「CHUWI LarkBox X」と最新のRyzenミニPCを徹底 比較!


2022年2月14日に発売された「CHUWI LarkBox X」と最新のRyzenミニPCを徹底 比較!価格やスペック、ベンチマークの違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

「CHUWI LarkBox X」の特徴

CHUWI LarkBox X」の特徴をまとめてみました。

Ryzen 7 3700U&8GBメモリ&RX Vega 10

CHUWI LarkBox X」はAMD Ryzen 7 3700U クアッドコアプロセッサを搭載。Passmarkベンチマークスコアで「7332」(CPU)を記録し、高速に動作します。また、8GB DDR4メモリを搭載。GPUはCPU内蔵のRadeon RX Vega 10 グラフィックスでPCゲームもプレイできます。

M.2 SSD 256GB・拡張ベイ・4つのUSB3.0ポート

CHUWI LarkBox X」はPCIe規格のM.2 SSD 256GBストレージを搭載。拡張ベイ搭載で2.5インチHDD&SSDで最大2TBまで増設できます。また、4つのUSB3.0ポートを搭載。外付けHDDなどのUSB機器も接続できます。

4K3画面同時出力・デュアル有線LAN・冷却ファン

CHUWI LarkBox X」はType-CポートとDisplayPort、HDMIポートを搭載。4Kでの3画面同時出力にも対応しています。また、2つの有線LAN端子を搭載。インターネットに接続していないPCと接続してネットワークを活用することができます。また、大口径の冷却ファンを搭載。長時間の駆動でもオーバーヒートせずに安定して動作します。

CHUWI公式ページ

価格を比較

CHUWI LarkBox X」と「MINISFORUM UM350」、「Beelink SER3」、「ThinkCentre M75q Tiny Gen2」の価格を比較してみました。

「CHUWI LarkBox X」

CHUWI LarkBox X」は、Amazonで56,900円(10,000円OFFクーポン付き)、楽天市場で44,900円 (税込・送料無料)、ヤフーショッピングで46,000円(税込・送料無料)、Banggoodで54,653円、AliExpressでUS $394.27 (8/22にセール販売開始)、米国 Amazon.comで$389.00で販売されています。

「MINISFORUM UM350」

MINISFORUM UM350」は、Amazonで50,133円(タイムセール)、楽天市場で50,380円 (税込)、ヤフーショッピングで50,380円、ビックカメラで50,380円 (税込・5,038ポイント)、米国Amazon.comで$439.90で販売されています。

「Beelink SER3」

Beelink SER3」は、Amazonで57,800円(5000円OFFクーポン付き)、楽天市場で68,589円 (税込)、ヤフーショッピングで69,660円~、Banggoodで63,755円、AliExpressでUS $395.51、米国Amazon.comで$409.00で販売されています。

「ThinkCentre M75q Tiny Gen2」

ThinkCentre M75q Tiny Gen2」は、レノボ公式サイトで66,550(税込・送料無料)、楽天市場で 59,800円 (税込) 、ヤフーショッピングで59,800円 (税込)、米国Amazon.comで$749.00 で販売されています。

スペックを比較

CHUWI LarkBox X」と「MINISFORUM UM350」、「Beelink SER3」、「ThinkCentre M75q Tiny Gen2」のスペックを比較してみました。

「CHUWI LarkBox X」のスペック

  • プロセッサ AMD Ryzen 7 3700U クアッドコア
    ※14nm/4コア/8スレッド/最大 4.0GHz
  • GPU Radeon RX Vega 10 Graphics 1400MHz
  • RAM(メモリ) 8GB DDR4
  • ストレージ M.2 SSD 256GB (PCIe)
  • 拡張ストレージ 2.5インチHDD&SSDで最大2TBまで
  • 電源 ACアダプター
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2
  • 有線LAN 対応(2つのLAN端子あり)
  • インターフェース USB Type-C x1、USB3.0 x4、DisplayPort x1、HDMI 2.0 x1、有線LAN端子(Gigabit Ethernet) x2、3.5mmジャック、マイク端子
  • 映像出力 4Kでの3画面同時出力に対応(HDMI,Type-C,DP)
  • 冷却方式 大口径の冷却ファン
  • OS Windows 10 Home ※Windows 11にアップグレード可能
  • サイズ 127×127×49 mm
  • 重量 460g
  • カラー ホワイト&ブラック

関連記事【2022年最新】CHUWI ミニPCが圧倒コスパで大人気に! 全機種を比較

Amazonで「CHUWI LarkBox X」をチェックする

楽天市場で「CHUWI LarkBox X」をチェックする

ヤフーショッピングで「CHUWI LarkBox X」をチェックする

Banggoodで「CHUWI LarkBox X」をチェックする

AliExpressで「CHUWI LarkBox X」をチェックする

米国 Amazon.comで「CHUWI LarkBox X」をチェックする

「MINISFORUM UM350」のスペック

  • プロセッサ AMD Ryzen 5 3550H クアッドコア2.1 GHz
    ※12nm/4コア/8スレッド/最大3.7 GHz
  • GPU Radeon RX Vega 8 Graphics
  • RAM(メモリ) 8GB DDR4-2400 ×2スロット
  • 拡張メモリ 最大64GBまで
  • ストレージ M.2 SSD 256GB NVMe
  • 拡張ストレージ 1×2.5インチベイ(SATA3.0)(7mm厚以内)
  • 電源 ACアダプター
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11ac(Wi-Fi 5)、Bluetooth 4.2
  • 有線LAN 対応
  • インターフェース USB 3.1 Gen2 (Type-C) x1、USB 3.1 Gen2 (Type A) x3、USB 3.1 Gen1 (Type A) x1、HDMI 2.0(4K@60Hz) x1、DisplayPort(4K@60Hz) x1、有線LAN (2.5Gigabit Ethernet)、ヘッドホン端子、DCポート
  • 冷却方式 ファンシンク
  • VESAマウント 対応
  • OS Windows 10 Pro 64bit
  • サイズ  127.5×127×51.3mm
  • 重量 約453g
  • カラー グレー
  • 附属品 1 x ACアダプタ、1×ACコード、1×VESAマウント

関連記事「MINISFORUM UM350」と高性能ミニPCを徹底 比較!

Amazonで「MINISFORUM UM350」をチェックする

楽天市場で「MINISFORUM UM350」をチェックする

ヤフーショッピングで「MINISFORUM UM350」をチェックする

ビックカメラで「MINISFORUM UM350」をチェックする

米国 Amazon.comで「MINISFORUM UM350」をチェックする

「Beelink SER3」のスペック

  • プロセッサ AMD Ryzen 7 3750H クアッドコア
    ※12nm/4コア/8スレッド/最大 4.0GHz
  • GPU Radeon™ RX Vega 10 Graphics 1400 MHz
  • RAM(メモリ) 8/16GB DDR4
  • 拡張メモリ 最大64GBまで
  • ストレージ M.2 SSD 256/512GB NVMe 2280
  • 拡張ストレージ SATA HDD(2.5 inch 7mm)、M.2 SSD NVMe 2280で最大2TBまで拡張可
  • 電源 ACアダプター 19V-3A57W
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信  Wi-Fi 802.11a/b/g/n(2.4GHz+5.0GHz)、Bluetooth 4.0
  • 有線LAN   対応
  • インターフェース Type-C  x1(フル機能)、USB3.0 x4、HDMI  x2、有線LAN (RJ45・1000M)  x1、オーディオジャック  x1
  • 冷却ファン あり・デュアルヒートパイプ・静音動作
  • VESAマウント 対応
  • 筐体の素材 金属(フルメタル)
  • OS Windows 10
  • サイズ 126 x 113 x 40mm
  • 重量 1.02kg
  • カラー グレイ

関連記事「Beelink SER3」と人気Ryzen ミニPCを徹底 比較!

Amazonで「Beelink SER3」をチェックする

楽天市場で「Beelink SER3」をチェックする

ヤフーショッピングで「Beelink SER3」をチェックする

Banggoodで「Beelink SER3」をチェックする

AliExpressで「Beelink SER3」をチェックする

米国Amazon.comで「Beelink SER3」をチェックする

「ThinkCentre M75q Tiny Gen2」のスペック

  • プロセッサ AMD Ryzen 3 PRO 4350GE / AMD Ryzen 5 PRO 4650GE / AMD Ryzen 7 PRO 4750GE
  • GPU 内蔵グラフィックス
  • RAM(メモリ) 4/8/16GB PC4-25600 DDR4 SODIMM
    ※スロット最大 2/最大64GB (PC4-25600 DDR4 SDRAM SODIMM)
  • ストレージ HDD(SATA) / SSD(M.2 PCIe NVMe) (カスタマイズによる選択)
  • 拡張ストレージ 最大搭載HDD数 2.5型 x 1
    ※M.2 2230 1(空1)
  • ドライブ オプション製品にて対応※内蔵ではありません。
  • 電源 ACアダプター
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 オプションで追加可能
  • 有線LAN 対応・10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T (Wake on LAN対応) オンボード
  • インターフェース
    前面USB3.1 Gen1 x 1 (Powered USB対応)、USB3.1 Type-C x 1(USB3.1データ転送/外部へ最大4.5W給電機能) (標準搭載)
    背面USB3.1 Gen1 x 2(標準搭載)
    背面USB2.0 x 2 (標準搭載)
    DisplayPort x 1、HDMI x 1
    イーサネット: RJ-45 x 1セキュリティスロット x 1
    マイク入力/ヘッドフォン出力コンボ ジャック x 1(前面)
    追加インターフェース カスタマイズによる選択: シリアルポート / VGAポート / DisplayPort / HDMIポート / USB Type-Cポート/USB3.1ポート x2カード から1つ選択可能・シリアルポート
  • オーディオ Realtek HD Audio (オンボード)
  • キーボード&マウス 付属可能 (カスタマイズによる選択)
  • OS Windows 10 Home 64bit / Windows 10 Pro 64bit
  • サイズ 約 36.5×182.9x179mm
  • 重量 約 1.25kg (最大構成)
  • カラー ブラック

関連記事「ThinkCentre M75q Tiny Gen2」の特徴、スペック、ベンチマーク、増設、価格

レノボ公式サイトで「ThinkCentre M75q Tiny Gen2」をチェックする

楽天市場で「ThinkCentre M75q Tiny Gen2」をチェックする

ヤフーショッピングで「ThinkCentre M75q Tiny」をチェックする

Amazonで「ThinkCentre M75q Tiny」をチェックする

米国 Amazon.comで「ThinkCentre M75q Tiny」をチェックする

ベンチマークを比較

CHUWI LarkBox X」と「MINISFORUM UM350」、「Beelink SER3」、「ThinkCentre M75q Tiny Gen2」のベンチマークスコアを比較してみました。

※PassMark、Geekbench、3DMarkとは、主にCPUとビデオカード(以下、グラボ)の性能を数値化したベンチマークスコアの参考値を表したものです。

「CHUWI LarkBox X」

<CPU> AMD Ryzen 7 3700U

Passmarkによるベンチマークスコアは「7332」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「834」、マルチコアで「2968」。

<GPU>  Radeon™ RX Vega 10

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「2230」。

<プロセッサ性能を解説>

14nmプロセスで製造されたAMD Ryzen 7 3700U クアッドコアプロセッサを搭載し、Passmarkによるベンチマークスコアで「7332」(CPU)を記録しています。CPU処理性能はIntelのi7-8550Uを27.78%上回っており、Photoshopや3ds Max、Medicalなどソフトウエアでの作業も快適に進められます。

AMD Ryzen 5 3550H搭載の「MINISFORUM UM350」と比較するとスコアが700ほど低くなりますが、大きな違いではありません。

AMD Ryzen 7 3750H搭載の「Beelink SER3」と比較するとスコアがほぼ同じになります。

AMD Ryzen 3 PRO 4350GE搭載の「ThinkCentre M75q Tiny Gen2」と比較するとスコアが約4000ほど低くなります。

性能的には動画編集、画像編集、写真の現像、動画のエンコードなどグラフィック性能を必要とする作業でも快適に動作します。

SteamなどのPCゲームは比較的軽いもののみ動作します。グラフィックカードが搭載されていないので本格的なPCゲームには不向きです。PS2、PSP、PS1、SFC、DC、N64、MD、FCなどのエミュレーターは快適に動作します。

そのほか、動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)でも快適に動作します。

「MINISFORUM UM350」

<CPU> AMD Ryzen 5 3550H

Passmarkによるベンチマークスコアは「8037」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「767」、マルチコアで「2788」。

<GPU> Radeon RX Vega 8 Graphics

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「2094」。

「Beelink SER3」

<CPU> AMD Ryzen 7 3750H

Passmarkによるベンチマークスコアは「8333」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「811」、マルチコアで「3143」。

<GPU> Radeon™ RX Vega 10 Graphics 1400 MHz

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「2230」。

「ThinkCentre M75q Tiny Gen2」

<CPU> AMD Ryzen 3 PRO 4350GE

Passmarkによるベンチマークスコアは「11499」(CPU)。

<GPU> Radeon™ Graphics 6 core

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「3350」。

「CHUWI LarkBox X」のメリット・デメリット

CHUWI LarkBox X」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・8GBメモリ搭載でスムーズに動作

CHUWI LarkBox X」は8GB DDR4メモリ搭載でスムーズに動作します。

一方、「MINISFORUM UM350」は8GB DDR4メモリを搭載しています。「Beelink SER3」は8/16GB DDR4メモリを搭載しています。「ThinkCentre M75q Tiny Gen2」は 4/8/16GB DDR4モリを搭載しています。

・M.2 SSD 256GBストレージ搭載

CHUWI LarkBox X」はPCIe規格のM.2 SSD 256GBストレージを搭載しています。

一方、「MINISFORUM UM350」はNVMe規格のM.2 SSD 256GBストレージを搭載しています。「Beelink SER3」はNVMe規格のM.2 SSD 256/512GBストレージを搭載しています。「ThinkCentre M75q Tiny Gen2」はPCIe規格のSSD 256/512GB ストレージを搭載しています。

・2.5インチHDD&SSDで拡張できる

CHUWI LarkBox X」は拡張ベイ搭載で2.5インチHDD&SSDで最大2TBまで増設できます。

一方、「MINISFORUM UM350」、「Beelink SER3」、「ThinkCentre M75q Tiny Gen2」も2.5インチHDD&SSDで増設できます。

・Wi-FIデュアルバンド&Bluetooth 4.2に対応

CHUWI LarkBox X」は高速で途切れにくいWi-FIデュアルバンドに対応しています。また、Bluetooth 4.2に対応し、ワイヤレス機器とスムーズに接続できます。

一方、「MINISFORUM UM350」はWi-FIデュアルバンド&Bluetooth 4.2に対応しています。「Beelink SER3」はWi-FIデュアルバンド&Bluetooth 4.0に対応しています。「ThinkCentre M75q Tiny Gen2」はWi-Fi & Bluetoothに対応しています。

・デュアル有線LAN通信に対応

CHUWI LarkBox X」はデュアル有線LAN通信に対応し、2つの有線LAN端子が利用できます。

一方、「MINISFORUM UM350」、「Beelink SER3」、「ThinkCentre M75q Tiny Gen2」は1つの有線LAN端子を搭載しています。

・4Kでの3画面同時出力に対応

CHUWI LarkBox X」はType-CポートとDisplayPort、HDMIポートを搭載し、4Kでの3画面同時出力にも対応しています。

一方、「MINISFORUM UM350」はType-C&HDMI&DisplayPortで映像出力できます。「Beelink SER3」はType-C&HDMI x2で映像出力できます。「ThinkCentre M75q Tiny Gen2」はDMI&DisplayPortで映像出力できます。

・厚さ49mmで重さ460gの小型軽量ボディ

CHUWI LarkBox X」は厚さ49mmで重さ460gの小型軽量デザインになっています。

一方、「MINISFORUM UM350」は厚さ51.3mmで重さ約453gになっています。「Beelink SER3」は厚さ40mmで重さ1.02kgになっています。「ThinkCentre M75q Tiny Gen2」は厚さ36.5mmで重さ約1.25kg(最大構成)になっています。

・Windows 10搭載でWindows 11にアップグレードできる

CHUWI LarkBox X」はWindows 10搭載でWindows 11にアップグレードできます。

一方、「MINISFORUM UM350」はWindows 10 Pro 64bitを搭載しています。「Beelink SER3」はWindows 10を搭載しています。「ThinkCentre M75q Tiny Gen2」はWindows 10 / Windows 11を搭載しています。

デメリット

・メモリ容量を増やせない

CHUWI LarkBox X」はメモリの拡張に対応していないようです。

一方、「MINISFORUM UM350」、「Beelink SER3」、「ThinkCentre M75q Tiny Gen2」は最大64GBまで拡張できます。

・Wi-Fi 6に対応していない

CHUWI LarkBox X」は従来よりも約4〜10倍の速度で通信できる次世代通信規格「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)に対応していません。

一方、「MINISFORUM UM350」、「Beelink SER3」、「ThinkCentre M75q Tiny Gen2」もWi-Fi 6に対応していません。

「CHUWI LarkBox X」の評価

CHUWI LarkBox X」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

CHUWIから発売されたAMD Ryzen 7 3700U搭載のミニPCです。

Ryzen 5 3550H搭載の「MINISFORUM UM350」と性能が似ているため、どちらを購入すべきか迷う人もいるでしょう。Ryzen 7 3700Uプロセッサの性能はRyzen 5 3550Hとかなり近く、大きな差は見当たりません。ストレージ容量もM.2 SSD 256GBで同じで2.5インチHDD&SSDで拡張できる点も同じです。

強いて違いを挙げるとしたら「CHUWI LarkBox X」がデュアル有線LAN対応で発売時の価格が少し安くなっているところでしょうか。ただし、「CHUWI LarkBox X」のメモリ拡張に関する記述がなく、おそらくメモリ容量を増やせないことから「MINISFORUM UM350」の方がやや性能が高いといえるかもしれません。

「CHUWI LarkBox X」の価格は実質44,800円(10000円OFFクーポン適用の場合)。どちらのモデルもかなり使いやすいミニPCなので買って後悔することはないでしょう。テレワークなどの仕事用PCとしてもおすすめできます。

「CHUWI LarkBox X」の販売・購入先

CHUWI LarkBox X」は、

Amazonで56,900円(10,000円OFFクーポン付き)、

楽天市場で44,900円 (税込・送料無料)、

ヤフーショッピングで46,000円(税込・送料無料)、

Banggoodで54,653円、

AliExpressでUS $394.27 (8/22にセール販売開始)、

米国 Amazon.comで$389.00、

で販売されています。

Amazonで「CHUWI LarkBox X」をチェックする

楽天市場で「CHUWI LarkBox X」をチェックする

ヤフーショッピングで「CHUWI LarkBox X」をチェックする

Banggoodで「CHUWI LarkBox X」をチェックする

AliExpressで「CHUWI LarkBox X」をチェックする

米国 Amazon.comで「CHUWI LarkBox X」をチェックする

 

 

 

他の小型PCと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「MINISFORUM EliteMini TH60/TH80

★「MINISFORUM UM480」(Ryzen 7 4800U)

★「TENKU BOX PC PRO 2022」(国内メーカー)

★「Beelink SER4」(Ryzen 7 4800U)

MINISFORUM UM350

Beelink SER3

ThinkCentre M75q Tiny Gen2

ASUS Mini PC PN50

Beelink U59

CHUWI CoreBox」(2021)

Beelink GKmini

GMK NucBox2

Mac mini」(M1 2020)

MINISFORUM HM50

他のCHUWIミニPCと比較

他にもCHUWIミニPCが販売されています。ぜひ比較してみてください。

【2022年最新】CHUWI ミニPCが圧倒コスパで大人気に! 全機種を比較

【2022年最新】CHUWI ミニPCが圧倒コスパで大人気に! 全機種を比較

その他のおすすめ小型PCは?

その他のおすすめ小型PCは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

激安で買える海外製の小型PC 最新 まとめ 

海外製の小型PCをまとめて紹介しています。

リビングにふさわしい超小型デスクトップPC まとめ

国内で販売されたリビング用の小型PCをまとめて紹介しています。

Amazon整備済み品で買える超激安ミニPC まとめ

Amazon整備済み品の激安ミニPCをまとめています。

<レノボ   ThinkCentre Tiny>

レノボの小型PC「ThinkCentre Tiny」が激安に! 中古 比較

<インテル  NUC / ベアボーン>

Intel NUCのミニPCを激安ゲット! 選び方、おすすめ、できること

<ドッキングステーション>

ノートPCの機能を拡張する最新ドッキングステーション 2021 まとめ

HDD&TFカード

懐かしの名作がぎっしり! レトロゲーム収録HDD&TFカード まとめ