「HUAWEI WATCH FIT」と人気スマートバンドを徹底 比較!


2020年10月2日にファーウェイジャパンから発売される「HUAWEI WATCH FIT」と人気スマートバンドを徹底 比較して紹介! 価格や計測できること・機能、スペックの違いをはじめ、メリット・デメリットも紹介します。

※「HUAWEI WATCH FIT」は2021年1月下旬以降から「SpO2」(血中酸素)対応するようにアップデートされました。

※2020年9月から「Honor band 6」も発売されています。

※2020年10月から「Honor Watch ES」も発売されています。

「HUAWEI WATCH FIT」の特徴

HUAWEI WATCH FIT」の特徴をまとめてみました。

1.64インチの大型AMOLED液晶が見やすい

HUAWEI WATCH FIT」は1.64インチの大型AMOLED(有機EL)液晶を搭載。ピクセル密度326ppi、画面占有率70%のワイドで色鮮やかな映像を映し出します。また、太陽光の下でも見やすく表示する輝度自動調整機能を搭載。タッチ対応で6種の常時点灯表示にも対応します。

ワークアウトを動画でチェック・96種類モード

HUAWEI WATCH FIT」は「職場でのエクササイズ」、「全身のストレッチ」など12種類のクイックワークアウトをアニメーション動画ですばやくチェックすることができます。

また、96種類のワークアウトモードに対応。ランニング、水泳、サイクリングなど11のプロスポーツモードやヨガや高強度インターバルトレーニングなどの85種類のカスタムワークアウトモードが利用できるようになっています。

約10日間のロング駆動・急速充電に対応

HUAWEI WATCH FIT」は通常使用で連続7日~10日間、GPSモードで約12時間駆動するバッテリーを搭載。急速充電にも対応し、わずか5分の充電で約1日駆動することができます。なお、充電は磁気充電ポートを利用。製品には充電クレードルと充電ケーブルが付属します。

価格を比較

HUAWEI WATCH FIT」と、「Fitbit Charge 4」、「Xiaomi Mi Band 5」、「UMIDIGI Uwatch3」の価格を比較してみました。

「HUAWEI WATCH FIT」

HUAWEI WATCH FIT」は、Amazonで11,297円、楽天市場で11,924円 (税込)、ヤフーショッピングで12,672円 (税込)、ビックカメラで15,180円 (税込・1,518ポイント )、米国Amazon.comで$91.00 (日本発送は+ $10.98) で販売されています。

「Fitbit Charge 4」

Fitbit Charge 4」は、Amazonで18,782円、楽天市場で19,580円~ (税込)、ヤフーショッピングで20,185円、ビックカメラで21,980円 (税込・2,198ポイント)で販売されています。

「Xiaomi Mi Band 5」

Xiaomi Mi Band 5」は、Amazonで4,980円、楽天市場で5,320円 (税込)、ヤフーショッピングで5,480 円、Banggoodで4,291円、GearBestで5414 円、AliExpressでUS $26.99 – 35.59、Geekbuyingで 4131円で販売されています。

「UMIDIGI Uwatch3」

UMIDIGI Uwatch3」は、Amazonで3,669円、楽天市場で 5,205円 (税込)、ヤフーショッピングで4,180 円、Banggoodで3,540円、GearBestで5280 円、AliExpressでUS $35.99、米国 Amazon.comで$35.99 (日本発送は+$9.39)で販売されています。

計測できること・機能を比較

HUAWEI WATCH FIT」と、「Fitbit Charge 4」、「Xiaomi Mi Band 5」、「UMIDIGI Uwatch3」の測定できること・機能を比較してみました。

「HUAWEI WATCH FIT」

計測できること

血中酸素 (SpO2)、歩数、消費カロリー、距離・ペース・移動ルート(GPS内蔵でリアルタイム)、心拍数(AIアルゴリズム・24時間リアルタイム・HUAWEI TruSee™ 4.0)、心拍アラート(異常を検知して通知)、睡眠モニタリング(HUAWEI TruSlee™ 2.0)、睡眠アドバイス(200以上)、ストレスモニタリング(HUAWEI TruRelax™テクノロジー)、月経周期

※2021年1月下旬以降から「SpO2」(血中酸素)の計測に対応するようにアップデートされました。

機能

ウォッチフェイスの変更(ウォッチフェイスストアはAndroid™のみ対応・表示位置も変更可能)、プライベートトレーナー(12種類のクイックワークアウトをアニメーションで表示)、96種類のワークアウトモード(ランニング、膵炎、サイクリングなど11種類のプロスポーツモード、ヨガや高強度インターバルトレーニングなどの85種類のカスタムワークアウトモード)、

メッセージ通知(SMSメッセージ、着信電話、カレンダーイベントや他のSNSアプリのタイムリーな通知・振動で知らせる)、天気、アラーム、タイマー、ストップウォッチ、懐中電灯、音楽再生のコントロール(Androidスマホのみ対応)、リモートシャッター機能(EMUI 10.1以上のファーウェイスマートフォンのみ)、電池残量、専門家によるガイダンス(アドバイス)、輝度自動調整機能 、6種の常時点灯表示

「Fitbit Charge 4」

計測できること

消費カロリー、歩数、上昇階段、心拍数(24時間)、睡眠、距離・スピード(GPS・リアルタイム)、「相対SpO2」(血中酸素飽和度)、ワークアウト強度(ルート・心拍数ゾーンごと)、女性の健康状態

機能

Spotifyのコントロール、クイック返信機能(テキストで返信)、エクササイズ自動認識機能、運動リマインダー、着信・カレンダーの予定・スマートフォンのアプリの通知、テキストメッセージの受信、やることリスト、アプリ通知、呼吸セッション(心拍数にもどづく)、天気予報やタイマー、Fitbit Pay、文字盤カスタマイズ、目覚まし機能「スマートウェイク」(近日対応予定)、スポーツモード 屋外ワークアウトモード、20種類以上のエクササイズモード(ランニング、スイミング、クロストレーナー、スポーツなど・GPS使用は7種類)、NFC&Fitbit Pay

「Xiaomi Mi Band 5」

計測できること

歩数、消費カロリー、移動距離、心拍数、睡眠の質(※精度が40%向上・24時間)、女性の健康状態、スポーツモード(11種類)

機能

SpO2測定(血中酸素濃度)、リモートシャッター機能(スマホカメラを操作)、磁気充電(ストラップをつけたまま充電可能)、NFC、Google Pay(グローバル版のみ)、Amazon Alexa(グローバル版のみ)、目覚まし時計、タイマー機能、天気や時計の表示、11種類のトレーニングモード、リマインダー機能、テーマ変更(100種類以上からカスタマイズ可能)、センサーの向上(PPG心拍数センサーが24時間監視・睡眠監視の精度が40%向上)、ストレスモニタリング機能、深呼吸や休息を勧める機能

「UMIDIGI Uwatch3」

計測できること

歩数、消費カロリー、ステップ、移動距離、心拍数(24時間リアルタイム) 、睡眠、アクティビティの時間(ウォーキング、ランニング、サイクリングなど)

機能

アプリ・SNS・電話着信の通知、カレンダーのリマインダー、時計・日付表示(腕持ち上げで表示)、ダイヤル切り替え、天気予報、タイマー、心拍の異常アラート、マーナーモード、振動目覚まし時計、タイマー、UIスカスタム(4種類)、ストップウォッチ、リセット機能、スマートフォンの音楽コントロール(専用アプリのみ)

スペックを比較

HUAWEI WATCH FIT」と、「Fitbit Charge 4」、「Xiaomi Mi Band 5」、「UMIDIGI Uwatch3」のスペックを比較してみました。

「HUAWEI WATCH FIT」のスペック

  • ディスプレイ 約1.64 インチ、解像度456 x 280ドットのAMOLED 液晶
    ※タッチスクリーン対応 / HD/ 2.5D / 326ppi /画面占有率70% / 輝度自動調整機能 / 6種の常時点灯表示
  • プロセッサ デュアルチップセット
  • RAM(メモリ) 4 GB
  • ストレージ 不明
  • バッテリー駆動時間 連続7日~10日間(連続GPSモード:約12時間 )
  • 充電 急速充電(5分の充電で約1日使える)
  • 防水 5 ATM(5気圧防水)
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi(2.4 GHz), Bruetooth 5.0 BLE
  • GPS 対応・内蔵しています
  • インターフェース 磁気充電ポート
  • ボタン スクリーンタッチ+サイドボタン
  • センサー 加速度センサー、ジャイロセンサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、装着検知センサー
  • 材質 耐久性のあるポリマー繊維
  • ベルト
    グラファイトブラック シリコンベルト
    ミントグリーン シリコンベルト
    サクラピンク シリコンベルト
    カンタロープオレンジ シリコンベルト※公式EC限定カラー
  • 対応OS Androd 5.0以上、iOS 9.0以上
  • アプリ HUAWEI Health アプリ(1日の歩数、活動時間、中・高強度の活動時間をカラフルな3つの円で記録)
  • サイズ  縦約46 cm × 横30 cm × 厚さ10.7 mm (バンドを除く)
  • 重量 約21 g (バンドを除く)
  • カラー サクラピンク、グラファイトブラック、ミントグリーン、カンタロープオレンジ ※公式EC限定カラー
  • 付属品 充電クレードル× 1、充電ケーブル× 1、クイックスタートガイド&保証とアフターサービスのご案内

関連記事Huaweiスマートウォッチは性能よし! 新型 Band 全機種を比較

Amazonで「HUAWEI WATCH FIT」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI WATCH FIT」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI WATCH FIT」をチェックする

ビックカメラで「HUAWEI WATCH FIT」をチェックする

米国Amazon.comで「HUAWEI Watch FIT」をチェックする

AliExpressで「HUAWEI WATCH FIT」をチェックする

GearBestで「Honor Band 6」をチェックする

Banggoodで「Honor Band 6」をチェックする

「Fitbit Charge 4」のスペック

  • ディスプレイ 大型タッチスクリーン
    ※バックライト(環境光に自動的に対応)
  • バッテリー駆動時間 7日間(GPS使用時は最大5時間)
  • ワイヤレス通信 Bluetooth Low Energy(BLE)
  • NFC 対応(Fitbit Payに対応)
  • 防水 水深50mまでの耐水仕様
  • 対応OS Apple iOS 11 以降、Android OS 7.0 以降、または Windows 10 v1607 以降
  • サイズ 22.7(幅)×35.8(高さ)×12.5(奥行)mm
  • 重量 不明
  • カラー  ブラック、ローズウッド、ストームブルー/ブラック
    ※「Charge 4 Special Edition」は専用のグラナイト/ブラックの織バンド+交換可能な従来のブラックバンドが付属
  • データの同期  iOS や Android のデバイスと自動的に同期・データや傾向、目標の達成状況を Fitbit ダッシュボードに表示
  • アプリ Fitbit アプリ

関連記事「Fitbit Charge 4」と人気モデルを徹底 比較

Amazonで「Fitbit Charge 4」をチェックする

楽天市場で「Fitbit Charge 4」をチェックする

ヤフーショッピングで「Fitbit Charge 4」をチェックする

ビックカメラで「Fitbit Charge 4」をチェックする

米国 Amazon.comで「Fitbit Charge 4」(※日本への発送はできません)をチェックする

「Xiaomi Mi Band 5」のスペック

  • ディスプレイ 1.2インチのOLED(カラー有機EL)液晶
  • スポーツモード  11種類
  • センサー PPG心拍数センサー、三軸加速度センサー、三軸ジャイロセンサー
  • 通信 Bluetooth 5.0
  • アプリ 「Mi Fit」
  • 防水 5気圧 防水(水深50mまで)
    ※水泳のトラッキングも可
  • バッテリー 1回の充電で約14日間 駆動
  • 充電   USB Type-C経由での充電
  • NFC 対応(※NFCモデルのみ・NFCに非対応のモデルも発売される)
  • Google Pay 対応(グローバル版のみ) ※中国版はUnionPayモバイル決済
  • 音声認識 Amazon Alexa 対応(グローバル版のみ) ※中国版はAIアシスタント「XiaoAI」
  • サイズ 不明
  • 重量 不明
  • 本体カラー ブラック
  • ストラップのカラー ブラック、イエロー、グリーン、オレ

関連記事「Xiaomi Mi Band 5」と激安スマートバンドを徹底 比較!

Amazonで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

楽天市場で「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

ヤフーショッピングで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

Banggoodで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

GearBestで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

AliExpressで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

Geekbuyingで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

「UMIDIGI Uwatch3」のスペック

  • ディスプレイ  1.3インチ、解像度240x 240のTFT カラー液晶
    ※※タッチ対応 / 手首持ち上げでスリープ解除 / 高硬度ガラスカバー(強化ガラス)
  • スクリーンカバー 高硬度ガラスカバー
  • ウォッチフェイス 4種類
  • フラッシュ(ストレージ) 64MB
  • スポーツモード 9種類 ウォーキング、 スピニング、ランニング ヨガ ハイキング 登山 トレッドミル 自転車 ワークアウト
  • バッテリー 210mAh リチウムポリマー電池 3.8V
  • 駆動時間 心拍機能を使った通常使用で10日間  時計モードで45日間
  • 充電時間 ≤2.5時間
  • ワイヤレス通信 Bluetooth5.0
  • 防水 5ATM 5気圧防水 50m防水
  • 心拍センサー 高精度 HX3600光学センサー 24時間モニタリング
  • 睡眠 通常の睡眠(短い休憩を除く)を記録、睡眠時間の低下、起床時間、総睡眠時間も計測
  • 対応OS   Android 4.4以降、 iOS 8.0以降
  • アプリ VeryFitProアプリ
  • ボタン 側面 押すことで画面を表示
  • サイズ 41.6 x 11.6x 19mm
  • 重量 35.2g
  • カラー オニキスブラック、マリーナブルー、シナバールレッド、ローズゴールド
  • ストラップ素材 TPU シリコン
  • バックル TPU シリコン

関連記事「UMIDIGI Uwatch3」のスペック、特徴、価格、Uwatch 2 GT 比較

Amazonで「UMIDIGI Uwatch3」をチェックする

楽天市場で「UMIDIGI Uwatch3」をチェックする

ヤフーショッピングで「UMIDIGI Uwatch3」をチェックする

AliExpressで「UMIDIGI Uwatch3」をチェックする

米国 Amazon.comで「UMIDIGI Uwatch3」をチェックする

「HUAWEI WATCH FIT」のメリット・デメリット

HUAWEI WATCH FIT」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・1.64インチの大型AMOLED液晶・日光下でも見やすく表示

HUAWEI WATCH FIT」は1.64インチの大型AMOLED液晶を搭載。日光下でも見やすく表示できる輝度自動調整機能も利用できます。

一方、「Fitbit Charge 4」は大型タッチスクリーン(バックライト自動調整機能付き)、「Xiaomi Mi Band 5」は 1.2インチのOLED(カラー有機EL)液晶、「UMIDIGI Uwatch3」は 1.3インチ、解像度240x 240のTFT カラー液晶を搭載しています。

・96種類のワークアウトモードに対応

HUAWEI WATCH FIT」はランニング、水泳、サイクリングなど11のプロスポーツモードやヨガや高強度インターバルトレーニングなどの85種類のカスタムワークアウトモードが利用できるようになっています。

一方、「Fitbit Charge 4」は20種類以上のエクササイズモードに対応、「Xiaomi Mi Band 5」は、11種類のトレーニングモードに対応、「UMIDIGI Uwatch3」は9種類のスポーツモードに対応しています。

・GPSセンサー内蔵で心拍数をリアルタイム計測できる

HUAWEI WATCH FIT」は本体にGPSセンサーを内蔵し、心拍数をリアルタイム計測することができます。また、AIアルゴリズムを使っているため、より正確な心拍数を計測できます。

一方、「Xiaomi Mi Band 5」と「UMIDIGI Uwatch3」はGPSセンサーを内蔵していません。「Fitbit Charge 4」はGPSセンサーを内蔵し、心拍数をリアルタイム計測することができます。

・約10日間 駆動するバッテリーを搭載・急速充電にも対応

HUAWEI WATCH FIT」は約10日間 駆動するバッテリーを搭載し、5分の充電で約1日使える急速充電にも対応しています。

一方、「Fitbit Charge 4」は7日間(GPS使用時は最大5時間)、「Xiaomi Mi Band 5」は 1回の充電で約14日間 駆動(PD充電)、「UMIDIGI Uwatch3」は心拍機能を使った通常使用で10日間・時計モードで45日間の駆動が可能になっています。

・ストレス計測に対応

HUAWEI WATCH FIT」は心拍数や睡眠のほかに、ストレス計測にも対応しています。

一方、「Fitbit Charge 4」、「Xiaomi Mi Band 5」、「UMIDIGI Uwatch3」はストレスレベルを計測することができません。

デメリット

・「SpO2」(血中酸素)が計測できない(※アップデートで対応します)

HUAWEI WATCH FIT」は健康な状態を維持しているかどうかを確認することができる「SpO2」(血中酸素)を計測することができませんでした。しかし、2021年1月下旬以降からアップデートが開始され、「SpO2」(血中酸素)の計測に対応するようになります。

一方、「Fitbit Charge 4」と「Xiaomi Mi Band 5」は「SpO2」(血中酸素)を計測することができます。「UMIDIGI Uwatch3」は「SpO2」(血中酸素)を計測することができません。

・NFCに非対応で電子マネー決済できない

HUAWEI WATCH FIT」はNFCに非対応で電子マネー決済が利用できません。

一方、「Fitbit Charge 4」はNFC 対応でFitbit Payが利用可能、「Xiaomi Mi Band 5」のグローバルモデルはNFC対応でGoogle Payが利用できるようになっています。「UMIDIGI Uwatch3」はNFCに非対応で電子マネー決済が利用できません。

「HUAWEI WATCH FIT」の販売・購入先

HUAWEI WATCH FIT」は、

Amazonで11,297円、

楽天市場で11,924円 (税込)、

ヤフーショッピングで12,672円 (税込)、

ビックカメラで15,180円 (税込・1,518ポイント )、

米国Amazon.comで$91.00 (日本発送は+ $10.98) 、

で販売されています。

Amazonで「HUAWEI WATCH FIT」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI WATCH FIT」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI WATCH FIT」をチェックする

ビックカメラで「HUAWEI WATCH FIT」をチェックする

米国Amazon.comで「HUAWEI Watch FIT」をチェックする

AliExpressで「HUAWEI WATCH FIT」をチェックする

GearBestで「Honor Band 6」をチェックする

Banggoodで「Honor Band 6」をチェックする

 

ビックカメラ.com

 

 

他のスマートバンドと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「realme Watch S

★「Mi Band 6

★「Mi Watch Lite

★「Amazfit Neo

★「Honor Watch ES

Amazfit Bip U

wena 3」(Sony)

UMIDIGI Uwatch3 GPS

Galaxy Fit2

Fitbit Charge 4

Xiaomi Mi Band 5

Honor Band 5

Galaxy Fit e

Garmin vivosmart 4

UMIDIGI Uwatch 2S

Huawei TalkBand B6

HUAWEI Band 4

HUAWEI Band 4 Pro

Huaweiスマートウォッチ&スマートバンドをまとめてチェック!

Huaweiスマートウォッチ&スマートバンドは以下のページにまとめてあります。

Huaweiスマートウォッチは性能よし! 新型 Band 全機種を比較

その他のおすすめスマートバンドは?

その他のおすすめスマートバンドは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

最新のスマートバンドをまとめて紹介しています。

【2021年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

最新スマートウォッチをまとめて紹介しています。

アウトドアで使えるタフなスマートウォッチ 全機種を比較

アウトドアで使えるタフなスマートウォッチをまとめて紹介しています。

3G・4G対応で通話できるAndroidスマートウォッチ まとめ

単体で通信できるスマートウォッチをまとめて紹介しています。