「BRIX」第6 Core iプロセッサ搭載の小型ベアボーン

brix-new-01
日本ギガバイトから小型ベアボーン「BRIX」の新モデル「GB-BSi3H-6100」「GB-BSi5H-6200」「GB-BSi7H-6500」が発売される。コンパクトサイズで持ち運びしやすく、CPUにはSkylakeこと第6世代Intel Coreプロセッサを搭載しているという。

日本ギガバイトはすでにゲーミング用の小型ベアボーン「BRIX Gaming」シリーズ(GB-BXi5G3-760)や4K表示出力に対応したハイスペックな小型ベアボーンシリーズ「BRIX Pro」シリーズ(GB-BXi5-4570R)などを発売済み。

モバイルプロジェクター機能が一体化した「BRIX Projector」(GB-BXPi3-4010 )などユニークなベアボーンも注目を浴びている。

今回発売される「GB-BSi3H-6100」「GB-BSi5H-6200」「GB-BSi7H-6500」は第6世代Intel Coreプロセッサを搭載できる待望のベアボーン。2.5インチストレージに対応していることや外部出力にHDMI×1とMini DisplayPort×1が利用できるなど、拡張性が高いことも魅力的だ。

第6 Core i搭載ベアボーン「GB-BSi3H-6100」「GB-BSi5H-6200」「GB-BSi7H-6500」

20151022182355_src

「BRIX」は、カスタマイズ可能な小型ベアボーンPC。OSやメモリ、ストレージを追加することでPCとして使用できる。「GB-BSi3H-6100」「GB-BSi5H-6200」「GB-BSi7H-6500」はいずれも2.5インチストレージの取り付けに対応。大容量のストレージを簡単に設置することができる。また、プロセッサはインテル第6世代Coreを採用。それぞれCore i3-6100U/Core i5-6200U/Core i7-6500Uを標準搭載する。

グラフィックスはIntel HD Graphics 520(CPU内蔵)で、美しい映像を描出可能。メモリスロットはDDR3L-1600対応SO-DIMMスロットを2基搭載し、最大で16GBまで拡張できる。通信はIEEE802.11a/b/g/n/ac 、 Bluetooth 4.0(Intel Dual Band Wireless-AC 3165)をサポート。そのほかのインタフェースは、、GigabitEthernet×1(Intel i219V)、USB 3.0×4、HDMI×1、Mini DisplayPort×1、オーディオポート、M.2 2230(WiFi+Bluetooth拡張カード搭載)など。電源はACアダプタを使用。サイズは、H46.8×W112.6×D119.4mm。製品にはにはVESAマウンターとACアダプターが付属する。

「BRIX」(「GB-BSi7H-6500」)のスペック

20151022182411_src

  • プロセッサはインテル第6世代Core i7
  • ※6100U Core i3/6200U Core i5
  • RAMはDDR3L-1600対応SO-DIMMスロット 2基
  • ストレージは2.5インチストレージの取り付けに対応
  • 電源はACアダプタ
  • OSはなし

Amazonで「 BRIX GB-BKi3HA-7100-BW」をチェックする

楽天で「ギガバイト GB-BKi7HA-7500-BW」をチェックする

ヤフーショッピングで「GIGABYTE BRIXベアボーン メモリ SSDインストールモデル」をチェックする

<関連記事>

ミニPC / 小型PC

リビングにふさわしい超小型デスクトップPC まとめ

超小型PCが続々! 最新の極小WindowsPC 全機種を比較

小型PCは型落ちをねらえ! 激安モデルを全機種を比較

スティックPC

スティックPCに新型が続々! ChromeやAndroidモデルもあり

Raspberry Pi / シングルボードPC

シングルボードPCはRaspberry Piより高性能モデルを選べ!

Raspberry Piで使いたくなる便利なSBC製品 まとめ