「HUAWEI WATCH FIT new」と人気スマートバンドを徹底 比較!


2021年11月2日に発売される「HUAWEI WATCH FIT new」と人気スマートバンドを徹底 比較!価格や計測できること・機能、スペックの違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

「HUAWEI WATCH FIT new」の特徴

HUAWEI WATCH FIT new」の特徴をまとめてみました。

1.64インチの有機EL・常時表示・カスタマイズ

「HUAWEI WATCH FIT new」は約1.64インチで解像度456 x 280 pxのAMOLED液晶を搭載。画面占有率 約70%の大画面で直射日光下でも見やすくなっています。また、常時表示に対応する6種類のウォッチフェイスを搭載。専用のウォッチフェイスストアからお気に入りのウォッチフェイスをダウンロードすることもできます。そのほか、画面内に表示する機能をカスタマイズすることが可能。天気、心拍数、歩数、電池残量などから選択して好きな機能を配置できます。

血中酸素・97種ワークアウト・縄跳び

「HUAWEI WATCH FIT new」は血中酸素飽和度(SpO2)の計測に対応。血中酸素レベルが低くなった場合に振動・アラートで知らせてくれます。また、ランニング、水泳、サイクリング、縄跳びなど12のプロスポーツモードとヨガや高強度インターバルトレーニングなどの85種類のカスタムワークアウトモードに対応。
終了後は、HUAWEI Health アプリでより詳細なデータ分析結果とアドバイスを確認することができます。

10日間バッテリ・急速充電・フィットネス動画

HUAWEI WATCH FIT new」は通常使用で10日間、GPSモードで約12時間するバッテリーを搭載。急速充電に対応し、わずか5分の充電で約1日使用することもできます。また、本体の画面で直接フィットネス動画を再生することが可能。「仕事中のエクササイズ」、「全身ストレッチ」、「アブ・リッパー」など12種類のクイックワークアウトアニメーションと44種類の標準的な動作デモを確認できます。

公式ページ  HUAWEI WATCH FIT new – HUAWEI 日本

価格を比較

HUAWEI WATCH FIT new」と「Fitbit Charge 5」、「Honor band 6」、「Mi Band 6」の価格を比較してみました。

「HUAWEI WATCH FIT new」

HUAWEI WATCH FIT new」は、Amazonで13,530円、楽天市場で12,220円(税込)、ヤフーショッピングで12,220円(税込)、ビックカメラで12,220円(税込・1222ポイント)、AliExpressでUS $127.48 – 171.40、米国Amazon.comで$106.72 で販売されています。

「Fitbit Charge 5」

Fitbit Charge 5」は、Amazonで19,309円、楽天市場で24,990円 (税込)、ヤフーショッピングで21,240円、ビックカメラで24,990円 (税込・2,499ポイント)、米国Amazon.comで$149.95 で販売されています。

「Honor band 6」

Honor band 6」は、Amazonで6,300円、楽天市場で12,916円 (税込)、ヤフーショッピングで6,480 円(アウトレット品)、Banggoodで6,176円、AliExpressでUS $46.59、米国Amazon.comで$49.39(日本発送は合計で$59.81)で販売されています。

「Mi Band 6」

Mi Band 6」は、Amazonで5,990円、楽天市場で5,990円 (税込)、ヤフーショッピングで5,990円、Banggoodで5,826円、AliExpressでUS $35.50、米国Amazon.comで $43.99(日本発送は合計で$54.63)で販売されています。

計測できること・機能を比較

HUAWEI WATCH FIT new」と「Fitbit Charge 5」、「Honor band 6」、「Mi Band 6」の計測できること・機能を比較してみました。

「HUAWEI WATCH FIT new」

計測できること

血中酸素 (SpO2)、歩数、消費カロリー、距離・ペース・移動ルート(GPS内蔵でリアルタイム)、心拍数(AIアルゴリズム・24時間リアルタイム・HUAWEI TruSee™ 4.0)、心拍アラート(異常を検知して通知)、睡眠モニタリング(HUAWEI TruSlee™ 2.0)、睡眠アドバイス(200以上)、ストレスモニタリング(HUAWEI TruRelax™テクノロジー)、月経周期

97種類のワークアウトモード(縄跳びを含む12のプロスポーツモード+85種類のカスタムワークアウトモード)

機能

フィットネス動画(12種類のクイックワークアウトアニメーションと44種類の標準的な動作デモ)、ウォッチフェイスの変更(ウォッチフェイスストアはAndroid™のみ対応・機能の表示位置も変更可能)、プライベートトレーナー(12種類のクイックワークアウトをアニメーションで表示)、メッセージ通知(SMSメッセージ、着信電話、カレンダーイベントや他のSNSアプリのタイムリーな通知・振動で知らせる)、天気、アラーム、タイマー、ストップウォッチ、懐中電灯、音楽再生のコントロール(Androidスマホのみ対応)、リモートシャッター機能(EMUI 10.1以上のファーウェイスマートフォンのみ)、電池残量、専門家によるガイダンス(アドバイス)、輝度自動調整機能 、6種の常時点灯表示

「Fitbit Charge 5」

計測できること

ストレス、呼吸数、皮膚温度の変動、血中酸素ウエルネス、消費カロリー、歩数、上昇階段、心拍数(24時間・安静時の心拍数、心拍変動、有酸素運動のフィットネスレベル)、睡眠(睡眠ステージ、睡眠スコア)、距離・スピード(GPS・リアルタイム)、「相対SpO2」(血中酸素飽和度)、ワークアウト強度(ルート・心拍数ゾーンごと)、女性の健康状態

機能

ストレスマネージメントスコア、心拍アラート、睡眠アラーム、目覚まし機能「スマートウェイク」、Suica、Fitbit Pay、文字盤カスタマイズ、Spotifyのコントロール、クイック返信機能(テキストで返信)、エクササイズ自動認識機能、運動リマインダー、着信・カレンダーの予定・スマートフォンのアプリの通知、テキストメッセージの受信、やることリスト、アプリ通知、呼吸セッション(心拍数にもどづく)、天気予報やタイマー、

20種類以上のエクササイズモード

「Honor band 6」

計測できること

SpO2測定(血中酸素濃度)、歩数計、カロリー消費、移動経路、睡眠(HUAWEI TruSleepモニタリング技術)、心拍数(TruSeen4.0)、女性の周期、中強度から高強度の活動時間

10種類のスポーツモード

機能

ワークアウト自動検出、ウォッチフェイスの変更、リマインダー、音楽再生コントロール(Androidのみ)、カメラのリモートコントロール、スマホ探索、天気予報、着信通知(メッセージ)、着信拒否、時刻、Eメール、SNS通知、振動アラーム、スマートアラーム、タイマー、睡眠の質向上のアドバイス(AI技術が6種類の睡眠問題を正確に識別し、200以上のアドバイス)

「Mi Band 6」

計測できること

血中酸素濃度 SpO2測定、ストレス、歩数、消費カロリー、移動距離、心拍数、睡眠(24時間・血中酸素と心拍と連動)、女性の健康状態

30種類のスポーツモード

機能

PAI健康評価システム、エクササイズ自動検出(6種類・屋外ランニング、トレッドミル、ウォーキング、屋外サイクリング、エリプティカルマシン、ローイングマシン)、ジェスチャー操作、ウォッチフェイスの変更(130種以上)、赤外線オフザリスト検出機能(NFCモデルのみ)、心拍アラート(異常を知らせる)、

リモートシャッター機能(スマホカメラを操作)、磁気充電(ストラップをつけたまま充電可能)、NFC、Google Pay(グローバル版のみ)、目覚まし時計、タイマー機能、天気や時計の表示、リマインダー機能、ストレスモニタリング機能、深呼吸や休息を勧める機能

スペックを比較

HUAWEI WATCH FIT new」と「Fitbit Charge 5」、「Honor band 6」、「Mi Band 6」のスペックを比較してみました。

「HUAWEI WATCH FIT new」のスペック

  • ディスプレイ 約1.64インチ、解像度456 x 280 pxのAMOLED液晶
    ※326ppi/タッチスクリーン対応/画面占有率 約70%/2.5D/16.7Mカラー/直射日光下でも見やすい
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ なし
  • バッテリー駆動時間 通常使用で10日間、GPSモードで約12時間
  • 充電 急速充電(わずか5分の充電で約1日使用)、磁気充電ポート、5V 0.5A/1A/1.5A/2A
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0 BLE
  • GPS 内蔵 (GPS、QZSS, GLONASS対応)
  • インターフェース 充電端子、サイドボタン
  • センサー 6軸IMUセンサー(加速度センサー、ジャイロセンサー)、光学式心拍センサー
  • 筐体の材質 耐久性のあるポリマー
  • ストラップ グラファイトブラックシリコンベルト、ポメロレッドシリコンベルト、アイルブルーシリコンベルト、サクラピンクシリコンベルト
  • 防水 5気圧防水
  • OS 独自OS
  • 対応OS Android 6.0以上、iOS 9.0以上
  • サイズ 縦約46 mm x 横30 mm x 厚さ10.7 mm(最薄部) (バンドを除く)
  • 手首サイズ 手首周り:11 ~ 19 cm(サクラピンク)、13 ~ 21 cm(サクラピンク以外)
  • 重量 約21 g (バンドを除く)
  • カラー ポメロレッド,アイルブルー,サクラピンク,グラファイトブラック
  • 付属品 充電クレードル付USBケーブル x 1、クイックスタートガイド&保証とアフターサービスのご案内

関連記事Huaweiスマートウォッチは性能よし! 新型 Band 全機種を比較

Amazonで「HUAWEI WATCH FIT new」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI WATCH FIT new」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI WATCH FIT new」をチェックする

ビックカメラで「HUAWEI WATCH FIT new」をチェックする

米国 Amazon.comで「HUAWEI WATCH FIT new」をチェックする

AliExpressで「HUAWEI WATCH FIT new」をチェックする

「Fitbit Charge 5」のスペック

  • ディスプレイ フルカラーAMOLED液晶
    ※常時表示モード/対角26.43mm/明るさがCharge 4の2倍/Gorilla Glass 3
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ なし
  • バッテリー駆動時間 7日以上(1回の充電)
  • 充電 2時間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth
  • NFC 対応・Fitbit PayとSuicaの非接触型決済の利用も可
  • インターフェース 充電端子
  • 防水 5気圧防水・水深50メートル
  • センサー 3軸加速度センサー、赤色および赤外線センサー(血中酸素ウェルネスのモニタリング用)、GPS、EDA(皮膚電気活動スキャン)センサー、温度センサー、環境光センサー、NFC (Fitbit Payに対応)
  • 音声認識 Google アシスタント、Amazon Alexa
  • バンド 軽量シリコンのインフィニティバンド、通気性の高いスポーツベルト、ナイロン製フック&ルーリスバンド、手作りのプレミアム Horween レザーベルトから選択可能
  • OS 独自のFitbit OS
  • 対応OS Bluetooth 4.0以上、iOS 12.2以上、Android7.0以上
  • その他  有償サービス「Fitbit Premium」の6か月間無料付き
  • サイズ 3.68 x 2.28 x 1.12 cm
  • 重量 29 g
  • カラー スチールブルー/プラチナ、ブラック/グラファイト、ルナホワイト/ソフトゴールド

関連記事「Fitbit Charge 5」(日本版)と最新のスマートバンドを徹底 比較!

Amazonで「Fitbit Charge 5」をチェックする

楽天市場で「Fitbit Charge 5」をチェックする

ヤフーショッピングで「Fitbit Charge 5」をチェックする

ビックカメラで「Fitbit Charge 5」をチェックする

米国Amazon.comで「Fitbit Charge 5」をチェックする

「Honor band 6」のスペック

  • ディスプレイ 1.47インチ、解像度194 x 368 pxのAMOLED液晶
    ※2.5D曲面ガラス
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー 180mAh
  • 駆動時間  10~14日間
  • 充電  急速充電、時間:65分、10分で3日間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0
  • インターフェース 充電端子
  • センサー 加速度センサー、ジャイロスコープセンサー、光学式心拍数センサー
  • 防水 5ATM
  • アプリ Huawei Health (※Android,iOS対応)
  • バンド長さ 160〜210mm
  • 対応OS Android 5.0以上、またはiOS 9.0以降
  • OS 独自OS
  • サイズ 43×25×11mm
  • 重量 18g
  • カラー ブラック、グレー、ピンク
  • 付属品 専用充電器×1、取扱説明書×1(中国語のみ)

関連記事「Honor band 6」と激安スマートバンドを徹底 比較!

Amazonで「Honor band 6」をチェックする

楽天市場で「Honor band 6」をチェックする

ヤフーショッピングで「Honor band 6」をチェックする

Banggoodで「Honor band 6」をチェックする

AliExpressで「Honor band 6」をチェックする

米国Amazon.comで「Honor band 6」をチェックする

「Mi Band 6」のスペック

  • ディスプレイ 1.56インチ、解像度152 x 486 pxのAMOLED液晶
    ※326PPI/450nit/指紋防止コーティング/強化ガラス/フルスクリーン/ジェスチャー操作
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー 125 mAh
  • 駆動時間 スタンバイで14日間、通常使用で7日間
  • 充電 マグネット式
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0
  • NFC  対応・グローバルモデルのみ
  • インターフェース 充電端子
    ※画面上のボタンは廃止されました。
  • センサー Gセンサー、心拍数センサー、睡眠センサー、PPGバイオセンサー
    ※GPSセンサーは搭載していません
  • 防水 5気圧 防水(水深50mまで)
    ※水泳、水しぶき、雨や雪、シャワー、シュノーケリングで使用可能
  • アプリ MiSports
  • 言語 日本語を含む38のマルチ言語に対応
  • 対応OS  Android 5.0以上、もしくはiOS10.0以上
  • OS 独自OS
  • サイズ 47.4×18.6×12.7mm
  • 重量 12.8g
  • ストラップ 肌にやさしいプラスチック素材
  • カラー ストラップ色がブラック、オレンジ、イエロー、オリーブ、アイボリー、ブルーの6種類

関連記事「Mi Band 6」と最新スマートバンドを徹底 比較!

Amazonで「Mi Band 6」をチェックする

楽天市場で「Mi Band 6」をチェックする

ヤフーショッピングで「Mi Band 6」をチェックする

Banggoodで「Mi Band 6」をチェックする

AliExpressで「Mi Band 6」をチェックする

米国Amazon.comで「Mi Band 6」をチェックする

「HUAWEI WATCH FIT new」のメリット・デメリット

HUAWEI WATCH FIT new」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・1.64インチの有機EL液晶・画面占有率 約70%で見やすい

HUAWEI WATCH FIT new」は約1.64インチで解像度456 x 280 pxのAMOLED液晶を搭載。画面占有率 約70%で直射日光下で見やすくなっています。

一方、「Fitbit Charge 5」はフルカラーAMOLED液晶を搭載しています。「Honor band 6」は1.47インチで解像度194 x 368 pxのAMOLED液晶を搭載しています。「Mi Band 6」は1.56インチで解像度152 x 486 pxのAMOLED液晶を搭載しています。

・血中酸素&97種類のワークアウトモードに対応

HUAWEI WATCH FIT new」は血中酸素 (SpO2)の計測に対応し、体の異常をすばやく察知することができます。また、ランニング、水泳、サイクリング、縄跳びなど12のプロスポーツモードとヨガや高強度インターバルトレーニングなどの85種類のカスタムワークアウトモードに対応しています。

一方、「Fitbit Charge 5」は血中酸素(SpO2)と20種類以上のエクササイズモードに対応しています。「Honor band 6」は血中酸素(SpO2)と10種類のスポーツモードに対応しています。「Mi Band 6」は血中酸素(SpO2)と30種類のスポーツモードに対応しています。

・10日間駆動できるバッテリー・急速充電に対応

HUAWEI WATCH FIT new」は通常使用で10日間、GPSモードで約12時間駆動できます。また、急速充電でわずか5分の充電で約1日使用できます。

一方、「Fitbit Charge 5」は7日間以上駆動するバッテリーを搭載しています。「Honor band 6」は10~14日間駆動する180mAhバッテリー搭載で急速充電に対応しています。「Mi Band 6」は通常使用で7日間駆動する125mAhバッテリーを搭載しています。

・GPS内蔵でBluetooth 5.0 BLEに対応

HUAWEI WATCH FIT new」はGPS (QZSS, GLONASS対応)対応でペースや速度、経路を確認できます。また、Bluetooth 5.0 BLEをサポートし、スマートフォンやワイヤレスイヤホンなどとスムーズに接続できます。

一方、「Fitbit Charge 5」はGPS内蔵でBluetoothに対応しています。「Honor band 6」と「Mi Band 6」はBluetooth 5.0に対応しています。

・5気圧防水に対応

HUAWEI WATCH FIT new」は5気圧防水に対応し、水泳でも使用できます。

一方、「Fitbit Charge 5」、「Honor band 6」、「Mi Band 6」も5気圧防水に対応しています。

・フィットネス動画でワークアウトの動作を確認できる

HUAWEI WATCH FIT new」はウォッチ上で「仕事中のエクササイズ」、「全身ストレッチ」、「アブ・リッパー」など12種類のクイックワークアウトアニメーションと44種類の標準的な動作デモを動画で確認できます。

一方、「Fitbit Charge 5」、「Honor band 6」、「Mi Band 6」はフィットネス動画でワークアウトの動作を確認することができません。

デメリット

・電子マネー決済が利用できない

HUAWEI WATCH FIT new」はNFCに非対応でSuicaなどの電子マネー決済も利用できません。

一方、「Fitbit Charge 5」はNFC対応でSuica&Fitbit Payに対応しています。「Mi Band 6」はNFC対応でGoogle Pay(グローバル版のみ)に対応しています。「Honor band 6」は電子マネー決済が利用できません。

・音声アシスタントに対応していない

HUAWEI WATCH FIT new」は音声アシスタントに対応していないため、音声だけで操作することができません。

一方、「Fitbit Charge 5」はGoogle アシスタントとAmazon Alexaに対応しています。「Honor band 6」と「Mi Band 6」は音声アシスタントに対応していません。

「HUAWEI WATCH FIT new」の評価

HUAWEI WATCH FIT new」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★

<総合評価>

2020年10月2日に発売された「HUAWEI WATCH FIT」の後継モデルです。

血中酸素の測定や縄跳びを含む97種類のワークアウトモードに対応しています。また、フィットネス動画の再生に対応しており、ウォッチ上で直接動作を確認できます。この機能は自分で検索して調べる手間が省けるのでかなり便利です。1.64インチというちょっと大きめの有機ELディスプレイを搭載している点も大きなメリットですね。

ただし、上述した通り、Suica電子マネー決済や音声アシスタントといった最近流行の機能は搭載していません。あくまでスポーツ・フィットネスに特化したスマートバンドで、その分野に関する機能が非常に充実した製品になっています。

発売時の価格は15,180円(税込)。スポーツ・フィットネスに特化した高性能なスマートバンドを探している人におすすめです。

「HUAWEI WATCH FIT new」の販売・購入先

HUAWEI WATCH FIT new」は、

Amazonで13,530円、

楽天市場で12,220円(税込)、

ヤフーショッピングで12,220円(税込)、

ビックカメラで12,220円(税込・1222ポイント)、

AliExpressでUS $127.48 – 171.40、

米国Amazon.comで$106.72 、

で販売されています。

Amazonで「HUAWEI WATCH FIT new」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI WATCH FIT new」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI WATCH FIT new」をチェックする

ビックカメラで「HUAWEI WATCH FIT new」をチェックする

米国 Amazon.comで「HUAWEI WATCH FIT new」をチェックする

AliExpressで「HUAWEI WATCH FIT new」をチェックする

 

 

 

他のスマートバンドと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Redmi Smart Band Pro

★「Redmi Watch 2 lite

Fitbit Charge 5

Honor band 6

Mi Band 6

HUAWEI Band 6

wena 3

OPPO Band Style

Galaxy Fit2

HUAWEI Band 4e

Amazfit Band 5

Garmin vivosmart 4

他のHuaweiスマートウォッチと比較

他にもHuaweiスマートウォッチが販売されています。ぜひ比較してみてください。

Huaweiスマートウォッチは性能よし! 新型 Band 全機種を比較

Huaweiスマートウォッチは性能よし! 新型 Band 全機種を比較

その他のおすすめスマートウォッチは?

その他のおすすめスマートウォッチは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

最新のスマートバンドをまとめて紹介しています。

【2021年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

最新スマートウォッチをまとめて紹介しています。

ガーミンのスマートウォッチ 買うならどれ? 人気モデルを比較

Garminのスマートウォッチをまとめて紹介しています。

Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

Fitbitのスマートウォッチをまとめて紹介しています。

3G・4G対応で通話できるAndroidスマートウォッチ まとめ

単体で通信できるスマートウォッチを紹介しています。