最強の手書きスマホを使ってみないか? サムスン「Galaxy Note8」

EXPANSYSで最強の手書きスマホ「Galaxy Note8」(サムスン製)が販売されている。

販売されているのは型番「SM-N950FD」(※SIMフリー)で、サムスンがEMEA(ヨーロッパ、中東及びアフリカ)向けに販売したモデルだ。

型番「SM-N950FD」の特徴は?

このモデルの特徴は、アメリカ・中国向けのモデルと違って、プロセッサにSamsung製の Exynos 9 (8895) オクタコアCPUを搭載している点。

10nm FinFETプロセスで製造され、14nmプロセスで製造される前世代のSoCに比べて性能が27%、電力効率が40%も向上しているところに特徴がある。

もちろん64ビット対応で、動作はすばらしいほどサクサクと動作し、重いゲームや動画でもスムーズかつ滑らかに再生される。

一方、アメリカ・中国向けのモデルには、Qualcomm製の MSM8998 Snapdragon 835 オクタコア CPUを搭載。

処理能力はSamsung製の Exynos 9 (8895) オクタコアCPUとほぼ変わらないので、あまりこだわる必要はないだろう。

Galaxy Note8 の魅力は?

さて、肝心の「Galaxy Note8」だが、言うまでもなく手書き入力に関しては現行スマホの中でずばぬけており、手書き入力をよく使うという人にとっては最強のモデルと言っていいだろう。

ワイドな画面で手書きが快適!

何がいいのかというと、まずGalaxy8シリーズから採用されたアスペクト比 18.5 : 9のワイドな画面。

左右が歪曲し、しかもベゼル幅が狭いので、画面が非常に見やすくなっているのだ。

これをSペンの滑らかな描き心地と組み合わさると、もう二度と手放せないほど快適になる。

Sペンの便利な機能が使える!

また、SペンにはGalaxy Note7から引き継いだ機能が豊富に搭載されており、画面を完全にオフにした状態でもメモが取れる機能も利用できる。

ペンで文字を書くことでプロセスをGifアニメーション化し、スタンプとして送信できる機能も非常に便利で、プライベートだけでなく、ビジネスシーンでも活用できそうだ。

デュアルカメラ搭載でフラグシップ並みの性能

今回の最新モデルでは、唯一弱点だったカメラも大幅に改善されており、他社のフラグシップモデルとも引けをとらないほどの完成度。

一眼レフ並みの画質で、ボケ味を調整したり、二倍ズーム・PDAFが利用できるなど使い勝手も向上しているので、弱点はもうなくなったと言っていい。

Galaxy Note8」のEXPANSYSでの価格は現在 118,590円。

フラグシップモデルと同等の性能を持つ最強の手書きスマホを使ってみたいと考えている人におすすめだ。

公式製品紹介ページはこちら

 

この続きはこちらから読めます。

Sペン&デュアルカメラ搭載の手書き最強スマホ サムスン「Galaxy Note8」

その他のおすすめAndroidスマホ

 

<関連記事>

注文殺到で売れまくり! 3万円台で買えるハイスペックスマホ まとめ

ハイスペックに進化中?! 2万円台で買える ちょっとリッチなAndroidスマホ まとめ

1万5千円前後で買える性能の高いスマホ まとめ

一万円以下で買えちゃう?! SIMフリーで使える通話専用ガラケー/スマホ まとめ

激安情報をTwitterでチェック!