「AYA NEO」の実力は本物? 最新ゲーミングUMPCと徹底 比較!


2021年4月にBanggoodで発売された「AYA NEO」と最新ゲーミングUMPCと徹底 比較して紹介! 価格やスペック、ベンチマークスコアの違いに加えて、メリット・デメリット、評価も紹介します。

※2021年9月、Amazon.co.jpで「AYA NEO」が発売されました。

※2021年7月、「ONE XPLAYER」が発売されました。

※2021年6月から「GPD WIN3」も発売中です。

「AYA NEO」の特徴

AYA NEO」の特徴をまとめてみました。

AMD Ryzen5&16GBメモリ・M.2 SSDで高速

AYA NEO」はAMD Ryzen 5 4500U ヘキサコアプロセッサを搭載。Passmarkベンチマークスコアで「11274」(CPU)を記録し、高速に動作します。また、大容量 16GB LPDDR4メモリを搭載。ストレージは高速なM.2 SSDで500GBと1TBから選択できます。

7型H-IPS液晶・物理ボタン・65W急速充電

AYA NEO」は7インチ、解像度1280×800ドットのH-IPS液晶を搭載。画質はHDで、5点マルチタッチ操作に対応しています。また、本体に2つのジョイスティックレバー、トリガーボタン、十字キーなどを搭載。タッチで操作するオンスクリーンキーボードで操作することもできます。そのほか、47Whバッテリー搭載で最大5~6時間駆動することが可能。Type-C端子で 65W急速充電に対応するほか、DP Alt Mode (DisplayPortで外部のディスプレイに出力)にも対応しています。

Wi-Fi6・有線LAN通信・専用ドック付き

AYA NEO」は次世代通信規格「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)に対応。従来よりも約4〜10倍の速度で通信できます。また、付属の専用ドックを介して有線LANによる安定した通信も利用可能。専用ドックはUSB 3.0×2、HDMI出力、SDカードスロット、microSDカードスロットも使えるようになっています。

indiegogoの製品紹介ページ

価格を比較

AYA NEO」と、「GPD WIN3」、「OneGx1 Pro」、「GPD WIN Max」の価格を比較してみました。

「AYA NEO」

AYA NEO」は、Amazonで109,800円、楽天市場で111,898円 (税込)、ヤフーショッピングで123,363 円、Banggoodで112,271円 で販売されています。

「GPD WIN3」

GPD WIN3」は、Amazonで129,800円(スタンダード版)、楽天市場で166,280円 (税込)、ヤフーショッピングで140,506 円、ビックカメラで166,800円 (税込・16,680ポイント)、AliExpressでUS $1,017.00 – 1,204.20 、Banggoodで110,368円、米国Amazon.comで$1,309.95 (日本発送は+ $140.03)で販売されています。

「OneGx1 Pro」

OneGx1 Pro」は、Amazonで157,080円、楽天市場で184,800円 (税込)、ヤフーショッピングで184,800円、AliExpressでUS $1,399.00 – 1,805.00 、Geekbuyingで$ 1399.99 で販売されています。

「GPD WIN Max」

GPD WIN Max」は、Amazonで101,900円、楽天市場で206,550円 (税込)、ヤフーショッピングで144,760 円(日本限定オリジナル特典セット)、Banggoodで101,208円 で販売されています。

スペックを比較

AYA NEO」と、「GPD WIN3」、「OneGx1 Pro」、「GPD WIN Max」のスペックを比較してみました。

「AYA NEO」のスペック

  • ディスプレイ 7インチ、解像度1280×800ドットのH-IPS液晶
    ※215 ppi/ 500cd 平方m / 5点マルチタッチ対応 / 76% NTSC / 最大輝度 500nit
  • リフレッシュレート 60Hz
  • プロセッサ AMD Ryzen 5 4500U ヘキサコア 2.3GHz
    ※7nm/6コア/6スレッド/最大最大 4.0GHz ※2021版はRyzen 7 4800U (日本国内版)
  • GPU AMD Vega6
  • RAM(メモリ) 16GB LPDDR4 4266 mHz
  • ストレージ M.2 SSD 500GB/1TB (NVMe/2280/PCIe Gen 3.0 x 4/Sata 3.0)
  • 外部ストレージ 付属の専用ドックでmicroSDカードを利用
  • バッテリー 47Wh
  • 駆動時間 最大5~6時間
  • 充電     65W急速充電
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/6(2.4GHz+5GHz+Wi-Fi 6)、Bluetooth 5.0、MU-MIMO
    ※IntelAX200
  • 有線LAN 対応・Gigabit Ethernet
  • インターフェース USB 3.1 Type-C×3(うち2基はDP Alt Modeの外部出力およびPD充電に対応)
  • センサー  6軸ジャイロスコープ、加速度計
  • スピーカー    ステレオスピーカー
  • ボタン トリガーボタン(アルプス製マイクロスイッチ)、ジョイスティックレバー x2、十字キー、X/A?B/Tボタン、スタート、セレクト
  • 専用ドック 付属 (USB 3.0×2、HDMI出力、SDカードスロット、microSDカードスロット、Gigabit Ethernet)
  • 機能 オンスクリーンキーボード、ショートカットボタン(タスクマネージャー起動用)
  • 触覚振動 対応・ランブルモーター搭載
  • 冷却システム(ヒートシンク&ヒートパイプ)※2021年版のみ
  • OS Windows 10
  • サイズ 255×106×20mm(幅×奥行き×高さ)
  • 重量 650g
  • カラー ブラック、ホワイト

関連記事海外のレアすぎる携帯ゲーム機 2021 まとめ

Amazonで「AYA NEO」をチェックする

楽天市場で「AYA NEO」をチェックする

ヤフーショッピングで「AYA NEO」をチェックする

Banggoodで「AYA NEO」をチェックする

AliExpressで「AYA NEO」をチェックする

米国Amazon.comで「AYA NEO」をチェックする

「GPD WIN3」のスペック

  • ディスプレイ 5.5インチ、解像度1280×720ドットの液晶
    ※Gollira Garass 5
  • プロセッサ Intel  Core i7-1165G7 / Core i5-1135G7
  • GPU インテル Iris Xe グラフィックス
    ※最大解像度HDMI 4096 x 2304 DP 7680×4320 DX12.1
  • RAM(メモリ) 16GB LPDDR4x-4266
  • ストレージ 1TB (PCIe NVMe1.4 PCIe 3.0/4.0 M.2 2280 SSD)PCIeGen3.0×4 /SATA3.0接続
  • 外部ストレージ microSDカード(SDXC A2クラスサポート)
  • バッテリー 3950mAh / 44Wh ※内蔵リチウムポリマーバッテリー
  • 駆動時間 スタンバイで最大14時間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi6 (IEEE802.11 ax/ac/b/g/n, 2.4GHz&5GHz準拠)、Bluetooth5.0
  • インターフェース
    1xThunderbolt 4 USB 3.2 Type-C (専用ドッキングステーションに接続)
    1xUSB 3.2 Type-A
    1x音声入出力:3.5mm ヘッドセット&マイクロフォン
    1xThunderbolt 4
  • キーボード Chocolateキーボード(QWERTY)、マウスパッド
  • ボタン アナログ×2 / 十字キー / A/B/X/Yボタン L1/L2/L3 R1/R2/R3(L2/R2はアナログ信号) / スタート / メニュー / Xboxボタン / カスタムキー
  • 冷却ファン デュアルファンアクティブ冷却方式(液冷パイプ、空冷)
  • OS Windows 10 Home 64ビット版
  • サイズ 198mm(W)×92mm(D)×27mm(H)
  • 重量 560g
  • カラー ブラック、シルバー
  • 付属品 1×65W PD対応ACアダプター、1×Type-Cケーブル、1×説明書(保証書)

関連記事「GPD WIN3」購入に待った! 高性能UMPCと徹底 比較 

Amazonで「GPD WIN3」をチェックする

楽天市場で「GPD WIN3」をチェックする

ヤフーショッピングで「GPD WIN3」をチェックする

AliExpressで「GPD WIN3」をチェックする

Banggoodで「GPD WIN3」をチェックする

米国Amazon.comで「GPD WIN3」をチェックする

「OneGx1 Pro」のスペック

  • ディスプレイ 7インチ、解像度1,920×1,200ドットのIPS液晶
    ※10点マルチタッチ対応/323ppi/スタイラスペン(別売)に対応
  • プロセッサ Tiger Lake世代のIntel Core i7-1160G7
    ※10 nm/4コア/8スレッド/最大4.4GHz
  • GPU Intel Iris Xe Graphics
  • RAM(メモリ)  16GB LPDDR4X-4266
  • ストレージ   NVMe SSD 512GB/1TB
  • 拡張ストレージ  1基のM.2 2242スロットあり
  • バッテリー 12,000mAh
  • 駆動時間 動画再生で連続11時間
  • 充電 最大65WのPD高速充電
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)、Bluetooth 5.0
  • インターフェース USB 4.0×2(Type-C、USB PD対応)、USB 3.0、Micro HDMI、microSDカードスロット、音声出力
    ※USB4.0は4Kモニター出力とeGPU BOXとの接続に対応
  • キーボード 虹色に光るRGB LEDバックライト(ON/OFF対応・4ゾーン7種類のカラーパターン)・国内版は日本語106/109配列
  • 冷却システム 効果的なエアフローシステム(純銅ヒートパイプ、デュアル銅ヒートシンクスケール、2つの異なるサイズのターボチャージャー付きクーリングファン)、インテリジェント制御システム
  • ボディ アルミ削り出しボディ、指紋防止
  • コントローラー 別売・2つのジョイステックと2つの十字キーを左右に1つずつ配置
  • OS Windows 10 Home
  • サイズ 173×136×21mm
  • 重量 623g
  • カラー グレイ

関連記事「OneGx1 Pro」と人気ゲーミングUMPCを徹底 比較! 

Amazonで「OneGx1 Pro」をチェックする

楽天市場で「OneGx1 Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「OneGx1 Pro」をチェックする

AliExpressで「OneGx1 Pro」をチェックする

Geekbuyingで「OneGx1 Pro」をチェックする

米国Amazon.comで「OneGx1 Pro」をチェックする

「GPD WIN Max」のスペック

  • ディスプレイ 8インチ、解像度1280×800ドットのH-IPS液晶
    ※189PPI/Corning Gorilla Glass 5/10点マルチタッチ
  • プロセッサ  Ice Lake世代のIntel Core i5-1035G7 クアッドコア 1.20 GHz
    ※10nm/64bit/4コア/8スレッド/最大3.70 GHz
  • GPU lntel Iris Plus Graphics 940
  • RAM(メモリ) 16 GB LPDDR4-3200
  • ストレージ   512 GB M.2 2280
    ※増設・拡張は不可
  • バッテリー 57Wh、11.4V == 5000mAh ×3直列接続
  • 駆動時間 最大14時間
  • 充電 Power Deliveryによる高速充電に対応
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a / b / g / n / ac / ax(2.4GHz/5GHz/Wi-Fi6)、Bluetooth 5.0
  • 有線LAN 10/100 / 1000Mbpsイーサネットカード
  • インターフェース 1×Thunderbolt 3、1×USB Type-C 3.1 Gen2、2×USB Type-A 3.1 Gen1、1×microSDXCスロット、1×HDMI 2.0b、1×有線LANポート
  • キーボード チクレットキーボード、アイランドスタイルのキーボード、QWERTY、バックライトデザイン
  • タッチパッド 押し下げボタン付き、最大3本の指のアクションをサポート
  • マウス Analog Simulated Mouse、「GamePad / Mouse」モードを切り替える必要があります
  • オーディオ サウンドチップ搭載、2chステレオスピーカー内蔵、マイクロフォン内蔵
  • 冷却システム 強力なデュアルファン、ヒートパイプ、9つの排気口
  • OS Windows 10 Home (64bit)
  • サイズ 207x145x26mm
  • 重量 790g
  • カラー ブラック

関連記事「GPD WIN Max」と最新UMPCを徹底 比較!

Amazonで「GPD WIN Max」をチェックする

楽天市場で「GPD WIN Max」をチェックする

ヤフーショッピングで「GPD WIN Max」をチェックする

Banggoodで「GPD WIN Max」をチェックする

AliExpressで「GPD WIN Max」をチェックする

米国Amazon.comで「GPD WIN Max」をチェックする

ベンチマークを比較

AYA NEO」と、「GPD WIN3」、「OneGx1 Pro」、「GPD WIN Max」のベンチマークスコアを比較してみました。

※PassMark、Geekbench、3DMarkとは、主にCPUとビデオカード(以下、グラボ)の性能を数値化したベンチマークスコアの参考値を表したものです。

「AYA NEO」

<CPU> Ryzen 7 4800U ※日本国内版

Passmarkによるベンチマークスコアは「17220」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「1029」、マルチコアで「5893」。

<GPU> Radeon™ Graphics

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080]  によるグラフィックスコアは「2989」。

<CPU>  AMD Ryzen 5 4500U

Passmarkによるベンチマークスコアは「11274」(CPU)。

<GPU> AMD Vega6

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080]  によるグラフィックスコアは「1838」。

<プロセッサ性能を解説>

7nmプロセスで製造されたAMD Ryzen 5 4500Uヘキサコアプロセッサを搭載し、Passmarkベンチマーク「11274」(CPU)を記録しています。このスコアは「GPD WIN3」、「OneGx1 Pro」よりもわずかに高く、「GPD WIN Max」よりも約3千ほど高いことになります。

ただし、3DMark Fire Strikeのグラフィックスコアは「1838」とあまり高くありません。「GPD WIN3」の方が約2.5倍高いスコアで、SteamなどのPCゲームにはこちらの方が快適に動きそうです。

ただし、「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」、「Bloodstained: Ritual of the Night」は「GPD WIN3」ではうまく動作しなかったとの報告があります。「AYA NEO」はそれらのゲームも動作することが判明しており、一概に「GPD WIN3」の方がいいとはいえません。「ファイナルファンタジーXIV」など最新ゲームが遊べることには違いがないので、ベンチマーク以外の点でどちらを購入すべきか検討した方がいいでしょう。

「GPD WIN3」

<CPU> Intel  Core i7-1165G7

Passmarkによるベンチマークスコアは「10481」(CPU)。

<CPU> Core i5-1135G7

Passmarkによるベンチマークスコアは「10114」(CPU)。

<GPU>  インテル Iris Xe グラフィックス

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080]  によるグラフィックスコアは「4739」。

「OneGx1 Pro」

<CPU> Intel Core i7-1160G7

Passmarkによるベンチマークスコアは「10624」(CPU)。

<GPU> Intel Iris Xe Graphics

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「3361」。

「GPD WIN Max」

<CPU> Intel Core i5-1035G7

Passmarkによるベンチマークスコアは「8493」(CPU)。

<GPU> lntel Iris Plus Graphics 940

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは約「3000」。

「AYA NEO」のメリット・デメリット

AYA NEO」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・タッチ対応の7型H-IPS液晶が見やすい

AYA NEO」は7インチ、解像度1280×800ドットのH-IPS液晶を搭載。最大輝度 500nitの色鮮やかな映像を映し出すほか、 5点マルチタッチ操作にも対応しています。

一方、「GPD WIN3」は5.5インチで解像度1280×720ドットの液晶を搭載しています。「OneGx1 Pro」は7インチで解像度1,920×1,200ドットのIPS液晶を搭載しています。「GPD WIN Max」は8インチで解像度1280×800ドットのH-IPS液晶を搭載しています。

・16GBメモリ&最大1TBストレージで快適に使える

AYA NEO」は16GB LPDDR4メモリを搭載し、遅延なくスムーズに動作します。また、高速なM.2 SSD 500GB/1TBストレージも搭載しています。なお、専用ドックからmicroSDカードを使ったストレージ拡張も利用できます。

一方、「GPD WIN3」は16GB LPDDR4xメモリとM.2 SSD 1TBストレージを搭載しています。「OneGx1 Pro」は 16GB LPDDR4XメモリとM.2 SSD 512GB/1TBストレージを搭載しています。「GPD WIN Max」は16 GB LPDDR4メモリとM.2 SSD 512 GBストレージを搭載しています。

・47Whバッテリーで 65W急速充電に対応

AYA NEO」は47Whバッテリーで最大5~6時間動作します。また、Type-C端子搭載で65W急速充電にも対応しています。

一方、「GPD WIN3」は44Wh(3950mAh)バッテリーを搭載しています。「OneGx1 Pro」は12000mAhバッテリー搭載で最大65WのPD高速充電に対応しています。「GPD WIN Max」は最大14時間駆動できる57Whバッテリー搭載でPD高速充電に対応しています。

・Wi-Fi 6&Bluetooth 5.0&有線LANに対応

AYA NEO」は来よりも約4〜10倍の速度で通信できる次世代通信規格「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)に対応しています。また、高速で途切れづらいBluetooth 5.0に対応。安定した通信が可能な有線LAN通信にも対応しています。

一方、「GPD WIN3」と「OneGx1 Pro」はWi-Fi 6&Bluetooth 5.0に対応しています。「GPD WIN Max」はWi-Fi 6&Bluetooth 5.0&有線LAN通信に対応しています。

・3つのType-C端子・外部出力&PD充電に対応

AYA NEO」は3つのType-C 3.1端子を搭載し。そのうちの2つはDP Alt Modeによるディスプレイへの外部出力とPD充電に対応します。

一方、「GPD WIN3」は2つのThunderbolt 4端子とUSB 3.2ポートを1つを搭載しています。「OneGx1 Pro」は2つのUSB 4.0(Type-C、USB PD対応)とUSB 3.0ポートを1つ搭載しています。「GPD WIN Max」はThunderbolt 3とUSB Type-C 3.1 Gen2と2つのUSB Type-A 3.1 ポートを搭載しています。

・2つのジョイスティックレバーとトリガーボタンで快適に操作できる

AYA NEO」は2つのジョイスティックレバーとトリガーボタン(ショルダーボタン)で快適に操作できるようになっています。

一方、「GPD WIN3」は2つのジョイスティックレバーとトリガーボタンを搭載しています。「OneGx1 Pro」はコントローラーが別売になっています。「GPD WIN Max」は2つのジョイスティックレバーを搭載しています。

・専用ドックで拡張できる

AYA NEO」は専用ドック(ドッキングステーション)が付属します。専用ドックにはUSB 3.0×2、HDMI出力、SDカードスロット、microSDカードスロット、Gigabit Ethernetが搭載されています。

一方、「GPD WIN3」、「OneGx1 Pro」、「GPD WIN Max」は専用ドックが用意されていません。

デメリット

・キーボードがない

AYA NEO」は物理的なキーボードを搭載していません。必要な場合は別途外付けのものを購入する必要があります。

一方、「GPD WIN3」、「OneGx1 Pro」、「GPD WIN Max」は物理的なキーボードを搭載しています。

・すべてのゲームが遊べるわけではない

AYA NEO」はハイスペックな超小型PCですが、本体にグラフィックカードを搭載していないため、すべてのゲームが遊べるわけではありません。

その点は、「GPD WIN3」、「OneGx1 Pro」、「GPD WIN Max」も同じで、グラフィックカードを必要とするゲームはプレイできません。

「AYA NEO」の評価

AYA NEO」の評価を紹介します。

スペック:★★★★★

通信:★★★★

機能:★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★★

価格:★

<総合評価>

キーボードがない分、携帯性が向上し、ゲームもプレイしやすくなっています。外出先でPCゲームをプレイする場合、このようなストレート型の超小型PCが最適でしょう。現在はキーボードを搭載するUMPCが主流で、その中でゲーミング性能の高いものが販売されていますが、これからはやはりこのストレート型が主流になるでしょう。

やっぱりゲーマーにとってキーボードは邪魔です。ない方が圧倒的に使いやすいです。また、「AYA NEO」には専用のドッキングステーションが付属しており、拡張性も高いというメリットがあります。将来的に外付けのeGPUボックスが販売されるとさらに人気が出るでしょう。革新性と将来性において「AYA NEO」は最も優れた超小型PCかもしれません。

「AYA NEO」の販売・購入先

AYA NEO」は、

Amazonで109,800円、

楽天市場で111,898円 (税込)、

ヤフーショッピングで123,363 円、

Banggoodで112,271円 、

で販売されています。

Amazonで「AYA NEO」をチェックする

楽天市場で「AYA NEO」をチェックする

ヤフーショッピングで「AYA NEO」をチェックする

Banggoodで「AYA NEO」をチェックする

AliExpressで「AYA NEO」をチェックする

米国Amazon.comで「AYA NEO」をチェックする

 

 

 

他のUMPC&ゲーム機と比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「GDP XP」(Android 11)

★「ONE XPLAYER」(8.4インチ・ゲーミング)

GPD WIN3

OneGx1 Pro

GPD WIN Max

OneMix4」(10.1インチ)

ONE-NETBOOK OneGx1

GPD WIN2

One Netbook A1

MOQI I7S」(コントローラー一体型・Android 8.0)

RG351V」(ゲームボーイ風の携帯ゲーム機)

Retroid Pocket 2」 (Android 8.1・携帯ゲーム機)

その他のおすすめ小型PC・ゲーム機は?

その他のおすすめ小型PC&ゲーム機は以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

超小型UMPCが続々! 最新の極小Windows ノートPC まとめ

超小型PC(UMPC)をまとめて紹介しています。

激安で買える海外製の小型PC 最新 まとめ 

海外製の小型PCをまとめて紹介しています。

海外のレアすぎる携帯ゲーム機 2021 まとめ

海外製のレアな携帯ゲーム機をまとめて紹介しています。

最強ゲーミングスマホの本当の選び方・2021 最新 比較

2021最新のゲーミングスマホをまとめて紹介しています。

超極小サイズの携帯ミニゲーム機 最新 まとめ

超極小サイズの携帯ミニゲーム機を紹介しています。

海外製のスティック型ゲーム機に熱視線!人気機種 まとめ

海外製のスティック型ゲーム機を紹介しています。

2021 最新レトロゲーム機 据え置き型 ラインナップ 一覧

2021 最新レトロゲーム機(据え置き型)をまとめて紹介しています。