「VUCATIMES N8」と激安8型タブレットを徹底 比較!


2020年7月25日に発売された「VUCATIMES N8」と激安8型タブレットを徹底 比較して紹介! 価格やAntutuベンチマーク、スペックの違いに加えて、メリット・デメリットも紹介します。

※7インチでAndroid 10 Go edition搭載の 「VUCATIMES N7」も発売中です。

※10.1インチでAndroid 10 搭載の「VUCATIMES N10」も発売中です。

「VUCATIMES N8」の特徴

VUCATIMES N8」の特徴をまとめてみました。

Android 10 OS搭載で新機能が使える

VUCATIMES N8」は最新のAndroid 10 OSを搭載。黒を基調とした「ダークテーマ」、位置情報に対するアプリのアクセス権限をユーザーが詳細に制御できる「プライバシーコントロール」(ポジションコントロール)のほか、「ジェスチャー ナビゲーション」や「ペアレンタルコントロール」(コンテンツ制御)も利用できます。

32GBストレージを内蔵・最大512GBまで拡張

VUCATIMES N8」は32GBストレージを搭載。従来の16GB搭載タブレットと比べて、約2倍の容量が保存できるようになっています。また、本体にmicroSDカードスロットを搭載。別売のmicroSDカードを用意することで、最大512GBまで拡張することができます。

極細ベゼルのフルスクリーンIPS液晶

VUCATIMES N8」は 8 インチのIPS液晶を搭載しています。解像度は1280 x 800 pxでHD画質。極細ベゼルを採用しているため、画面がより大きくワイドに見えるようになっています。また、バックライト自動調整機能を搭載。目の負担を大幅に軽減できるようになっています。

価格を比較

VUCATIMES N8」と、「VANKYO S8」、「Dragon Touch Notepad Y80」、「Teclast P80X」の価格を比較してみました。

「VUCATIMES N8」

VUCATIMES N8」は、Amazonで8,888(1500円OFFクーポン付き)、楽天市場で11,479円、ヤフーショッピングで9,319円 (税込)、米国 Amazon.comで$69.99 (日本発送は+$14.38) で販売されています。

「VANKYO S8」

VANKYO S8」は、Amazonで9,599円、楽天市場で16,024円 (税込)、ヤフーショッピングで11,221円 (税込) で販売されています。

「Dragon Touch Notepad Y80」

Dragon Touch Notepad Y80」は、Amazonで9,599円、楽天市場で18,958円 (税込)、ヤフーショッピングで13,857円 (税込)、米国 Amazon.comで$92.99 ( 日本発送は+ $13.58 )で販売されています。

「Teclast P80X」

Teclast P80X」は、Amazonで11,950円(600円OFFクーポン付き)、楽天市場で7,294円 (税込・中古)、ヤフーショッピングで13,980 円、Banggoodで8,188円、GearBestで11934 円、AliExpressでUS $81.80 – 94.32 で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

VUCATIMES N8」と、「VANKYO S8」、「Dragon Touch Notepad Y80」、「Teclast P80X」のAntutuベンチマークスコアを比較してみました。

「VUCATIMES N8」

Antutu総合で約40,000

<CPU > Allwinner クアッドコア 1.70 GHz

「VANKYO S8」

Antutu総合で約42,000

<CPU > Spreadurum SC7731E

「Dragon Touch Notepad Y80」

Antutu総合で約 4万3千点

<CPU> Rockchip RK3326
※「Vankyo MatrixPad Z4 PRO」と同じ

「Teclast P80X」

Antutu総合で「73562」、CPUで「34193」、GPUで「11388」、MEMで「6968」、UXで「21013」。

<CPU> Spreadtrum SC9863A

スペックを比較

VUCATIMES N8」と、「VANKYO S8」、「Dragon Touch Notepad Y80」、「Teclast P80X」のスペックを比較してみました。

「VUCATIMES N8」のスペック

  • ディスプレイ 8 インチ、解像度1280 x 800 pxのIPS液晶
    ※バックライト自動調整(目の保護モード) / HD
  • プロセッサ Allwinner クアッドコア 1.70 GHz
  • CPU Cortex-A53 Quad-core
  • GPU 不明
  • RAM(メモリ) 1 GB DDR
  • ストレージ 32 GB eMMC
  • 外部ストレージ microSDカードで最大512GBまで
  • バッテリー 4000mAh
  • 背面カメラ 2MP
  • 前面カメラ 0.3MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi (2.4GHz)、Bluetooth 4.0
  • インターフェース microUSB x 1、microSDカードスロット x 1、3.5mmイヤホンジャック x 1
  • OS Android 10.0
  • GMS認証 対応
  • Google Play 対応
  • 機能 ペアレンタルコントロール機能(コンテンツの利用制限)
  • サイズ 209 x 125 x 9.6 mm
  • 重量 約 320 g
  • カラー ブラック、グリーン、パープル

関連記事超激安でゴメン! ノーブランド Androidタブレット まとめ

Amazonで「VUCATIMES N8」をチェックする

楽天市場で「VUCATIMES N8」をチェックする

ヤフーショッピングで「VUCATIMES N8」をチェックする

米国 Amazon.comで「VUCATIMES N8」をチェックする

「VANKYO S8」のスペック

  • ディスプレイ 8.0インチ、解像度1280×800ドットのIPS液晶
    ※Eye health(バックライト自動調光機能で目に優しい)
  • プロセッサ Spreadurum SC7731E Quad Core Cortex A7 1.3GHz
  • CPU Cortex A7 Quad-core
  • GPU 不明
  • RAM(メモリ) 2GB DDR3 SDRAM
  • ストレージ 32GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで拡張可能
  • バッテリー 4000mAh
  • 充電時間 約3時間
  • 駆動時間 最大10時間
  • 背面カメラ 5MP
  • 前面カメラ 2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth4.2、GPS(Wi-Fi)
  • インターフェース マイクロUSB 2.0、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • OS Android 9.0
  • Google Play 対応 ※GMS 認証済み
  • Googleアシスタント 対応
  • FMラジオ 対応
  • サイズ 不明
  • 重量 約300g

関連記事「VANKYO S8」スペック、Antutu、評判、価格

Amazonで「VANKYO S8」をチェックする

楽天市場で「VANKYO S8」をチェックする

ヤフーショッピングで「VANKYO S8」をチェックする

米国 Amazon.comで「VANKYO MatrixPad S8」をチェックする

「Dragon Touch Notepad Y80」のスペック

  • ディスプレイ 8インチ、解像度1280 x 800 pxのIPS液晶
    ※タッチスクリーン
  • プロセッサ Rockchip RK3326 クアッドコア
  • CPU Cortex-A35 Quad-core
  • GPU Mali G31MP2
  • RAM(メモリ) 2GB
  • ストレージ 32GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 4000mAh  / 3.7V
  • 駆動時間 連続スタンバイで約2〜3日間、連続使用時で3〜4時間
  • 背面カメラ 8MP
  • 前面カメラ 2MP
  • ワイヤレス通信 WiFi 802.11 b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 4.0
  • インターフェース microUSB 2.0、microSDカードスロット×1、3.5mmイヤホンジャック×1、マイク、スピーカー
  • OS Android 9.0
  • Google Play 対応
  • Google Mobile Service (GMS) 認証 対応
  • 言語 日本語を含むマルチ言語に対応(※デフォルト設定は英語・変更可)
  • サイズ 12.45cm x 20.85cm x 0.92cm
  • 重量 320g
  • カラー ブラック

関連記事「Dragon Touch Notepad Y80」を激安タブレットと徹底 比較 

Amazonで「Dragon Touch Notepad Y80」をチェックする

楽天市場で「Dragon Touch Notepad Y80」をチェックする

ヤフーショッピングで「Dragon Touch Notepad Y80」をチェックする

米国 Amazon.comで「Dragon Touch Notepad Y80」をチェックする

「Teclast P80X」のスペック

  • ディスプレイ 8.0インチ解像度1280 x 800ドットのIPS液晶
    ※ 16 Mカラー / 189 PPI / 10点マルチタッチ / 画面比率 71%
  • プロセッサ Spreadtrum SC9863A オクタコア 1.6GHz+1.2GHz
  • GPU PowerVR Series 8XEP IMG8322
  • RAM(メモリ) 2GB
  • ストレージ容量 16GB or 32GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大 128GB まで
  • バッテリー  4200mAh
  • 駆動時間  動画再生時で連続 5時間ほど
  • 背面カメラ 200万画素
  • 前面カメラ 30万画素
  • ワイヤレス通信 WiFi 802.11 b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 4.1、GPS(A-GPS)
  • インターフェース microUSB、microSDカードスロット×1、SIMスロット×1、ヘッドホンジャック×1
  • OS Android 9.0
    ※ Google Play&日本語 表示 対応
  • サイズ   20.50 x 12.10 x 0.58 cm
  • 重量   400g
  • カラー   ブラック

関連記事「Teclast P80X」AI進化の格安SIMフリータブレット

Amazonで「Teclast P80X」をチェックする

楽天市場で「Teclast P80X」をチェックする

ヤフーショッピングで「Teclast P80X」をチェックする

Banggoodで「Teclast P80X」をチェックする

GearBestで「Teclast P80X」をチェックする

AliExpressで「Teclast P80X」をチェックする

「VUCATIMES N8」のメリット・デメリット

VUCATIMES N8」のメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

・3つのカラーが用意されている

VUCATIMES N8」にはブラック、グリーン、パープルの3色が用意されています。

一方、「VANKYO S8」、「Dragon Touch Notepad Y80」、「Teclast P80X」はブラックのみを用意しています。

・4000mAhバッテリーで長時間 駆動する

VUCATIMES N8」は4000mAhバッテリーで長時間 駆動できます。

一方、「VANKYO S8」は4000mAhバッテリー搭載(10時間)、「Dragon Touch Notepad Y80」は4000mAhバッテリー搭載(連続スタンバイで約2〜3日間、連続使用時で3〜4時間)、「Teclast P80X」は4200mAhバッテリー搭載(動画再生時で連続 5時間ほど)になっています。

・HD液晶にバックライト自動調整機能がある

VUCATIMES N8」は 8 インチ、解像度1280 x 800 pxのIPS液晶を搭載し、バックライト自動調整(目の保護モード) も利用できます。

一方、「Dragon Touch Notepad Y80」は8.0インチ、解像度1280 x 800ドットのIPS液晶、「Teclast P80X」は8.0インチ解像度1280 x 800ドットのIPS液晶を搭載していますが、バックライトの自動調整機能はないようです。「VANKYO S8」は8.0インチ、解像度1280×800ドットのIPS液晶でバックライト自動調整機能を備えています。

・32GBストレージ内蔵で最大512GBまで拡張できる

VUCATIMES N8」は 32GBストレージ内蔵で最大512GBまで拡張できます。

一方、「VANKYO S8」、「Dragon Touch Notepad Y80」、「Teclast P80X」は 32GBストレージ内蔵で最大128GBまで拡張できるようになっています。

・Android 10 OSを採用している

VUCATIMES N8」はAndroid 10 OSを搭載し、新たに追加されたさまざまな機能が使えるようになっています。

一方、「VANKYO S8」、「Dragon Touch Notepad Y80」、「Teclast P80X」はAndroid 9.0 OS搭載のため、Android 10で新たに追加された機能は利用できません。

デメリット

・メモリが1GB

VUCATIMES N8」はメモリが1GBしかないため、2GBメモリ搭載のタブレットと比べてスムーズに動作しません。一方、「VANKYO S8」、「Dragon Touch Notepad Y80」、「Teclast P80X」は2GBメモリ搭載です。

・液晶がフルHD画質でない

VUCATIMES N8」の液晶は 8 インチ、解像度1280 x 800 pxのIPS液晶でHD画質になります。フルHD画質と比べて、細かいテキストの文字が見えにくくなります。

「VANKYO S8」、「Dragon Touch Notepad Y80」、「Teclast P80X」もフルHDではなくHD画質になります。

・Wi-Fiデュアルバンドに対応していない

VUCATIMES N8」はWi-Fi(2.4GHz)対応ですが、高速で途切れづらいWi-Fiデュアルバンド(2.4GHz+5GHz)には対応していません。

「VANKYO S8」、「Dragon Touch Notepad Y80」、「Teclast P80X」もWi-Fiデュアルバンドに対応していません。

「VUCATIMES N8」の販売・購入先

VUCATIMES N8」は、

Amazonで8,888(1500円OFFクーポン付き)、

楽天市場で11,479円、

ヤフーショッピングで9,319円 (税込)、

米国 Amazon.comで$69.99 (日本発送は+$14.38)、

で販売されています。

Amazonで「VUCATIMES N8」をチェックする

楽天市場で「VUCATIMES N8」をチェックする

ヤフーショッピングで「VUCATIMES N8」をチェックする

米国 Amazon.comで「VUCATIMES N8」をチェックする

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

WINNOVO M8」(8.0インチ・Android 10.0)

Teclast P80H」(8.0インチ・Android 10.0)

HUAWEI MatePad T8」(8.0インチ・EMUI 10.0.1 )

VANKYO S8

Dragon Touch Notepad Y80

Teclast P80X

Fire HD 8」(2020)

Fire HD 8 Plus

ALLDOCUBE iPlay8 Pro

Galaxy Tab A 8.0 (2019)

HUAWEI MatePad T8

Lenovo Tab M8

VUCATIMES N7」(7インチ・Android 10.0 Go)

VUCATIMES N10」(10.1インチ・・Android 10.0)

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

2020最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

Android 10.0 OSを搭載したタブレットをまとめて紹介しています。

Android 9.0で使えるタブレット 最新 まとめ

Android 9.0 OSを搭載したタブレットをまとめて紹介しています。

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

2万円前後のAndroid タブレット(国内販売)をまとめて紹介しています。

超激安でゴメン! ノーブランド Androidタブレット まとめ

ノーブランドの激安Androidタブレットをまとめて紹介しています。