「BOOX Poke2」と6型Einkタブレットを徹底 比較!


2020年11月に発売された「BOOX Poke2」と6型Einkタブレットを徹底 比較して紹介! 価格、機能、スペックの違いに加えて、メリット・デメリットも紹介します。

「BOOX Poke2」の特徴

BOOX Poke2」の特徴をまとめてみました。

オクタコアプロセッサでサクサク・32GBストレージ

BOOX Poke2」は新たにオクタコア(8コア)プロセッサを搭載。クアッドコア(4コア)プロセッサ搭載だった前モデル「Boox Poke Pro」よりも高速に動作するようになっています。また、2GBメモリ搭載でスムーズに動作。32GBストレージ搭載で、16GBストレージ搭載だった前モデル「Boox Poke Pro」よりも多くの電子書籍やPDFファイルを持ち歩くことができます。

第4世代のEink Carta液晶・32段階のフロントライト

「BOOX Poke2」は第4世代のEink Carta液晶を搭載。300ppiの高精細で鮮明な表示で快適に読書できます。また、32段階で調整できるフロントライトを搭載。PDFファイルはページめくりが不要な一覧表示が可能で、スクロールさせながら読むことができます。

Android 9.0&Wi-Fiデュアルバンド&OTG対応

BOOX Poke2」は新たにAndroid 9.0を搭載。Kindle、Kobo、Tagus、Nookなどの電子書籍アプリやその他のAndroidアプリもインストールできます。また、高速で途切れにくい通信が可能なWi-Fiデュアルバンドに対応。Bluetooth 4.1をサポートし、ワイヤレスイヤホンやヘッドホン、スピーカーとも接続できます。そのほか、OTG対応のmicroUSB端子を踏査。マウスやキーボードも接続することができます。

公式ページ

価格を比較

BOOX Poke2」と、「Boox Poke Pro」、「Kindle Paperwhite」(第10世代)、「Kobo Nia」の価格を比較してみました。

「BOOX Poke2」

BOOX Poke2」は、Banggoodで25,352円、AliExpressでUS $189.99 – 199.99 で販売されています。

「Boox Poke Pro」

Boox Poke Pro」は、Amazonで23,800円、ヤフーショッピングで26,180円 (税込)で販売されています。

「Kindle Paperwhite」(第10世代)

Kindle Paperwhite」は、Amazonで13,980円(広告付き・Wi-Fi)、楽天市場で13,981円 (税込)、ヤフーショッピングで13,980円 で販売されています。

「Kobo Nia」

Kobo Nia」は、楽天市場で10,978円(税込・送料無料)、ヤフーショッピングで10,978円、ビックカメラで10,978円 (税込)で販売されています。

機能を比較

BOOX Poke2」と、「Boox Poke Pro」、「Kindle Paperwhite」(第10世代)、「Kobo Nia」の機能を比較してみました。

「BOOX Poke2」

Google Play、Androidアプリ(Kindle&koboなどを含む)、32段階で調整できるフロントライト、PDF一覧表示(ページめくりなし)、フォントとフォントサイズの変更、画像またはテキストのコントラストの調整、太字のテキスト、Bluetooth接続(スピーカーは非搭載)、Wi-Fiデュアルバンド、OTG、クラウドストレージでの連携

「Boox Poke Pro」

Google Play、Androidアプリ(Kindle&koboなどを含む)、フロントライト(暖色・寒色)、フォントとフォントサイズの変更、画像またはテキストのコントラストの調整、太字のテキスト、Bluetooth接続(スピーカーは非搭載)、Wi-Fi(2.4GHz)、クラウドストレージでの連携

「Kindle Paperwhite」(第10世代)

防水(IPX8等級)、4Gモバイル通信(対応モデルのみ・無料)、フロントライト、Whispersync機能(異なる端末でも続きをすぐ読める)、クラウドストレージ(Amazon のコンテンツはすべて無料でクラウドに保存可能)、フォント最適化、文字サイズ変更(8種類)、ウィキペディア検索、辞書検索、Wi-Fi(2.4GHz)、Prime Reading(プライム会員は読み放題)、ハイライト機能

「Kobo Nia」

ComfortLight(フロントライト内蔵・寒色7個+暖色6個)、進捗バー機能(既読の割合を把握しやすくする)、Wi-Fi(2.4GHz)、文字サイズ変更、辞書検索、ハイライト機能

スペックを比較

BOOX Poke2」と、「Boox Poke Pro」、「Kindle Paperwhite」(第10世代)、「Kobo Nia」のスペックを比較してみました。

「BOOX Poke2」のスペック

  • ディスプレイ 6インチ、解像度1448 x 1072 pxのE-ink Carta液晶
    ※300ppi / HD / 16グレースケール / 静電容量式タッチ / フロントライト(暖色・寒色)
  • プロセッサ(CPU) Cortex-A532.0GHzオクタコア
  • RAM(メモリ) 2GBLPDDR3
  • ストレージ 32GB eMMC
  • バッテリー 1500mAh リチウムポリマー電池
  • 駆動時間 スタンバイモードで最長4週間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.1
  • インターフェース Micro USB (OTG)
  • OS Android 9.0
  • ドキュメント形式:PDF、EPUB、TXT、DJVU、HTML、RTF、FB2、DOC、MOBI、CHM ..
  • 画像形式:PNG、JPG、TIFF、BMP
  • 音声フォーマット:WAV、MP3
  • DRM(サードパーティアプリ)をサポート
  • サイズ 153×107×6.8mm
  • 重量 150g
  • カラー シルバー

関連記事Einkタブレットに新モデル続々 最新 機種を比較

Banggoodで「BOOX Poke2」をチェックする

AliExpressで「BOOX Poke2」をチェックする

米国 Amazon.comで「Onyx BOOX Livingstone」をチェックする

Amazonで「FMV-DPP04 QUADERNO」をチェックする

楽天市場で「FMV-DPP04 QUADERNO」をチェックする

ヤフーショッピングで「FMV-DPP04 QUADERNO」をチェックする

「Boox Poke Pro」のスペック

  • ディスプレイ  6インチ、解像度1448×1072ピクセルのCarta Eink液晶
    ※フロントライトあり / 300 PPI
  • ページめくり タップ、スワイプ
  • プロセッサ  1.6GHzクアッドコア
  • RAM(メモリ)  2GB(LPDDR3)
  • ストレージ  16GB
  • バッテリー  2500mAh
  • インターフェース  Micro USB
  • OS  Android 6.0
  • フロントライト 内蔵 2色で切り替え可能
  • 通信  Wi-Fi(2.4gHz/bgn) 、bluetooth 4.1
  • インターフェース   Micro USB
  • サイズ  160mm×114mm×7.8mm
  • 重量  170g
  • 付属品  ケースと保護フィルム、チャージャー
  • 発売日  2018年12月 ※日本
  • 対応ファイルフォーマット
    ドキュメント形式   PDF、EPUB、TXT、DJVU、HTML、RTF、FB2、DOC、MOBI、CHM など
    画像フォーマット形式  PNG、JPG、TIFF、BMP
    オーディオフォーマット形式    WAV、MP3 DRM

関連記事「Boox Poke Pro」スペック 詳細 BOOX Nova との違い

Amazonで「BOOX Poke Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「Boox Poke Pro」をチェックする

楽天市場で「BOOX」をチェックする

「Kindle Paperwhite」(第10世代)のスペック

  • ディスプレイ 6インチ、解像度300ppiのCarta液晶
    ※内蔵型ライト/フォント最適化技術/16階調グレースケール
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 8 GB または32 GB / 端末本体に数千冊保存可能(一般的な書籍の場合)
    ※Amazon のコンテンツはすべて無料でクラウドに保存可能
  • バッテリー 1回の充電で数週間利用可能
  • 充電 PCからUSB経由での充電で約4時間。USB充電アダプター経由での充電で3時間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi(2.4GHz)
  • インターフェース microUSB 2.0
  • 防水 IPX8等級。深さ2mの真水に60分沈めても有害な影響がない
  • OS 独自OS
  • 対応ファイルフォーマット Kindle(AZW3)、Kindle (AZW)、TXT、PDF、保護されていないMOBI、PRCに対応。HTML、DOC、DOCX、JPEG、GIF、PNG、PMPは変換して対応
  • サイズ 167 mm x 116 mm x 8.18 mm
  • 重量 wifi:182g / wifi + 無料 4G:191g
  • カラー ブラック
  • 付属品 USB 2.0充電ケーブル、保証書、スタートガイド(PDF)

関連記事ライト付き「Kindle 2019」は買うべき? それとも防水Paperwhiteか

Amazonで「Kindle Paperwhite」をチェックする

楽天市場で「Kindle Paperwhite」をチェックする

ヤフーショッピングで「Kindle Paperwhite」をチェックする

「Kobo Nia」のスペック

  • ディスプレイ 6インチ、解像度1024 x 758 pxのCarta E Ink HD液晶
    ※ComfortLight(フロントライト内蔵)/ 212ppi
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 8GB
    ※小説で約6,000冊、コミックで約150冊分
  • バッテリー駆動時間 数週間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 b/g/n(2.4GHz)
  • インターフェース microUSB
  • OS 独自OS
  • 対応ファイルフォーマット:EPUB/EPUB3/PDF/JPEG/GIF/PNG/BMP/TIFF/TXT/HTML/RTF/CBZ/CBR/MOBI
  • サイズ 159.3 x 112.4 x 9.2mm
  • 重量 172 g
  • カラー ブラック

楽天市場で「Kobo Nia」をチェックする

ヤフーショッピングで「Kobo Nia」をチェックする

ビックカメラで「Kobo Nia」をチェックする

Amazonで「Kobo Clara HD」をチェックする

「BOOX Poke2」のメリット・デメリット

BOOX Poke2」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・高精細な300ppiのHD E-ink Carta液晶が見やすい

BOOX Poke2」は6インチ、解像度1448 x 1072 pxのE-ink Carta液晶を搭載しています。解像度300ppiなので非常に高精細です。

一方、「Kobo Nia」は212ppiでやや解像度が劣ります。「Boox Poke Pro」と「Kindle Paperwhite」(第10世代)は解像度300ppiです。

・オクタコアプロセッサと2GBメモリで高速に動作

BOOX Poke2」はオクタコア(8コア)プロセッサと2GBメモリ搭載で高速に動作します。

一方、「Kobo Nia」はやや動作が遅く、Kindle端末と比べても動作が遅くなっています。「Boox Poke Pro」は4コアプロセッサ搭載で「BOOX Poke2」よりも動作が遅くなります。「Kindle Paperwhite」(第10世代)はストレスなく高速に動作します。

・32GBストレージ内蔵で大量保存できる

BOOX Poke2」は32GBストレージ内蔵で大量のファイルを保存できるようになっています。

一方、「Boox Poke Pro」は16GBストレージを搭載、「Kindle Paperwhite」(第10世代)は8 GB または32 GBストレージを搭載、「Kobo Nia」は8GBストレージを搭載しています。

・Wi-FiデュアルバンドとBluetooth 4.1対応で快適に通信できる

BOOX Poke2」は高速で途切れづらいWi-FiデュアルバンドとBluetooth 4.1対応で快適に通信できるようになっています。

一方、「Boox Poke Pro」はWi-Fi(2.4GHz)とBluetooth 4.1に対応、「Kindle Paperwhite」(第10世代)は4G通信(対応モデルのみ)&Wi-Fi(2.4GHz)に対応、「Kobo Nia」はWi-Fi(2.4GHz)に対応しています。

・OTG対応でマウス&キーボードも接続できる

BOOX Poke2」はOTG対応でマウス&キーボードも接続できるようになっています。

一方、「Boox Poke Pro」、「Kindle Paperwhite」(第10世代)、「Kobo Nia」はOTGに対応していません。

・厚さ×6.8mmで重さ150gの薄型軽量ボディ

BOOX Poke2」は厚さ×6.8mmで重さ150gの薄型軽量デザインになっています。

一方、「Boox Poke Pro」は厚さ7.8mmで重さ170g、「Kindle Paperwhite」(第10世代)は厚さ8.18 mmで重さ182g(4Gモデルは191g)、「Kobo Nia」は厚さ 9.2mmで重さ172 gになっています。

・Androidアプリが使える

BOOX Poke2」はAndroid9.0搭載でGoogle Playストアにも対応しているため、豊富なAndroidアプリが利用できます。

一方、「Kindle Paperwhite」(第10世代)と「Kobo Nia」はAndroidアプリをインストールして使うことはできません。

「Boox Poke Pro」はAndroidアプリが使用できますが、OSのバージョンがAndroid 6.0になります。

デメリット

・ストレージを拡張できない

BOOX Poke2」はmicroSDカードスロットを搭載していないため、ストレージ容量を増やすことができません。「LikeBook Ares Note」、「Likebook Muses」などはmicroSDカードスロットを搭載しています。

「Boox Poke Pro」、「Kindle Paperwhite」(第10世代)、「Kobo Nia」はmicroSDカードスロットがありません。

・専用スタイラスペンがない

BOOX Poke2」は専用スタイラスペンが用意されていません。市販のものは使用できますが、繊細なタッチで描くことはできません。「Boox Nova3」や「LikeBook Ares Note」、「Likebook Muses」などは専用スタイラスペンが用意されています。

「Boox Poke Pro」、「Kindle Paperwhite」(第10世代)、「Kobo Nia」は専用スタイラスペンが用意されていません。

「BOOX Poke2」の販売・購入先

BOOX Poke2」は、

Banggoodで25,352円、

AliExpressでUS $189.99 – 199.99 、

で販売されています。

Banggoodで「BOOX Poke2」をチェックする

AliExpressで「BOOX Poke2」をチェックする

米国 Amazon.comで「Onyx BOOX Livingstone」をチェックする

Amazonで「FMV-DPP04 QUADERNO」をチェックする

楽天市場で「FMV-DPP04 QUADERNO」をチェックする

ヤフーショッピングで「FMV-DPP04 QUADERNO」をチェックする

 

他のEinkタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報や機能、性能、価格などが分かるようになっています。

Boox Poke Pro

Kindle Paperwhite」(第10世代)

Kobo Nia

Boox Nova3」(7.8インチ・Android10)

BOOX Nova2」(7.8インチ・Android9.0)

LikeBook Ares Note」(7.8インチ・Android 6.0)

Likebook Muses」(7.8インチ・Android 6.0)

Likebook Mars」(7.8インチ・Android 6.0)

Kobo Forma」(8.0インチ)

Kindle Oasis」(第10世代・7インチ)

その他のおすすめタブレットは?

その他のおすすめタブレットは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

Einkタブレットに新モデル続々 最新 機種を比較

Eink液晶を搭載したタブレットをまとめて紹介しています。

最新 電子書籍リーダー Kindle & 楽天 Kobo 比較

最新の電子書籍リーダーをまとめて紹介しています。

ワコムのペンタブレットに新モデル続々! おすすめ 比較

ワコムのペンタブレットをまとめて紹介しています。

2020最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

2020最新のAndroidタブレットをまとめて紹介しています。