「LAVIE T11(T1175BAS) 」と人気の高性能タブレットを徹底比較!


2021年3月に発売された「LAVIE T11(T1175BAS) 」と人気の高性能タブレットを徹底比較して紹介!価格やAntutuベンチマーク、スペックの違いに加えて、メリット・デメリットも紹介します。

「LAVIE T11(T1175BAS) 」の特徴

LAVIE T11(T1175BAS) 」の特徴をまとめてみました。

フルHD+のIPS液晶・7500mAhバッテリー・Type-C

LAVIE T11(T1175BAS) 」は11インチ、解像度2000×1200ドットのワイドLED IPS液晶を搭載。画質は高精細なフルHD+で、10点マルチタッチ操作にも対応しています。また、7500mAhバッテリーを搭載し、Web閲覧時で約13.6時間駆動することが可能。Type-C 2.0ポートも搭載し、高速なPD充電やUSB周辺機器が使えるOTGにも対応しています。

Snapdragon 662&4GBメモリ&128GBストレージ

LAVIE T11(T1175BAS) 」はQualcomm Snapdragon 662 オクタコアプロセッサを搭載。Antutuベンチマーク総合で約180,000点を記録し、高速に動作します。また、4GBメモリ搭載で遅延なくスムーズに動作。128GBストレージ搭載で大量の写真や音楽、アプリ、ゲームなどを保存できます。

13MPカメラ&クアッドスピーカー&IP52防水

LAVIE T11(T1175BAS) 」は背面に1300万画素のメインカメラ、前面に800万画素のフロントカメラを搭載。どちらもオートフォーカス対応で高精細な写真が撮影できます。また、本体に4つのスピーカーを搭載。Dolby Atmos対応で臨場感のあるサウンドで音楽を楽しめます。そのほか、IP52の防水防塵に対応。雨に多少濡れても故障することなく使用できます。

公式ページ
https://www.nec-lavie.jp/products/tablet/lavie/laviet11/

価格を比較

LAVIE T11(T1175BAS) 」と、「Galaxy Tab A7」、「Alldocube iPlay 40」、「BMAX i10」の価格を比較してみました。

「LAVIE T11(T1175BAS) 」

LAVIE T1175/BAS」は、Amazonで35,600円、楽天市場で39,600円 (税込・送料無料・ポイント10倍あり)、ヤフーショッピングで39,800円 (税込・送料無料)、ビックカメラで40,000円 (税込・4000ポイント)、NEC公式ストアで税込44,880円で販売されています。

「Galaxy Tab A7」

Galaxy Tab A7」は、Amazonで43,994(Wi-Fi版)、楽天市場で32,918円 (税込)、ヤフーショッピングで29,982 円、米国Amazon.comで$215.15 (日本発送は+ $28.21)で販売されています。

「Alldocube iPlay 40」

Alldocube iPlay 40」は、Amazonで31,999円(2000円OFFクーポン付き)、楽天市場で27,800円 (税込)、ヤフーショッピングで28,250 円、Banggoodで24,361円、AliExpressでUS $239.99 – 258.99 で販売されています。

「BMAX i10」

BMAX i10」はAmazonで17,900(5%OFFクーポン付き)、楽天市場で21,790円 (税込)、ヤフーショッピングで22,935 円 (税込)、AliExpressでUS $159.99 – 169.79、Banggoodで14,949円 で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

LAVIE T11(T1175BAS) 」と、「Galaxy Tab A7」、「Alldocube iPlay 40」、「BMAX i10」のAntutuベンチマークスコアを比較してみました。

「LAVIE T11(T1175BAS) 」

Antutu総合で「181978」、CPUで「70813」、GPUで「33403」、MEMで「27112」、UXで「50650」。

<CPU>Qualcomm Snapdragon 662
※「Lenovo Xiaoxin Pad 11」、「Galaxy Tab A7」と同じプロセッサ

<プロセッサ性能を解説>

11nmプロセスで製造されたQualcomm Snapdragon 662 オクタコアプロセッサを搭載し、Antutuベンチマーク総合で約18万点を記録しています。「Galaxy Tab A7」と同じプロセッサを搭載しているので動作スピードもほぼ同じであるようです。また、UNISOC T618搭載の「Alldocube iPlay 40」や「BMAX i10」と比べてもそれほど大きな違いはなく、ほぼ同性能であるとみていいでしょう。Androidタブレットの中では比較的性能が高い方で、決して「エントリーレベル」ではありません。

性能的には動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍、写真撮影などは快適に動作します。負荷が高めの3Dゲームも快適に動作するので、ゲーム用としてもおすすめです。

なお、タブレットのベンチマークスコアはスマートフォンのベンチマークスコアとは別物です。これは液晶ディスプレイのサイズが大きく異なるため、処理性能に差が生じて動作スピードにも影響を与えるためです。スマートフォンのベンチマークスコアを基準にしてタブレットの性能を知るのではなく、タブレット同士で比較した方がより正しく性能を知ることができます。

「Galaxy Tab A7」

Antutu総合で約176000

<CPU>Snapdragon 662

「Alldocube iPlay 40」

Antutu総合で「205549」、CPUで「64944」、GPUで「41250」、MEMで「58201」、UXで「41154」。

<CPU> UNISOC T618

「BMAX i10」

Antutu総合で「190411」、CPUで「66002」、GPUで「30979」、MEMで「55227」、UXで「38203」。

<CPU> Unisoc Tiger T618

スペックを比較

LAVIE T11(T1175BAS) 」と、「Galaxy Tab A7」、「Alldocube iPlay 40」、「BMAX i10」のスペックを比較してみました。

「LAVIE T11(T1175BAS) 」のスペック

  • 型番 PC-T1175BAS
  • ディスプレイ 11インチ、解像度2000×1200ドットのワイドLED IPS液晶
    ※最大1677万色/10点マルチタッチ/静電容量式
  • プロセッサ Qualcomm Snapdragon 662 オクタコア
    ※11nm/64bit/8コア/最大2.0 GHz
  • GPU Qualcomm Adreno 610
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 128GB
  • 外部ストレージ microSDカードで拡張可能
  • バッテリー 7500mAh
  • 駆動時間 Web閲覧時で約13.6時間
  • 電源 リチウムポリマーバッテリ またはACアダプタ(100~240V±5%、50/60Hz)
  • 背面カメラ 13MP
    有効画素数約1300万画素、カラーCMOSカメラ、オートフォーカス
  • 前面カメラ 8MP
    有効画素数約800万画素、カラーCMOSカメラ、固定フォーカス
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.1
  • インターフェース USB Type-C 2.0×1(クライアント機能、OTG対応、充電兼用)、microSDカードスロット、ドッキングポート(キーボード接続用)
  • センサー GPS、加速度センサ、照度センサ、ジャイロセンサ、TOFセンサ
  • スピーカー クアッドスピーカ(Dolby Atmos対応)
  • 防水 IPX2/IP5X
  • キーボード 専用キーボードあり(※別売・T1175/BAS、TAB11/201用スタンドカバー付きキーボード)
  • スタイラスペン 専用デジタルペン(PC-AC-AD022C)(※別売)
  • 機能 キッズモード、スマートナビゲーション、プロダクティビティ(生産性)モード
  • 生体認証 顔認証
  • OS Android 10
  • サイズ 258.4mm×163mm×7.5mm
  • 重量 約490g
  • カラー ホワイト
  • 付属品 ACアダプタ、充電ケーブル(USB)、マニュアル

関連記事NEC LAVIE Tab タブレット 2020 最新モデルを徹底 比較

Amazonで「LAVIE T1175/BAS」をチェックする

楽天市場で「LAVIE T11(T1175BAS) 」をチェックする

ヤフーショッピングで「LAVIE T11(T1175BAS)」をチェックする

NEC公式ストアで「LAVIE T11(T1175BAS)」をチェックする

ビックカメラで「LAVIE T11(T1175BAS)」をチェックする

「Galaxy Tab A7」のスペック

  • ディスプレイ 10.4インチ、解像度1200 x 2000 pxのTFT液晶
    ※5:3 / 224 ppi / LCD / WUXGA+ / 16Mカラー
  • プロセッサ Qualcomm SM6115 Snapdragon 662 オクタコア
    ※11 nm
  • CPU 4×2.0 GHz Kryo 260 Gold & 4×1.8 GHz Kryo 260 Silver
  • GPU Adreno 610
  • RAM(メモリ)3GB
  • ストレージ 32GB
    ※64GBモデルもあり
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー 7040 mAh
  • 充電 15W急速充電に対応
  • 背面カメラ 8MP
    ※オートフォーカス対応
  • 前面カメラ 5 MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(A-GPS, GLONASS, BDS, GALILEO)
    ※Wi-Fi Direct
  • インターフェース USB Type-C 2.0、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー 加速度計、ジャイロ、近接、コンパス
  • スピーカー クアッドスピーカー(4つのスピーカーを内蔵)
  • オーディオ Dolby Atmos対応
  • セキュリティ Samsung KNOX
  • OS Android 10 + One UI 2.5
  • サイズ 247.6 x 157.4 x 7 mm
  • 重量 476 g (Wi-Fi), 477 g (LTE)
  • カラー ダークグレー、シルバー、ゴールド
  • SIMカード Nano-SIM  ※LETモデルのみ

関連記事「Galaxy Tab A7」と10インチのSIMフリータブレットを徹底 比較!

Amazonで「Galaxy Tab A7」をチェックする

楽天市場で「Galaxy Tab A7」をチェックする

ヤフーショッピングで「Galaxy Tab A7」をチェックする

米国Amazon.comで「Galaxy Tab A7」をチェックする

「Alldocube iPlay 40」のスペック

  • ディスプレイ 10.4インチ、解像度2000 x 1200ドットのIPS液晶
    ※極細ベゼル/フルラミネーション
  • プロセッサ Unisoc Tiger T618 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア/最大2.0GHz
  • CPU 2xA75 + 6xA55  Octa Core
  • GPU ARM Mali-G52
  • RAM(メモリ) 8GB LPDDR4
  • ストレージ 128GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大2TBまで
  • バッテリー 6000mAh /3.8V
  • 充電 PD充電に対応
  • 背面カメラ 8MP
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n(2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(Beidou/Galileo/Glonass)
  • インターフェース Type-C、3.5mmイヤホンジャック
  • オーディオ クアッドBOXステレオスピーカー
  • OS Android 10
  • サイズ 248.1 x 157.9 x 8.3mm
  • 重量 474g
  • カラー ブラック

関連記事「Alldocube iPlay 40」と超人気Android 10 タブレットを徹底 比較!

Amazonで「Alldocube iPlay 40」をチェックする

楽天市場で「Alldocube iPlay 40」をチェックする

ヤフーショッピングで「Alldocube iPlay 40」をチェックする

Banggoodで「Alldocube iPlay 40」をチェックする

AliExpressで「Alldocube iPlay 40」をチェックする

米国Amazon.comで「Alldocube iPlay 40」をチェックする

「BMAX i10」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1080ドットのIPS液晶
    ※10点マルチタッチ
  • プロセッサ UNISOC Tiger T618 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア
  • CPU 2xA75 + 6xA55
  • GPU ARM Mali-G52
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで拡張可能
  • バッテリー 6000mAh /3.8V
  • 充電    PD充電に対応
  • 背面カメラ    5MP
  • 前面カメラ    2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(Galileo)
  • インターフェース USB Type-C、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー 2つのチャンネルスピーカー
  • OS Android 10
  • サイズ 245mm x 164mm x 8.8mm
  • 重量 550g
  • カラー グレイ

関連記事「BMAX i10」と最新の高コスパ タブレットを徹底 比較!

Amazonで「BMAX i10」をチェックする

楽天市場で「BMAX MaxPad I10 タブレット 10.1」をチェックする

ヤフーショッピングで「BMAX MaxPad I10 タブレット 10.1」をチェックする

AliExpressで「BMAX i10」をチェックする

Banggoodで「BMAX i10」をチェックする

Gearbestで「BMAX」をチェックする

「LAVIE T11(T1175BAS) 」のメリット・デメリット

LAVIE T11(T1175BAS) 」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・フルHD+のワイドLED IPS液晶・/10点マルチタッチに対応

LAVIE T11(T1175BAS) 」は11インチ、解像度2000×1200ドットのワイドLED IPS液晶を搭載しています。画質は高精細なフルHD+で、10点マルチタッチ操作にも対応しています。

一方、「Galaxy Tab A7」は10.4インチで解像度1200 x 2000 pxのTFT液晶(5:3)を搭載しています。「Alldocube iPlay 40」は10.4インチで解像度2000 x 1200ドットのIPS液晶を搭載しています。「BMAX i10」は10.1インチ、解像度1920 x 1080ドットのIPS液晶(10点マルチタッチ)を搭載しています。

・4GBメモリ&128GBストレージで快適に使える

LAVIE T11(T1175BAS) 」は4GBメモリ搭載でスムーズに動作します。また、128GBストレージで大量の写真、音楽、アプリ、ゲームを保存できます。

一方、「Galaxy Tab A7」は3GBメモリ&32/64GBストレージを搭載しています。「Alldocube iPlay 40」は8GB LPDDR4メモリ&128GBストレージを搭載しています。「BMAX i10」は4GBメモリ&64GBストレージを搭載しています。

・7500mAhバッテリーでPD充電に対応

LAVIE T11(T1175BAS) 」は7500mAhバッテリー搭載でWeb閲覧時で約13.6時間駆動できます。また、Type-C端子搭載でPD充電も利用できます。

一方、「Galaxy Tab A7」は7040 mAhバッテリー搭載で15W急速充電に対応しています。「Alldocube iPlay 40」は6000mAhバッテリー搭載でPD充電に対応しています。「BMAX i10」は6000mAhバッテリー搭載でPD充電に対応しています。

・背面13MP&前面8MPカメラが使える

LAVIE T11(T1175BAS) 」は背面1300万画素と前面800万画素カメラが使えるようになっています。

一方、「Galaxy Tab A7」は背面8MP(※オートフォーカス対応)&前面5 MPカメラを搭載しています。「Alldocube iPlay 40」は背面8MPカメラ&前面5MPカメラを搭載しています。「BMAX i10」は 背面5MPカメラ&前面2MPカメラを搭載しています。

・Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.1に対応

LAVIE T11(T1175BAS) 」は高速で途切れやすいWi-Fi デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)とBluetooth 5.1に対応しています。

一方、「Galaxy Tab A7」はWi-Fi デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)&Bluetooth 5.0&GPS(A-GPS, GLONASS, BDS, GALILEO)に対応しています。「Alldocube iPlay 40」はWi-Fi デュアルバンド(2.4GHz+5GHz)&Bluetooth 5.0&GPS(Beidou/Galileo/Glonass)に対応しています。「BMAX i10」はWi-Fi デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)&Bluetooth 5.0&GPS(Galileo)に対応しています。

・厚さ7.5mmで重さ約490gの薄型軽量ボディ

LAVIE T11(T1175BAS) 」は厚さ7.5mmで重さ約490gの薄型軽量デザインになっています。

一方、「Galaxy Tab A7」は厚さ7 mmで重さ476 gになっています。「Alldocube iPlay 40」は厚さ8.3mmで重さ474gになっています。「BMAX i10」は厚さ8.8mmで重さ550gになっています。

・IP52の防水防塵に対応

LAVIE T11(T1175BAS) 」はIP52の防水防塵に対応し、多少の雨に濡れても故障せずに使用できます。

一方、「Galaxy Tab A7」、「Alldocube iPlay 40」、「BMAX i10」は防水防塵に対応していません。

・クアッドスピーカー搭載で音がいい

LAVIE T11(T1175BAS) 」Dolby Atmos対応のクアッドスピーカーを搭載し、臨場感のあるサウンドで音楽を楽しめます。

一方、「Galaxy Tab A7」はDolby Atmos対応のクアッドスピーカーを搭載しています。「Alldocube iPlay 40」は4つのBOXステレオスピーカーを搭載しています。「BMAX i10」は2つのチャンネルスピーカーを搭載しています。

デメリット

・SIMフリー4G LET通信に対応していない

LAVIE T11(T1175BAS) 」はSIMスロットがないため、SIMフリー4G LET通信が利用できません。

一方、「Galaxy Tab A7」はSIMフリー4G LET通信が利用できるLETモデルが用意されています。「Alldocube iPlay 40」と「BMAX i10」は はSIMスロット搭載でSIMフリー4G LET通信が利用できます。

・専用キーボードとスタイラスペンが別売になる

LAVIE T11(T1175BAS) 」は専用デジタルペン(PC-AC-AD022C)とT1175/BAS、TAB11/201用スタンドカバー付きキーボードが用意されていますが、別売になります。

一方、「Galaxy Tab A7」、「Alldocube iPlay 40」、「BMAX i10」は専用キーボードとスタイラスペンが用意されていません。

「LAVIE T11(T1175BAS) 」の販売・購入先

LAVIE T11(T1175BAS) 」は、

Amazonで35,600円、

楽天市場で39,600円 (税込・送料無料・ポイント10倍あり)、

ヤフーショッピングで39,800円 (税込・送料無料)、

ビックカメラで40,000円 (税込・4000ポイント)、

NEC公式ストアで税込44,880円、

で販売されています。

Amazonで「LAVIE T1175/BAS」をチェックする

楽天市場で「LAVIE T11(T1175BAS) 」をチェックする

ヤフーショッピングで「LAVIE T11(T1175BAS)」をチェックする

NEC公式ストアで「LAVIE T11(T1175BAS)」をチェックする

ビックカメラで「LAVIE T11(T1175BAS)」をチェックする

 

ビックカメラ.com

 

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「HUAWEI MatePad」(2022・BAH4-W09・10.4型)

★「Lenovo Tab P11 Plus

★「Blackview Tab 11

★「FFF-TAB10A4」(Android 11・HDMI出力)

★「Huawei MatePad」(2021)

★「+Style タブレット

★「CHUWI HiPad Air

★「ALLDOCUBE kPad

★「BMAX MaxPad I11

★「Teclast T40 Plus」(Pro)

★「Honor Pad 7

Banggoodで「Honor Pad 7」をチェックする

Galaxy Tab A7

Alldocube iPlay 40

BMAX i10

Teclast M40

Amazon Fire HD 10

NEC「T1195/BAS」(11.5インチ)

他のNEC LAVIE Tab タブレットと比較

他にもNEC LAVIE Tab タブレットが販売されています。ぜひ比較してみてください。

NEC LAVIE Tab タブレット 2021 最新モデルを徹底 比較

NEC LAVIE Tab タブレット 2021 最新モデルを徹底 比較

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

Android 11で使えるタブレット 2022 最新 まとめ

最新のAndroid 11タブレットをまとめて紹介しています。

2021最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

最新のAndroid 10.0タブレットをまとめて紹介しています。

HDMI出力できるAndroidタブレット まとめ

HDMI出力できるタブレットをまとめて紹介しています。

2in1スタイルで使えるAndroidタブレット まとめ

キーボードが使える2in1のAndroidタブレットを紹介しています。

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

2万円前後のAndroid タブレット(国内販売)をまとめて紹介しています。

超激安でゴメン! ノーブランド Androidタブレット まとめ 

ノーブランドの超激安Androidタブレットをまとめて紹介しています。