「Vastking Kingpad Z10」は超お買い得か? 激安タブレットと徹底 比較!


2021年4月に発売された「Vastking Kingpad Z10」と激安タブレットを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペックの違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2021年9月、「VASTKING KingPad M10」が発売されました。

※2021年3月から「VASTKING KingPad K10」、「VASTKING KingPad K10 Pro」も発売中です。

※2020年12月から「Vastking SA10 」も発売中です。

「Vastking Kingpad Z10」の特徴

Vastking Kingpad Z10」の特徴をまとめてみました。

Android 11 Go Editionで快適動作

Vastking Kingpad Z10」はUnisoc SC7731E クアッドコアプロセッサと2GBメモリを搭載。Antutuベンチマークで約37,000点ですが、軽量版のAndroid 11 Go Editionを搭載しているため、軽快に動作します。Android 11 Go Editionは2020年9月に発表された最新OSで、従来OSよりも最大20%高速化するとともにバックグラウンドで3~4つのアプリを起動できるようになっています。

HD液晶・32GBストレージ・6000mAhバッテリ

「Vastking Kingpad Z10」は10.1インチ、解像度1280 x 800 ドットのIPS液晶を搭載。画質はHDで、目の保護モード(ブルーライト低減)も利用できます。また、32GBストレージを内蔵し、microSDカードで最大512GBまで拡張可能。6000mAhバッテリ搭載で最大12時間(通常使用)駆動できます。

8MPカメラ・デュアルスピーカー・フルメタル

Vastking Kingpad Z10」は背面に8MPカメラ(800万画素カメラ)を搭載。前面には2MP(200万画素)カメラを搭載し、Web会議やオンライン授業で活用できます。また、本体にデュアルスピーカーを搭載。本体の素材は金属(金属)で高級感ある外観に仕上がっています。

公式ページ  Vastking Kingpad Z10

価格を比較

Vastking Kingpad Z10」と「Dragon Touch MAX10 PLUS」、「Vankyo S30」、「VIVIMAGE E10」の価格を比較してみました。

「Vastking Kingpad Z10」

Vastking Kingpad Z10」は、Amazonで14,999円、楽天市場で17,170円 (税込)、ヤフーショッピングで15,000 円(税込)、米国Amazon.comで$108.99 (日本発送は+$13.75) で販売されています。

「Dragon Touch MAX10 PLUS」

Dragon Touch MAX10 PLUS」は、Amazonで19,999円(4000円OFFクーポン付き)、楽天市場で23,599円 (税込)、ヤフーショッピングで25,499 円、米国Amazon.comで$179.99 (日本発送は+ $31.09)で販売されています。

「Vankyo S30」

Vankyo S30」は、Amazonで19,999円(Android10モデル・4500円OFFクーポン付き)、楽天市場で 19,599円 (税込・3000円OFFクーポン付き)、ヤフーショッピングで20,800(税込)、米国Amazon.comで$149.99 (日本発送は+ $30.51)で販売されています。

「VIVIMAGE E10」

VIVIMAGE E10」は、Amazonで18,299円(2000円OFFクーポン付き)、楽天市場で18,999円 (税込)、ヤフーショッピングで21,532 円 で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

Vastking Kingpad Z10」と「Dragon Touch MAX10 PLUS」、「Vankyo S30」、「VIVIMAGE E10」のAntutuベンチマークスコアを比較してみました。

「Vastking Kingpad Z10」

Antutu総合で約37,000

<CPU> Unisoc SC7731E クアッドコア
※「Vankyo S10」、「Teclast P80H」(2020)と同じプロセッサ

<プロセッサ性能を解説>

Unisoc SC7731E クアッドコア搭載でAntutuベンチマーク総合で約3万7千点を記録しています。

スコアは低いですが、軽量版のAndroid 11 Go Editionを搭載しているため、軽快に動作します。動画レビューでも確認できますが、Youtubeアプリも快適に動作し、動画も遅延なくスムーズに動作します。Google系アプリもすべて軽量版となるため、サクサク動作します。ただし、ゲーム用とするにはCPUのパワーが足りません。PS1エミュレーターの「ePSXe」は快適に動作し、プレステ1ゲームも快適にプレイできます。

「Dragon Touch MAX10 PLUS」

Antutu総合で約90,000

<CPU> Unisoc SC9863A

「Vankyo S30」

AnTuTu総合で「90073」、CPUで「39529」、GPUで「5391」、MEMで「27577」、UXで「17576」。

<CPU> Unisoc SC9863A

「VIVIMAGE E10」

Antutu総合で「107272」、CPUで「30804」、GPUで「17615」、MEMで「36272」、UXで「22581」。

<CPU > MediaTek MT8168
※「Fire HD 8 /Plus」と同じプロセッサ

スペックを比較

Vastking Kingpad Z10」と「Dragon Touch MAX10 PLUS」、「Vankyo S30」、「VIVIMAGE E10」のスペックを比較してみました。

「Vastking Kingpad Z10」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1280 x 800 ドットのIPS液晶
    ※目の保護モード(ブルーライト低減)
  • プロセッサ Unisoc SC7731E クアッドコア 1.3 GHz
  • GPU ARM Mali T820、600MHz
  • RAM(メモリ) 2GB
  • ストレージ 32GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大512GBまで
  • バッテリー 6000 mAh
  • 駆動時間 通常使用で最大12時間、スタンバイで20日間
  • 充電 Type-C充電に対応・5V/2A(10W)
  • 背面カメラ 8MP
  • 前面カメラ    2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 4.2、GPS (Wi-Fi・チップ内蔵でオフラインGoogleマップ利用可)
  • インターフェース  USB Type-C (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー  デュアルスピーカー
  • 生体認証 顔認識
  • ボディの素材 金属(フルメタル)
  • 音声認識 Google アシスタント対応
  • OS  Android 11 Go Edition
  • Google Playストア 対応
  • サイズ 240 x 160 x 9 mm
  • 重量 546g
  • カラー グレイ
  • 付属品 充電器、充電ケーブル、マニュアル
  • 発売日  2021/4/28にAmazon.co.jpで取り扱い開始

関連記事VASTKING タブレットは性能高めで評判よし! 2021 全機種 まとめ

Amazonで「Vastking Kingpad Z10」をチェックする

楽天市場で「Vastking Kingpad Z10」をチェックする

ヤフーショッピングで「Vastking Kingpad Z10」をチェックする

米国Amazon.comで「Vastking Kingpad Z10」をチェックする

「Dragon Touch MAX10 PLUS」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920×1200 ドットのIPS液晶
    ※16:10 / 量子ドット(QLED) / ブルーライト低減 / 自動調光 / 178度の視野角 / 2.5D曲面パネル
  • プロセッサ Unisoc SC9863A Octa-core  最大1.6GHz
    ※64bit / 28nm
  • GPU PowerVR GE8322
  • RAM(メモリ) 3GB DDR3 SDRAM
  • ストレージ 32GB
  • 外部ストレージ Micro SDカードで最大128GBまで
  • バッテリー容量 6000 mAh / 3.7V
  • 駆動時間 通常使用で10時間、動画再生で5〜6時間
  • 背面カメラ 8MP
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS
  • インターフェース USB Type-C 2.0 (OTG)× 1、microSDカードスロット、 3.5mmイヤホンジャック
  • マイク あり
  • スピーカー デュアルスピーカー ・8Ω/1W × 2
  • OS Android 10.0
  • Google Playストア 対応・プリインストール済み
  • 音声認識  Googleアシスタント 対応
  • サイズ 約240.0 x 166.8 x 7.9mm
  • 重量 約 550g
  • カラー ブラック
  • 付属品 充電用Type-Cケーブル、取扱説明書、5V/2A充電器

関連記事「Dragon Touch MAX10 PLUS」で超進化? 激安タブレットと徹底 比較!

Amazonで「Dragon Touch MAX10 PLUS」をチェックする

楽天市場で「Dragon Touch MAX10 PLUS」をチェックする

ヤフーショッピングで「Dragon Touch MAX10 PLUS」をチェックする

米国Amazon.comで「Dragon Touch MAX10 Plus」をチェックする

AliExpressで「Dragon Touch」をチェックする

「Vankyo S30」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1980 x 1200ドットのIPS液晶
    ※16:9 / Eye health(バックライト自動調光機能で目に優しい)
  • プロセッサ Unisoc SC9863A
    ※28 nm / 64bit / 8コア
  • CPU Cortex A55 Octa-Core
  • GPU IMG 8322
  • RAM(メモリ) 3GB
  • ストレージ 32GB
  • バッテリー 6000mAh
  • 背面カメラ 13MP
  • 前面カメラ 8MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GH)、Bluetooth 5.0、GPS (Wi-Fi)
    ※技適認証に対応
  • インターフェース USB Type-C (2.0) 、microSDカードスロット、 3.5mmイヤホンジャック
  • オーディオ デュアル スピーカー
  • FMラジオ 対応
  • 生体認証 顔認証
  • OS Android 9.0 ※2021年4月からAndroid 10搭載モデルが販売されています。
  • Google Mobile Service (GMS) 認証  対応
  • Google アシスタント 対応
  • サイズ 約241 x 166 x 8 mm
  • 重量 579g
  • カラー シルバー

関連記事「Vankyo S30」と人気タブレットを徹底 比較

Amazonで「Vankyo S30」(Android 10)をチェックする

楽天市場で「Vankyo S30」をチェックする

ヤフーショッピングで「Vankyo S30」をチェックする

米国 Amazon.comで「VANKYO MatrixPad S30」をチェックする

「VIVIMAGE E10」のスペック

「VIVIMAGE E10」は買うべき? 激安タブレットと徹底 比較!

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200 ドットのIPS液晶
    ※目の保護モード/読書モード
  • プロセッサ MediaTek MT8168 クアッドコア
    ※12nm / 4コア / 64bit
  • CPU  quad-core 4xARM Cortex-A53 2.0 GHz
  • GPU ARM Mali-G52
  • RAM(メモリ) 3GB DDR3
  • ストレージ 32GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大256GBまで
  • バッテリー 6000 mAh
  • 駆動時間 最大10時間
  • 充電 PD充電
  • 背面カメラ 8MP
  • 前面カメラ    5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(A-GPS)
  • インターフェース USB Type-C、Micro HDMI、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
    ※ミラーリング(ワイヤレスで外部出力)対応
  • FMラジオ 対応
  • スピーカー デュアルスピーカー
  • キーボード 専用キーボードあり・マグネット接続・オートスリープ対応
  • Googleアシスタント 対応
  • Google Playストア 対応・Google Mobile Service (GMS) 認証
  • OS Android 10
  • サイズ 24.3 x 16.2 x 0.8 cm
  • 重量 527 g
  • カラー グレイ
  • 発売日 2021/2/23

関連記事「VIVIMAGE E10」は買うべき? 激安タブレットと徹底 比較!

Amazonで「VIVIMAGE E10」をチェックする

楽天市場で「VIVIMAGE E10」をチェックする

ヤフーショッピングで「VIVIMAGE E10」をチェックする

「Vastking Kingpad Z10」のメリット・デメリット

Vastking Kingpad Z10」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・HD画質のIPS液晶・ブルーライト低減

Vastking Kingpad Z10」は10.1インチ、解像度1280 x 800 ドットのIPS液晶を搭載しています。画質はHDで目の保護モード(ブルーライト低減)も利用できます。

一方、「Dragon Touch MAX10 PLUS」は10.1インチで解像度1920×1200 ドットのIPS液晶(QLED量子ドット/ブルーライト低減)を搭載しています。「Vankyo S30」と「VIVIMAGE E10」は10.1インチで解像度1980 x 1200ドットのIPS液晶(ブルーライト低減)を搭載しています。

・2GBメモリ&32GBストレージで快適に使える

Vastking Kingpad Z10」は軽量版のAndroid 11 Go Edition搭載なので2GBメモリでもサクサクと動作します。また、32GBストレージを内蔵し、microSDカードで最大512GBまで拡張できます。

一方、「Dragon Touch MAX10 PLUS」と「VIVIMAGE E10」は3GB DDR3メモリと32GBストレージを搭載しています。「Vankyo S30」は3GBメモリと32GBストレージを搭載しています。

・6000mAhバッテリーでPD充電に対応

Vastking Kingpad Z10」は6000 mAhバッテリーを搭載し、通常使用で最大12時間、スタンバイで20日間駆動することができます。また、Type-C端子搭載で高速なPD充電も利用できます。

一方、「Dragon Touch MAX10 PLUS」、「Vankyo S30」、「VIVIMAGE E10」は6000mAhバッテリー搭載でPD充電に対応しています。

・背面8MP&前面2MPカメラが使える

Vastking Kingpad Z10」は背面8MP(800万画素)&前面2MP(200万画素)カメラが使えるようになっています。

一方、「Dragon Touch MAX10 PLUS」と「VIVIMAGE E10」は背面8MP&前面5MPカメラが使えるようになっています。「Vankyo S30」は背面13MP&前面8MPカメラが使えるようになっています。

・Wi-Fi(2.4GHz)&Bluetooth 4.2&GPSに対応

Vastking Kingpad Z10」はWi-Fi(2.4GHz)とBluetooth 4.2に対応しています。また、GPSチップ内蔵でナビゲーションも利用可能。地図をダウンロードしてオフラインのGoogleマップを利用することもできます。

一方、「Dragon Touch MAX10 PLUS」、「Vankyo S30」、「VIVIMAGE E10」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPSに対応しています。

・厚さ9mmで重さ546gの薄型軽量ボディ

Vastking Kingpad Z10」は厚さ9mmで重さ546gの薄型軽量デザインになっています。

一方、「Dragon Touch MAX10 PLUS」は厚さ7.9mmで重さ約550gになっています。「Vankyo S30」は厚さ8mmで重さ579gになっています。「VIVIMAGE E10」は厚さ8mmで重さ527gになっています。

・音声認識 Googleアシスタントに対応

Vastking Kingpad Z10」は最初から音声認識 Googleアシスタントが利用できるようになっています。

一方、「Dragon Touch MAX10 PLUS」、「VIVIMAGE E10」、「Vankyo S30」もGoogleアシスタントに対応しています。

・Android 11の新機能が使える

Vastking Kingpad Z10」はAndroid 11の新機能が使えるようになっています。

Android 11には、「メディアコントロール」(アプリ起動なしで再生などの設定変更)、「バブル」(他のアプリにふきだしでメッセージを表示・返信)、「スクリーンレコード」(操作などを録画)、「デバイスコントロール」(スマート家電のコントロールメニュー)、「アプリ候補」(ホーム画面に頻度の高いアプリを表示)、「ワンタイムパーミッション」(アプリ使用中のみ位置情報などを許可)などの新機能が追加されています。

一方、「Dragon Touch MAX10 PLUS」、「VIVIMAGE E10」、「Vankyo S30」はAndroid 10に対応しています。

デメリット

・HDMI端子がない

Vastking Kingpad Z10」はmicroHDMI端子が搭載されていないため、有線で外部ディスプレイに出力することができません。

一方、「VIVIMAGE E10」はMicro HDMI搭載で外部ディスプレイに出力することができます。「Dragon Touch MAX10 PLUS」と「Vankyo S30」はMicro HDMI端子がありません。

・QLED量子ドットを採用していない

Vastking Kingpad Z10」はQLED量子ドット技術を採用していません。

一方、「Dragon Touch MAX10 PLUS」はQLED量子ドット技術を採用し、一般的な液晶ディスプレイと比べて、より豊かな色再現が可能になっています。「VIVIMAGE E10」と「Vankyo S30」はQLED量子ドット技術を採用していません。

「Vastking Kingpad Z10」の評価

Vastking Kingpad Z10」の評価を紹介します。

スペック:★★

通信:★★★

機能:★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★★

<総合評価>

Vastking Kingpad Z10」はスペックが低いものの、軽量版Android 11 Go Edition搭載で軽快に動作します。おまけに価格が実質1万円ほどで、今回比較したタブレットの中で最も安くなっています。液晶ディスプレイがHD画質で32GBストレージでもいいのなら、十分に検討する価値があるでしょう。

特におすすめな人は、家族や兄弟がいて複数のタブレットが必要とする人たちです。一家にハイスペックなタブレットは一台あれば十分なので、「Vastking Kingpad Z10」のような低価格タブレットを導入することで無駄なコストを削減することができます。会社で複数のタブレットを導入したいと考えている人にもおすすめです。

「Vastking Kingpad Z10」の販売・購入先

Vastking Kingpad Z10」は、

Amazonで14,999円、

楽天市場で17,170円 (税込)、

ヤフーショッピングで15,000 円(税込)、

米国Amazon.comで$108.99 (日本発送は+$13.75) 、

で販売されています。

Amazonで「Vastking Kingpad Z10」をチェックする

楽天市場で「Vastking Kingpad Z10」をチェックする

ヤフーショッピングで「Vastking Kingpad Z10」をチェックする

米国Amazon.comで「Vastking Kingpad Z10」をチェックする

 

 

 

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「VASTKING KingPad M10」(Android 11)

★「Teclast P25」(Android 11)

★「Blackview Oscal Pad 8」(Android 11)

★「Hyjoy HB901」(9インチ・Android 10 Go)

★「BMAX i9

Dragon Touch MAX10 PLUS

Vankyo S30

VIVIMAGE E10

★「VASTKING KingPad K10

Fire HD 10」(2021)

Teclast P20HD

Alldocube iPlay 20

Blackview Tab 8

VUCATIMES N20

WINNOVO P20

他のVASTKING タブレットと比較

他にも他のVASTKING タブレットが販売されています。ぜひ比較してみてください。

VASTKING タブレットは性能高めで評判よし! 2021 全機種 まとめ

VASTKING タブレットは性能高めで評判よし! 2021 全機種 まとめ

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

Android 11で使えるタブレット 2021 最新 まとめ

最新のAndroid 11タブレットをまとめて紹介しています。

2021最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

最新のAndroid 10.0タブレットをまとめて紹介しています。

Android 9.0で使えるタブレット 最新 まとめ

Android 9.0 OSを搭載したタブレットをまとめて紹介しています。

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

2万円前後のAndroid タブレット(国内販売)をまとめて紹介しています。

超激安でゴメン! ノーブランド Androidタブレット まとめ 

ノーブランドの超激安Androidタブレットをまとめて紹介しています。

HDMI出力できるAndroidタブレット まとめ

microHDMI端子を搭載したAndroidタブレットをまとめて紹介しています。

2in1スタイルで使えるAndroidタブレット まとめ

キーボードが使えるAndroidタブレットを紹介しています。