「OUKITEL WP15S」日本発売! 2万円台タフネススマホと徹底 比較


2022年6月に発売された「OUKITEL WP15S」と 2万円台タフネススマホを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペック、カメラ性能の違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

「OUKITEL WP15S」の特徴

OUKITEL WP15S」の特徴をまとめてみました。

15600mAhバッテリー・18W急速充電・リバースチャージ

OUKITEL WP15」は15600mAhバッテリーを搭載。スタンバイで1300時間、通話で130時間、オンライン動画再生で35時間駆動することができます。また、Type-C端子を搭載し、18W急速充電に対応。OTG対応で他のスマホやUSB機器に給電できるリバースチャージも利用できます。

Helio P22&4GBメモリ・ゲームモード

OUKITEL WP15S」はMediaTek Helio P22 MT6762 オクタコアプロセッサを搭載。Antutuベンチマーク総合で約90,000を記録し、高速に動作します。また、4GBメモリを搭載し、スムーズに動作します。そのほか、OSにAndroid 11を採用。ゲームモードに対応し、機能がONになっているときは通知などがOFFになり、ゲームに集中できます。

20MPカメラ・IP68/IP69K防水・カスタマイズキー

OUKITEL WP15S」は背面に20MP+2.0MP+0.3MPのトリプルカメラを搭載。マクロ撮影やナイトモード、4つのLEDフラッシュ、HDR、モノクロームモード、水中撮影などが利用できます。また、IP68/IP69K防水防塵とアメリカ規格MIL-STD-810Gに対応。物理的なボタンにSOSやPTTトランシーバー、フラッシュライトなどに割り当てられるカスタムキーやアウトドアツールも利用できます。

公式ページ Oukitel WP15S

価格を比較

OUKITEL WP15S」と「UMIDIGI BISON X10 Pro」、「Ulefone Power Armor 14 Pro」、「Blackview BV6600E」の価格を比較してみました。

「OUKITEL WP15S」

OUKITEL WP15S」は、Amazonで28,900円(2000円OFFクーポン付き)、ヤフーショッピングで33,966 円、AliExpressでUS $169.99、Banggoodで23,524円、米国 Amazon.comで$249.99で販売されています。

「UMIDIGI BISON X10 Pro」

UMIDIGI BISON X10 Pro」は、Amazonで29,900円(4000円OFFクーポン付き)、楽天市場で35,860円 (税込)、ヤフーショッピングで29,966 円、AliExpressでUS $151.45、Banggoodで22,502円、米国 Amazon.comで$239.99で販売されています。

「Ulefone Power Armor 14 Pro」

Ulefone Power Armor 14 Pro」は、Amazonで39,500円、ヤフーショッピングで33,800 円円、Banggoodで26,342円、AliExpressでUS $219.99、米国 Amazon.comで$269.99で販売されています。

「Blackview BV6600E」

Blackview BV6600E」は、Amazonで19,999円(2000円OFFクーポン付き)、楽天市場で24,279円 (税込)、ヤフーショッピングで19,966 円、Banggoodで22,502円、AliExpressでUS $132.94で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

OUKITEL WP15S」と「UMIDIGI BISON X10 Pro」、「Ulefone Power Armor 14 Pro」、「Blackview BV6600E」のAntutuベンチマークスコアを比較してみました。

「OUKITEL WP15S」

Antutuベンチマーク総合で約90,000

<CPU>MediaTek Helio P22
※「moto e6s」、「OUKITEL C23 Pro」と同じプロセッサ

12nmプロセスで製造されたMediaTek Helio P22オクタコアプロセッサ搭載でAntutuベンチマーク総合で約9万点を記録しています。同じプロセッサは「moto e6s」、「OUKITEL C23 Pro」にも搭載されています。

Helio P60搭載の「UMIDIGI BISON X10 Pro」と比較するとスコアが約8万低くなります。

Helio G85搭載の「Ulefone Power Armor 14 Pro」と比較するとスコアが約10万低くなります。

Unisoc SC9863A搭載の「Blackview BV6600E」と比較するとスコアが約1万低くなります。

性能的には動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍、写真撮影などで快適に動作します。Androidの3Dゲームもプレイできますが、一部の負荷の高いゲームは遅延が生じることがあります。PSP、PS1、SFC、DC、N64、MD、FCなどのエミュレーターは快適に動作します。

「UMIDIGI BISON X10 Pro」

Antutu総合で約170,000

<CPU> Helio P60(MT6771)
※「UMIDIGI A9 Pro」、「UMIDIGI Power3」と同じプロセッサ

「Ulefone Power Armor 14 Pro」

Antutu総合で約190,000

<CPU> MediaTek Helio G85
※「moto g31」、「Xiaomi Redmi Note 9」、「Realme Narzo 20」と同じプロセッサ

「Blackview BV6600E」

Antutu総合で「102969」、CPUで「31105」、GPUで「13438」、MEMで「25477」、UXで「32949」。

<CPU> Unisoc SC9863A

スペックを比較

OUKITEL WP15S」と「UMIDIGI BISON X10 Pro」、「Ulefone Power Armor 14 Pro」、「Blackview BV6600E」のスペックを比較してみました。

「OUKITEL WP15S」のスペック

  • ディスプレイ 6.52インチ、解像度720×1600 pxの液晶
    ※18:9/HD+/水滴ノッチ/scratch-resistant/Gorilla glass
  • プロセッサ MediaTek Helio P22 MT6762 オクタコア
  • GPU PowerVR GE8320
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ 別売のmicroSDカードで最大2TBまで
  • バッテリー 15600mAh
  • 駆動時間 スタンバイで1300時間、通話で130時間、オンライン動画再生で35時間、MP3音楽再生で247時間
  • 充電  18W急速充電、9V2A・Type-C ※リバースチャージ機能あり
  • 背面カメラ 20MP+2.0MP+0.3MP
  • 前面カメラ 8MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4Ghz+5GHz)、Bluetooth 5.1、GPS (GLONASS, BEIDOU, Galileo)
  • NFC&Google Pay 対応・利用できます
  • インターフェース USB Type-C (OTG)
  • センサー Gセンサー、Mセンサー、ライトセンサー、近接センサー、コンパス(地磁気)、ジャイロスコープ
  • スピーカー 底面スピーカー
  • 防水防塵 IP68/IP69K
  • 耐久性 MIL-STD-810G対応、耐寒・耐熱・耐衝撃
  • ショットカットキー(カスタムキー) 対応
  • アウトドアツール 対応
  • ゲームモード 対応
  • 生体認証 サイド指紋認証、顔認証
  • OS Android 11
  • サイズ 178.2 x 86.2 x 23.8mm
  • 重量 485g
  • カラー ブラック
  • SIMカード NanoSIM(デュアルSIM+TFカード)
  • 対応バンド ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル、au回線に対応
    4G:FDD B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/25/26/B28A/B28B/B66
    3G:WCDMA:B1/2/4/5/8
    2G:B2/3/5/8

関連記事OUKITELスマホは長寿命でコスパよし! 全機種を比較

Amazonで「OUKITEL WP15S」をチェックする

楽天市場で「OUKITEL WP15」をチェックする

ヤフーショッピングで「OUKITEL WP15」をチェックする

AliExpressで「OUKITEL WP15S」をチェックする

Banggoodで「OUKITEL WP15S」をチェックする

米国 Amazon.comで「OUKITEL WP15S」をチェックする

「UMIDIGI BISON X10 Pro」のスペック

  • ディスプレイ  6.53インチ、解像度2340 x 1080 pxの液晶
    ※20:9 / FHD + / Corning Gorilla Glass / グローブモード / 静電容量マルチタッチ
  • プロセッサ MediaTek Helio P60 MT6771 オクタコア
  • CPU 4xCortex-A73, 2.0GHz & 4xCortex-A53, up to 2.0GHz
  • GPU ARM Mali G72 MP3, up to 800MHz
  • RAM(メモリ) 4GB LPDDR4X
  • ストレージ 64GB UFS 2.1
    ※Pro版は128GB UFS 2.1
  • 外部ストレージ microSDカードで最大256GBまで
  • バッテリー 6150mAh
  • 駆動時間 スタンバイで550時間、通話で52時間、ビデオ再生で28時間、ゲームで15時間
  • 充電 18W急速充電に対応
  • 背面カメラ    20MP+8MP+5MP ※AI対応
  • 前面カメラ 8MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2、GPS( Glonass/Galileo )、4G通信
    ※Wi-Fi Direct / Wi-Fi Display 対応
  • NFC & Google Pay 対応
  • インターフェース USB Type-C 、3.5mm イヤホンジャック
  • センサー サイドマウント型指紋センサー、バロメーター、近接センサー、環境光センサー、加速度計、ジャイロスコープ、電子コンパス
  • 防水防塵 IP68/IP69K
  • 耐久性  MIL-STD-810Gに対応・耐寒、耐熱、耐衝撃
  • 冷却システム Liquid Cooling System 2.0
  • アウトドアツール ノイズテスト、方位磁針、懐中電灯、バブルレベル、高さ測定、拡大鏡、高度計、気圧計、警報、Picハンギング、プラムボブ、分度器、歩数計、スピードメーター
  • ショートカットキー 指紋センサー長押しで プッシュトゥトーク(PTT)、緊急通話(SOS)、懐中電灯、水中カメラ、スクリーンショット、録音、アプリの起動
  • 生体認証 サイド指紋認証
  • マイク デュアルマイク
  • OS Android 11
  • サイズ 162.5 x 79.9 x 12.8 mm
    ※Pro版は169.7 x 82.1 x 12.9 mm
  • 重量 250g
    ※Pro版は285g
  • カラー オレンジ、イエロー

関連記事「UMIDIGI BISON X10 /Pro」の特徴、スペック、Antutu、カメラ、価格

Amazonで「UMIDIGI BISON X10 Pro」をチェックする

楽天市場で「UMIDIGI BISON X10 Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「UMIDIGI BISON X10 Pro」をチェックする

AliExpressで「UMIDIGI BISON X10 Pro」をチェックする

米国 Amazon.comで「UMIDIGI BISON X10 Pro」をチェックする

「Ulefone Power Armor 14 Pro」のスペック

  • ディスプレイ 6.52インチ、解像度720 x 1600 pxのLCD IPS液晶
    ※HD+/10点マルチタッチ/水滴ノッチ/広視野角/強化ガラス
  • プロセッサ MediaTek Helio G85 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア/最大2.0GHz
  • GPU Arm Mali-G52
  • RAM(メモリ) 6GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー 10000mAh
  • 駆動時間 スタンバイで540時間(22.5日)、通話で54時間(2.25日)
  • 充電 18W急速充電、15Wワイヤレス充電
  • 背面カメラ 20MP+2MP ※Sony IMX350センサー
  • 前面カメラ 16MP ※Sony IMX481センサー
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/ac/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (GLONASS/Galileo/BEIDOU)、4G通信
  • NFC&Google Pay 対応・利用できます
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー Pセンサー、Lセンサー、加速度センサー、Eコンパス、指紋センサー
  • スピーカー 底面シングルスピーカー
  • 防水 IP68/IP69K
  • 耐久性 MIL-STD-810G対応・耐寒・耐熱・耐衝撃
  • ショートカットキー(カスタマイズキー) 対応
  • アウトドアツール あり
  • FMラジオ 対応
  • 生体認証 指紋認証、顔認証
  • OS Android 12
  • サイズ 175.6 x 82.5 x 17.2mm
  • 重量 358.2g

関連記事「Ulefone Power Armor 14」がセール中! 最新タフネススマホと徹底 比較!

Amazonで「Ulefone Power Armor 14 Pro」をチェックする

楽天市場で「Ulefone」をチェックする

ヤフーショッピングで「Ulefone Power Armor 14 Pro」をチェックする

Banggoodで「Ulefone Power Armor 14 Pro」をチェックする

AliExpressで「Ulefone Power Armor 14 Pro」をチェックする

米国 Amazon.comで「Ulefone Power Armor 14 Pro」をチェックする

「Blackview BV6600E」のスペック

  • ディスプレイ 5.7インチ、解像度720×1440 pxの液晶
    ※18:9 / HD +/ 182 ppi/明るさ cd cm2:400/強化ガラス
  • プロセッサ Unisoc SC9863A
    ※28nm/64bit/8コア
  • GPU IMG PowerVR GE8322
  • RAM(メモリ) 4GB LPDDR3
  • ストレージ 32GB eMMC
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 8580 mAh
  • 駆動時間 スタンバイ(4G/Wi-Fi)で最大430時間、通話で50時間、HD動画再生で14時間、ブラウジングで17時間、ゲームで13時間、音楽で36時間
  • 充電 10W充電(5V/2A)、リバースチャージ
  • 背面カメラ 13MP
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2、GPS (GLONASS/Beidou/Galileo)、4G LET通信
  • NFC&Google Pay 対応・利用できます
  • インターフェース USB Type-C、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー 近接、光、Gセンサー、ジャイロスコープ、磁気、コンパス
  • 防水防塵 IP68/ IP69K
  • 耐久性 MIL-STD-810G対応(10テストクリア)、耐衝撃・耐寒・耐熱・完全防水
  • 生体認証 顔認証、指紋認証(側面)
  • OS Android 11
  • サイズ 159 x 79.4 x 18mm
  • 重量 326g
  • カラー ブラック、グリーン、オレンジ

関連記事「Blackview BV6600 /6600E」は長寿でお得?激安タフネススマホと徹底 比較! 

Amazonで「Blackview BV6600E」をチェックする

楽天市場で「Blackview BV6600E」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview BV6600E」をチェックする

Banggoodで「Blackview BV6600E」をチェックする

AliExpressで「Blackview BV6600E」をチェックする

米国 Amazon.comで「Blackview BV6600E」をチェックする

カメラ性能を比較

OUKITEL WP15S」と「UMIDIGI BISON X10 Pro」、「Ulefone Power Armor 14 Pro」、「Blackview BV6600E」のカメラ性能を比較してみました。

「OUKITEL WP15S」

背面カメラ   20MP+2.0MP+0.3MP
前面カメラ   8MP
水中撮影 対応
超広角 非対応
望遠 非対応 ※ズーム機能あり
マクロ撮影 対応
機能 マクロ撮影、ナイトモード、4つのLEDフラッシュ、HDR、モノクロームモード、水中撮影、オートフォーカス、顔認識、デジタルズーム、タッチフォーカス、パノラマ、ジオタグなど

<カメラ性能を解説>

背面カメラは3眼構成で2000万画素の超高解像度撮影や背景ぼかしが利用できます。また、マクロ撮影やナイトモード、4つのLEDフラッシュ、HDR、モノクロームモード、水中撮影などにも対応します。前面カメラにはSony IMX582センサーを搭載し、キレのあるシャープな写真が撮影できるようになっています。

なお、上位モデルの「OUKITEL WP15」は背面が48MP+2.0P+0.3MPになっており、4800万画素の超高解像度撮影が利用できるようになっていました。

「UMIDIGI BISON X10 Pro」

背面カメラ   20MP+8MP+5MP
前面カメラ   8MP
水中撮影 対応
超広角 対応・120度
望遠 非対応 ※ズーム機能あり
マクロ撮影 対応 2.5cmまで
機能  (背面)超広角モード、安定した手持ち夜間撮影、スローモーションビデオ、AIシーン検出、マクロモード、ポートレートモード、パノラマモード、HDR、AI美化、超広角エッジ歪み補正、デュアルLEDフラッシュ、顔認識、リアルタイムフィルター(前面)AIビューティ、 顔認識、 自撮りカウントダウン

「Ulefone Power Armor 14 Pro」

背面カメラ  20MP+2MP ※Sony IMX350センサー
前面カメラ  16MP ※Sony IMX481センサー
水中撮影 対応
超広角 非対応
望遠 非対応 ※ズーム機能あり
マクロ撮影 対応
機能 (背面)ノーマルモード、ナイトモード、プロモード、マクロモード、UHD、ポートレート、ギフ、パノラマモード、スローモーション、タイムラプス、インテリジェントScanningHDR、フィルター、AIシーン検出、位置情報、ブランドウォーターマーク、カメラミュート、タッチ撮影、セルフタイマー、連続撮影、グリッド線、ボリュームキー機能、ちらつき防止、ZSD

(前面) 通常モード、ポートレート、GifHDR、フィルター、位置情報、ブランドウォーターマーク、ミラー、カメラミュート、タッチシューティング、セルフタイマー、グリッドライン、音量キー機能、ちらつき防止、ZSD

「Blackview BV6600E」

背面カメラ  13P
前面カメラ  5MP
水中撮影 対応
超広角 非対応
望遠 非対応 ※ズーム機能あり
マクロ撮影 非対応
機能 Sony IMX258(背面)、Samsung S5K5E2(前面)、プロモード、モノクロ、パノラマ、Googleレンズ、写真の編集(露出補正・コントラスト・明るさの調整、切り抜き、フィルター効果)、オートフォーカス、LEDフラッシュ、顔認識、デジタルズーム、タッチフォーカス、HDR、パノラマ、ジオタグなど

「OUKITEL WP15S」のメリット・デメリット

OUKITEL WP15S」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・6.52インチのHD+フルビューディスプレイ・ゴリラガラスで頑丈

OUKITEL WP15S」は6.52インチ、解像度720×1600 pxの液晶を搭載しています。アスペクト比は18:9で画質はHD+。傷がつきにくい仕様で堅牢なGorilla glassにも対応しています。

一方、「UMIDIGI BISON X10 Pro」は6.53インチで解像度2340 x 1080 pxの液晶を搭載しています。「Ulefone Power Armor 14 Pro」は6.52インチで解像度720 x 1600 pxのLCD IPS液晶を搭載しています。「Blackview BV6600E」は5.7インチで解像度720×1440 pxの液晶を搭載しています。

・4GBメモリ&64GBストレージ搭載で快適に使える

OUKITEL WP15S」は4GBメモリ搭載でスムーズに動作します。また、64GBストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで最大2TBまで拡張できます。

一方、「UMIDIGI BISON X10 Pro」は4GB LPDDR4Xメモリと64GB UFS 2.1ストレージを搭載しています。「Ulefone Power Armor 14 Pro」は4GBメモリと64GBストレージを搭載しています。「Blackview BV6600E」は4GB LPDDR3メモリと32GB eMMCストレージを搭載しています。

・15600mAhバッテリー搭載で18W急速充電、リバースチャージに対応

OUKITEL WP15S」は15600mAhバッテリー搭載で、スタンバイで1300時間、通話で130時間、オンライン動画再生で35時間、MP3音楽再生で247時間駆動できます。また、Type-C端子を搭載し、18W急速充電に対応。OTG対応で他のスマホやUSB機器に給電できるリバースチャージも利用できます。

一方、「UMIDIGI BISON X10 Pro」は6150mAhバッテリー搭載で18W急速充電に対応しています。「Ulefone Power Armor 14 Pro」は10000mAhバッテリー搭載で18W急速充電、15Wワイヤレス充電に対応しています。「Blackview BV6600E」は8580 mAhバッテリー搭載で10W充電(5V/2A)、リバースチャージに対応しています。

・Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.1に対応

OUKITEL WP15S」は高速で途切れにくいWi-Fiデュアルバンドに対応しています。また、Bluetooth 5.1に対応し、ワイヤレス機器ともスムーズに接続できます。

一方、「UMIDIGI BISON X10 Pro」と「Blackview BV6600E」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 4.2に対応しています。「Ulefone Power Armor 14 Pro」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0に対応しています。

・SIMフリーで4G LET通信に対応

OUKITEL WP15S」はSIMフリーで4G LET通信に対応しています。

一方、「UMIDIGI BISON X10 Pro」、「Ulefone Power Armor 14 Pro」、「Blackview BV6600E」も4G LET通信に対応しています。

・IP68/IP69K防水防塵・MIL-STD-810Gに対応

OUKITEL WP15S」はIP68/IP69K防水防塵に対応し、高温・高水圧・スチームジェットでも耐えられるほか、粉塵の内部侵入を完全に防ぐことができます。また、アメリカ規格MIL-STD-810Gに対応し、耐衝撃、耐寒、耐熱などに対応しています。

一方、「UMIDIGI BISON X10 Pro」、「Ulefone Power Armor 14 Pro」、「Blackview BV6600E」もIP68/IP69K防水防塵&MIL-STD-810Gに対応しています。

・ショットカットキーが使える

OUKITEL WP15S」はショットカットキー(カスタマイズキー)に対応し、物理的なボタンにSOSやPTTトランシーバー、フラッシュライトなどに割り当てることができます。

一方、「Blackview BV6600E」はショットカットキーに対応していません。「UMIDIGI BISON X10 Pro」、「Ulefone Power Armor 14 Pro」はショットカットキーに対応しています。

・サイド指紋認証&顔認証が使える

OUKITEL WP15S」はサイド指紋認証と顔認証に対応し、安全かつスピーディにログインできます。

一方、「UMIDIGI BISON X10 Pro」はサイド指紋認証に対応しています。「Ulefone Power Armor 14 Pro」は指紋認証、顔認証に対応しています。「Blackview BV6600E」はサイド指紋認証と顔認証に対応しています。

・Android 11の新機能が使える

OUKITEL WP15S」はAndroid 11の新機能が使えるようになっています。

Android 11には、

「メディアコントロール」(アプリ起動なしで再生などの設定変更)、「バブル」(他のアプリにふきだしでメッセージを表示・返信)、「スクリーンレコード」(操作などを録画)、「デバイスコントロール」(スマート家電のコントロールメニュー)、「アプリ候補」(ホーム画面に頻度の高いアプリを表示)、「ワンタイムパーミッション」(アプリ使用中のみ位置情報などを許可)

などの機能が追加されています。

一方、「UMIDIGI BISON X10 Pro」と「Blackview BV6600E」はAndroid 11を搭載しています。「Ulefone Power Armor 14 Pro」はAndroid 12を搭載しています。

デメリット

・本体が厚くて重い

OUKITEL WP15S」は厚さ23.8mmで重さ485gで、本体が厚く重くなっています。

一方、「UMIDIGI BISON X10 Pro」は厚さ12.9 mmで重さ285gになっています。「Ulefone Power Armor 14 Pro」は厚さ17.2mmで重さ358.2gになっています。「Blackview BV6600E」は厚さ18mmで重さ326g

・超広角撮影ができない

OUKITEL WP15S」は超広角撮影が利用できません。

一方、「UMIDIGI BISON X10 Pro」は120度の超広角撮影に対応しています。「Ulefone Power Armor 14 Pro」、「Blackview BV6600E」は超広角撮影が利用できません。

「OUKITEL WP15S」の評価

OUKITEL WP15S」の評価を紹介します。

スペック:★★★

通信:★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

2021年8月に発売された「OUKITEL WP15」の廉価版になります。主にプロセッサ、メモリ、ストレージ、カメラ性能、通信性能がスペックダウンしていますが、その分価格が安くなっています。

プロセッサはHelio P22搭載で、メモリは4GBに変更。Antutu総合で約9万くらいで動画視聴やネットでの調べもの、音楽再生などでは快適に動作します。ストレージは64GBに変更し、バッテリー容量は上位モデルと同じ15600mAhです。18W急速充電や他のスマホなどに給電できるリバースチャージも利用できます。

そのほか、背面メインカメラを48MPから20MPに変更。通信面では5Gから4G通信対応に変更されています。

発売時の価格はUS $178.35(AliExpress)。日本のAmazonでも同時発売されて約2万6千円台で購入できるようになっています。大容量バッテリーを搭載したタフネススマホを探している人におすすめです。

「OUKITEL WP15S」の販売・購入先

OUKITEL WP15S」は、

Amazonで28,900円(2000円OFFクーポン付き)、

ヤフーショッピングで33,966 円、

AliExpressでUS $169.99、

Banggoodで23,524円、

米国 Amazon.comで$249.99、

で販売されています。

Amazonで「OUKITEL WP15S」をチェックする

楽天市場で「OUKITEL WP15」をチェックする

ヤフーショッピングで「OUKITEL WP15」をチェックする

AliExpressで「OUKITEL WP15S」をチェックする

Banggoodで「OUKITEL WP15S」をチェックする

米国 Amazon.comで「OUKITEL WP15S」をチェックする

 

 

他のスマートフォンと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

UMIDIGI BISON X10 Pro

Ulefone Power Armor 14 Pro

Blackview BV6600E

UMIDIGI Power 7 Max」(10,000mAhバッテリ)

OUKITEL WP20

HOTWAV CYBER 9 Pro

Blackview BV6300 Pro

F150 B2021

Unihertz Titan

Blackview BL5000 5G

他のOUKITELスマホと比較

他にもOUKITELスマホが販売されています。ぜひ比較してみてください。

OUKITELスマホは長寿命でコスパよし! 全機種を比較

OUKITELスマホは長寿命でコスパよし! 全機種を比較

その他のおすすめAndroidスマホは?

その他のおすすめAndroidスマホは以下のページでまとめています。ぜひ比較してみてください。

【2022】激安で買えるタフネススマホ 最新モデルを比較

激安タフネススマホをまとめて紹介しています。

【2022】タフネススマホの最新モデル 全機種 ラインナップ 一覧 

ハイスペックなタフネススマホをまとめて紹介しています。

【2022年】最強の激安スマホはどれだ? 海外モデル 比較

海外製の激安スマホをまとめて紹介しています。

注文殺到で売れまくり! 3万円台で買えるハイスペックスマホ まとめ

3万円台のAndroidスマホをまとめて紹介しています。

【2022年最新】格安スマホ おすすめ機種・選び方・注意点

2021最新の格安スマホをまとめて紹介しています。