360度カメラはスマホ直挿しが人気! 全機種チェック


スマホに直挿しできる360度カメラの人気が高くなっている。最近では2K/4Kで撮影できるものやVR動画に対応するものが続々と登場。「RICOH THETA」などのスティックタイプよりも価格が安く、気軽に試してみたいという人が増えている。

360度カメラの魅力とは?

最新の360度カメラを参考にして、その魅力を簡単におさらいしてみよう。

VR動画でインパクトが強力に

360度カメラの最大の魅力はその場にいるかのような臨場感のある動画が手軽に撮影できる点にある。通常の動画と比べて視界が広く、通常の動画のように端が切れてしまうことがない。360度と通常の動画とは迫力とインパクトがまるで違う印象だ。しかも最近の機種はVR動画に対応し、撮影した動画を一般のVRゴーグルで視聴できる。通常の360度動画よりもさらに臨場感のある動画が楽しめることが人気に拍車をかけているようだ。

SNSで簡単シェア・ライブ配信機能もあり

最近の360度カメラはSNSに簡単にシェアできる機能があり、いちいちSNSアプリを立ち上げる手間がかからない。操作は専用アプリを通して簡単にでき、SNSへもボタン一つで共有できて非常に便利だ。また、YouTubeへのライブ配信機能も備えており、その場のリアルな体験も配信できる。他人とひと味違う動画を生配信することで、TwitterやFacebook上での注目度も上がりそうだ。

映像の画質が大幅にアップ!

360度カメラは年々進化を遂げており、最近では2K/4Kレベルの高画質な撮影が可能になっている。静止画も撮影できるのでデジカメ代わりとしても十分に使えるレベルだ。しかも、レンズは超広角でワイドな撮影が可能。レンズのF値も1〜2ほどで暗い場所でも明るく美しい映像が撮影できる。なお、360度カメラを2つ備えた720度パノラマカメラもあり。カメラの画素数が1300万ほどあるものも登場している。

目次

360度カメラ スマホ直挿し まとめ パートⅠ

Androidスマホに直挿しできる360度カメラを中心に紹介する。

360度カメラ スマホ直挿し まとめ パートⅡ

iPhoneに接続できる360度カメラを中心に紹介する。

360度カメラ スマホ直挿し まとめ パートⅢ

レアなモデル、単体で使える360度カメラを紹介する。

※スティックタイプの360度カメラはこちら

360度カメラ スマホ直挿し まとめ パートⅠ

ここではAndroidスマホに直挿しできる360度カメラを中心に紹介する。

SNSシェア&ライブ配信対応の360度カメラ「Insta360 Air」

Insta360_01

Insta360 Air」はAndroidスマホに直挿しできる360度カメラ。360度の全天球撮影が楽しめるほか、SNSシェア機能やYouTubeの360度動画のライブストリーミング配信に対応している。

続きを読む

Amazonで「Insta360 Air」をチェックする

楽天で「Insta360 Air」をチェックする

ヤフーショッピングで「Insta360 Air」をチェックする

3Kでライブ撮影できる360度VRカメラ「OMNI shot mini」

OMNI shot mini」(オムニショットミニ)はAndroidスマホに直挿しできる360度VRカメラ。2.5K(2560×1280ドット)と3K(3008×1504ドット)に対応し、高画質な360度VR映像を撮影できる。

機能面では手振れ補正機能を搭載。専用アプリ「OMNI shot mini」を利用してYouTubeやFacebookに360度動画をライブ配信することもできる。また、撮影した画像はフィッシュアイ、パノラマ、リトルプラネット、クリスタルボールの4つのモードで閲覧が可能。アプリ上でスワイプして被写体を回しながら動かして楽しむこともできる(VR映像も可)。

対応する端末はAndroid6.0以降のスマホやタブレットでUSBホスト機能に対応した機種。USB Type-C端子、もしくはMicroB端子(※付属のアダプターあり)のスマートフォン、タブレットで利用できる。

Amazonで「OMNI shot mini」(オムニショットミニ)をチェックする

楽天で「OMNI shot mini」をチェックする

ヤフーショッピングで「OMNI shot mini」をチェックする

ファーウェイの360度VRカメラ「HUAWEI EnVizion 360」

HUAWEI EnVizion 360」はAndroidスマホに直挿しできる360度VRカメラ。超広角210度の1300万画素を2つ搭載し、迫力ある360度VR映像を撮影できる。撮影した映像はパノラマ、フィッシュアイ、プラネット、VRの4つのモードで閲覧可能。Facebook、YouTube、TwitterなどのSNSですばやく共有することもできる。対応するスマートフォンはAndroid 6.0以降でUSB Type-Cポートを搭載したもの。ボディは重量30gと小型軽量で製品には専用キャリングケースが付属する。

Amazonで「HUAWEI EnVizion 360」をチェックする

楽天で「HUAWEI EnVizion 360」をチェックする

720°パノラマカメラ「撮ラピコ」

撮ラピコ」(トラピコ)はAndroidに直挿しできる720°パノラマカメラダブルパノラマレンズ搭載で水平360°+垂直360°の全天周720°パノラマ撮影が楽しめる。撮影した動画は360 度動画のほかに VR動画 に対応。VRゴーグルを装着してその場にいるかのような臨場感のある動画を視聴できる。

また、専用アプリを利用することで撮影した動画をすばやくYouTube、facebookなどに投稿することが可能。SNSアプリを立ち上げる手間がかからずにSNSへダイレクト投稿できる。対応端末はAndroid 4.4以上で USB OTG機能をサポートする機種。コネクタがmicroUSBになっている機種で使用できる。なお、カメラ本体の充電はスマホやタブレットから給電。充電不要で使用できる。

Amazonで「撮ラピコ」をチェックする

ヤフーショッピングで「撮ラピコ」をチェックする

「手軽にVR撮影!スマホ用360度クリップ式レンズ(CRLSCL36)」

手軽にVR撮影!スマホ用360度クリップ式レンズ」(CRLSCL36)はスマートフォン/タブレットに接続して360度のVR撮影を可能にするレンズ。
専用のAndroid対応アプリ「FlyPanp」でパノラマビューや360度映像、VR映像(サイドバイサイド方式)が視聴できるほか、指操作や映像の移動にも対応する。撮影解像度は1,920×480、1,440×360、1,024×256をサポートし、日本語マニュアルも付属する。

Amazonで「CRLSCL36」をチェックする

楽天で「CRLSCL36」をチェックする

目次

360度カメラ スマホ直挿し まとめ パートⅠ

360度カメラ スマホ直挿し まとめ パートⅡ

360度カメラ スマホ直挿し まとめ パートⅢ

※スティックタイプの360度カメラはこちら

<関連記事  カメラ>

SNSとの相性バッチリ! ダイナミックな映像が撮影できる360度カメラ まとめ

インスタ映えするオシャレなミラーレスカメラ 全機種を比較

アナログっぽさがたまらない?! 人気急上昇のデジタルトイカメラ まとめ

人気再燃で大ヒット! 撮ってすぐプリンとできる最新チェキカメラ まとめ

海や山に必ず持っていきたいアクションカメラ まとめ

<VRヘッドセット / VRグラス>

VRヘッドセットのおすすめはコレ! スマホ&PC用 全機種を比較