「FFF-TAB10H」と最新の10.1タブレットを徹底 比較!


2021年3月11日に発売される「FFF-TAB10H」と最新の10.1タブレットを徹底 比較して紹介!価格やAntutuベンチマーク、スペックの違いに加えて、メリット・デメリットも紹介します。

※2021年11月5日、「FFF-TAB10A2」が発売されました。

※2021年9月4日、「FFF-TAB10A3」が発売されました。

※2020年3月から「FFF-TAB10」も発売中です。

※2019年12月から「FFF-TAB7」も発売中です。

「FFF-TAB10H」の特徴

FFF-TAB10H」の特徴をまとめてみました。

MediaTek MT8788&6GBメモリで高速動作

FFF-TAB10H」はMediaTek MT8788 オクタコアプロセッサを搭載。Antutuベンチマーク総合で約120,000点を記録し、前モデル「FFF-TAB10」よりも3倍高速に動作します。また、メモリは3GBから6GBに増強。OSはAndroid 9.0からAndroid 10にアップグレードされ、より高速に動作するようになっています。

128GBストレージ&7000mAhバッテリー

FFF-TAB10H」は128GBストレージを搭載。64GBだった前モデル「FFF-TAB10」よりも2倍多い容量が増えたことでより多くのアプリや写真、音楽などのファイルを保存できるようになっています。また、大容量7000mAhバッテリーを搭載。スタンバイで480時間(20日間)、通常使用で4.5時間駆動できるようになっています。

8MPカメラ&Type-C&Android 10

FFF-TAB10H」は前モデルと同様に背面に800万画素カメラを搭載。前面には500万画素カメラを搭載し、オンライン授業やZoomなどのWeb会議でも鮮明な映像でやり取りできるようになっています。また、インターフェースにType-C端子を搭載。OTG対応でUSBメモリや有線キーボード、マウスなどと接続できるようになっています。

そのほか、OSにAndroid 10を採用。前モデル「FFF-TAB10」と違い、スマートリプライ(AIによって短い返信候補が表示される機能)や「フォーカスモード」(指定したアプリを指定時間の間は停止しておく機能)も利用できるようになっています。

公式ページ
http://www.marshal-no1.jp/products/fff-tab10h.html

価格を比較

FFF-TAB10H」と、「Lenovo Tab M10 HD」 (2nd Gen)、「Teclast M40」、「BMAX i10」の価格を比較してみました。

「FFF-TAB10H」

FFF-TAB10H」は、Amazonで39,800円、楽天市場で39,800円 (税込)、ヤフーショッピングで39,800円 (税込)で販売されています。

※いずれも初回限定セール価格。通常価格は47,800円。

「Lenovo Tab M10 HD」 (2nd Gen)

Lenovo Tab M10 HD」 (2nd Gen)は、ビックカメラで21,780円 (税込・2178ポイント)、楽天市場で21,780円 (税込・2,170ポイント)、ヤフーショッピングで21,780円 (税込) で販売されています。

「Teclast M40」

Teclast M40」は、Amazonで23,900円、楽天市場で22,500円 (税込)、ヤフーショッピングで21,580 円(税込)、Banggoodで18,154円、AliExpressでUS $163.62 – 166.72、Gearbestで20109円 で販売されています。

「BMAX i10」

BMAX i10」は、Amazonで18,900(10%OFFクーポン付き)、楽天市場で39,139円、ヤフーショッピングで24,925円、AliExpressでUS $137.14 – 145.54、Banggoodで15,484円 で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

FFF-TAB10H」と、「Lenovo Tab M10 HD」 (2nd Gen)、「Teclast M40」、「BMAX i10」のAntutuベンチマークスコアを比較してみました。

「FFF-TAB10H」

Antutu総合で約120,000

<CPU> MediaTek MT8788

<プロセッサ性能を解説>

MediaTek MT8788のベンチマークスコアはまだ公開されていませんが、前モデル「FFF-TAB10」の3倍の動作スピードになることから、約120,
000前後になると予想されます。このスコアは9万台の「Lenovo Tab M10 HD」 (2nd Gen)とそれほど大きく変わらない動作スピードで、「Teclast M40」や「BMAX i10」と比べると、やや遅くなります。

もちろん、動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍、写真撮影などは快適に動作します。負荷の高い3Dゲームをプレイしない限りは問題なく使えるでしょう。

「Lenovo Tab M10 HD」 (2nd Gen)

AnTuTu総合で約96,000

<CPU> MediaTek Helio P22T

「Teclast M40」

Antutu総合で「205549」、CPUで「64944」、GPUで「41250」、MEMで「58201」、UXで「41154」。

<CPU> UNISOC T618

「BMAX i10」

Antutu総合で「190411」、CPUで「66002」、GPUで「30979」、MEMで「55227」、UXで「38203」。

<CPU> Unisoc Tiger T618

スペックを比較

FFF-TAB10H」と、「Lenovo Tab M10 HD」 (2nd Gen)、「Teclast M40」、「BMAX i10」のスペックを比較してみました。

「FFF-TAB10H」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920×1200ドットのIPS液晶
    ※16:10/フルHD/光沢/輝度260cd/最大1677万色/10点マルチタッチ
  • プロセッサ MediaTek MT8788 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア
  • CPU A73×4 2.0GHz+A53×4 1.8GHz
  • GPU Arm Mali-G72 MP3
  • RAM(メモリ) 6GB
  • ストレージ 128GB
  • バッテリー  7000mAh /3.8V リチウムイオンポリマーバッテリ
  • 駆動時間 スタンバイで480時間、通常使用で4.5時間
  • 充電 Type-C充電・充電時間は約4.5時間(付属ACアダプタの場合)
  • ACアダプター 入力:AC100-240V 50-60Hz 出力:5V 2A ケーブル長:約70cm(TypeA to C)
  • 背面カメラ 8MP
  • 前面カメラ    5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n (2.4GHz+5.0GHz)、Bluetooth 4.1
  • インターフェース USB-TypeC (フラッシュメモリ、USBハブ、USBオーディオ認識可能・HDMI出力不可)
  • センサー Gセンサー、ライトセンサー、マグネットセンサー
  • スピーカー 内蔵ステレオスピーカー(8Ω/0.7W)※モノラル音質だという指摘あり
  • マイク 内蔵コンデンサーマイクロホン
  • 本体の素材 メタル(金属)
  • キーボード   専用キーボードなし  ※chuwi Hipad X 10.1用のキーボードが使えるという情報あり
  • OS Android 10※日本語仕様
  • Google Play ストア 対応
  • サイズ 241.7 x 172 x 8.2mm ※突起物除く
  • 重量 約550g  ※マイクロSDカード等未搭載の場合。
  • カラー メガンメタリック
  • 付属品 ACアダプター、USBケーブル、保証書、イジェクトピン
  • 保証 標準保証:1年(ハードウェアのみ保証。交換対応または修理対応)出張対応無し

関連記事2020最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

Amazonで「FFF-TAB10H」をチェックする

楽天市場で「FFF-TAB10H」をチェックする

ヤフーショッピングで「FFF-TAB10H」をチェックする

「Lenovo Tab M10 HD」 (2nd Gen)のスペック

  • 型番 ZA6W0022JP
  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1280×800ドットのワイドIPS液晶
    ※10点マルチタッチ/Miracast対応 /アイプロテクション技術(ブルーライト低減)
  • プロセッサ MediaTek Helio P22T オクタコア
    ※12nm/8コア64bit/最大2.0GHz
  • CPU  Arm Cortex-A53 2.3 GHzクアッドコア+1.8 GHzクアッドコア
  • GPU IMG PowerVR GE8320
  • RAM(メモリ) 2GB LPDDR4X
  • ストレージ 32GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大最大256GBまで
  • バッテリー 5000mAh リチウムイオンポリマーバッテリー
  • 駆動時間 約 10時間
  • 充電 PD充電に対応
  • 充電時間 約 4.5時間 (ACアダプター使用時) ※AC 100-240V(50/60Hz)
  • 背面カメラ 800万画素 ※オートフォーカス対応
  • 前面カメラ 500万画素
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS
  • インターフェース USB 2.0 Type-Cポート(OTG機能付き)、マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック、スマートコネクタ(専用アクセサリ接続用)
  • センサー 加速度センサー、光センサー、近接センサー、GPS、GLONASS
  • スピーカー 2つ搭載
  • オーディオ・サウンド  ドルビーアトモス(Dolby Atmos)
  • OS Android 10.0
  • サイズ 約 241.54×149.38×8.25mm
  • 重量 約 420g
  • カラー アイアングレー
  • 付属品 マニュアル類、ACアダプター、USB Type-Cケーブル、カードスロットピン
  • 発売日 2020年10月13日

関連記事「Lenovo Tab M10 HD」 (2nd Gen)と人気Android10タブレットを徹底 比較!

ビックカメラで「Lenovo Tab M10 HD」(2nd Gen)をチェックする

楽天市場で「Lenovo Tab M10 HD」(2nd Gen)をチェックする

ヤフーショッピングで「Lenovo Tab M10 HD」(2nd Gen)をチェックする

Amazonで「Lenovo Tab M10」(Helio P22T/4GB/64GB)をチェックする

米国 Amazon.comで「Lenovo Tab M10 HD」をチェックする

「Teclast M40」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200 ドットのIPS液晶
    ※10点マルチタッチ操作
  • プロセッサ UNISOC T618 オクタコア
    ※12nm
  • CPU 2xA75 + 6xA55
  • GPU ARM Mali-G52
  • RAM(メモリ) 6GB LPDDR4
  • ストレージ 128GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 6000mAh
  • 充電 PD充電に対応
  • 背面カメラ 8MP
  • 前面カメラ 8MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n ( 2.4GHz/5GHz )、Bluetooth 5.0、GPS
  • インターフェース Type-C、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー Gセンサー
  • スピーカー ステレオスピーカー
  • OS Android 10
  • サイズ 243 x 163 x 9.3mm
  • 重量 529g
  • カラー ブラック

関連記事「Teclast M40」と超人気タブレットを徹底 比較!

Amazonで「Teclast M40」をチェックする

楽天市場で「Teclast M40」をチェックする

ヤフーショッピングで「Teclast M40」をチェックする

Banggoodで「Teclast M40」をチェックする

AliExpressで「Teclast M40」をチェックする

Gearbestで「Teclast M40」をチェックする

米国 Amazon.comで「Teclast M40」をチェックする

「BMAX i10」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1080ドットのIPS液晶
    ※10点マルチタッチ
  • プロセッサ UNISOC Tiger T618 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア
  • CPU 2xA75 + 6xA55
  • GPU ARM Mali-G52
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで拡張可能
  • バッテリー 6000mAh /3.8V
  • 充電    PD充電に対応
  • 背面カメラ    5MP
  • 前面カメラ    2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(Galileo)
  • インターフェース USB Type-C、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー 2つのチャンネルスピーカー
  • OS Android 10
  • サイズ 245mm x 164mm x 8.8mm
  • 重量 550g
  • カラー グレイ

関連記事「BMAX i10」と最新の高コスパ タブレットを徹底 比較!

Amazonで「BMAX i10」をチェックする

楽天市場で「BMAX MaxPad I10 タブレット 10.1」をチェックする

ヤフーショッピングで「BMAX MaxPad I10 タブレット 10.1」をチェックする

AliExpressで「BMAX i10」をチェックする

Banggoodで「BMAX i10」をチェックする

Gearbestで「BMAX」をチェックする

「FFF-TAB10H」のメリット・デメリット

FFF-TAB10H」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・高精細なフルHD液晶・10点マルチタッチ

FFF-TAB10H」は10.1インチ、解像度1920×1200ドットのIPS液晶を搭載しています。画質は高精細なフルHDで、10点マルチタッチ対応でスムーズに操作できます。

一方、「Lenovo Tab M10 HD」 (2nd Gen)は 10.1インチで解像度1280×800ドットのワイドIPS液晶(HD/10点マルチタッチ/Miracast対応/ブルーライト低減)を搭載しています。「Teclast M40」は10.1インチで解像度1920 x 1200 ドットのIPS液晶(フルHD/10点マルチタッチ)に対応しています。「BMAX i10」は10.1インチで解像度1920 x 1080ドットのIPS液晶(フルHD/10点マルチタッチ)に対応しています。

・6GBメモリ&128GBストレージで快適に使える

FFF-TAB10H」は6GBメモリ搭載でスムーズに動作します。また、大容量128GBストレージで、大量のアプリや写真、音楽ファイルなどを保存できます。

一方、「Lenovo Tab M10 HD」 (2nd Gen)は2GB LPDDR4Xメモリと32GBストレージを搭載しています。「Teclast M40」は6GB LPDDR4メモリと128GBストレージを搭載しています。「BMAX i10」は4GBメモリと64GBストレージを搭載しています。

・7000mAhバッテリーでType-C充電に対応

FFF-TAB10H」は7000mAhバッテリー搭載でスタンバイで480時間、通常使用で4.5時間使用できるようになっています。また、Type-C端子搭載で、高速Type-C充電も利用できます。

一方、「Lenovo Tab M10 HD」 (2nd Gen)は10時間駆動する5000mAhバッテリー搭載でPD充電に対応しています。「Teclast M40」は6000mAhバッテリー搭載でPD充電に対応しています。「BMAX i10」は6000mAhバッテリー搭載でPD充電に対応しています。

・Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 4.1に対応

FFF-TAB10H」は高速で途切れづらいWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 4.1に対応しています。

一方、「Lenovo Tab M10 HD」 (2nd Gen)、「Teclast M40」、「BMAX i10」は Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPSに対応しています。

・背面8MP&前面5MPカメラが使える

FFF-TAB10H」は背面に800万画素カメラ、前面に500万画素カメラを搭載しています。

一方、「Lenovo Tab M10 HD」 (2nd Gen)は背面8MP&前面5MPカメラを搭載しています。「Teclast M40」は背面8MP&前面8MPカメラを搭載しています。「BMAX i10」は背面5MP&前面2MPカメラを搭載しています。

・厚さ8.2mmで重さ約550gの薄型軽量ボディ

FFF-TAB10H」は厚さ8.2mmで重さ約550gの薄型軽量デザインになっています。

一方、「Lenovo Tab M10 HD」 (2nd Gen)は厚さ8.25mmで重さ約420gになっています。「Teclast M40」は厚さ9.3mmで重さ529gになっています。「BMAX i10」は厚さ8.8mmで重さ550gになっています。

・Android 10の新機能が使える

FFF-TAB10H」はndroid 10の新機能が使えるようになっています。Android 10には、例えば、スマートリプライ(AIによって短い返信候補が表示される機能)、アプリでの位置情報 共有の設定、「フォーカスモード」(指定したアプリを指定時間の間は停止しておく機能)、「Live Caption」(音声を自動的に字幕に変換する機能)、「Sound Amplifier」(スマホのマイクで周囲の音を取り込み、イヤホンやヘッドホンから増幅した音を流す)などの機能があります。

一方、「Lenovo Tab M10 HD」 (2nd Gen)、「Teclast M40」、「BMAX i10」もAndroid 10 OSを搭載しています。

・安心の国内メーカー・保証1年

FFF-TAB10H」は1年間の国内保証がついています。ハードウェアのみ保証で、交換または修理の対応になっています。

一方、「Teclast M40」と「BMAX i10」は海外モデルで国内メーカーの保証はついていません。「Lenovo Tab M10 HD」 (2nd Gen)はレノボジャパンの保証がついています。

デメリット

・SIMフリーで4G LET通信が利用できない

FFF-TAB10H」はSIMスロットがないため、SIMフリーで4G LET通信が利用できません。

一方、「Teclast M40」と「BMAX i10」はSIMフリーで4G LET通信に対応しています。「Lenovo Tab M10 HD」 (2nd Gen)は4G LET通信に対応していません。

・microSDカードスロットがない

FFF-TAB10H」はmicroSDカードスロットがないため、別売のmicroSDカードでストレージ容量を増やすことができません。

一方、「Lenovo Tab M10 HD」 (2nd Gen)はmicroSDカードで最大最大256GBまで拡張できます。「Teclast M40」はmicroSDカードで最大128GBまで拡張できます。「BMAX i10」はmicroSDカードで拡張できます。

「FFF-TAB10H」の販売・購入先

FFF-TAB10H」は、

Amazonで39,800円、

楽天市場で39,800円 (税込)、

ヤフーショッピングで39,800円 (税込)、

で販売されています。

Amazonで「FFF-TAB10H」をチェックする

楽天市場で「FFF-TAB10H」をチェックする

ヤフーショッピングで「FFF-TAB10H」をチェックする

 

 

 

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「FFF-TAB10A2」(Android 11・HDMI出力)

★「FFF-TAB10A3」(Android 11・HDMI出力)

★「Teclast T40 Plus」(Android 11)

★「Alldocube iPlay 20S」(Android 11)

★「Fire HD 10 Plus

Lenovo Tab M10 HD」 (2nd Gen)

Teclast M40

BMAX i10

Alldocube iPlay 40」(10.4インチ)

Blackview Tab 8

Huawei MatePad 10.4

Dragon Touch NotePad 102

Alcatel 1T 10 2020

Vankyo S30」(Android 9.0)

FFF-TAB10」(Android 9.0)

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

Android 11で使えるタブレット 2021 最新 まとめ

最新のAndroid 11タブレットをまとめて紹介しています。

2021最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

最新のAndroid 10.0タブレットをまとめて紹介しています。

Android 9.0で使えるタブレット 最新 まとめ

Android 9.0 OSを搭載したタブレットをまとめて紹介しています。

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

2万円前後のAndroid タブレット(国内販売)をまとめて紹介しています。

超激安でゴメン! ノーブランド Androidタブレット まとめ

ノーブランドの激安Androidタブレットをまとめて紹介しています。