「OUKITEL K9 Pro」(2021)と7インチ級大画面スマホを徹底 比較!


2万円前後で販売されている「OUKITEL K9 Pro」(2021)と7インチ級大画面スマホを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペック、カメラ性能の違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

「OUKITEL K9 Pro」の特徴

OUKITEL K9 Pro」の特徴をまとめてみました。

大画面6.95インチ・64GB ROM・5000mAh

OUKITEL K9 Pro」は6.95インチ、解像度720×1640 pxの液晶を搭載。画質はHD+で、傷がつきにくい仕様になっています。また、64GBストレージを内蔵。別売のmicroSDカードで最大128GBまで拡張できます。そのほか、5000mAhバッテリーを搭載。Type-C充電も利用できます。

Helio A25&4GBメモリ・Android 11

OUKITEL K9 Pro」はMediaTek Helio A25 オクタコアプロセッサを搭載。Antutuベンチマーク総合で約100,000点を記録し、快適に動作します。また、4GB LPDDR4メモリ搭載でスムーズに動作。OSやAndroid 11でバブルやスクリーンレコーダーなどの新機能も使えるようになっています。

スマートスキャン・3眼カメラ・サイド指紋

OUKITEL K9 Pro」はカメラ内にスキャナーを内蔵。QRコードを簡単に読み取ることができます。また、16MP+5MP+2MPの3眼カメラを搭載。120度の超広角撮影やマクロ撮影、背景ぼかしも利用できます。そのほか、サイド指紋認証に対応。ショートカットキー(カスタマイズキー)も利用できます。

公式ページ OUKITEL K9 Pro

価格を比較

OUKITEL K9 Pro」と「UMIDIGI A11 Pro MAX」、「Blackview A100」、「Rakuten BIG s」の価格を比較してみました。

「OUKITEL K9 Pro」

OUKITEL K9 Pro」は、Amazonで22,900円(2000円OFFクーポン付き)、楽天市場で27,296円 (税込)、ヤフーショッピングで25,574 円円、AliExpressでUS $169.38 で販売されています。

「UMIDIGI A11 Pro MAX」

UMIDIGI A11 Pro MAX」は、Banggoodで17,931円、米国Amazon.comで$239.99で販売されています。

「Blackview A100」

Blackview A100」は、Amazonで23,990円(1500円OFFクーポン付き)、楽天市場で29,308円 (税込)、ヤフーショッピングで19,980 円、AliExpressでUS $157.49、Banggoodで17,931円、米国 Amazon.comで$179.99 で販売されています。

「Rakuten BIG s」

Rakuten BIG s」は、楽天市場で49,800円(中古は27,800円)、楽天モバイルで25,980円(ポイント還元での実質価格・24回払いで月額2,124円)、ヤフーショッピングで40,000 円(中古)で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

OUKITEL K9 Pro」と「UMIDIGI A11 Pro MAX」、「Blackview A100」、「Rakuten BIG s」のAntutuベンチマークスコアを比較してみました。

※Antutuスコアとは3D性能、UX速度、CPU性能、RAM性能を総合した評価点のこと。

「OUKITEL K9 Pro」

Antutu総合で約100,000

<CPU> MediaTek Helio A25(MT6762V/WD)
※「Blackview A80 Plus/Pro」と同じプロセッサ

<プロセッサ性能を解説>

12nmプロセスで製造されたMediaTek Helio A25(MT6762V/WD) オクタコアプロセッサを搭載し、Antutuベンチマーク総合で約10万点を記録しています。同じプロセッサは「Blackview A80 Plus/Pro」にも搭載されています。

MediaTek Helio G80搭載の「UMIDIGI A11 Pro MAX」と比較するとスコアが約10万低くなります。

MediaTek Helio P70搭載の「Blackview A100」と比較するとスコアがスコアが約10万低くなります。

Snapdragon 765G 5G搭載の「Rakuten BIG s」と比較するとスコアが約23万低くなります。

性能的には動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍、写真撮影などは快適に動作します。負荷の高い3Dゲームには向いていません。PS1、SFC、FC、MDなどのエミュレーターは快適に動作します。

「UMIDIGI A11 Pro MAX」

Antutu総合で200,000

<CPU> MediaTek Helio G80

「Blackview A100」

Antutu総合で「205499」、CPUで「59803」、GPUで「33359」、MEMで「48133」、UXで「64204」。

<CPU> MediaTek Helio P70 MT6771T
※「Blackview BV9800」、「Ulefone T2」と同じプロセッサ

「Rakuten BIG s」

Antutu総合で「330962」、CPUで「109661」、GPUで「93259」、MEMで「67050」、UXで「60992」。

<CPU> Snapdragon 765G 5G
※「Mi 10 Lite 5G」、「TCL 10 5G」と同じプロセッサ

スペックを比較

OUKITEL K9 Pro」と「UMIDIGI A11 Pro MAX」、「Blackview A100」、「Rakuten BIG s」のスペックを比較してみました。

「OUKITEL K9 Pro」のスペック

  • ディスプレイ 6.95インチ、解像度720×1640 pxの液晶
    ※21:9/257 ppi/輝度400nit/HD+/傷がつきにくい
  • プロセッサ MediaTek Helio A25(MT6762V/WD) オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア
  • GPU IMG GE8320, 600MHz
  • RAM(メモリ) 4GB LPDDR4
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 5000 mAh
  • 充電 Type-C (5V/2A)
  • 駆動時間 スタンバイで400時間、通話で44時間
  • 背面カメラ 16MP+5MP+2MP (+0.8MP非機能)
  • 前面カメラ 8MPカメラ
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (GLONASS/BEIDO)
  • NFC 非対応・利用できません
  • センサー Gセンサー、近接センサー、アンビエントライト
  • インターフェース USB Type-C、3.5mmイヤホンジャック
  • ショートカットキー(カスタマイズキー) あり
  • 生体認証 サイド指紋認証
  • OS Anroid 11 (ピュアAndroid)
  • サイズ ‎175.5 x 79 x 9.4 mm
  • 重量 225 g
  • カラー ブラック、グリーン
  • 発売日 2021年9月
  • SIMカード NanoSIM
  • 対応バンド ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル回線に対応
    4G FDD-LTE:B1 / B3 / B7 / B8 / B19 / B20
    3G WCDMA:B1 / B8
    2G GSM:850/900/1800/1900

関連記事OUKITELスマホは長寿命でコスパよし! 全機種を比較

Amazonで「OUKITEL K9 Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「OUKITEL K9 Pro」をチェックする

AliExpressで「OUKITEL K9 Pro」をチェックする

楽天市場で「OUKITEL」をチェックする

「UMIDIGI A11 Pro MAX」のスペック

  • ディスプレイ 6.8インチ、解像度1080 x 2460 pxの液晶
    ※20.5:9/FHD+
  • プロセッサ MediaTek Helio G80 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア
  • CPU Cortex-A75+6xCortex-A55, up to 2.0GHz
  • GPU ARM Mali-G52 MC2, up to 950MHz
  • RAM(メモリ) 4/8GB LPDDR4X Dual Channel
  • ストレージ 128GB eMMC
  • 外部ストレージ microSDカードで最大256GBまで
  • バッテリー 5150mAh (Typical Capacity)
  • 駆動時間 通話で39時間、動画再生で20時間、ゲームで15時間、音楽再生で169時間
  • 充電  10WのType-C充電
  • 背面カメラ 48MP+16MP+2MP
  • 前面カメラ    24MP
  • 動画撮影 (背面)1080P、720Pビデオ録画、30 fps (前面)1080P、720P、480Pビデオ録画、30fps
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (Glonass/Galileo)
  • NFC&Google Pay 非対応・利用できません
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー 赤外線温度センサー、サイド指紋センサー、近接センサー、環境光センサー、加速度計、ジャイロスコープ、電子コンパス
  • スピーカー 底面スピーカー
  • ショートカットキー あり・指紋センサー長押しで スクリーンショット、録音、アプリの起動など
  • 温度計 非接触デジタル赤外線温度計2.0
  • 生体認証 サイド指紋認証、AI顔認証
  • OS Android 11
  • サイズ 167.8 x 75.6 x 8.58mm
  • 重量 225g
  • カラー ミストブルー、フロストグレイ

関連記事「UMIDIGI A11 Pro MAX」(上位版)と最新の海外スマホを徹底 比較!

AliExpressで「UMIDIGI A11 Pro MAX」をチェックする

Banggoodで「UMIDIGI A11 Pro MAX」をチェックする

米国 Amazon.comで「UMIDIGI A11 Pro MAX」をチェックする

Amazonで「UMIDIGI A11」をチェックする

楽天市場で「UMIDIGI A11」をチェックする

ヤフーショッピングで「UMIDIGI A11」をチェックする

「Blackview A100」のスペック

  • ディスプレイ 6.67インチ、解像度1080 x 2400 pxのIPS液晶
    ※20:9/395ppi/ブラインドホールスクリーン
  • プロセッサ MediaTek Helio P70 MT6771T オクタコア
    ※12nm​/64bit/8コア/最大2.1GHz/AI対応
  • CPU Arm Cortex-A53,  Arm Cortex-A73
  • GPU Arm Mali-G72 MP3
  • RAM(メモリ) 6GB DDR4+UMCP
  • ストレージ 128GB eMMC5.1
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 4680 mAh
  • 駆動時間 スタンバイで480時間、通話で19時間、HD動画で6時間、音楽で24時間、ゲームで6時間、Webで6.5時間
  • 充電     18W急速充電に対応・9V 2A   (Type-C)
  • 背面カメラ 12MP+Depth ※Sony IMX362+GC032A+GC032A/F1.75
  • 前面カメラ 8MP ※Samsung S5K4H7
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2、GPS(GLONASS+Beidou+Galileo)
  • NFC&Google Pay 対応
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー 近接、光、Gセンサー、ジャイロスコープ、指紋
  • FMラジオ 対応
  • 生体認証 サイド指紋認証
  • OS Android 11+ Doke OS 2.0
  • サイズ 166.3 x 77.6 x 8.8
  • 重量 195g
  • カラー  グレー、グリーン、ブルー、ピンク

関連記事「Blackview A100」でハイスペック化? 2万円 高性能スマホと徹底 比較!

Amazonで「Blackview A100」をチェックする

楽天市場で「Blackview A100」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview A100」をチェックする

AliExpressで「Blackview A100」をチェックする

Banggoodで「Blackview A100」をチェックする

米国 Amazon.comで「Blackview A100」をチェックする

「Rakuten BIG s」のスペック

「Rakuten BIG s」と高性能 ビック スマホを徹底 比較!

  • ディスプレイ 約6.4インチ、解像度2340 × 1080 pxのAMOLED液晶
    ※HDR/FHD+
  • プロセッサ Qualcomm Snapdragon 765G 5G オクタコア
    ※7 nm/64bit/8コア/最大 2.4 GHz
  • GPU Qualcomm Adreno 620
  • RAM(メモリ) 6GB
  • ストレージ 128GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大256GBまで
  • バッテリー 3900mAh
  • 駆動時間 スタンバイ(LET)で約392時間、通話(LET)で約20時間、動画再生で15時間、音楽再生で21.3時間、Web閲覧で17.4時間
  • 充電 PD充電
  • 背面カメラ 8MP+48MP+8MP+2MP
    8MP= 約800万画素 (超広角)
    48MP= 約4,800万画素 (広角)
    8MMP= 約800万画素 (望遠)
    2MP= 約200万画素 (深度測位)
  • 前面カメラ 16MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.1、GPS
  • デザリング 最大10台
  • NFC 対応
  • おサイフケータイ 対応
  • インターフェース USB Type-C、microSDカードスロット
    ※3.5mmイヤホンジャックなし
  • 防水防塵 IPX7 / IP6X
  • 生体認証 顔認証、指紋認証
  • OS Android 10
  • サイズ 約160 x 約79 x 約9 mm
  • 重量 約204g
  • カラー ブラック、ホワイト、クリムゾンレッド

関連記事「Rakuten BIG s」と高性能 ビック スマホを徹底 比較!

楽天市場で「Rakuten BIG」をチェックする

楽天モバイルで「Rakuten BIG s」をチェックする

ヤフーショッピングで「Rakuten BIG」をチェックする

Amazonで「Rakuten BIG」をチェックする

カメラ性能を比較

OUKITEL K9 Pro」と「UMIDIGI A11 Pro MAX」、「Blackview A100」、「Rakuten BIG s」のカメラ性能を比較してみました。

「OUKITEL K9 Pro」

背面カメラ 16MP+5MP+2MP (+0.8MP非機能)
前面カメラ 8MPカメラ
超広角 対応
望遠 非対応  ※ズーム機能あり
マクロ撮影 対応
機能 (背面)120度の超広角撮影、マクロ撮影、HDR、AIビューティ、背景ぼかし、マクロ、、フラッシュ、顔認識、タッチフォーカス、パノラマ、 (前面)マクロ、ビューティ、モノクローム

<カメラ性能を解説>

背面カメラは3眼仕様で超広角、マクロ撮影に対応しています。スペックで記載されている非機能とはスキャナーのことでQRコードを読み取る際に利用します。前面カメラは800万画素でマクロ撮影やビューティモード、モノクロームエフェクトなどが利用できます。

「UMIDIGI A11 Pro MAX」

背面カメラ 48MP+16MP+2MP
前面カメラ 24MP
超広角 対応・129度
望遠 非対応  ※ズーム機能あり
マクロ撮影 非対応
機能
(背面)4800万画素の超高解像度撮影、129度の超広角モード、ナイトモード、マクロモード、ポートレートモード、パノラマモード、HDR、AIビューティ、超広角エッジ歪み補正、デュアルLEDフラッシュ、顔認識、リアルタイムフィルター (前面)顔認識 セルフィーカウントダウン

「Blackview A100」

背面カメラ 12MP+Depth ※Sony IMX362+GC032A+GC032A/F1.75
前面カメラ 8MP ※Samsung S5K4H7
超広角 非対応
望遠 非対応  ※ズーム機能あり
マクロ撮影 非対応
機能 (背面)デュアルピクセルAF、ナイトモード、HDR、HDRビデオ撮影、、AIビューティ、フラッシュ、顔認識、タッチフォーカス、パノラマ、ジオタグ (前面)セルフィーパノラマ

「Rakuten BIG s」

背面カメラ  8MP+48MP+8MP+2MP
前面カメラ  16MP
超広角 対応
望遠 対応(望遠レンズあり)・光学2倍ズーム
マクロ撮影 非対応
機能 カメラ機能 超広角、光学2倍ズーム(望遠撮影)、スーパーナイトモード(夜景モード)、AIシーン認識、顔の自動補正(スリム、拡大補正、スムーズ、トーン、カラー、明るさ)、マニュアル、パノラマ、モノカラー、4K/60fps 動画撮影、タイムラプス、スローモーション、ドキュメント、ウォーターマーク

「OUKITEL K9 Pro」のメリット・デメリット

OUKITEL K9 Pro」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・6.95インチのHD+液晶・輝度400nitで傷がつきにくい仕様

OUKITEL K9 Pro」は、6.95インチで解像度720×1640 pxの液晶を搭載しています。画質はHD+で輝度400nit。アスペクト比は21:9で傷がつきにくい仕様になっています。

一方、「UMIDIGI A11 Pro MAX」は6.8インチで解像度1080 x 2460 pxの液晶を搭載しています。「Blackview A100」は6.67インチで解像度1080 x 2400 pxのIPS液晶を搭載しています。「Rakuten BIG s」は約6.4インチで解像度2340 × 1080 pxのAMOLED液晶を搭載しています。

・4GBメモリ&64GBストレージ搭載で快適に使える

OUKITEL K9 Pro」は4GB LPDDR4メモリ搭載でスムーズに動作します。また、64GBストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで最大128GBまで拡張できます。

一方、「UMIDIGI A11 Pro MAX」は4/8GB LPDDR4Xメモリと128GB eMMCストレージを搭載しています。「Blackview A100」は6GB DDR4メモリと128GB eMMC5.1ストレージを搭載しています。「Rakuten BIG s」は6GBメモリと128GBストレージを搭載しています。

・5000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応

OUKITEL K9 Pro」は5000 mAhバッテリー搭載でスタンバイで400時間、通話で44時間駆動できます。また、Type-C充電も利用できます。

一方、「UMIDIGI A11 Pro MAX」は5150mAhバッテリー搭載で10WのType-C充電に対応しています。「Blackview A100」は4680mAhバッテリー搭載で18W急速充電に対応しています。「Rakuten BIG s」は3900mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。

・Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPSに対応

OUKITEL K9 Pro」は高速で途切れにくいWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPS (GLONASS/BEIDO)に対応しています。

一方、「UMIDIGI A11 Pro MAX」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPS (Glonass/Galileo)に対応しています。「Blackview A100」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 4.2&GPS(GLONASS+Beidou+Galileo)に対応しています。「Rakuten BIG s」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.1&GPSに対応しています。

・厚さ9.4 mmで重さ225gの薄型軽量デザイン

OUKITEL K9 Pro」は厚さ9.4 mmで重さ225gの薄型軽量デザインになっています。

一方、「UMIDIGI A11 Pro MAX」は厚さ9.4 mmで重さ225 gになっています。「Blackview A100」は厚さ8.8mmで重さ195gになっています。「Rakuten BIG s」は厚さ約9 mmで重さ約204gになっています。

・ショートカットキー(カスタマイズキー)が使える

OUKITEL K9 Pro」はショートカットキー(カスタマイズキー)に対応し、ボタンに機能を割り当てることができます。

一方、「UMIDIGI A11 Pro MAX」はショートカットキーに対応しています。「Blackview A100」と「Rakuten BIG s」はショートカットキーに対応していません。

・サイド指紋認証に対応

OUKITEL K9 Pro」はサイド指紋認証に対応しています。

一方、「UMIDIGI A11 Pro MAX」はサイド指紋認証、AI顔認証に対応しています。「Blackview A100」はサイド指紋認証に対応しています。「Rakuten BIG s」は顔認証、指紋認証に対応しています。

デメリット

・NFC&Google Payに対応していない

OUKITEL K9 Pro」はNFC&Google Payに対応していません。

一方、「UMIDIGI A11 Pro MAX」と「Blackview A100」はNFC対応でGoogle Payも利用できます。「Rakuten BIG s」はNFC対応でおサイフケータイも利用できます。

・防水防塵に対応していない

OUKITEL K9 Pro」は防水防塵に対応していません。

一方、「Rakuten BIG s」はIP67の防水防塵に対応しています。

「UMIDIGI A11 Pro MAX」と「Blackview A100」は防水防塵に対応していません。

「OUKITEL K9 Pro」の評価

OUKITEL K9 Pro」の評価を紹介します。

スペック:★★★

通信:★★★★

機能:★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

2019年5月に発売された「OUKITEL K9」の後継モデルになります。「OUKITEL K9」は7.12インチという驚愕のビックサイズで非常に長い間人気があったモデルです。

一部のスマホアプリが使えない7インチのタブレットと違い、スマートフォン用のアプリがすべて使用でき、しかもSIMカードを入れているのでタブレットよりも通信が快適です。スマホ&SIMフリータブレットの2台持ちをするという方法がありますが、その方法だと2つともSIMカードを入れるために通信費も2倍になってしまいます。

その点、「OUKITEL K9」は一台でタブレットのようにも使うことができ、しかも通信費もスマホのみになるため、スマホをタブレットのように使いたいと考えている人には非常に便利でした。

さて、今回新たに発売された「OUKITEL K9 Pro」は6.95インチのHD+液晶を採用。プロセッサはHelio P35からHelio A25に変更し、高速化しています。また、OSはAndroid9.0から最新のAndroid 11にアップグレード。背面カメラは2眼から3眼へ、Bluetoothバージョンは4.2から5.0にバージョンアップされています。液晶サイズがやや小さくなったのが気になりますが、全体的に使いやすくなったことは間違いないでしょう。6.95インチの大画面を使った動画視聴も非常に快適そうです。

価格は$169.39。7インチ級の大画面スマホを探している人におすすめです。

「OUKITEL K9 Pro」の販売・購入先

OUKITEL K9 Pro」は、

Amazonで22,900円(2000円OFFクーポン付き)、

楽天市場で27,296円 (税込)、

ヤフーショッピングで25,574 円円、

AliExpressでUS $169.38 、

で販売されています。

Amazonで「OUKITEL K9 Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「OUKITEL K9 Pro」をチェックする

AliExpressで「OUKITEL K9 Pro」をチェックする

楽天市場で「OUKITEL」をチェックする

 

 

 

他のスマートフォンと比較

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「UMIDIGI F3

★「Redmi Note 10T

UMIDIGI A11 Pro MAX

Blackview A100

Rakuten BIG s

motorola edge20 fusion

AQUOS sense4 plus

OPPO A55s 5G

Xperia 10 III

Galaxy A52 5G

Google Pixel 6

Xiaomi 11T」(日本版)

他のOUKITELスマホと比較

他にもOUKITELスマホが販売されています。ぜひ比較してみてください。

OUKITELスマホは長寿命でコスパよし! 全機種を比較

OUKITELスマホは長寿命でコスパよし! 全機種を比較

その他のおすすめAndroidスマホは?

その他のおすすめAndroidスマホは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

【2021年】最強の激安スマホはどれだ? 海外モデル 比較

激安で購入できるAndroidスマホをまとめて紹介しています。

2万円台で買えるリッチなスマホ 全機種を比較

2万円前後のAndroidスマホをまとめて紹介しています。

注文殺到で売れまくり! 3万円台で買えるハイスペックスマホ まとめ

3万円台のハイスペックなAndroidスマホをまとめて紹介しています。

5万円台のハイスペックスマホ ラインナップ 機種 一覧

5万円前後のハイスペックなAndroidスマホをまとめて紹介しています。

【2021年最新】格安スマホ おすすめ機種・選び方・注意点

2021最新の格安スマホをまとめて紹介しています。

<小さいスマホ>

小さくてかわいい ちびちびスマホ 全機種を比較