撮りためた写真はまとめてシェア! プライバシー管理機能を備えたストレージ端末 パナソニック「パーソナルメモリーマネージャー」

BN-SDPAP3_04

パナソニックから据え置き型の保存・共有機器「パーソナルメモリーマネージャー」(BN-SDPAP3)が発売される。

スマートフォンやデジタルカメラで撮影した写真/動画データを保存したり、家庭内でシェアすることができるという。

現在は、スマートフォンやタブレットなどで撮影することが増加し、大量に撮りためた写真や動画を保存できる機器が大人気。

BUFFALO 「おもいでばこ」や富士フイルム「Wonder Photo Box」が販売され、ロングセラーになっている。

今回発売される器「パーソナルメモリーマネージャー」は32GBの内蔵メモリに加えて、SDカードやクラウドストレージも利用できる待望のモデル。

家族に見られたくない写真や動画もプライバシー設定で管理でき、安心して保存できるところが魅力的だ。

公式製品紹介ページ

panasonic.jp/p3/memory/manager/

ニュースリリース

prtimes.jp/main/html/rd/p/000002079.000003442.html

撮りためた写真や動画を自動で保存・共有できるストレージ端末 パナソニック「パーソナルメモリーマネージャー」

BN-SDPAP3_01

パーソナルメモリーマネージャー」はスマートフォンやデジタルカメラの撮影データを保存して一元管理できる据え置き型端末。

本体に32GBのメモリを内蔵し、撮影した画像データを転送・保存することができる。

データの転送は本体に備えられたSDカードスロットやUSB 3.0端子から利用。

また、Wi-Fi接続にも対応し、スマートフォンやWi-Fi対応のパナソニック製デジタルカメラから写真や動画を転送できる。

専用アプリでは「オートリサイズ」機能を搭載し、縮小された画像のみをスマートフォンに、オリジナルサイズ画像を本体へ転送することが可能。

スマートフォンから保存したデータは、最大5ユーザーまでの個別フォルダで管理できる。

(※個別フォルダではパスワードをかけて、見られたくない写真や動画を個別に管理できる。)

d3442-2079-194036-1

そのほか、本体前面に写真データ読み取り用SDカードスロットを搭載。

本体底部にはデータ保存容量を拡張するためのSDカードスロットも備えている。

拡張用SDカードスロットはSDXCメモリーカードで最大128GBのまで拡張可能。

マイクロソフトのクラウド型データストレージサービス「OneDrive」、「Dropbox」、「Googleドライブ」と連携し、取り込んだ写真データを、自動的にアップロードできる。

参考:

dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20160114_738950.html

news.kakaku.com/prdnews/cd=camera/ctcd=0058/id=53855/

news.mynavi.jp/news/2016/01/14/422/

av.watch.impress.co.jp/docs/news/20160114_738938.html

 icon-chevron-circle-right 楽天で「パーソナルメモリーマネージャー」をチェックする


「パーソナルメモリーマネージャー」のスペック

BN-SDPAP3_02

パーソナルメモリーマネージャー

■データの形式: 写真 JPEG 動画 MP4 MOV

■インターフェイス:SDメモリーカードスロット×2(取込用、拡張用)、USB3.0×1、ギガビットLAN×1など

■対応クラウドストレージ:OneDrive、Dropbox、Googleドライブ

■個別フォルダ:最大5ユーザー

■通信:IEEE 802.11b/g/n、2.4GHz 

■電源:付属のACアダプタ

■消費電力:約4W

■サイズ:41(幅)×82(高さ)×129(奥行)mm(突起部含まず)

■重量:約160g。

くわしいスペックはこちら

panasonic.jp/p3/p-db/BN-SDPAP3_spec.html

 icon-chevron-circle-right 楽天で「パーソナルメモリーマネージャー」をチェックする

【2016年02月17日発売】 【送料無料】 パナソニック パーソナルメモリーマネージャー BN-SDPAP3

価格: 21,038円
(2016/01/15 07:14時点 )

感想:0件


コメントを残す