「Alldocube Expand X」と最新モバイルモニターを徹底 比較!


2021年1月に発売された「Alldocube Expand X」と最新モバイルモニターを徹底 比較して紹介! 価格や機能、特徴、スペックの違いに加えて、メリット・デメリットも紹介します。

「Alldocube Expand X」の特徴

Alldocube Expand X」の特徴をまとめてみました。

2K画質のIPS液晶・HDR機能で色鮮やか

Alldocube Expand X」は13.3インチ、解像度2560 x 1440 ドットのIPS液晶を搭載。画質は2KでフルHD以上に高精細な映像が見られるようになっています。また、コントラスト比 1000:1、色域 85% NTSCの色鮮やかな映像を実現。HDR機能にも対応しているため、暗いシーンでもより明るい映像を映し出せるようになっています。

Type-Cでスマホ&PCに接続・タッチ操作に対応

Alldocube Expand X」はType-C端子を3つとminiHDMI端子を搭載し、スマホやタブレット、ノートPC、ゲーム機などとも接続できるようになっています。また、10点マルチタッチ操作に対応。Androidなどのタッチ操作に対応したアプリもスムーズに操作できます。

キーボード付属・キックスタンド付きでバッテリー内蔵

Alldocube Expand X」は専用のタイプカバーキーボードが付属。本体背面にキックスタンドも搭載し、スタンドなしで本体を自立させることができます。また、大容量10000mAhバッテリー搭載で長時間の動作が可能。Quick Charge 4 (PD2.0) 急速充電に対応し、短時間で充電を完了させることもできます。

Alldocube  公式ページ
https://www.alldocube.com/en/category/windows/

価格を比較

Alldocube Expand X」と、「LCD-CF131XDB-M」、「ASUS MB16ACE」、「ThinkVision M14」の価格を比較してみました。

「Alldocube Expand X」

Alldocube Expand X」は、Banggoodで31,154円(キーボード付属)、AliExpressでUS $199.99 – 279.99 で販売されています。

「LCD-CF131XDB-M」

LCD-CF131XDB-M」は、Amazonで22,980円、楽天市場で24,900円 (税込)、ヤフーショッピングで24,199円 (税込)、ビックカメラで28,800円 (税込・2,880ポイント)で販売されています。

「ASUS MB16ACE」

ASUS MB16ACE」は、Amazonで28,938円(税込)、楽天市場で28,938円 (税込)、ヤフーショッピングで28,937円 (税込)で販売されています。

「ThinkVision M14」

ThinkVision M14」は、Amazonで35,000円 (税込)、楽天市場で33,660円 (税込)、ヤフーショッピングで33,660円 (税込)、レノボ公式ストアで33,660円(税込・送料無料)で販売されています。

機能・特徴を比較

Alldocube Expand X」と、「LCD-CF131XDB-M」、「ASUS MB16ACE」、「ThinkVision M14」の機能・特徴を比較してみました。

「Alldocube Expand X」

HDR、スマホ(PCモード搭載)&PCへの出力、10点マルチタッチ操作、10000mAhバッテリー内蔵、Quick Charge 4 (PD2.0) 急速充電、3つのType-Cポート、デュアルスピーカー、キックスタンド、タイプカバー付属、Type-C出力、Mini HDMI出力

「LCD-CF131XDB-M」

チルト機能(上下に角度調整)、HDCP(不正コピー防止)、オーバードライブ機能(応答速度を向上)、超解像技術(ぼやけなしで鮮明に表示)、エンハンストカラー機能(メリハリをつけ、鮮やかに表現)、CREX(バックライトの輝度を自動的に制御)、画面モード(最適な設定がプリセット済み)、ブルーリダクション2、スタンドで自立

「ASUS MB16ACE」

ハイブリッドシグナルソリューション(映像信号と電力供給をUSBケーブル1本で入力)、DisplayWidgetソフトウェア(画面表示の自動回転)、折りたたみ式スマートケース(本体を自立させるスタンドにもなる)、ブルーライト軽減機能(5段階で調整可能)、フリッカーフリー技術(チラツキなくす)、

Quick Fit機能(方眼/各種写真サイズ)、GamePlus機能(Aimポインター/タイマー)、HDCP:対応、ディスプレイウィジェット、Splendid映像設定モード数:8モード (sRGBモード/Sceneryモード/Theaterモード/Standardモード/NightViewモード/Gameモード/Readingモード/Darkroomモード)

「ThinkVision M14」

Type-Cポートで出力&電力供給、パワーパススルー機能(パソコンと接続することでPC側への給電や内蔵バッテリーの充電を行う)、HDCP機能、ブルーライト軽減機能、セキュリティロックケーブル用スロット装備、ケンジントンロック(盗難防止)、自立スタンドの角度調整、保護ケースも同梱、チルト(前0° 後80°)

スペックを比較

Alldocube Expand X」と、「LCD-CF131XDB-M」、「ASUS MB16ACE」、「ThinkVision M14」のスペックを比較してみました。

「Alldocube Expand X」のスペック

  • ディスプレイ 13.3インチ、解像度2560 x 1440 ドットのIPS液晶
  • リフレッシュレート 60Hz
  • 輝度 350cd/m
  • コントラスト比 1000:1
  • 色域 85% NTSC
  • アスペクト比 16:9
  • タッチ操作 対応・10点マルチタッチ
  • スタンド あり・キックスタンド
  • バッテリー 10000mAh
  • 充電 Quick Charge 4 (PD2.0) 急速充電に対応
  • インターフェース Type-C x3、充電用Type-C PDポートx1、Mini HDMI x1、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー あり・デュアルスピーカー
  • キーボード あり・専用タイプカバー
  • 機能 HDR、スマホ&PCへの出力
    ※スマホはPCモードに対応したモデルのみ対応
  • サイズ 357X224X9.4mm
  • 重量 800g
  • カラー グレー

関連記事ALLDOCUBE タブレット 激安コスパで独走! 最新 全機種を比較

Banggoodで「Alldocube Expand X」をチェックする

AliExpressで「Alldocube Expand X」をチェックする

GearBestで「UPERFECT 15.6」をチェックする

Amazonで「モバイルモニター 4K」をチェックする

Amazonで「ドッキングステーション 4k」をチェックする

楽天市場で「モバイルモニター 4K」をチェックする

ヤフーショッピングで「モバイルモニター 4K」をチェックする

「LCD-CF131XDB-M」のスペック

  • ディスプレイ 13.3インチ、解像度1920×1080ドットのTFT液晶
    ※非光沢/1677万色/視野角 上下:170° 左右:170°
  • リフレッシュレート 60Hz
  • 応答速度 30ms[GTG]
    ※オーバードライブレベル2設定時:6ms[GTG]
  • 輝度 300cd/㎡
  • コントラスト比 800:1
    ※CREX レベル2設定時:11300:1
  • 色域 不明
  • アスペクト比 16:9 or 4:3、5:4
  • タッチ操作 なし
  • スタンド  あり
  • バッテリー なし
  • インターフェース HDMI(ミニ)、USB Type-C(DisplayPort Alt Mode)
  • スピーカー なし
  • オーディオ ステレオミニジャック φ3.5
  • サイズ 329x204x10 mm
  • 重量  740 g
  • カラー グレー

Amazonで「LCD-CF131XDB-M」をチェックする

楽天市場で「LCD-CF131XDB-M」をチェックする

ヤフーショッピングで「LCD-CF131XDB-M」をチェックする

ビックカメラで「LCD-CF131XDB-M」をチェックする

「ASUS MB16ACE」のスペック

  • ディスプレイ 15.6インチ、解像度1,920×1,080ドットのIPS液晶
    ※視野角:水平178°、垂直178°/ノングレア(非光沢)
  • リフレッシュレート 不明
  • 応答速度 5ms(グレー→グレー)
  • 輝度 250 cd/㎡
  • コントラスト比 800:1
  • 色域 不明
  • アスペクト比 16:9
  • タッチ操作 なし・折り畳みスマートケース
  • スタンド あり
  • バッテリー なし
  • インターフェース USB Type-C
  • スピーカー なし
  • サイズ 360mm×226mm×8mm (W×D×H)
    ※スタンド含む
  • 重量 700 g
  • カラー ダークグレイ

Amazonで「ASUS MB16ACE」をチェックする

楽天市場で「ASUS MB16ACE」をチェックする

ヤフーショッピングで「ASUS MB16ACE」をチェックする

ASUS公式ストアで「ZenScreen GO MB16AP」をチェックする

「ThinkVision M14」のスペック

  • ディスプレイ 14インチ、解像度1920×1080 ドットのIPS液晶
    ※光沢なし / 3辺狭額縁/1,670万色
  • リフレッシュレート 不明
  • 応答速度 6ms
  • 輝度 最大345cd/㎡
  • コントラスト比 700:1
  • 色域 72% NTSC
  • アスペクト比 16:9
  • タッチ操作 なし
  • スタンド あり・チルト(前0° 後80°)、高さ調整可能なスタンド付き(自立可能)
  • バッテリー なし
  • インターフェース USB Type-C x2 (外部電源供給/画像入力機能に対応)
    ※スタンド側にポート類&電源ボタンが配置されています
  • スピーカー なし
  • サイズ 96.54 x 209.03 x 323.37 mm (最も低い位置)、 3.8 × 8.23 × 12.73インチ (最も低い位置)。 96.54 × 220.03 × 323.37 mm (最も高い位置)、 3.8 × 8.66 × 12.73インチ (最も高い位置)
  • 重量 570 g
  • カラー ブラック

Amazonで「ThinkVision M14」をチェックする

楽天市場で「ThinkVision M14」をチェックする

ヤフーショッピングで「ThinkVision M14」をチェックする

レノボ公式ストアで「ThinkVision M14」をチェックする

「Alldocube Expand X」のメリット・デメリット

Alldocube Expand X」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・高精細な2K液晶・HDR機能に対応

Alldocube Expand X」は13.3インチ、解像度2560 x 1440 ドットのIPS液晶を搭載。画質は2KなのでフルHD以上に高精細です。また、HDR機能を搭載しているため、暗いシーンでもより明るく見えるようになっています。

一方、「LCD-CF131XDB-M」は13.3インチ、解像度1920×1080ドットのTFT液晶(超解像技術)、「ASUS MB16ACE」は15.6インチ、解像度1,920×1,080ドットのIPS液晶(自動回転・フリッカーフリー)、「ThinkVision M14」は14インチ、解像度1920×1080 ドットのIPS液晶を搭載しています。

・タッチ操作に対応している

Alldocube Expand X」は10点マルチタッチ操作に対応しています。Androidのタッチ操作のみに対応しているアプリでも快適に操作できます。

一方、「LCD-CF131XDB-M」、「ASUS MB16ACE」、「ThinkVision M14」はタッチ操作に対応していません。

・10000mAhバッテリー内蔵でQuick Charge 4 (PD2.0) 急速充電に対応

Alldocube Expand X」は10000mAhバッテリーを内蔵し、電源がない場所からでも駆動できます。また、Quick Charge 4 (PD2.0) 急速充電に対応し、短時間で充電を完了できます。

一方、「LCD-CF131XDB-M」、「ASUS MB16ACE」、「ThinkVision M14」はバッテリーを内蔵していません。Type-Cに対応したモバイルバッテリーは利用可能です。

・タイプカバー(キーボード)が付属する

Alldocube Expand X」は基本的にタイプカバー(キーボード)が付属します。スマホやタブレットなどと接続すると、ノートPCのように使うことができます。一方、「LCD-CF131XDB-M」、「ASUS MB16ACE」、「ThinkVision M14」はタイプカバー(キーボード)は付属しません。

・Type-C&Mini HDMI出力

Alldocube Expand X」は3つのType-C端子を搭載し、外部出力にも対応しています。また、Mini HDMI端子を搭載しているため、HDMI対応のゲーム機やTV BOXなどともスムーズに接続できます。

一方、「LCD-CF131XDB-M」、「ASUS MB16ACE」、「ThinkVision M14」はType-Cからの外部出力のみに対応しています。HDMI機器に接続する場合は変換アダプターが別途必要になります。

・厚さ9.4mmの薄型ボディ

Alldocube Expand X」は厚さ9.4mmの薄型ボディでカバンの中にもすっぽりと収まります。

一方、「LCD-CF131XDB-M」は厚さ10 mm「ASUS MB16ACE」は厚さ8mm、「ThinkVision M14」は厚さ3.8mmになっています。

・デュアルスピーカーが内蔵されている

Alldocube Expand X」は本体に2つのスピーカーを内蔵しています。

一方、「LCD-CF131XDB-M」、「ASUS MB16ACE」、「ThinkVision M14」はスピーカーが内蔵されていません。

デメリット

・重さ800g・本体が重い

Alldocube Expand X」は重さ800gとけっこう重いです。

一方、「LCD-CF131XDB-M」は740 g、「ASUS MB16ACE」は700 g、 「ThinkVision M14」は570 gになっています。

・ゲームに特化した機能がない

Alldocube Expand X」はゲームに特化した機能はありません。ふつうに遊ぶことはできます。

一方、「LCD-CF131XDB-M」はオーバードライブ機能で応答速度を向上させることができます。「ASUS MB16ACE」はGamePlus機能が搭載されており、FPSゲーム(Aimポインターモードやタイマーモード・FPSカウンター)で、画面上に照準を表示させることができます。「ThinkVision M14」はゲームに特化した機能がありません。

「Alldocube Expand X」の販売・購入先

Alldocube Expand X」は、

Banggoodで31,154円(キーボード付属)、

AliExpressでUS $199.99 – 279.99 、

で販売されています。

Banggoodで「Alldocube Expand X」をチェックする

AliExpressで「Alldocube Expand X」をチェックする

GearBestで「UPERFECT 15.6」をチェックする

Amazonで「モバイルモニター 4K」をチェックする

Amazonで「ドッキングステーション 4k」をチェックする

楽天市場で「モバイルモニター 4K」をチェックする

ヤフーショッピングで「モバイルモニター 4K」をチェックする

 

他のモバイルモニターと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

LCD-CF131XDB-M

ASUS MB16ACE

ThinkVision M14

Diginnos DG-NP09D

ASUS「MB16AC

Portable Gaming Monitor

サンコー「MBWHDM10

plus one HDMI

PLANEX MOM-7

その他のおすすめ液晶モニターは?

その他のおすすめ液晶モニターは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

Switch&スマホで使えるモバイル液晶ディスプレイ 2020 まとめ 

2020最新のモバイル液晶モニターを紹介しています。

モバイルディスプレイはゲーム&動画に最適! 全機種を比較

モバイルモニターをまとめて紹介しています。

一人暮らしに最適な液晶ディスプレイ&テレビ まとめ 

一人暮らし用の液晶モニター&テレビをまとめて紹介しています。

NetflixもHuluも超快適な液晶ディスプレイ まとめ

動画視聴用の液晶ディスプレイをまとめて紹介しています。