Android TVを搭載した世界最薄 4K液晶テレビ ソニー「BRAVIA X9000C」

x900c_2

ソニーから世界最薄の4K液晶テレビ「BRAVIA X9000C」が発売されている。

OSにはAndroid TVを搭載し、4K画質でNetflixや、ひかりTV 4Kなど動画配信サービスが楽しめるという。

2015年12月22日からは、映像配信サービス「dTV」にも対応済み。

NTTドコモ契約者以外でも、約12万の映像作品を月額500円で視聴できる。

もちろんGoogle Castに対応し、スマートフォンやタブレットのCast対応映像配信サービスをテレビに出力することも可能。

YouTubeやdTV、Huluなどの動画を美しい大画面で楽しめる。

公式製品紹介ページ

www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201509/15-0907/

公式動画

世界最薄を実現したAndroid TV 搭載 4K液晶テレビ ソニー「BRAVIA X9000C」

x900c_1

BRAVIA X9000C」はOSにAndroid TVを搭載した4K液晶テレビ。

最薄部が4.9mmで、20V型以上の家庭用液晶テレビとしては世界最薄となっている。

ディスプレイサイズは広色域な「トリルミナスディスプレイ」も採用した65型と55型の2種類を用意。

いずれも解像度3,840×2,160の4K液晶パネルを採用し、4K映像プロセッサ「X1」を搭載。

120Hzの倍速駆動にも対応し、240Hz相当の残像低減を謳う「モーションフローXR240」も利用できる。

また、4Kチューナを搭載し、スカパー! 4K総合/映画やChannel 4Kなどの4K放送をテレビだけで視聴可能。

ひかりTV 4Kや、アクトビラ4K、YouTube、Netflixなどのサービスで4K映像で視聴することもできる。

31R+I-bT8IL

そのほかOSにAndroid TVをを搭載し、各種ネットワークサービスの利用や、スマートフォン連携などが可能。

Google Castに対応し、YouTubeやdTV、HuluなどのCast対応映像配信サービスをテレビに出力できる。

「Google Play」からのアプリ追加も可能。

スピーカーは、4基のフルレンジユニットを内蔵した出力総合30W(7.5W×4ch)のS-Masterデジタルアンプ。

地上/BS/110度CSデジタルチューナ×2(視聴専用と録画専用を各1系統)も備えている。

製品には標準スタンド、リモコン(赤外線方式)、タッチパッドリモコン(無線方式)、単4形乾電池(4個)、転倒防止用固定ベルト一式、壁掛けユニット一式が付属する。


参考:

av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150907_718660.html

www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1509/07/news082.html

weekly.ascii.jp/elem/000/000/369/369561/

「dTV」対応

av.watch.impress.co.jp/docs/news/20151223_736696.html

Android TV

www.android.com/intl/ja_jp/tv/

 icon-chevron-circle-right Amazonで「BRAVIA X9000C」をチェックする

 icon-chevron-circle-right 楽天で「BRAVIA X9000C」をチェックする

 icon-chevron-circle-right ヤフーショッピングで「BRAVIA X9000C」をチェックする

「BRAVIA X9000C」のスペック

31pngNPlDDL

BRAVIA X9000C

入力端子
■HDMI×4(1系統はMHL対応)
■コンポーネント映像×1、コンポジット×2
■アナログ音声×2

出力端子
■光デジタル音声×1
■ヘッドフォン出力×1(サブウーファ出力兼用)
■USB×3も

KJ-55X9000C』(55V型
■質量(スタンド含む):18.4(19.7)
■外形寸法(幅×高さ×奥行):123.2×71.2×3.9(最薄部0.49)
■外形寸法(幅×高さ×奥行):123.2×77.4×25.7
■消費電力(待機時):253(0.5)
■年間消費電力量:215(スタンダード)

KJ-65X9000C』(65V型)
■質量(スタンド含む):23.2(24.0)
■外形寸法(幅×高さ×奥行):145.1×83.5×3.9(最薄部0.49)
■外形寸法(幅×高さ×奥行):45.1×89.7×25.7
■消費電力(待機時):290(0.5)
■年間消費電力量:245(スタンダード)

4K放送/4K配信対応
■スカパー!プレミアムサービス、Channel 4K、「ひかりTV 4K」ビデオオンデマンド配信、アクトビラ4K、Netflix(ネットフリックス)、YouTube

 icon-chevron-circle-right Amazonで「BRAVIA X9000C」をチェックする

 icon-chevron-circle-right 楽天で「BRAVIA X9000C」をチェックする

 icon-chevron-circle-right ヤフーショッピングで「BRAVIA X9000C」をチェックする

こちらも入荷中!

ハイレゾ音源の再生に対応した薄型ホームシアターシステム ソニー「HT-NT5」

HT-NT5

HT-NT5」はハイレゾ音源の再生に対応した薄型ホームシアターシステム。

バースピーカーとワイヤレスサブウーファーの2ピースで構成されている。

バースピーカーは、高さを58mm(グリル非装着時)まで薄型化。

インテリアにも馴染むデザインを採用し、テレビの前にも設置しやすくなっている。

テレビ台への設置のほか、付属の壁掛けブラケットを使用した壁掛けにも対応。

ハイレゾ音源再生は、リニアPCMの最大192kHz/24bit(WAV、AIFF、FLAC、ALAC)および5.6MHzまでのDSDをサポート。ただし、DSDはPCM変換となっている。

また、本体にはWi-Fi機能を内蔵し、スマホアプリ「SongPal」から操作可能。

ホームネットワーク内にある複数のスピーカーから同じ音楽を再生できる「ワイヤレスマルチルーム」に対応している。

そのほか、新機能「ワイヤレスサラウンド」に対応。

別売の「h.ear go」(SRS-HG1)などワイヤレスサラウンド対応スピーカーをリアスピーカーとして組み合わせることで、より臨場感のあるサラウンドを体感できる。

インターフェイスはHDMI入力×3、HDMI出力×1、光デジタル×1、ステレオミニ×1。

ネットワーク機能では、有線LAN、無線LAN、Bluetoothをサポート。

Bluetoothの対応コーデックはLDAC、SBC、AAC。4K/HDRパススルーにも対応する。

サイズは1080(幅)×58(高さ)×127(奥行)mm(グリル非装着、壁掛け用ブラケット非装着時)、重量は約3.2kg。サブウーファーの本体サイズは190(幅)×382(高さ)×386(奥行)mm、重量は約8.1kg。

公式製品紹介ページ

www.sony.jp/home-theater/products/HT-NT5/

 icon-chevron-circle-right Amazonで「HT-NT5」をチェックする

 icon-chevron-circle-right 楽天で「HT-NT5」をチェックする

 icon-chevron-circle-right ヤフーショッピングで「HT-NT5」をチェックする

こちらもおすすめ!

録画動画を快適に視聴できる 無線LAN内蔵 液晶テレビ パナソニック「VIERA D320」

81dtmolPdyL._SL1500_-300x192

繊細な質感までくっきり! ダブルチューナー搭載 フルHD液晶テレビ ソニー「BRAVIA W730Cシリーズ」

BRAVIA-W730C-04-300x225

ついに上陸した「Amazon Fire TV」 4K動画対応で新型「Apple TV」を打ち破るか?

Amazon-Fire-TV-01-300x169

 icon-chevron-circle-right 最新のテレビをチェックする

 icon-chevron-circle-right 最新のディスプレイをチェックする

 icon-chevron-circle-right 最新のガジェット情報をチェックする

 icon-chevron-circle-right 最新の動画製品をチェックする

 icon-chevron-circle-right 最新のDVDプレーヤーをチェックする

 icon-chevron-circle-right 最新のメディアプレーヤーをチェックする

 icon-chevron-circle-right 最新のシャープ製品をチェックする

 icon-chevron-circle-right 最新のパナソニック製品をチェックする

 icon-chevron-circle-right 最新の東芝製品をチェックする

 icon-chevron-circle-right 最新のソニー製品をチェックする