「GMK NucBox4」と最新Ryzen ミニPCを徹底 比較!


2022年1月に発売された「GMK NucBox4」と最新Ryzen ミニPCを徹底 比較!価格やスペック、ベンチマークの違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2022年2月、「GMK Nucbox2 Plus」が発売されました。

※2022年1月、「GMK NucBox3」も発売されました。

※2021年4月から「GMK NucBox2」も発売中です。

※2020年10月から「GMK NucBOX」も発売中です。

「GMK NucBox4」の特徴

GMK NucBox4」の特徴をまとめてみました。

Ryzen 7&16GBメモリ&Win 11 Pro

GMK NucBox4」はAMD Ryzen 7 3750H クアッドコアプロセッサを搭載。Passmarkベンチマークスコアで「8289」(CPU)を記録し、高速に動作します。また、16GB DDR4メモリを搭載。最大64GBまで拡張できます。そのほか、GPUにRadeon RX Vega 10 を採用し、PCゲームもプレイ可能。OSはWindows 11 Pro でLinux、Ubuntuもサポートしています。

M.2 SSD 512GB・最大1TBまで・拡張スロット

GMK NucBox4」はNVMe規格のM.2 SSD 512GBストレージを搭載。最大1TBまで拡張できます。また、2.5インチHDD用の拡張スロットを搭載。メモリも最大64GBまで拡張できます。そのほか、microSDカードスロットを搭載。外付けHDDも接続できます。

3台同時出力・ト・4つのUSB3.1・デュアルバンド

GMK NucBox4」はDisplayPort映像出力に対応したType-C端子を搭載。2つのHDMI端子も搭載し、3台のモニターに同時出力することができます。また、4つのUSB3.1ポートを搭載。USB機器ともスムーズに接続できます。そのほか、Intel AC 7265チップ採用のWi-Fiデュアルバンドに対応。Bluetooth 4.2と有線LAN接続もサポートしています。

公式ページ GMK NucBox4

価格を比較

GMK NucBox4」と「Beelink SER3」、「MINISFORUM HM50」、「CHUWI RZBOX」の価格を比較してみました。

「GMK NucBox4」

GMK NucBox4」は、Amazonで49,999円(タイムセール)、楽天市場で62,600円(税込)、ヤフーショッピングで115,000円、Banggoodで82,070円で販売されています。

「Beelink SER3」

Beelink SER3」は、Amazonで69,800円(3800円OFFクーポン付き)、楽天市場で69,035円 (税込)、ヤフーショッピングで78,040円~、Banggoodで65,000円、AliExpressでUS $299.58、米国Amazon.comで$479.00で販売されています。

「MINISFORUM HM50」

MINISFORUM HM50」は、Amazonで75,980円(5000円OFFクーポン付き)、楽天市場で76,800円 (税込)、ヤフーショッピングで76,800円、米国Amazon.comで$739.90、Banggoodで58,133円、AliExpressでUS $559.99、で販売されています。

「CHUWI RZBOX」

CHUWI RZBOX」は、Amazonで75,480円(タイムセール)、楽天市場で 75,900円 (税込・送料無料)、ヤフーショッピングで75,900円 (税込・送料無料)、AliExpressでUS $799.99、Banggoodで101,220円、Chuwi公式ストアで$599.00で販売されています

スペックを比較

GMK NucBox4」と「Beelink SER3」、「MINISFORUM HM50」、「CHUWI RZBOX」のスペックを比較してみました。

「GMK NucBox4」のスペック

  • プロセッサ AMD Ryzen 7 3750H クアッドコア 2.3GHz
    ※12nm/4コア/8スレッド/最大4.0GHz
  • GPU Radeon RX Vega 10 400MHz
  • RAM(メモリ) 16GB DDR4 デュアルチャンネル 2400MHz
  • 拡張メモリ 最大64GB (空きスロット1)
  • ストレージ M.2 SSD 512GB NVMe
  • 拡張ストレージ 2.5インチHDDスロット (SATA3.0)、M.2 SSDで最大1TBまで
  • 電源 DC AC 100~240V,50/60Hz、19V/3.42A
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 4.2
    ※Intel AC 7265
  • 有線LAN 対応
  • インターフェース USB Type-C (充電/DP映像出力) x1、USB 3.1 x4、有線LAN x1、HDMI x2、microSDカードスロット x1、3.5mmオーディオジャック、DCポート
  • OS Windows 11 Pro ※Linux、Ubuntu サポート
  • サイズ 124.5 x 112 x 41mm
  • 重量 339g
  • カラー ブラック

関連記事激安で買える海外製の小型PC 最新 まとめ

Amazonで「GMK NucBox4」をチェックする

楽天市場で「GMK NucBox4」をチェックする

ヤフーショッピングで「GMK NucBox」をチェックする

Banggoodで「GMK NucBox4」をチェックする

米国 Amazon.comで「GMK NucBox4」をチェックする

AliExpressで「GMK NucBox2」をチェックする

「Beelink SER3」のスペック

  • プロセッサ AMD Ryzen 7 3750H クアッドコア
    ※12nm/4コア/8スレッド/最大 4.0GHz
  • GPU Radeon™ RX Vega 10 Graphics 1400 MHz
  • RAM(メモリ) 8/16GB DDR4
  • 拡張メモリ 最大64GBまで
  • ストレージ M.2 SSD 256/512GB NVMe 2280
  • 拡張ストレージ SATA HDD(2.5 inch 7mm)、M.2 SSD NVMe 2280で最大2TBまで拡張可
  • 電源 ACアダプター 19V-3A57W
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信  Wi-Fi 802.11a/b/g/n(2.4GHz+5.0GHz)、Bluetooth 4.0
  • 有線LAN   対応
  • インターフェース Type-C  x1(フル機能)、USB3.0 x4、HDMI  x2、有線LAN (RJ45・1000M)  x1、オーディオジャック  x1
  • 冷却ファン あり・デュアルヒートパイプ・静音動作
  • VESAマウント 対応
  • 筐体の素材 金属(フルメタル)
  • OS Windows 10
  • サイズ 126 x 113 x 40mm
  • 重量 1.02kg
  • カラー グレイ

関連記事「Beelink SER3」と人気Ryzen ミニPCを徹底 比較!

Amazonで「Beelink SER3」をチェックする

楽天市場で「Beelink SER3」をチェックする

ヤフーショッピングで「Beelink SER3」をチェックする

Banggoodで「Beelink SER3」をチェックする

AliExpressで「Beelink SER3」をチェックする

米国Amazon.comで「Beelink SER3」をチェックする

「MINISFORUM HM50」のスペック

  • プロセッサ AMD Ryzen5 4500U ヘキサコア 2.3GHz
    ※6 コア/6 スレッド/最大4.0GHz
  • GPU Radeon™ グラフィックス (グラフィックス周波数1500 MHz)
  • RAM(メモリ) 16GB DDR4  (8GB×2)
    ※デュアルチャンネル /SODIMM スロット×2/各32GB /合計で最大64GBまで
  • ストレージ M.2 SSD 256/512GB PCIe 2280
  • 拡張ストレージ 2.5インチHDDスロット x2  (SATA 3.0 6.0Gb/s)
  • 電源 DC 19V/3.42A (電源アダプター含み), USB-Cポート (裏側)
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6(802.11ax)、Bluetooth 5.1
  • 有線LAN 1000Mbps/2500Mbps(※2つの有線LAN端子あり)
  • インターフェース USB3.0 (裏側)  x4、USB 3.1 Type-C(フル機能) ×1、USB 3.1 ×2、HDMI 2.0 ×1、DisplayPort ×1、Gigabit Ethernet ×2、3.5mm オーディオジャック
  • VESAマウント    対応
  • 4K出力 対応
  • OS Windows 10 Pro
  • サイズ 149.6×149.6×55.5mm
  • 重量 700 g
  • カラー シルバー

関連記事「MINISFORUM HM50」が最強か? AMD Ryzen ミニPCを徹底 比較!

Amazonで「MINISFORUM HM50」をチェックする

楽天市場で「MINISFORUM HM50」をチェックする

ヤフーショッピングで「MINISFORUM HM50」をチェックする

米国Amazon.comで「MINISFORUM HM50」をチェックする

Banggoodで「MINISFORUM HM50」をチェックする

AliExpressで「MINISFORUM HM50」をチェックする

「CHUWI RZBOX」のスペック

  • プロセッサ AMD Ryzen 9 4900H オクタコア 3.3GHz
    ※7 nm/8コア/最大 4.4GHz
  • GPU Radeon Graphics (8コア)
  • RAM(メモリ) 16GB DDR4 3200MHz
  • 拡張メモリ 最大64GBまで拡張可・2種類の拡張スペースあり
  • ストレージ M.2 SSD 512GB NVMe 2280
  • 拡張ストレージ M.2 SSDで拡張可能(スロット空き1つあり)
  • 電源 ACアダプター(19V/4.74A,90W)
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ax(2.4GHz+5.0GHz/Wi-Fi 6)、Bluetooth 5.2
  • 有線LAN  対応(2つのLAN端子あり)
  • インターフェース USB 2.0 Type-C×1、USB 2.0 Type-A×3、USB 3.0 Type-A×2、HDMI 2.0、DisplayPort、ミニD-Sub15ピン、Gigabit Ethernet ×2、3.5mmジャック
  • 筐体の素材 アルミ合金(フルメタル)
  • OS Windows 10 Home 64bit ※Windows 11へのアップグレードが可、LinuxとUbuntuもサポート
  • サイズ 177×188×61mm
  • 重量 1.334 kg
  • カラー ダークグレー

関連記事「CHUWI RZBOX」と史上最強ミニPCを徹底 比較!

Amazonで「CHUWI RZBOX」をチェックする

楽天市場で「CHUWI RZBOX」をチェックする

ヤフーショッピングで「CHUWI RZBOX」をチェックする

AliExpressで「CHUWI RZBOX」をチェックする

Banggoodで「CHUWI RZBOX」をチェックする

米国 Amazon.comで「CHUWI RZBOX」をチェックする

ベンチマークを比較

GMK NucBox4」と「Beelink SER3」、「MINISFORUM HM50」、「CHUWI RZBOX」のベンチマークスコアを比較してみました。

「GMK NucBox4」

<CPU> AMD Ryzen 7 3750H

Passmarkによるベンチマークスコアは「8289」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「811」、マルチコアで「3138」。

<GPU> Radeon RX Vega 10

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「2230」。

※PassMark、Geekbench、3DMarkとは、主にCPUとビデオカード(以下、グラボ)の性能を数値化したベンチマークスコアの参考値を表したものです。

「Beelink SER3」

<CPU> AMD Ryzen 7 3750H

Passmarkによるベンチマークスコアは「8333」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「811」、マルチコアで「3143」。

<GPU> Radeon™ RX Vega 10 Graphics 1400 MHz

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「2230」。

<プロセッサ性能を解説>

12nmプロセスで製造されたAMD Ryzen 7 3750H クアッドコアプロセッサを搭載し、Passmarkベンチマークスコアで「8333」(CPU)を記録しています。

同じプロセッサは「Beelink SER3」、「HP Pavilion Gaming 15」、「ROG Zephyrus G GA502DU」にも搭載されています。

AMD Ryzen5 4500U搭載の「MINISFORUM HM50」と比較するとスコアが約3千低くなります。

AMD Ryzen 9 4900H搭載の「CHUWI RZBOX」と比較するとスコアが約1万1千低くなります。

ゲームは1280×720 低設定であればFortniteやApexLegends、ファイナルファンタジーXIVも快適に動作します。少し古めのゲームであればほぼすべて動作するでしょう。ただし、グラフィック性能がそれほど高くはないので最新の高負荷な3Dゲームには向いていません。PS2、Xbox、PS1、MD、SS、DC、N64、SFC、FCなどのエミュレーターは快適に動作します。

また、動画編集、画像編集、写真の現像、動画のエンコードなどグラフィック性能を必要とする作業も快適に動作します。

「MINISFORUM HM50」

<CPU> AMD Ryzen5 4500U

Passmarkによるベンチマークスコアは「11249」(CPU)。

<GPU> グラフィックス (グラフィックス周波数1500 MHz)

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「2735」。

「CHUWI RZBOX」

<CPU> AMD Ryzen 9 4900H

Passmarkによるベンチマークスコアは「19286」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで約「1100」、マルチコアで約「7000」。

<GPU> Radeon Graphics

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「3727」。

「GMK NucBox4」のメリット・デメリット

GMK NucBox4」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・16GB DDR4メモリ搭載で最大64GBまで拡張できる

GMK NucBox4」は16GB DDR4搭載でスムーズに動作します。また、1つの空きスロットを搭載し、最大64GBまで拡張できます。

一方、「Beelink SER3」は8/16GB DDR4メモリ搭載で最大64GBまで拡張できます。「MINISFORUM HM50」、「CHUWI RZBOX」は16GB DDR4メモリ搭載で最大64GBまで拡張できます。

・M.2 SSD 512GBストレージ搭載

GMK NucBox4」はNVMe規格のM.2 SSD 512GBストレージを搭載しています。

一方、「Beelink SER3」はNVMe規格のM.2 SSD 256/512GBストレージを搭載しています。「MINISFORUM HM50」はM.2 SSD 256/512GB (PCIe)を搭載しています。「CHUWI RZBOX」はNVMe規格のM.2 SSD 512GBストレージを搭載しています。

・拡張スロット搭載で2.5インチHDDで拡張できる・M.2 SSDで最大1TBまで

GMK NucBox4」は拡張スロット搭載で2.5インチHDDで拡張することができます。また、M.2 SSDで最大1TBまで拡張できます。

一方、「Beelink SER3」は2.5インチHDD&M.2 SSD(最大2TBまで)拡張できます。「MINISFORUM HM50」は 2.5インチHDD (スロットx2)を搭載しています。「CHUWI RZBOX」はM.2 SSD(スロット空き1つあり)で拡張できます。

・Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 4.2&有線LAN通信に対応

GMK NucBox4」は高速で途切れにくいWi-Fiデュアルバンドに対応しています。また、Bluetooth 4.2と有線LAN通信に対応しています。

一方、「Beelink SER3」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 4.0&有線LAN通信に対応しています。「MINISFORUM HM50」はWi-Fi 6&Bluetooth 5.1&有線LAN(×2)通信に対応しています。「CHUWI RZBOX」はWi-Fi 6&Bluetooth 5.2&有線LAN(×2)通信に対応しています。

・3台同時出力できる

GMK NucBox4」はDisplayPort映像出力に対応したType-C端子を搭載。2つのHDMI端子も搭載し、3台のモニターに同時出力することができます。

一方、「Beelink SER3」はType-Cx1(フル機能)とHDMIx2で映像出力できます。「MINISFORUM HM50」と「CHUWI RZBOX」はUSB 3.1 Type-C(フル機能) ×1、HDMI 2.0 ×1、DisplayPort ×1で映像出力できます。

・4つのUSB 3.1ポートが使える

GMK NucBox4」は4つのUSB 3.1ポートを搭載し、他の外付けHDDなどのUSB機器とスムーズに接続できます。

一方、「Beelink SER3」は4つのUSB 3.0ポートを搭載しています。「MINISFORUM HM50」は4つのUSB 3.0ポートと2つのUSB 3.1ポートを搭載しています。「CHUWI RZBOX」は3つのUSB 2.0ポートと2つのUSB 3.0ポートを搭載しています。

・厚さ41mmで重さ339gの小型ボディ

GMK NucBox4」はサイズ124.5x112x41mmで重さ339gの小型ボディになっています。

一方、「Beelink SER3」はサイズ126x113x40mmで重さ1.02kgになっています。「MINISFORUM HM50」はサイズ149.6×149.6×55.5mmで重さ700gになっています。「CHUWI RZBOX」はサイズ177×188×61mmで重さ1.334kgになっています。

デメリット

・Wi-Fi 6に対応していない

GMK NucBox4」は従来よりも約4〜10倍の速度で通信できる次世代通信規格「Wi-Fi 6」に対応していません。

一方、「MINISFORUM HM50」と「CHUWI RZBOX」はWi-Fi 6に対応しています。「Beelink SER3」はWi-Fi 6に対応していません。

・Thunderbolt 3ポートがない

GMK NucBox4」はThunderbolt 3ポートを搭載していないため、外付けのeGPUと接続できません。

一方、「Beelink SER3」、「MINISFORUM HM50」、「CHUWI RZBOX」もThunderbolt 3ポートがありません。

「GMK NucBox4」の評価

GMK NucBox4」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★

<総合評価>

2021年4月に発売された「GMK NucBox2」の後継モデルです。プロセッサをCore i5-8259UからAMD Ryzen 7 3750Hに変更。Radeon RX Vega 10 GPUグラフィックスを採用しているため、グラフィック性能が向上しています。

また、メモリは8GBから16GBメモリに、ストレージはM.2 SSD 256GBからM.2 SSD 512GBに増強されています。そのほか、DPと2つのHDMIで3台同時出力に対応。メモリや2.5HDDの拡張に対応するなど拡張性にも優れています。

発売時の価格は72,999円(5000円OFFクーポン付き)。AMD Ryzen搭載の高性能なミニPCを探している人におすすめです。

「GMK NucBox4」の販売・購入先

GMK NucBox4」は、

Amazonで49,999円(タイムセール)、

楽天市場で62,600円(税込)、

ヤフーショッピングで115,000円、

Banggoodで82,070円、

で販売されています。

Amazonで「GMK NucBox4」をチェックする

楽天市場で「GMK NucBox4」をチェックする

ヤフーショッピングで「GMK NucBox」をチェックする

Banggoodで「GMK NucBox4」をチェックする

米国 Amazon.comで「GMK NucBox4」をチェックする

AliExpressで「GMK NucBox2」をチェックする

 

 

 

他の小型PCと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「MINISFORUM UM480」(Ryzen 7 4800U)

★「Beelink SER4」(Ryzen 7 4800U)

★「MINISFORUM EliteMini B550」(グラボ追加)

★「MINISFORUM EliteMini HM90

★「Mac Studio

★「GMK Nucbox2 Plus」(Core i5-1135G7)

★「GMK NucBox3」(Celeron J4125)

Beelink SER3

MINISFORUM HM50

CHUWI RZBOX

ASUS Mini PC PN50

ThinkCentre M75q Tiny Gen2

MINISFORUM EliteMini UM700」(AMD Ryzen 7 3750H)

MINISFORUM HX90

CHUWI CoreBox Pro」(Core i3-1005G1 )

Beelink GTI 11」(Core i5-1135G7/Core i7-1165G7 )

Mac mini」(M1 2020)

その他のおすすめ小型PCは?

その他のおすすめ小型PCは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

激安で買える海外製の小型PC 最新 まとめ 

海外製の小型PCをまとめて紹介しています。

リビングにふさわしい超小型デスクトップPC まとめ

国内で販売されたリビング用の小型PCをまとめて紹介しています。

Amazon整備済み品で買える超激安ミニPC まとめ

Amazon整備済み品の激安ミニPCをまとめています。

<レノボ   ThinkCentre Tiny>

レノボの小型PC「ThinkCentre Tiny」が激安に! 中古 比較

<インテル  NUC / ベアボーン>

Intel NUCのミニPCを激安ゲット! 選び方、おすすめ、できるこ

<ドッキングステーション>

ノートPCの機能を拡張する最新ドッキングステーション 2021 まとめ