「Chuwi Hi10 Go」がついに発売! 2in1タブレットPCと徹底 比較!


2021年7月に発売された「Chuwi Hi10 Go」と2in1 タブレットPCを徹底 比較!価格やスペック、ベンチマークの違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

「Chuwi Hi10 Go」の特徴

Chuwi Hi10 Go」の特徴をまとめてみました。

Jasper Lake&6GBメモリ &Win10

Chuwi Hi10 Go」はJasper Lake世代のIntel Celeron N4500 デュアルコアプロセッサを搭載。Passmarkベンチマークで「1967」(CPU)、3DMark Fire Strikeグラフィックスコアで「1428」を記録しています。また、大容量6GB LPDDR4Xを搭載。OSはWindows10でWindows Helloによる顔認証も利用できます。

フルHD液晶・デジタイザペン・128GB ROM

Chuwi Hi10 Go」は10.1インチのIPS液晶を搭載。画質は高精細なフルHDで、タッチ操作にも対応しています。また、筆圧4096段階のChuwiHiPenデジタイザペン(別売)に対応。本格的なイラストも描くことができます。そのほか、大容量128GB eMMCストレージを搭載。microSDカードで拡張することもできます。

24W急速充電・フル機能Type-C・キーボード

Chuwi Hi10 Go」は22.42W(2950mA)バッテリーを搭載し、6時間の駆動が可能。24Wの急速充電も利用できます。また、フル機能Type-C端子を搭載。高速なデータ転送、充電のほかに外部ディスプレイへの映像出力にも対応しています。そのほか、専用のキーボードカバーを用意。マグネットで接続し、快適にタイピングできるようになっています。

Chuwiの公式ページ

価格を比較

Chuwi Hi10 Go」と「Alldocube iWork 20」、「Teclast F5」、「BMAX Y11」の価格を比較してみました。

「Chuwi Hi10 Go」

Chuwi Hi10 Go」は、Amazonで31,999円(8000円OFFクーポン付き)、楽天市場で39,367円 (税込)、ヤフーショッピングで33,939 円(税込)、AliExpressでUS $303.98 – 368.58、Banggoodで35,305円 で販売されています。

「Alldocube iWork 20」

Alldocube iWork 20」は、Amazonで32,999円(3500円OFFクーポン付き)、楽天市場で39,181円 (税込)、ヤフーショッピングで34,959円(税込)、AliExpressでUS $249.99 – 289.99、Banggoodで35,305円 で販売されています。

「Teclast F5」

Teclast F5」は、Amazonで45,900円(5000円OFFクーポン付き・)、楽天市場で45,688円 (税込)、ヤフーショッピングで42,553 円、Banggoodで37,117円、AliExpressでUS $349.99 GearBestで43812 円 で販売されています。

「BMAX Y11」

BMAX Y11」は、Amazonで43,990円(3000円OFFクーポン付き・N4120モデル)、楽天市場で 51,618円 (税込・N4100モデル)、ヤフーショッピングで47,029 円(税込・N4100モデル)、Banggoodで35,992円、AliExpressでUS $339.99 – 366.99 、Gearbestで77024 円、米国Amazon.comで$369.00 (日本発送は+$48.69) で販売されています。

スペックを比較

Chuwi Hi10 Go」と「Alldocube iWork 20」、「Teclast F5」、「BMAX Y11」のスペックを比較してみました。

「Chuwi Hi10 Go」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200 ドットのIPS液晶
    ※16:10/GFFフィッティングプロセス/輝度400nit/FHD
  • プロセッサ Jasper Lake世代のIntel Celeron N4500 デュアルコア 1.1 GHz
    ※10 nm/64bit/2コア/2スレッド/最大2.8 GHz
  • GPU Intel UHD Graphics
  • RAM(メモリ) 6GB LPDDR4X
  • ストレージ 128GB eMMC
  • 外部ストレージ  microSDカードで拡張可能
  • バッテリー 22.42W ( 7.6v 2950mA)
  • 駆動時間 6時間
  • 充電 24W急速充電
  • 背面カメラ 5MP
  • 前面カメラ 2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2
  • インターフェース Type-C (フル機能/USB3.0) x1、USB 2.0 x1、microSDカードスロットx1、3.5mmジャック、ドックポート(キーボード接続用)
  • スタイラスペン 筆圧4096段階のChuwiHiPenデジタイザペン(別売)
  • スピーカー 1Wステレオスピーカー
  • キックスタンド あり・利用できます
  • キーボード あり・別売・カバー兼用
  • OS Windows10
  • サイズ 243.9 x 162.6 x 8.5mm
  • 重量 565 g
  • カラー グレイ

関連記事Chuwiタブレットはコスパ最強 全機種を比較

CHUWI ノートPCが激変?! 超小型から4Kまで 全機種 比較

Amazonで「Chuwi Hi10 Go」をチェックする

楽天市場で「Chuwi Hi10 Go」をチェックする

ヤフーショッピングで「Chuwi Hi10 Go」をチェックする

AliExpressで「Chuwi Hi10 Go」をチェックする

Banggoodで「Chuwi Hi10 Go」をチェックする

「Alldocube iWork 20」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 × 1080 ドットのIPS液晶
    ※16:9/静電容量式マルチタッチ
  • プロセッサ Gemini Lake Refresh世代のIntel Celeron N4020 デュアルコア 1.10 GHz
    ※14nm/64bit/2コア/2スレッド/最大2.80 GHz
  • GPU Intel UHD Graphics 600
  • RAM(メモリ) 4GB LPDDR4
  • ストレージ 128GB eMMC
  • 拡張ストレージ M.2 SSDサポート、microSDカードで最大256GBまで
  • バッテリー 3150 mAh /7.6v
  • 駆動時間 約6時間
  • 充電 Type-C充電、またはDCポートから給電
  • カメラ 前面200万画素Webカメラ
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11ac/a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2
    ※Wi-Fiディスプレイ対応
  • インターフェース Type-C (フル機能・OTG)x1、USB3.0 x1、microHDMI x1、DCポート x1、3.5mmジャック x1、ドックポート x1
  • センサー 重力センサー、ホールセンサー
  • キックスタンド あり・利用できます
  • スピーカー デュアルスピーカー
  • マイク デュアルマイク
  • キーボード 専用キーボードあり・マグネットで接続
  • 4K出力 対応
  • 筐体の素材 金属(メタル)
  • OS Windows 10 Home
  • サイズ 249.9  x 168 x 9.2 mm
  • 重量 600 g
  • カラー シルバー

関連記事「Alldocube iWork 20」で名機 復活? 最新Windowsタブレットと徹底 比較!

Amazonで「Alldocube iWork 20」をチェックする

楽天市場で「Alldocube iWork 20」をチェックする

ヤフーショッピングで「Alldocube iWork 20」をチェックする

AliExpressで「Alldocube iWork 20」をチェックする

Banggoodで「Alldocube iWork 20」をチェックする

「Teclast F5」のスペック

  • ディスプレイ 11.6 インチ、解像度 1920 x 1080 ドットのIPS液晶
    ※タッチ対応 /360度回転
  • プロセッサ Gemini Lake世代のIntel Celeron N4100 クアッドコア  1.10 GHz
    ※14nm/64bit/4コア/4スレッド/最大2.4 GHz
  • GPU Intel HD Graphics 500
  • RAM(メモリ) 8GB DDR4
  • ストレージ 256GB SSD M.2
  • バッテリー  26.6Wh(3850mAh)
  • 駆動時間 動画再生時で5時間)
  • 充電 急速充電に対応
  • カメラ 92万画素 Webカメラ
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2
  • インターフェース USB Type-C、MicroUSB(USB-A変換ケーブル付属)、micro HDMI、SDカードスロット、3.5mmジャック
  • スタイラスペン  筆圧1024段階の「TECLAST T6 スタイラス」に対応
  • OS   Windows 10 Home 64bit
  • サイズ 27.46 x 18.77 x 1.3 cm
  • 重さ 1.08 kg
  • 発売日  2019年6月

関連記事「Teclast F5」 スペック・特徴・ベンチマーク・価格

Amazonで「TECLAST F5」をチェックする

楽天市場で「TECLAST F5」をチェックする

ヤフーショッピングで「Teclast F5」をチェックする

Banggoodで「Teclast F5」をチェックする

AliExpressで「Teclast F5」をチェックする

米国Amazon.comで「Teclast F5」をチェックする

「BMAX Y11」のスペック

  • ディスプレイ 11.6インチ、解像度1920 x 1080のIPS液晶
    ※16:9 / FHD / 光沢 / 10点マルチタッチ
  • プロセッサ Gemini Lake世代のIntel Celeron N4100 /N4120クアッドコア 1.1GHz
    ※14nm / 64bit / 4コア / 4スレッド / 最大2.4GHz
  • GPU Intel UHD Graphics 600
    ※第9世代
  • RAM(メモリ) 8 GB DDR4 2133 MHz(オンボード)
  • ストレージ 256 GB M.2 SSD
    ※SATA
  • バッテリー 26.6Wh(7000mAh/3.8V), Lithium-ion Polymer Battery
  • 駆動時間 最大8時間
  • カメラ 前面200万画素 Webカメラ
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11ac/a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2
  • インターフェース USB Type-c、USB3.0、Mini HDMI、SDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • オーディオ 2.1chスピーカー 前方左右2本のスピーカーとサブウーファーがセット
  • OS Windows 10 Home 64 bit
  • サイズ 274.5 x 187 x 13 mm
  • 重量 1.0 kg
  • カラー スペースグレー

関連記事「BMAX Y11」スペック、ベンチマーク、特徴 Teclast F5R と比較

Amazonで「BMAX Y11」をチェックする

楽天市場で「BMAX Y11」をチェックする

ヤフーショッピングで「BMAX Y11」をチェックする

Banggoodで「BMAX Y11」をチェックする

AliExpressで「BMAX Y11」をチェックする

米国Amazon.comで「BMAX Y11」をチェックする

ベンチマークを比較

Chuwi Hi10 Go」と「Alldocube iWork 20」、「Teclast F5」、「BMAX Y11」のベンチマークスコアを比較してみました。

※PassMark、Geekbench、3DMarkとは、主にCPUとビデオカード(以下、グラボ)の性能を数値化したベンチマークスコアの参考値を表したものです。

「Chuwi Hi10 Go」

<CPU> Celeron N4500

Passmarkによるベンチマークスコアは「1967」(CPU)。

<GPU> Intel UHD Graphics

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「1428」。

<プロセッサ性能を解説>

10nmプロセスで製造されたJasper Lake世代のIntel Celeron N4500 デュアルコアプロセッサを搭載し、Passmarkベンチマークスコアで「1967」(CPU)を記録しています。

プロセッサ性能自体はそれほど高いわけではなく、Celeron N4100搭載の「Teclast F5」、Celeron N4120搭載の「BMAX Y11」の方が性能が高いといえます。

しかし、その一方でグラフィック性能が高く、Celeron N4100やCeleron N4120のおよそ3倍以上のグラフィックスコアを記録しています。

この性能なら軽めの動画編集や重い画像を使った画像編集などグラフィック性能を必要とする作業も十分にこなせるでしょう。もちろん、動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)などでも快適に動作します。ただし、3Dゲーム用とするにはグラフィック性能が少々足りません。2Dゲームは快適に動作します。

「Alldocube iWork 20」

<CPU> Celeron N4020

Passmarkによるベンチマークスコアは「1622」(CPU)。
※「ASUS E210MA」と同じプロセッサ

<GPU> Intle UHD グラフィックス600

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「391」。

「Teclast F5」

<CPU> Celeron N4100

Passmarkによるベンチマークスコアは「2463」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「378」、マルチコアで「1114」。

<GPU> インテル UHD グラフィックス 600

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「391」。

「BMAX Y11」

<CPU> Celeron N4120

Passmarkによるベンチマークスコアは「2486」(CPU)。

<GPU> インテル UHD グラフィックス 600

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「391」。

「Chuwi Hi10 Go」のメリット・デメリット

Chuwi Hi10 Go」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・フルHDのIPS液晶・輝度400nitで色鮮やか

Chuwi Hi10 Go」は10.1インチで解像度1920 x 1200 ドットのIPS液晶を搭載しています。アスペクト比は16:10で、画質は高精細なフルHD。輝度400nitで明るく色鮮やかな映像を映し出せます。

一方、「Alldocube iWork 20」は10.1インチで解像度1920 × 1080 ドットのIPS液晶(マルチタッチ対応)を搭載しています。「Teclast F5」は11.6 インチで解像度 1920 x 1080 ドットのIPS液晶(タッチ対応)を搭載しています。「BMAX Y11」は 11.6インチで解像度1920 x 1080のIPS液晶(10点マルチタッチ)を搭載しています。

・6GBメモリ&128GBストレージ搭載で快適に使える

Chuwi Hi10 Go」は6GB LPDDR4Xメモリ搭載でスムーズに動作します。また、128GB eMMCストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで拡張できるようになっています。

一方、「Alldocube iWork 20」は4GB LPDDR4メモリと128GB eMMCストレージを搭載しています。「Teclast F5」と「BMAX Y11」は8GB DDR4メモリとM.2 SSD 256GBストレージを搭載しています。

・6時間駆動できる22.42Wバッテリー搭載で24W急速充電に対応

Chuwi Hi10 Go」は6時間駆動できる22.42Wバッテリーを搭載しています。また、Type-C端子を搭載し、24W急速充電にも対応しています。

一方、「Alldocube iWork 20」は3150 mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。「Teclast F5」は26.6Wh(3850mAh)バッテリー搭載でType-C充電に対応しています。「BMAX Y11」は26.6Wh(7000mAh/3.8V)バッテリー搭載でType-C充電に対応しています。

・背面5MP&前面2MPカメラが使える

Chuwi Hi10 Go」は背面5MP(500万画素)のメインカメラと前面2MP(200万画素)のフロントカメラが使えるようになっています。

一方、「Alldocube iWork 20」と「BMAX Y11」は前面200万画素Webカメラ搭載です。「Teclast F5」は92万画素 Webカメラを搭載しています。

・Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth4.2に対応

Chuwi Hi10 Go」は高速で途切れづらいWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth4.2に対応しています。

一方、「Alldocube iWork 20」、「Teclast F5」、「BMAX Y11」もWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth4.2に対応しています。

・厚さ8.5mmで重さ565gの薄型軽量デザイン

Chuwi Hi10 Go」は厚さ8.5mmで重さ565 gの薄型軽量デザインになっています。

一方、「Alldocube iWork 20」は厚さ9.2 mmで重さ600 gになっています。「Teclast F5」は厚さ 1.3 cmで重さ1.08 kgになっています。「BMAX Y11」は厚さ 13 mmで重さ1.0 kgになっています。

・筆圧4096段階のChuwiHiPenデジタイザペンが使える

Chuwi Hi10 Go」は筆圧4096段階のChuwiHiPenデジタイザペン(別売)で手書き入力できるようになっています。

一方、「Alldocube iWork 20」は専用スタイラスペンが用意されていません。「Teclast F5」は筆圧1024段階に対応した「TECLAST T6」スタイラスペンに対応しています。「BMAX Y11」は筆圧1024段階の「BMAX Y11 アクティブペン」に対応しています。

・専用キーボードが使える

Chuwi Hi10 Go」はマグネットで接続できる専用のキーボードカバーが用意されています。

一方、「Alldocube iWork 20」は着脱可能なキーボードカバーが用意されています。「Teclast F5」と「BMAX Y11」は360度回転可能なキーボードが搭載されています(着脱は不可)。

デメリット

・M.2 SSDの拡張スロットがない

Chuwi Hi10 Go」はM.2 SSDの拡張スロットがありません。

一方、「Alldocube iWork 20」はM.2 SSDの拡張スロットが用意されています。「Teclast F5」と「BMAX Y11」は最初からM.2 SSD 256GBストレージを搭載しており、交換が可能です。

・キーボードは別売

Chuwi Hi10 Go」のキーボードカバーは基本的に別売です。セット製品もあります。

一方、「Alldocube iWork 20」は別売でキーボードが用意されています(セット製品もあり)。「Teclast F5」と「BMAX Y11」は最初からキーボードが搭載されているため、別途キーボードを購入する必要がありません。

「Chuwi Hi10 Go」の評価

Chuwi Hi10 Go」の評価を紹介します。

スペック:★★★

通信:★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

日本では3月に発表され、4月に発売されると報道されていましたが、7月になってようやく発売されました。プロセッサは当時発表された「Jasper Lake N5100」ではなく、「N4500」に変更されています。このプロセッサは高速ではありませんが、グラフィック性能が比較的高いので好感が持てます。

また、メモリ容量が6GBで、ストレージ容量が128GBと十分なスペックです。そのほか、フルHD画質のIPS液晶や24Wの急速充電に対応するなどのメリットがあります。筆圧4096段階のChuwiHiPenデジタイザペンと専用のキーボードカバーが使えるのも大きなメリットです。

価格が3万円前後であるならかなりお買い得です。手書き入力できるWindowsタブレットPCを探している人におすすめです。

「Chuwi Hi10 Go」の販売・購入先

Chuwi Hi10 Go」は、

Amazonで31,999円(8000円OFFクーポン付き)、

楽天市場で39,367円 (税込)、

ヤフーショッピングで33,939 円(税込)、

AliExpressでUS $303.98 – 368.58、

Banggoodで35,305円 、

で販売されています。

Amazonで「Chuwi Hi10 Go」をチェックする

楽天市場で「Chuwi Hi10 Go」をチェックする

ヤフーショッピングで「Chuwi Hi10 Go」をチェックする

AliExpressで「Chuwi Hi10 Go」をチェックする

Banggoodで「Chuwi Hi10 Go」をチェックする

 

 

 

他のWindowsタブレットPCと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Teclast X16」(11.6インチ)

★「Surface Go 3

★「KUU LePad

★「KEIAN KI-G105U

★「IdeaPad Duet 350i

Alldocube iWork 20

Teclast F5

BMAX Y11

Teclast X6 Plus

Chuwi UBook X

Surface Go 2

CHUWI Hi10」(XR)

Jumper Ezpad 7

ASUS B1100FKA」(11.6インチ・360度回転)

ThinkPad X12

他のChuwiタブレットPCと比較

他にもChuwiタブレットPCが販売されています。ぜひ比較してみてください。

Chuwiタブレットはコスパ最強 全機種を比較

Chuwiタブレットはコスパ最強 全機種を比較

CHUWI ノートPCが激変?! 超小型から4Kまで 全機種 比較

CHUWI ノートPCが激変?! 超小型から4Kまで 全機種 比較

タブレットPCを強化する周辺機器

タブレットPCを強化する周辺機器も発売中です。ぜひチェックしてみてください。

<ドッキングステーション>

ノートPCの機能を拡張する最新ドッキングステーション 2021 まとめ

ノートPCの機能を拡張する最新ドッキングステーション 2021 まとめ

<モバイルディスプレイ>

デカくて薄い最新モバイルディスプレイ まとめ

<ストレージ製品>

データはポータブルSSDで持ち歩け!スティック&激安 最新 まとめ

<ゲームパッド・コントローラー>

プロが愛用する最新ゲームパッド&コントローラー 2021 まとめ

<ルーター>

超高速モバイルルーターで差をつけろ! 2021 最新 まとめ

その他のおすすめタブレットPCは?

その他のおすすめタブレットPCは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

低価格でもキッチリ使えるWindows タブレットPC まとめ

低価格な2in1タブレットPCをまとめて紹介しています。

最新 Surface風タブレットPC 全機種 ラインナップ一覧 

最新のSurface風タブレットPCをまとめて紹介しています。

「Surface Pro」を激安ゲット! 最新モデルと歴代 中古を比較

Surface Proシリーズをまとめて紹介しています。

Amazon整備済み品で復活する極上タブレットPC まとめ

Amazon整備済み品のタブレットPCを紹介しています。

<Android >

2in1スタイルで使えるAndroidタブレット まとめ

キーボードが使えるAndroidタブレットを紹介しています。

<Chromebook>

Andoroidアプリが使える最新 Chromebook ラインナップ 一覧 

タッチ対応の最新 Chromebookを紹介しています。