「Lenovo Tab M7 Gen 3」と 7インチAndroidタブレットを徹底 比較!


2021年7月に発売された「Lenovo Tab M7 Gen 3」と 7インチAndroidタブレットを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペックの違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2021年8月6日、8インチの「Lenovo Tab M8 (3rd Gen)」が発売されました。

「Lenovo Tab M7 Gen 3」の特徴

Lenovo Tab M7 Gen 3」の特徴をまとめてみました。

MT8166&2GBメモリ&Android 11 Go

Lenovo Tab M7 Gen 3」はMediaTek MT8166 クアッドコアプロセッサを搭載。2GBメモリと軽量版Android 11 Go Editionの組み合わせで快適に動作します。また、Android 11の新機能「スクリーンレコード」、「バブル」、「メディアコントロール」、「デバイスコントロール」なども利用できます。

32GBストレージ・3750mAh・デュアルバンド

Lenovo Tab M7 Gen 3」は32GBストレージを搭載。別売のmicroSDカードで拡張することもできます。また、約10時間駆動できる3750mAhバッテリーを搭載。充電はmicroUSB端子で行います。そのほか、高速で途切れにくいWi-Fiデュアルバンドに対応。Bluetooth 5.0をサポートし、ワイヤレス機器ともスムーズに接続できます。

フルメタル・Dolby Audio・ワイヤレス出力

Lenovo Tab M7 Gen 3」は厚さ8.3mm、重さ約237gの薄型軽量デザインを採用。筐体はフルメタルで高級感のある外観に仕上がっています。また、Dolby Audio対応のモノラルスピーカーを搭載。Wi-Fi Display対応でタブレットの画面を外部のディスプレイ/テレビに映し出すこともできます。

公式ページ  Lenovo Tab M7 Gen 3

価格を比較

Lenovo Tab M7 Gen 3」と「Amazon Fire 7」、「VANKYO S7」、「Alldocube iPlay 7T」の価格を比較してみました。

「Lenovo Tab M7 Gen 3」

Lenovo Tab M7 Gen 3」は、レノボ公式サイトで11,396円、楽天市場で 32,397円 (税込)、ヤフーショッピングで32,397円 (税込)で販売されています。

「Amazon Fire 7」

Amazon Fire 7」は、Amazonで5,980円、楽天市場で4,880円、ヤフーショッピングで5,979円 で販売されています。

「VANKYO S7」

VANKYO S7」は、Amazonで9,999円(2000円OFFクーポン付き・Android10)、楽天市場で7,999円 (税込)、ヤフーショッピングで11,000 円〜 (税込)、で販売されています。

「Alldocube iPlay 7T」

Alldocube iPlay 7T」は、Amazonで10,000円(2000円OFFクーポン付き)、楽天市場で8,980円 (税込)、ヤフーショッピングで8980円〜、AliExpressでUUS $69.69 – 71.5 で販売されています。

ベンチマークを比較

Lenovo Tab M7 Gen 3」と「Amazon Fire 7」、「VANKYO S7」、「Alldocube iPlay 7T」のベンチマークスコアを比較してみました。

※Antutuスコアとは3D性能、UX速度、CPU性能、RAM性能を総合した評価点のこと。

「Lenovo Tab M7 Gen 3」

Antutu総合で約70,000 (推定)

<CPU> MediaTek MT8166

<プロセッサ性能を解説>

公式サイトではMediaTek MT8166搭載と書かれていますが、MediaTekの公式ページには「MT8166」の記載が一切ありません。おそらくMT8168と同等の性能だと思われますが、詳細な性能はまだ何も分かっていません。

ただ、Android Go Edition搭載のため、Antutuベンチマークが低くても比較的高速に動作する可能性は十分にあります。Go Editionには珍しく2GBメモリを搭載しているので、それも快適に動作する要因になりそうです。

「Amazon Fire 7」

Antutu総合で総合で「53618」、CPUで「23400」、GPUで「0」、MEMで「22189」、UXで「8029」。

<CPU> MediaTek MT8163V/B

「VANKYO S7」

Antutu総合で約74,000

<CPU> Unisoc クアッドコア 1.30 GHz

「Alldocube iPlay 7T」

Antutu総合で「74,668」

<CPU> UNISOC SC9832E

スペックを比較

Lenovo Tab M7 Gen 3」と「Amazon Fire 7」、「VANKYO S7」、「Alldocube iPlay 7T」のスペックを比較してみました。

「Lenovo Tab M7 Gen 3」のスペック

  • ディスプレイ 7.0インチ、解像度1024×600ドットのワイドIPS液晶
    ※5点マルチタッチ対応/Wi-Fi Display対応
  • プロセッサ MediaTek MT8166 クアッドコア 2.0GHz
  • GPU Arm Mali-G52 MC1
  • RAM(メモリ) 2GB LPDDR4
  • ストレージ 32GB
  • 外部ストレージ  microSDカードで拡張可能
  • バッテリー 3750mAh リチウムイオンポリマーバッテリー
  • 駆動時間 約10時間
  • 充電 microUSB/時間:約4時間 (ACアダプター使用時)/AC 100-240V(50/60Hz)
  • 背面カメラ 2MP
  • 前面カメラ    2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0
  • インターフェース Micro USB 2.0ポート(OTG機能付き)、microSDカードスロット、マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
  • センサー 加速度センサー、GPS
  • スピーカー モノラルスピーカー
  • マイク シングルマイクロホン
  • オーディオ ドルビーオーディオ(Dolby Audio)対応
  • 筐体の素材 メタル(金属)
  • Google Playストア 対応・利用できます
  • OS Android 11 Go Edition
  • サイズ 約 176.2×102.3×8.3mm
  • 重量 約 237g
  • カラー アイアングレー
  • 付属品 マニュアル類、ACアダプター、USBケーブル、カードスロットピン

関連記事Lenovoタブレットが新モデル登場で再び人気! 全機種を比較

レノボ公式サイトで「Lenovo Tab M7 Gen 3」をチェックする

楽天市場で「Lenovo Tab M7 Gen 3」をチェックする

ヤフーショッピングで「Lenovo Tab M7 Gen 3」をチェックする

Amazonで「Lenovo Tab M7」をチェックする

米国Amazon.comで「Lenovo Tab M7」をチェックする

AliExpressで「Lenovo tab V7」をチェックする

「Amazon Fire 7」のスペック

  • ディスプレイ 7.0インチ、解像度1024×600ドットのIPS液晶
    ※ 171ppi / 反射防止技術採用 / 5点マルチタッチ
  • プロセッサ  MediaTek MT8163V/B クアッドコア 1.3GHz
  • CPU ARM Cortex-A53(1.3GHz)
  • GPU   ARM Mali-T720 MP2
  • RAM(メモリ)  1GB
  • ストレージ   16/32GB
  • 外部ストレージ  microSDカードで最大512GBまで
  • バッテリー 3200mAh
  • 駆動時間 最大7時間
  • 充電時間   同梱のUSB充電アダプタ使用で約4時間
  • 背面カメラ  200万画素
  • 前面カメラ  200万画素
  • ワイヤレス通信  Wi-Fi 802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.1 LE、GPS (Wi-Fi)
  • インターフェース   Micro USB 2.0、microSDカードスロット、3.5mmジャック
  • スピーカー モノラルスピーカー
  • OS   Android 7.1ベースのFire OS 6.3
  • 世代 第9世代
  • サイズ  192mm x 115mm x 9.6mm
  • 重量  286g
  • カラー  ブラック
  • 純正カバー    別売・カラー セージ、チャコールブラック、プラム、サンドオレンジ、トワイライトブルーの5色

関連記事「Amazon Fire 7」(2019)スペック、Antutu、魅力、比較、価格

Amazonで「Amazon Fire 7」(2019)をチェックする

楽天市場で「Amazon Fire 7」をチェックする

ヤフーショッピングで「Amazon Fire 7」をチェックする

米国 Amazon.comで「Fire 7 Tablet」をチェックする

「VANKYO S7」のスペック

  • ディスプレイ 7インチ、解像度1024 x 600 pxのIPS液晶
    ※Eye health(バックライト自動調整) / 画面占有率 90% / 16:9
  • プロセッサ Unisoc クアッドコア 1.30 GHz
    ※4コア
  • GPU SC7731E
  • RAM(メモリ) 2GB DDR3 SDRAM
  • ストレージ 32 GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 2900mAh リチウムポリマー 電池
  • 駆動時間 約 8時間
  • 背面カメラ 5MP (AF)
  • 前面カメラ 2MP (FF)
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 4.0、GPS
  • インターフェース microUSB x 1、microSDカードスロット x 1、3.5mmイヤホンジャック x 1
  • スピーカー モノラルスピーカー
  • OS Android 9.0  ※2021年4月からAndroid 10搭載モデルが販売されています。
  • Google Play 対応 ※GMS 認証済み
  • FMラジオ 対応
  • サイズ 18.9 x 10.9 x 0.9 cm
  • 重量 290 g
  • カラー ブラック

関連記事「VANKYO S7」スペック、Antutu、評判、価格

Amazonで「VANKYO S7」をチェックする

楽天市場で「VANKYO S7」をチェックする

ヤフーショッピングで「VANKYO S7」をチェックする

米国 Amazon.comで「VANKYO MatrixPad S7」をチェックする

「Alldocube iPlay 7T」のスペック

  • ディスプレイ 6.98インチ、解像度1280×720のIPS液晶
  • プロセッサ UNISOC SC9832E Quad Core ARM Cortex-A53 1.4GHz
  • GPU Mali-450
  • RAM(メモリ) 2GB
  • ストレージ 16GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大256GBまで
  • バッテリー 2800mAh
    ※3.7V/10.35Wh
  • 背面カメラ 200万画素
  • 前面カメラ 30万画素
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 4.0、GPS、4G、3G、2G
  • インターフェース USB Type-C、3.5mmジャック
    ※OTG対応
  • OS Android 9.0
  • サイズ 190×98×9.9mm
  • 重量 345g
  • SIMカード Micro SIM×2
  • 対応バンド 4G FDD-LTE:B1/3/7/8/20,B2/4/17/28 TDD-LTE:B40
    3G WCDMA:B1/8,B2/5
    2G GSM:B3/8,B2/5

関連記事「Alldocube iPlay 7T」のスペック、対応バンド、特徴、機能、価格 

Amazonで「ALLDOCUBE IPlay 7T」をチェックする

楽天市場で「ALLDOCUBE IPlay 7T」をチェックする

ヤフーショッピングで「ALLDOCUBE IPlay 7T」をチェックする

Banggoodで「Alldocube iPlay 7T」をチェックする

AliExpressで「Alldocube iPlay 7T」をチェックする

米国Amazon.comで「ALLDOCUBE IPlay 7T」をチェックする

「Lenovo Tab M7 Gen 3」のメリット・デメリット

Lenovo Tab M7 Gen 3」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・HD画質のIPS液晶・5点マルチタッチ操作に対応

Lenovo Tab M7 Gen 3」は7.0インチ、解像度1024×600ドットのワイドIPS液晶を搭載。5点マルチタッチ操作にも対応しています。

一方、「Amazon Fire 7」は7.0インチで解像度1024×600ドットのIPS液晶(反射防止・5点マルチタッチ)を搭載しています。「VANKYO S7」は7インチで解像度1024 x 600 pxのIPS液晶(ブルーライト低減)を搭載しています。「Alldocube iPlay 7T」は6.98インチで解像度1280×720のIPS液晶を搭載しています。

・2GBメモリ&32GBストレージで快適に使える

Lenovo Tab M7 Gen 3」はAndroid Go Editionと2GBメモリの組み合わせで快適に動作します。また、32GBストレージで、別売のmicroSDカードで拡張することもできます。

一方、「Amazon Fire 7」は1GBメモリと16/32GBストレージを搭載しています。「VANKYO S7」は2GB DDR3メモリと32GBストレージを搭載しています。「Alldocube iPlay 7T」は2GBメモリと16GBストレージを搭載しています。

・3750mAhバッテリー搭載で約10時間駆動できる

Lenovo Tab M7 Gen 3」は3750mAhバッテリーを搭載し、約10時間駆動することができます。

一方、「Amazon Fire 7」は最大7時間駆動するバッテリーを搭載しています。「VANKYO S7」は約8時間駆動できる2900mAhバッテリーを搭載しています。「Alldocube iPlay 7T」は2800mAhバッテリーを搭載しています。

・Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0に対応

Lenovo Tab M7 Gen 3」は高速で途切れづらいWi-Fiデュアルバンドに対応しています。また、Bluetooth 5.0に対応し、スムーズにワイヤレス機器と接続できます。

一方、「Amazon Fire 7」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 4.1 LE&GPS (Wi-Fi)に対応しています。「VANKYO S7」と「Alldocube iPlay 7T」はWi-Fi (2.4GHz)&Bluetooth 4.0&GPSに対応しています。

・背面2MP&前面2MPカメラが使える

Lenovo Tab M7 Gen 3」は背面2MP&前面2MPカメラが使えるようになっています。

一方、「Amazon Fire 7」は背面2MP&前面2MPカメラを搭載しています。「VANKYO S7」は背面5MP&前面2MPカメラを搭載しています。「Alldocube iPlay 7T」は背面2MP&前面0.3MPカメラを搭載しています。

・厚さ8.3mmで重さ約237gの薄型軽量デザイン・フルメタルボディ

Lenovo Tab M7 Gen 3」は厚さ8.3mmで重さ約237gの薄型軽量デザインを採用しています。また、筐体はメタル(金属)で高級感のある外観に仕上がっています。

一方、「Amazon Fire 7」は厚さ9.6mmで重さ286gになっています。「VANKYO S7」は厚さ9mmで重さ290gになっています。「Alldocube iPlay 7T」は厚さ9.9mmで重さ345gになっています。

・Dolby Audioサウンドに対応

Lenovo Tab M7 Gen 3」はDolby Audioサウンド対応のモノラルスピーカーを搭載しています。

一方、「Amazon Fire 7」、「VANKYO S7」、「Alldocube iPlay 7T」はモノラルスピーカーを搭載しています。

・Wi-Fi Displayに対応

Lenovo Tab M7 Gen 3」はWi-Fi Displayに対応し、タブレットの画面をワイヤレスでディスプレイ/テレビに映し出すことができます。

一方、「Amazon Fire 7」、「VANKYO S7」、「Alldocube iPlay 7T」もWi-Fi Displayに対応しています。

・Android 11の新機能が使える

Lenovo Tab M7 Gen 3」はAndroid 11 Go Edition搭載でAndroid 11の新機能が使えるようになっています。

Android 11には、

「メディアコントロール」(アプリ起動なしで再生などの設定変更)、「バブル」(他のアプリにふきだしでメッセージを表示・返信)、「スクリーンレコード」(操作などを録画)、「デバイスコントロール」(スマート家電のコントロールメニュー)、「アプリ候補」(ホーム画面に頻度の高いアプリを表示)、「ワンタイムパーミッション」(アプリ使用中のみ位置情報などを許可)

などの機能が追加されています。

一方、「Amazon Fire 7」はAndroid 7.1ベースのFire OS 6.3を搭載しています。「VANKYO S7」は発売時はAndroid 9.0搭載でしたが、2021年4月からAndroid 10搭載モデルも販売されています。「Alldocube iPlay 7T」はAndroid 9.0搭載です。

デメリット

・Type-C端子がない

Lenovo Tab M7 Gen 3」はmicroUSB端子搭載でType-C端子は利用できません。

一方、「Alldocube iPlay 7T」はUSB Type-C端子を搭載しています。「Amazon Fire 7」と「VANKYO S7」はmicroUSB端子を搭載しています。

・単体で4G LET通信が利用できない

Lenovo Tab M7 Gen 3」はSIMスロットがないため、単体で4G LET通信が利用できません。

一方、「Alldocube iPlay 7T」はSIMスロット搭載で、単体で4G LET通信が利用できます。「Amazon Fire 7」と「VANKYO S7」は単体で4G LET通信が利用できません。

「Lenovo Tab M7 Gen 3」の評価

Lenovo Tab M7 Gen 3」の評価を紹介します。

スペック:★★★

通信:★★★

機能:★★★

デザイン:★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★

<総合評価>

エントリー向けの7型タブレットです。軽量版Android 11 Go Editionと2GBメモリ搭載で軽快に動作し、約10時間駆動できるバッテリーも搭載しています。ライトな使い方なら、この動作スピードで十分でしょう。

また、32GBストレージ搭載でアプリやデータを保存するのに十分な容量です。Type-C端子がなかったり、単体で4G LET通信できなかったりするデメリットはありますが、まずまず快適に使えるでしょう。7インチのAndroid 11タブレットを探している人におすすめです。

「Lenovo Tab M7 Gen 3」の販売・購入先

Lenovo Tab M7 Gen 3」は、

レノボ公式サイトで11,396円、

楽天市場で 32,397円 (税込)、

ヤフーショッピングで32,397円 (税込)、

で販売されています。

レノボ公式サイトで「Lenovo Tab M7 Gen 3」をチェックする

楽天市場で「Lenovo Tab M7 Gen 3」をチェックする

ヤフーショッピングで「Lenovo Tab M7 Gen 3」をチェックする

Amazonで「Lenovo Tab M7」をチェックする

米国Amazon.comで「Lenovo Tab M7」をチェックする

AliExpressで「Lenovo tab V7」をチェックする

 

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「NEC LAVIE T7」(7インチ・Android 11)

★「Lenovo Tab M8 (3rd Gen)」(8インチ・Android 11)

Amazon Fire 7

VANKYO S7

Alldocube iPlay 7T

Dragon Touch Y88X PRO / Plus」(7インチ)

HUAWEI MatePad T8」(8インチ)

Alldocube iPlay 8T」(8インチ)

Vastking SA8」(8インチ)

Fire HD 8」(2020・8インチ)

Fire HD 8 Plus」(2020・8インチ)

Teclast P80」(2020・8インチ)

Galaxy Tab A7 Lite」(8.7インチ)

Lenovoタブレットをまとめてチェック!

Lenovoタブレットは以下のページにまとめてあります。

Lenovoタブレットが新モデル登場で再び人気! 全機種を比較

その他のおすすめAndroid タブレットは?

その他のおすすめAndroid タブレットは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

Android 11で使えるタブレット 2021 最新 まとめ

最新のAndroid 11タブレットをまとめて紹介しています。

2021最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

Android 10 .0搭載のタブレットをまとめて紹介しています。

HDMI出力できるAndroidタブレット まとめ

HDMI出力できるタブレットをまとめて紹介しています。

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

2万円前後のAndroid タブレット(国内販売)をまとめて紹介しています。

超激安でゴメン! ノーブランド Androidタブレット まとめ

ノーブランドの激安Androidタブレットをまとめて紹介しています。