「Blackview Tab 9」にヒットの予感? 高性能タブレットと徹底 比較!


2021年4月に発売された「Blackview Tab 9」と高性能タブレットと徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペックの違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2021年11月、「Blackview Tab 11」が発売されました。

※2021年11月、8型「Blackview Tab 6」が発売されました。

※2021年8月に「Blackview Oscal Pad 8」、6月に「Blackview Tab10」が発売されました。

※2020年12月に「Blackview tab 8E」、6月に「Blackview Tab 8」が発売されました。

「Blackview Tab 9」の特徴

Blackview Tab 9」の特徴をまとめてみました。

Tiger T610プロセッサで高速化

Blackview Tab 9」はUnisoc Tiger T610 オクタコアプロセッサを搭載。Antutuベンチマーク総合で約190,000を記録し、「Blackview Tab 8」よりも約2倍スコアが向上しています。また、メモリ容量は4GBで規格がLPDDR3からLPDDR4Xに変更。64GBのストレージはUFS 2.1規格に変更され、アプリやゲームのロード時間も短縮されています。

7480mAhバッテリー・フルHD液晶・Sonyカメラ

Blackview Tab 9」は7480mAhバッテリーを搭載。「Blackview Tab 8」よりも950mAh容量が増えたことで、スタンバイで840時間(35日間)駆動できるようになりました。また、前モデルと同様に10.1インチのフルHD IPS液晶を搭載。背面にはSony IMX258センサーを採用した1300万画素カメラも搭載されています。

専用キーボード・OTG接続・4G LET通信

Blackview Tab 9」はマグネットで着脱できる専用キーボードを用意。ペアリング不要で使用できるようになっています。また、OTG対応のType-C端子を搭載。有線で市販のキーボードやマウスと接続できます。そのほか、本体にSIMスロットを搭載。SIMカードを用意することで、4G LET通信が利用できます。

公式ページ
https://promo.blackview.hk/tab9/

価格を比較

Blackview Tab 9」と、「Huawei MatePad」(2021)、「Teclast M40」、「BMAX i10」の価格を比較してみました。

「Blackview Tab 9」

Blackview Tab 9」は、AliExpressでUS $149.99、Banggoodで15,593円で販売されています。

「Huawei MatePad」(2021)

Huawei MatePad」(2021)は、Amazonで31,111円(1000円OFFクーポン付き)、楽天市場で33,880円(税込)、ヤフーショッピングで33,880円(税込)、ビックカメラで33,880円 (税込・3,388ポイント)で販売されています。

「Teclast M40」

Teclast M40」は、Amazonで24,900円(3500円OFFクーポン付き)、楽天市場で22,980円 (税込)、ヤフーショッピングで22,270 円(税込)、Banggoodで17,023円、AliExpressでUS $175.31 – 178.63、Gearbestで19259円、米国Amazon.comで$209.99 (日本発送は+ $34.32)、で販売されています。

「BMAX i10」

BMAX i10」は、Amazonで15,215円(タイムセール)、楽天市場で23,999円 (税込)、ヤフーショッピングで22,157 円 (税込)、AliExpressでUS $148.56 – 157.66、Banggoodで13,179円 で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

Blackview Tab 9」と、「Huawei MatePad」(2021)、「Teclast M40」、「BMAX i10」のAntutuベンチマークスコアを比較してみました。

「Blackview Tab 9」

Antutu総合で約190,000

<CPU> Unisoc Tiger T610
※「Teclast M40 / SE」、「BMAX i10」と同じプロセッサ

<プロセッサ性能を解説>

12nmプロセスで製造されたUnisoc Tiger T610 オクタコアプロセッサ搭載でAntutuベンチマークで約19万を記録しています。同じプロセッサは「Teclast M40 / SE」、「BMAX i10」にも搭載されており、ほぼ同じスコアになっています。

これより高いスコアのタブレットはHiSilicon Kirin 820搭載の「Huawei MatePad」(2021)、Snapdragon 730G搭載の「Lenovo Tab P11 Pro」、Snapdragon 865 Plus搭載の「Galaxy Tab S7 / Plus」で、価格もその分高くなっています。2万円台でAntutuベンチマーク19~20万程度がベストなコストパフォーマンスであるといえるでしょう。

なお、Unisoc Tiger T610搭載の「Blackview Tab 9」はUnisoc SC9863A搭載の「Blackview Tab 8」よりも約2倍高いスコアになっています。「Vankyo S30」、「Teclast P20HD」、Alldocube iPlay 20」も同様で「Blackview Tab 9」の方が高速に動作します。

「Huawei MatePad」(2021)

Antutu総合で375,270

<CPU> HiSilicon Kirin 820

「Teclast M40」

Antutu総合で「205549」、CPUで「64944」、GPUで「41250」、MEMで「58201」、UXで「41154」。

<CPU> UNISOC T618

「BMAX i10」

Antutu総合で「190411」、CPUで「66002」、GPUで「30979」、MEMで「55227」、UXで「38203」。

<CPU> Unisoc Tiger T618

スペックを比較

Blackview Tab 9」と、「Huawei MatePad」(2021)、「Teclast M40」、「BMAX i10」のスペックを比較してみました。

「Blackview Tab 9」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200 ドットのIPS液晶
    ※16:10 / 色温度調整(ブルーライト低減)/ FHD
  • プロセッサ Unisoc Tiger T610 オクタコア
    ※12nm
  • GPU ARM Mali-G52 MP2
  • RAM(メモリ) 4GB LPDDR4X
  • ストレージ 64GB UFS 2.1
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 7480mAh
  • 駆動時間 通話で30時間、スタンバイで840時間、動画視聴で6時間、ゲームで6時間、Web閲覧で7.5時間
  • 充電 5V/2A
  • 背面カメラ 13MP ※Sony IMX258
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a / b / g / n / ac (2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(GLONASS BEIDOU)
  • インターフェース  USB Type-C (OTG対応)、microSDカードスロット、SIMカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー 近接、光、重力
  • スピーカー デュアルスピーカー
  • 生体認証 顔認証
  • 専用キーボード 別売であり・マグネットで接続・ペアリング不要
  • レザーケース 付属・自立可能
  • Office  WPS Office プリインストール済み
  • OS Android 10.0 + Doke OS_P1.0
  • Google Play ストア 対応
  • サイズ 243.6 x 162.4 x 8.9 mm
  • 重量 600g
  • カラー グレイ、ゴールド
  • 技適認証    対応
  • SIMカード Nano SIM
  • 対応バンド  ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル回線に対応
    4G FDD:B1 / B3/B7/B8/B20
    3G WCDMA:B1 / B8
    2G GSM:850/900/1800/1900(B2/B3/B5/B8)

関連記事2021最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

AliExpressで「Blackview Tab 9」をチェックする

Banggoodで「Blackview Tab 9」をチェックする

Amazonで「Blackview Tab」をチェックする

楽天市場で「Blackview Tab」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview Tab」をチェックする

Banggoodで「Blackview Tab 8」をチェックする

Gearbestで「Blackview Tab 8」をチェックする

米国Amazon.comで「Blackview Tab 8」をチェックする

「Huawei MatePad」(2021)のスペック

  • ディスプレイ 10.4インチ、解像度1200 x 2000 pxのIPS液晶
    ※5:3 / 224 ppi / 電子書籍モード(自動調光で目に優しい)/画面占有率約84%/2k画質
  • プロセッサ HiSilicon Kirin 820 オクタコア
    ※7 nm / 64bit / 8コア
  • CPU 1 x Cortex-A76 Based@2.36GHz +3 x Cortex-A76 Based@2.22GHz +4 x Cortex-A55@1.84GHz
  • GPU Mali-G52 MP6
  • RAM(メモリ) 4GB LPDDR4X
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大512GBまで
  • バッテリー  7250 mAh
  • 駆動時間 動画視聴で約12時間
  • 充電 18W急速充電/30分で27%充電、2.8時間でフル充電
  • 背面カメラ 8 MP ※HDR 対応
  • 前面カメラ 8 MP ※HDR 対応
  • 動画撮影 背面1080p@30fps、前面1080p@30fps
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz/Wi-Fi 6対応)、Bluetooth 5.1、GPS(LETモデル / A-GPS, BDS)
  • インターフェース USB Type-C (2.0) (※3.5mmイヤホンジャックはありません)
  • センサー 加速度計、ジャイロ、近接、コンパス
  • オーディオ クワッドスピーカー、Huawei Histen 6.0、Harman Kardonチューニング、3Dステレオサウンド、クアッドマイク
  • スタイラスペン Huawei M-Pencilのデジタイザをサポート
  • 機能 スマートフォンの画面を映し出す機能
  • OS Android 10.0 +  EMUI 10.1.0
  • Google Play ストア 基本的に非対応。導入は可能。
  • サイズ 245.2 x 155 x 7.4 mm
  • 重量 460 g
  • カラー ミッドナイトグレー
  • 付属品 充電 × 1、Type-C ケーブル × 1、クイックスタートガイド × 1、カードイジェクトツール × 1、保証書 × 1、Type-C-3.5イヤホンジャック変換ケーブル × 1
  • SIMカード Nano SIM
  • 対応バンド ドコモ(プラチナバンド対応)、ソフトバンク(プラチナバンド対応)、ワイモバイル、au回線に対応
    4G LET FDD: b1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28 TD-LTE: b34/B38/B39/B40/B41
    3G WCDMA: B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19 ;TD-SCDMA: b34/B39 (のみ中国) cdma: BC0(800 mhz) (のみ中国)
    2G GSM: b2/B3/B5/B8(1900 mhz/1800 mhz/850 mhz/900 mhz)

関連記事「Huawei MatePad 10.4」と人気タブレットを徹底 比較

Amazonで「HUAWEI MatePad」(2021)をチェックする

楽天市場で「HUAWEI MatePad 10.4 2021」をチェックする

ヤフーショッピングで「Huawei MatePad 10.4」(2021)をチェックする

ビックカメラで「Huawei MatePad 10.4」(2021)をチェックする

「Teclast M40」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200 ドットのIPS液晶
    ※10点マルチタッチ操作
  • プロセッサ UNISOC T618 オクタコア
    ※12nm
  • CPU 2xA75 + 6xA55
  • GPU ARM Mali-G52
  • RAM(メモリ) 6GB LPDDR4
  • ストレージ 128GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 6000mAh
  • 充電 PD充電に対応
  • 背面カメラ 8MP
  • 前面カメラ 8MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n ( 2.4GHz/5GHz )、Bluetooth 5.0、GPS
  • インターフェース Type-C、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー Gセンサー
  • スピーカー ステレオスピーカー
  • OS Android 10
  • サイズ 243 x 163 x 9.3mm
  • 重量 529g
  • カラー ブラック

関連記事「Teclast M40」と超人気タブレットを徹底 比較!

Amazonで「Teclast M40」をチェックする

楽天市場で「Teclast M40」をチェックする

ヤフーショッピングで「Teclast M40」をチェックする

Banggoodで「Teclast M40」をチェックする

AliExpressで「Teclast M40」をチェックする

Gearbestで「Teclast M40」をチェックする

米国Amazon.comで「Teclast M40」をチェックする

「BMAX i10」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1080ドットのIPS液晶
    ※10点マルチタッチ
  • プロセッサ UNISOC Tiger T618 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア
  • CPU 2xA75 + 6xA55
  • GPU ARM Mali-G52
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで拡張可能
  • バッテリー 6000mAh /3.8V
  • 充電    PD充電に対応
  • 背面カメラ    5MP
  • 前面カメラ    2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(Galileo)
  • インターフェース USB Type-C、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー 2つのチャンネルスピーカー
  • OS Android 10
  • サイズ 245mm x 164mm x 8.8mm
  • 重量 550g
  • カラー グレイ

関連記事「BMAX i10」と最新の高コスパ タブレットを徹底 比較!

Amazonで「BMAX i10」をチェックする

楽天市場で「BMAX MaxPad I10 タブレット 10.1」をチェックする

ヤフーショッピングで「BMAX MaxPad I10 タブレット 10.1」をチェックする

AliExpressで「BMAX i10」をチェックする

Banggoodで「BMAX i10」をチェックする

「Blackview Tab 9」のメリット・デメリット

Blackview Tab 9」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・フルHDのIPS液晶・ブルーライト低減機能付き

Blackview Tab 9」は10.1インチ、解像度1920 x 1200 ドットのIPS液晶を搭載しています。画質は高精細なフルHDで、ブルーライト低減機能も利用できます。

一方、「Huawei MatePad」(2021)は10.4インチで解像度1200 x 2000 pxのIPS液晶(ブルーライト低減)を搭載しています。「Teclast M40」と「BMAX i10」はは10.1インチで解像度1920 x 1200 ドットのIPS液晶(10点マルチタッチ)を搭載しています。

・4GBメモリ&64GBストレージで快適に使える

Blackview Tab 9」は4GB LPDDR4Xメモリ搭載でスムーズに動作します。また、64GB UFS 2.1ストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで最大128GBまで拡張できます。

一方、「Huawei MatePad」(2021)は4GB LPDDR4Xメモリと64GBストレージを搭載しています。「Teclast M40」は6GB LPDDR4メモリと128GBストレージを搭載しています。「BMAX i10」は4GBメモリと64GBストレージを搭載しています。

・7480mAhバッテリー搭載でPD充電に対応

Blackview Tab 9」は7480mAhバッテリー搭載で、スタンバイで840時間、動画視聴で6時間、ゲームで6時間 駆動できます。また、Type-C端子搭載で高速なPD充電も利用できます。

一方、「Huawei MatePad」(2021)は7250 mAhバッテリー搭載で18W急速充電に対応しています。「Teclast M40」と「BMAX i10」は6000mAhバッテリー搭載でPD充電に対応しています。

・背面13MP&前面5MPカメラが使える

Blackview Tab 9」は背面13MP(1300万画素)カメラと前面5MP(500万画素)カメラが使えるようになっています。

一方、「Huawei MatePad」(2021)は背面8MP(HDR)&前面8MP(HDR)カメラを搭載しています。「Teclast M40」は背面8MP&前面8MPカメラを搭載しています。「BMAX i10」は背面5MP&前面2MPカメラを搭載しています。

・Wi-Fi デュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPSに対応

Blackview Tab 9」は高速で途切れにくいWi-Fi デュアルバンド(2.4GHz+5GHz)とBluetooth 5.0に対応。GPS(GLONASS BEIDOU)ナビゲーションも利用できます。

一方、「Huawei MatePad」(2021)はWi-Fi 6&Bluetooth 5.1&GPSに対応しています。「Teclast M40」はWi-Fi デュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPSに対応しています。「BMAX i10」はWi-Fi デュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPS(Galileo)に対応しています。

・厚さ8.9 mmの薄型メタルボディ

Blackview Tab 9」は厚さ8.9 mmの薄型メタルボディになっています。

一方、「Huawei MatePad」(2021)は厚さ 7.4 mmになっています。「Teclast M40」は厚さ9.3mmになっています。「BMAX i10」は厚さ8.8mmになっています。

・SIMフリーで4G LET通信が利用できる

Blackview Tab 9」はSIMスロットを搭載しているため、SIMフリーで4G LET通信が利用できます。

一方、「Huawei MatePad」(2021)はLETモデルが用意されています。「Teclast M40」と「BMAX i10」は4G LET通信に対応しています。

・専用キーボードを用意・専用ケースは付属

Blackview Tab 9」は別売で専用キーボードが利用できます。また、専用ケースが付属します。

一方、「Huawei MatePad」(2021)、「Teclast M40」、「BMAX i10」は専用キーボードが用意されていません。

デメリット

・本体が少し重い・重さ600g

Blackview Tab 9」は重さ600gで、持ち歩くには少々重いです。

一方、「Huawei MatePad」(2021)は重さ460 gになっています。「Teclast M40」は重さ529gになっています。「BMAX i10」は重さ8.8mmになっています。

・専用スタイラスペンがない

Blackview Tab 9」は専用スタイラスペンが用意されていません。市販のものは使用できます。

一方、「Huawei MatePad」(2021)は筆圧4096段階の Huawei M-Pencilが用意されています。「Teclast M40」と「BMAX i10」は専用スタイラスペンがありません。

・Wi-Fi 6に非対応

Blackview Tab 9」は従来よりも約4〜10倍の速度で通信できる次世代通信規格「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)に対応していません。

一方、「Huawei MatePad」(2021)はWi-Fi 6に対応しています。「Teclast M40」と「BMAX i10」はWi-Fi 6に対応していません。

「Blackview Tab 9」の評価

Blackview Tab 9」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★

機能:★★★

デザイン:★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★

<総合評価>

新たにはUnisoc Tiger T610プロセッサを搭載したことで動作スピードが向上しました。また、7480mAhバッテリーを搭載したことで駆動時間も大幅に延びています。その他は前モデル「Blackview Tab 8」とほぼスペックが共通していますが、やはり専用キーボードがあることと4G LET通信が利用できることは魅力的です。本体がやや重いのが気になりますが、頻繁に持ちあるくことがなければ問題ないでしょう。日本に本格展開を開始し、技適認証にも対応させているBlackviewタブレットはやはりヒットする可能性が大きいです。

「Blackview Tab 9」の販売・購入先

Blackview Tab 9」は、

AliExpressでUS $149.99、

Banggoodで15,593円、

で販売されています。

AliExpressで「Blackview Tab 9」をチェックする

Banggoodで「Blackview Tab 9」をチェックする

Amazonで「Blackview Tab」をチェックする

楽天市場で「Blackview Tab」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview Tab」をチェックする

Banggoodで「Blackview Tab 8」をチェックする

Gearbestで「Blackview Tab 8」をチェックする

米国Amazon.comで「Blackview Tab 8」をチェックする

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Blackview Tab 11」(10.36インチ・Android 11)

★「Blackview Tab 6」(Android 11)

★「Blackview Oscal Pad 8」(Android 11)

★「Blackview Tab10」(Android 11)

★「Lenovo XiaoXin Pad Plus」(Android 11)

★「Fire HD 10」(2021)

★「Fire HD 10 Plus

Huawei MatePad」(2021)

Teclast M40

BMAX i10

MatePad T10/T10s

CHUWI HiPad Plus

Alldocube iPlay 40

Dragon Touch MAX10 PLUS

VASTKING KingPad K10

LAVIE T11(T1175BAS) 

Lenovo Tab P11 Pro

★「Blackview Tab 8

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

Android 11で使えるタブレット 2021 最新 まとめ

最新のAndroid 11タブレットをまとめて紹介しています。

2021最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

最新のAndroid 10.0タブレットをまとめて紹介しています。

Android 9.0で使えるタブレット 最新 まとめ

Android 9.0 OSを搭載したタブレットをまとめて紹介しています。

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

2万円前後のAndroid タブレット(国内販売)をまとめて紹介しています。

超激安でゴメン! ノーブランド Androidタブレット まとめ

ノーブランドの激安Androidタブレットをまとめて紹介しています。