする

米国 Amazon.comで「Blackview Tab 6」をチェックする

「Headwolf FPad1」のスペック

  • ディスプレイ 8インチ、解像度1280×800ドットの液晶
    ※HD/10点マルチタッチ/5mmベゼル/178度の広視野角/G+G二重ガラス
  • プロセッサ UNISOC Tiger T310 クアッドコア
    ※12nm/64bit/4コア/最大2.0GHz
  • GPU PowerVR GE8300
  • RAM(メモリ)3GB LPDDR3
  • ストレージ 64GB eMMC 5.1
  • 外部ストレージ microSDカードで最大512GBまで
  • バッテリー 4000 mAh
  • 駆動時間 7時間
  • 充電 Type-C (5V/2A)
  • 背面カメラ 5MP ※6Pレンズ
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (GLONASS/BEIDOU)
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー デュアルBOXスピーカー
  • マイク あり
  • 生体認証 顔認証
  • OS Android 11 ※Google Playストア対応
  • サイズ 211.2 x 126.2 x 9.65mm
  • 重量 320g
  • カラー ブラック

関連記事「Headwolf FPad1」と人気の8型タブレットを徹底 比較!

Amazonで「Headwolf FPad1」をチェックする

楽天市場で「Headwolf FPad1」をチェックする

ヤフーショッピングで「Headwolf FPad1」をチェックする

米国 Amazon.comで「Headwolf Fpad1」をチェックする

Banggoodで「Headwolf Fpad1」をチェックする

「Teclast P80」(2022)のメリット・デメリット

Teclast P80」(2022)のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・8インチのHD液晶・広視野角で6mmベゼル採用

Teclast P80」(2022)は8インチで解像度1280×800ドットのIPS液晶を搭載。アスペクト比は16:10で、画面がより広く見える6mmベゼルも採用しています。

一方、「Alldocube Smile 1」は8インチで解像度1280×800ドットのIPS液晶を搭載しています。「Blackview Tab 6」は8インチで解像度1280x800pxの液晶(読書モード)を搭載しています。「Headwolf FPad1」は8インチで解像度1280×800ドットの液晶(5mmベゼル)を搭載しています。

・2GBメモリ搭載でスムーズに動作

Teclast P80」(2022)は2GB LPDDR4メモリ搭載でスムーズに動作します。

一方、「Alldocube Smile 1」、「Blackview Tab 6」、「Headwolf FPad1」は3GB LPDDR3メモリを搭載しています。

・32GBストレージ搭載で最大1TBまで拡張できる

Teclast P80」(2022)は32GB eMMCストレージを搭載。別売のmicroSDカードで最大1TBまで拡張できます。

一方、「Alldocube Smile 1」は32GB eMMc 5.1ストレージ(最大256GB)を搭載しています。「Blackview Tab 6」は32GB eMMc 5.1ストレージ(最大128GB)を搭載しています。「Headwolf FPad1」は64GB eMMC 5.1ストレージ(最大512GB)を搭載しています。

・4000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応

Teclast P80」(2022)は4000mAhバッテリーを搭載し、長時間動作します。また、Type-C充電(5V/2A)も利用できます。

一方、「Alldocube Smile 1」と「Headwolf FPad1」は4000mAhバッテリーを搭載しています。「Blackview Tab 6」は5580mAhバッテリーを搭載しています。

・背面2MP&前面0.3MPカメラが使える

「Teclast P80」(2022)は背面に200万画素カメラを搭載しています。また、前面に30万画素カメラを搭載し、Web会議やチャットなどに活用できます。

一方、「Alldocube Smile 1」と「Blackview Tab 6」は背面5MP&前面2MPカメラを搭載しています。「Headwolf FPad1」は背面5MP&前面5MPカメラを搭載しています。

・Wi-Fi 6&Bluetooth 5.0に対応

Teclast P80」(2022)は新たに次世代通信規格Wi-Fi 6に対応し、従来のWi-Fi 5対応モデルよりも約4〜10倍の高速通信が利用できます。また、Bluetooth 5.0に対応し、ワイヤレス機器ともスムーズに接続できます。

一方、「Alldocube Smile 1」、「Blackview Tab 6」、「Headwolf FPad1」はWi-Fi 5&Bluetooth 5.0に対応しています。

・厚さ9.3mmで重さ312.7gの薄型軽量ボディ

Teclast P80」(2022)は厚さ9.3mmで重さ312.7gの薄型軽量デザインになっています。

一方、「Alldocube Smile 1」は厚さ9.3mmで重さ320gになっています。「Blackview Tab 6」は厚さ9.45mmで重さ365gになっています。「Headwolf FPad1」は厚さ9.65mmで重さ320gになっています。

・TECLAST KS10 Bluetoothキーボードが使える

Teclast P80」(2022)には別売の「TECLAST KS10 Bluetooth キーボード」が用意されています。

一方、「Alldocube Smile 1」、「Blackview Tab 6」、「Headwolf FPad1」は純正キーボードが用意されていません。

・Android 11の新機能が使える

Teclast P80」(2022)はAndroid 11搭載で新機能も使えるようになっています。

Android 11には、

「メディアコントロール」(アプリ起動なしで再生などの設定変更)、「バブル」(他のアプリにふきだしでメッセージを表示・返信)、「スクリーンレコード」(操作などを録画)、「デバイスコントロール」(スマート家電のコントロールメニュー)、「アプリ候補」(ホーム画面に頻度の高いアプリを表示)、「ワンタイムパーミッション」(アプリ使用中のみ位置情報などを許可)

などの機能が追加されています。

一方、「Alldocube Smile 1」と「Headwolf FPad1」はAndroid 11を搭載しています。「Blackview Tab 6」はAndroid 11 +Doke OS_P2.0を搭載しています。

デメリット

・SIMフリーの4G LET通信に対応していない

Teclast P80」(2022)はSIMフリーの4G LET通信が利用できません。

一方、「Alldocube Smile 1」、「Blackview Tab 6」、「Headwolf FPad1」は4G LET通信を利用できます。

・GPSに対応していない

Teclast P80」(2022)はGPSナビゲーションが利用できません。

一方、「Alldocube Smile 1」、「Blackview Tab 6」、「Headwolf FPad1」はGPSナビゲーションが利用できます。

「Teclast P80」(2022)の評価

Teclast P80」(2022)の評価を紹介します。

スペック:★★

通信:★★★★

機能:★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★

価格:★★★★

<総合評価>

Teclastの8型タブレットの最新モデルになります。従来モデルの「Teclast P80」をベースに通信機能などを強化し、より使いやすいタブレットになっていますl。

通信面では新たにWi-Fi 6に対応。対応機器と組み合わせることで高速通信が利用できます。また、Bluetooth 5.0に対応。従来モデルはBluetooth 4.2だったので、より高速でつながりやすくなっています。

そのほか、OSをAndroid 10 Go editionからAndroid 11に変更。Android 11はGo edition並みに軽量化されており、スペックが高くないタブレットでも快適に動作できるようになっています。

発売時の価格は11,000円(1100円OFFクーポン付き・Amazon)。低価格で快適に使える8インチのタブレットを探している人におすすめです。

「Teclast P80」(2022)の販売・購入先

Teclast P80」(2022)は、

Amazonで11,000円(1100円OFFクーポン付き)、

ヤフーショッピングで12,787 円、

AliExpressでUS $74.99 – 83.64、

で販売されています。

Amazonで「Teclast P80」(2022)をチェックする

ヤフーショッピングで「Teclast P80」をチェックする

AliExpressで「Teclast P80」(2022)をチェックする

楽天市場で「Teclast P80」をチェックする

米国 Amazon.comで「Teclast P80」をチェックする

 

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Teclast P80T」(8インチ・Wi-Fi 6対応)

★「aiwa JA2-TBA0801

Alldocube Smile 1

Blackview Tab 6

Headwolf FPad1

Fire HD 8 Plus

Teclast P85

Lenovo Tab M8 (3rd Gen)

LUCA TE081N1」(日本メーカー)

NEC LAVIE T8」(Android 11)

Galaxy Tab A7 Lite

他のTeclastタブレットと比較

他にもTeclastタブレットが販売されています。ぜひ比較してみてください。

Teclast タブレットがハイスペック化で人気! 全機種を比較

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

Android 11で使えるタブレット 2022 最新 まとめ

最新のAndroid 11タブレットをまとめて紹介しています。

2021最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

最新のAndroid 10タブレットをまとめて紹介しています。

Android 9.0で使えるタブレット 最新 まとめ

Android 9.0 OSを搭載したタブレットをまとめて紹介しています。

超激安でゴメン! ノーブランド Androidタブレット まとめ

ノーブランドの激安Androidタブレットをまとめて紹介しています。

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

2万円前後のAndroid タブレット(国内販売)をまとめて紹介しています。