「CHUWI HiPad Pro」は買いか? 人気10.1タブレットと徹底 比較!


2021年8月3日にAliexpressで発売された「CHUWI HiPad Pro」と人気10.1タブレットを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペックの違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

訂正:ディスプレイ解像度は「1940×1212 ドット」でした。スペック情報を訂正しています。

「CHUWI HiPad Pro」の特徴

CHUWI HiPad Pro」の特徴をまとめてみました。

Snapdragon 622&8GB&Android 11

CHUWI HiPad Pro」はQualcomm Snapdragon 622 オクタコアプロセッサを搭載。Antutu総合で約20万以上を記録し、「CHUWI HiPad Plus」よりも約8万以上スコアが向上しています。また、8GB LDDR4Xメモリを搭載。OSはAndroid 11で、新機能も使えるようになっています。

10.8液晶・128GB UFS2.1・7000mAhバッテリ

CHUWI HiPad Pro」は10.8インチ、解像度1940×1212 ドットのIPS液晶を搭載。画面占有率90%で、輝度400nit、ピクセル密度211PPIの明るく色鮮やかな映像を映し出せます。また、高速な128GB UFSストレージを搭載。7000mAhバッテリー搭載でType-C充電にも対応しています。

4G通信・クアッドスピーカ・キーボード

CHUWI HiPad Pro」はSIMスロットを搭載し、単体で4G LET通信が利用可能。デュアルSIM対応で2枚のSIMカードを挿して利用できます。また、本体に4つのHi-Fiスピーカを搭載。専用ドッキングキーボードと筆圧4096段階の専用スタイラスペンも用意されています。

公式サイト
https://www.chuwi.com/jp

価格を比較

CHUWI HiPad Pro」と「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」、「Teclast M40SE」、「+Style タブレット」の価格を比較してみました。

「CHUWI HiPad Pro」

CHUWI HiPad Pro」は、AliexpressでUS $284.99 – 359.99で販売されています。

「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」

ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」は、Amazonで35,999円(3000円OFFクーポン付き)、AliExpressでUS $298.49 – 318.38 で販売されています。

「Teclast M40SE」

Teclast M40SE」は、Amazonで22,900円(5500円OFFクーポン付き・キーボードは4900円)、楽天市場で20,980円 (税込)、ヤフーショッピングで20,980円、Banggoodで15,640円、AliExpressでUS $174.49 – 187.49、Gearbestで20037 円 で販売されています。

「+Style タブレット」

+Style タブレット」は、Amazonで24,800円(2,000円OFFクーポン付き)、楽天市場で21,800円 (税込)、ヤフーショッピングで21,800円、+Styleで税込22,800円(税込)で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

CHUWI HiPad Pro」と「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」、「Teclast M40SE」、「+Style タブレット」のAntutuベンチマークスコアを比較してみました。

「CHUWI HiPad Pro」

Antutu総合で約200,000以上

<CPU> Qualcomm Snapdragon 622
※Snapdragon 665(OPPO Reno3 A)と同等の性能

<プロセッサ性能を解説>

11nmプロセスで製造されたQualcomm Snapdragon 622 オクタコアプロセッサを搭載し、Antutu ベンチマーク 総合で約200,000以上を記録しています。同じプロセッサを搭載するタブレットはまだ販売されていませんが、Snapdragon 665(OPPO Reno3 A)と同等の性能を発揮すると言われています。

Unisoc Tiger T618搭載の「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」、「Teclast M40SE」、「VASTKING KingPad K10」と比較するとほぼ同じぐらいのスコアになります。また、MediaTek Helio P35 MT6765搭載の「+Style タブレット」と比較すると2倍以上高いスコアになります。

性能的には3Dゲームも十分に快適に動作するでしょう。もちろん、動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍、写真撮影で快適に動作します。

「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」

Antutu総合で約200,000

<CPU> Unisoc Tiger T618
※「Alldocube iPlay 40」と同じプロセッサ

「Teclast M40SE」

Antutu総合で180,000

<CPU> UNISOC T618
※「Teclast M40」と同じプロセッサ

「+Style タブレット」

Antutu総合で約85,000

<CPU> MediaTek Helio P35 MT6765
※京セラ「DIGNO Tab」と同じプロセッサ

スペックを比較

CHUWI HiPad Pro」と「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」、「Teclast M40SE」、「+Style タブレット」のスペックを比較してみました。

「CHUWI HiPad Pro」のスペック

  • ディスプレイ 10.8インチ、解像度1940×1212 ドットのIPS液晶
    ※16:10/画面占有率90%/輝度400nit/211PPI
  • プロセッサ Qualcomm Snapdragon 622 オクタコア
    ※11nm/8コア/最大2.0 GHz
  • GPU Adreno 610
  • RAM(メモリ) 8GB LDDR4X
  • ストレージ 128GB UFS
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 7000 mAh
  • 充電  Type-C、充電器(5V/2A)
  • 背面カメラ 8MP
  • 前面カメラ     5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー 光センサー
  • スピーカー クアッドHi-Fiスピーカー
  • マイク デュアルスピーカー
  • キーボード 専用ドッキングキーボード
  • スタイラスペン 筆圧4096段階の専用スタイラスペン
  • OS Android 11
  • サイズ 245×157.7×7.2mm
  • 重量 480 g
  • カラー グレイ
  • 付属品 Type-Cケーブル、充電器(5V/2A)
  • SIMカード NanoSIM(デュアルSIM)
  • 対応バンド ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル、au回線に対応
    4G LET: B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/17/B20/B38/B39/B40/B41
    3G WCDMA: B1/B2/B4/B5/B8
    2G GSM: B2/B3/B5/B8

関連記事Chuwiタブレットはコスパ最強 全機種を比較

AliExpressで「CHUWI HiPad Pro」をチェックする

Amazonで「CHUWI HiPad」をチェックする

楽天市場で「CHUWI タブレット 」をチェックする

ヤフーショッピングで「CHUWI HiPad」をチェックする

「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」のスペック

「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」上位版と2万円タブレットを徹底 比較!

  • ディスプレイ 10.4インチ、解像度2000 x 1200ドットのIPS液晶
    ※225ppi/10点マルチタッチ/フルラミネーション/アイプロテクション
  • プロセッサ Unisoc Tiger T618 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア/最大2.0GHz
  • CPU 2xA75 + 6xA55  Octa Core
  • GPU ARM Mali-G52
  • RAM(メモリ) 8GB LPDDR4
  • ストレージ 256GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大2TBまで
  • バッテリー 6200 mAh /3.8V
  • 駆動時間 ローカル動画再生で10時間、オンライン動画再生で7時間
  • 充電 Type-C・5V/2A
  • 背面カメラ 8MP ※オートフォーカス、フラッシュ対応
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n(2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(Beidou/Galileo/Glonass)、4G通信
    ※Wi-Fi Display/Wi-Fi Direct対応
  • インターフェース Type-C (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー  重力センサー、光センサー、距離センサー、ホールエフェクター、ジャイロ
  • スピーカー クアッドBOXステレオスピーカー
  • 筐体の素材 マグネシウム合金
  • OS Android 11
  • サイズ  248.1 x 157.86 x 8.2mm
  • 重量 475g
  • カラー ブラック

関連記事「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」上位版と2万円タブレットを徹底 比較!

Amazonで「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」をチェックする

AliExpressで「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」をチェックする

楽天市場で「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」をチェックする

「Teclast M40SE」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200ドットのIPS液晶  ※明るさ自動調整
  • プロセッサ UNISOC T618 オクタコア
    ※12nm
  • CPU 2xA75 + 6xA55
  • GPU ARM Mali-G52
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 128GB
  • 外部ストレージ microSDカード拡張可能
  • バッテリー 6000 mAh
  • 駆動時間 オンライン動画再生で9時間
  • 充電   Type-C充電
  • 背面カメラ 5MP ※オートフォーカス対応
  • 前面カメラ 2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n ( 2.4GHz/5GHz )、Bluetooth 5.0、GPS(A-GPS) ※4G LET通信に対応
  • インターフェース USB Type-C x1、Micro HDMI、3.5mmイヤホンジャック、ドッキングポート(キーボード接続用)、電源ボタン ※Wi-Fiディスプレイに対応
  • センサー Gセンサー、ビームセンサー
  • スピーカー デュアルステレオスピーカー
  • マイク 搭載・利用できます
  • キーボード   TECLAST M40SE専用キーボードケース(別売)
  • 本体の材質 メタル(金属)
  • 技適認証 対応・技適認証マーク(R211-191111)
  • Google Playストア 対応・GMS 認証取得
  • Google Meet 対応
  • OS Android 10 ※//日本語に対応
  • サイズ 241 x 159 x 9.2mm
  • 重量 520g
  • カラー ブラック

関連記事「Teclast M40SE」と高コスパ Android 10タブレットを徹底 比較!

Amazonで「Teclast M40SE」をチェックする

Amazonで「TECLAST M40SE 用キーボード」をチェックする

楽天市場で「Teclast M40SE」をチェックする

ヤフーショッピングで「Teclast M40SE」をチェックする

Banggoodで「Teclast M40SE」をチェックする

AliExpressで「Teclast M40SE」をチェックする

米国Amazon.comで「Teclast M40」をチェックする

「+Style タブレット」のスペック

「+Style タブレット」 とAndroid 11 OSモデルを徹底 比較!

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920×1200 ドットのIPS液晶
    ※コントラスト比 最大600:1/視野角最大170度/リフレッシュレート60Hz/応答速度25ms
  • プロセッサ MediaTek Helio P35 MT6765 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア/最大2.35GHz)
  • GPU IMG PowerVR GE8320
  • RAM(メモリ) 3GB LPDDR4X
  • ストレージ 32GB eMMC
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 7100mAh
  • 駆動時間 最大6時間(※Webサイト閲覧や動画再生などの連続使用)
  • 背面カメラ 13MP
    ※HDR、カウントダウンタイマー(3/10秒)、フラッシュ機能
  • 前面カメラ    5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS
  • インターフェース USB Type-C 2.0
  • センサー GPS、加速度、光、磁気、ジャイロ、測距
  • スピーカー デュアルステレオスピーカー(0.5W+0.5W)
  • Google Playストア 対応・GMS認証(Googleサービス・アプリが利用可能)
  • セキュリティサービス(180日無料版) 詐欺ウォール(BBソフトサービス株式会社)、カスペルスキー インターネット セキュリティ for Android(株式会社カスペルスキー)
  • 専用ケース あり
  • OS Android 11
  • サイズ 約244.4×163.4×10.0mm
  • 重量 約505g
  • カラー ブラック

関連記事「+Style タブレット」 とAndroid 11 OSモデルを徹底 比較!

Amazonで「+Style タブレット」をチェックする

楽天市場で「+Style タブレット」をチェックする

ヤフーショッピングで「+Style タブレット」をチェックする

+Styleで「+Style タブレット」(PS-TAB-WB01)をチェックする

「CHUWI HiPad Pro」のメリット・デメリット

CHUWI HiPad Pro」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・10.8インチの高解像度ディスプレイ・画面占有率90%

CHUWI HiPad Pro」は10.8インチ、解像度1940×1212 ドットのIPS液晶を搭載しています。

一方、「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」は10.4インチで解像度2000 x 1200ドットのIPS液晶(10点マルチタッチ)を搭載しています。「Teclast M40SE」は10.1インチで解像度1920 x 1200ドットのIPS液晶(明るさ自動調整)を搭載しています。「+Style タブレット」は10.1インチで解像度1920×1200 ドットのIPS液晶を搭載しています。

・8GBメモリ&128GBストレージで快適に使える

CHUWI HiPad Pro」は8GBメモリ搭載でスムーズに動作します。また、128GBストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで最大128GBまで拡張できます。

一方、「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」は8GB LPDDR4メモリ&256GBストレージを搭載しています。「Teclast M40SE」は4GBメモリ&128GBストレージを搭載しています。「+Style タブレット」は3GB LPDDR4Xメモリ&32GB eMMCストレージを搭載しています。

・7000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応

CHUWI HiPad Pro」は7000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。

一方、「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」は6200mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。「Teclast M40SE」は6000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。「+Style タブレット」は7100mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。

・背面8MP&前面5MPカメラが使える

CHUWI HiPad Pro」は背面8MP(800万画素)&前面5MP(500万画素)カメラが使えるようになっています。

一方、「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」は背面8MP(オートフォーカス、フラッシュ対応)&前面5MPカメラを搭載しています。「Teclast M40SE」は背面5MP(オートフォーカス対応)&前面2MPカメラを搭載しています。「+Style タブレット」は背面13MP(HDR、フラッシュ)&z前面5MPカメラを搭載しています。

・Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0に対応

CHUWI HiPad Pro」は高速で途切れづらいWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0に対応しています。

一方、「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」、「Teclast M40SE」、「+Style タブレット」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPSに対応しています。

・4G LET通信に対応

CHUWI HiPad Pro」はSIMスロット搭載で単体で4G LET通信が利用できます。

一方、「+Style タブレット」は4G LET通信に対応していません。「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」と「Teclast M40SE」は4G LET通信に対応しています。

・厚さ7.2mmで重さ480gの薄型軽量デザイン

CHUWI HiPad Pro」は厚さ7.2mmで重さ480gの薄型軽量デザインになっています。

一方、「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」は厚さ8.2mmで重さ475gになっています。「Teclast M40SE」は厚さ9.2mmで重さ520gになっています。「+Style タブレット」は厚さ10.0mmで重さ約505gになっています。

・クアッドHi-Fiスピーカー搭載で音がいい

CHUWI HiPad Pro」は4つのHi-Fiスピーカーを搭載し、高音質なサウンドで音楽を楽しめるようになっています。

一方、「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」はクアッドBOXステレオスピーカーを搭載しています。「Teclast M40SE」はデュアルステレオスピーカーを搭載しています。「+Style タブレット」はデュアルステレオスピーカー(0.5W+0.5W)を搭載しています。

・筆圧4096段階の専用スタイラスペンが使える

CHUWI HiPad Pro」は筆圧4096段階の専用スタイラスペンが使えるようになっています。

一方、「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」、「Teclast M40SE」、「+Style タブレット」は専用スタイラスペンが用意されていません。

・専用ドッキングキーボードが使える

CHUWI HiPad Pro」は専用ドッキングキーボードが使えるようになっています。

一方、「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」、「Teclast M40SE」、「+Style タブレット」は専用キーボードが用意されていません。

・Android 11の新機能が使える

CHUWI HiPad Pro」はAndroid 11の新機能が使えるようになっています。

Android 11には、「メディアコントロール」(アプリ起動なしで再生などの設定変更)、「バブル」(他のアプリにふきだしでメッセージを表示・返信)、「スクリーンレコード」(操作などを録画)、「デバイスコントロール」(スマート家電のコントロールメニュー)、「アプリ候補」(ホーム画面に頻度の高いアプリを表示)、「ワンタイムパーミッション」(アプリ使用中のみ位置情報などを許可)などの機能が追加されています。

一方、「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」と「+Style タブレット」はAndroid 11を搭載しています。「Teclast M40SE」はAndroid 10を搭載しています。

デメリット

・顔認証や指紋認証が使えない

CHUWI HiPad Pro」は顔認証や指紋認証に対応していません。

一方、「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」、「Teclast M40SE」、「+Style タブレット」も顔認証や指紋認証に対応していません。

・防水に対応していない

CHUWI HiPad Pro」は防水に対応していません。

一方、「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」、「Teclast M40SE」、「+Style タブレット」も防水に対応していません。

「CHUWI HiPad Pro」の評価

CHUWI HiPad Pro」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★

機能:★★★

デザイン:★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★

<総合評価>

CHUWI HiPad Plus」の後継モデルです。OSをAndroid 10からAndroid 11にグレードアップしています。また、プロセッサはMediaTek MT8183からSnapdragon 622に変更。メモリは4GB LPDDR4から8GB LDDR4Xに変更し、よりスムーズに動作できるようになっています。

そのほか、4GLET通信、専用スタイラスペン、専用ドッキングキーボードに対応するなど実質的にフラグシップともいえるハイスペックな仕様になっています。

価格がまだ未定ですが、値段によってはお買い得なタブレットになるかもしれません。SIMフリーで使える高性能なAndroid 11タブレットを探している人におすすめです。

「CHUWI HiPad Pro」の販売・購入先

CHUWI HiPad Pro」は、

AliexpressでUS $284.99 – 359.99、

で販売されています。

AliExpressで「CHUWI HiPad Pro」をチェックする

Amazonで「CHUWI HiPad」をチェックする

楽天市場で「CHUWI タブレット 」をチェックする

ヤフーショッピングで「CHUWI HiPad」をチェックする

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「ALLDOCUBE iPlay 20P」(Android 11)

★「Honor Tab V7 Pro

★「Xiaomi Mi Pad 5

★「Lenovo Yoga Tab 11

★「HUAWEI MatePad 11

★「Galaxy Tab S7 FE 5G

★「Teclast T40 Plus」(Android 11)

★「Alldocube iPlay 40H」(Android 11)

ALLDOCUBE iPlay 40 Pro

Teclast M40SE

+Style タブレット

Fire HD 10 Plus

Alldocube iPlay 20S」(Android 11)

MatePad T10s

Galaxy Tab A7

NEWBRIDGE」(NBTB101・Android 11)

VANKYO P40」(microHDMI出力・キーボード)

VASTKING KingPad K10」(Unisoc Tiger T618)

Chuwiタブレットをまとめてチェック!

Chuwiタブレットは以下のページにまとめてあります。

Chuwiタブレットはコスパ最強 全機種を比較

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

Android 11で使えるタブレット 2021 最新 まとめ

最新のAndroid 11タブレットをまとめて紹介しています。

2021最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

最新のAndroid 10.0タブレットをまとめて紹介しています。

HDMI出力できるAndroidタブレット まとめ

microHDMI端子を搭載したAndroidタブレットをまとめて紹介しています。

2in1スタイルで使えるAndroidタブレット まとめ

キーボード付きのAndroidタブレットを紹介しています。

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

2万円前後のAndroid タブレット(国内販売)をまとめて紹介しています。

超激安でゴメン! ノーブランド Androidタブレット まとめ 

ノーブランドの超激安Androidタブレットをまとめて紹介しています。