「Blackview Tab 8」とAndroid 10タブレットを徹底 比較!


2020年6月に発売された「Blackview Tab 8」とAndroid 10タブレットを徹底 比較して紹介! 価格やAntutuベンチマーク、スペックの違いに加えて、メリット・デメリットも紹介します。

※2020年12月、「Blackview tab 8E」が発売されました。こちらの方が安いです。

「Blackview Tab 8」の特徴

Blackview Tab 8」の特徴をまとめてみました。

節電&リバースチャージ機能付き

Blackview Tab 8」のバッテリー(6580 mAh)には節電機能がついており、より長時間 駆動できるようになっています。また、リバースチャージ機能も搭載。OTG対応のUSB Type-C端子から他のスマートフォンなどの機器を充電することができます。

大容量4GBメモリ & 64GB ストレージ

Blackview Tab 8」は1万円台の低価格ながらも大容量4GBメモリを搭載。Unisoc SC9863A オクタコア プロセッサとの組み合わせで、Antutuベンチマーク総合で約90,000点を記録しています。また、64GB ストレージを内蔵。microSDカードで最大128GBまで拡張することもできます。

自立可能なレザーケースが付属・キーボードも用意

Blackview Tab 8」には肌触りのよいファブリック素材のレザーケースが付属しています。このスタンドを利用して自立させることも可能です。また、別売でマグネットですばやく着脱可能な専用キーボードも用意。ノートPCスタイルでOfficeアプリでの文書作成も快適に行えるようになっています。

公式ページ
https://www.blackview.hk/bvtab8/

価格を比較

Blackview Tab 8」と、「Alldocube iPlay 20」、「Binai M11」、「KEIAN KI-R10S」の価格を比較してみました。

「Blackview Tab 8」

Blackview Tab 8」は、Amazonで21,999円(3000円OFFクーポン付き・本体のみ)、楽天市場で 21,999円(税込)、ヤフーショッピングで18,800 円、Banggoodで14,796円(セール販売中・専用キーボードは5,254円)、AliExpressでUS $161.99 – 192.37、Gearbestで19159 円 で販売されています。

「Alldocube iPlay 20」

Alldocube iPlay 20」は、Amazonで17,900円、楽天市場で18,980円 (税込)、ヤフーショッピングで18,500 円、Banggoodで13,117円、AliExpressでUS $139.99 – 169.99、GearBestで15189 円で販売されています。

「Binai M11」

Binai M11」は、Banggoodで20,029円〜、Geekbuyingで20464円 で販売されています。

「KEIAN KI-R10S」

KEIAN KI-R10S」は、Amazonで15,164円、楽天市場で14,800円〜 (税込)、ヤフーショッピングで14,980円〜 (税込)、ビックカメラで16,680円 (税込・ポイント1,668ポイント)で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

Blackview Tab 8」と、「Alldocube iPlay 20」、「Binai M11」、「KEIAN KI-R10S」のAntutuベンチマークスコアを比較してみました。

「Blackview Tab 8」


Antutu総合で「104635」、CPUで「39169」、GPUで「10148」、MEMで「36271」、UXで「19047」。

<CPU> Unisoc SC9863A
※「Teclast P10HD」「Teclast P10S」「Vankyo S30」「Alldocube iPlay 20」「Binai M11」と同じプロセッサ

「Alldocube iPlay 20」

Antutu総合で約90,000

<CPU> Unisoc SC9863A

「Binai M11」

Antutu総合で約90,000

<CPU> Unisoc SC9863A

「KEIAN KI-R10S」

Antutu総合で約43,000

<CPU> Rockchip RK3326
※「Vankyo MatrixPad Z4 PRO」「Dragon Touch Y80」と同じプロセッサ

スペックを比較

Blackview Tab 8」と、「Alldocube iPlay 20」、「Binai M11」、「KEIAN KI-R10S」のスペックを比較してみました。

「Blackview Tab 8」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200ドットのIPS液晶
    ※16:10 / 輝度自動調整(目の保護)/ FHD+
  • プロセッサ Unisoc SC9863A オクタコア 1.6 GHz
  • GPU PowerVR GE8322
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 6580 mAh
  • 駆動時間 連続スタンバイで408時間、連続通話で20時間、連続動画再生で8時間、連続ゲームプレイで8時間、連続音楽再生で28時間
  • 充電 節電機能・OTGリバースチャージ機能
  • 背面カメラ 13MP
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a / b / g / n / ac (2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(GLONASS BEIDOU)
  • インターフェース USB Type-C、microSDカードスロット、SIMカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー 近接、光、重力
  • スピーカー デュアルスピーカー
  • 生体認証 顔認証
  • 専用キーボード あり
  • レザーケース 付属・自立可能
  • OS Android 10.0
  • サイズ 243.6 x 162.4 x 8.9mm
  • 重量 600g
  • カラー シルバー、ゴールド
  • SIMカード Nano SIM(デュアルSIM)
  • 対応バンド  ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル回線に対応
    4G FDD:B1 / B3/B7/B8/B20
    3G WCDMA:B1 / B8
    2G GSM:850/900/1800/1900(B2/B3/B5/B8)

関連記事2020最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

Amazonで「Blackview Tab 8」(キーボード付属)をチェックする

Amazonで「Blackview Tab 8」(本体のみ)をチェックする

楽天市場で「Blackview Tab 8」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview Tab 8」をチェックする

Banggoodで「Blackview Tab 8」をチェックする

AliExpressで「Blackview Tab 8」をチェックする

Gearbestで「Blackview Tab 8」をチェックする

「Alldocube iPlay 20」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200 ドットのIPS液晶
    ※225ppi / 10点マルチタッチ / フルラミネート / Corning Gorilla Glass / アイプロテクション(目の保護モード)
  • プロセッサ Unisoc SC9863A オクタコア
  • CPU ARM-A55×8 & 1.6GHz+1.2GHz Octa-core
  • GPU PowerVR GE8322
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大512GBまで
  • バッテリー 6000mAh
  • 充電 5V/2A
  • 背面カメラ 5MP オートフォーカス対応
  • 前面カメラ 2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n ( 2.4GHz/5GHz )、Bluetooth 5.0、GPS ( Beidou )
  • インターフェース USB Type-C(OTG/充電)、microSDカードスロット、NanoSIMカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
    ※Wi-Fi Display / Wi-Fi Direct 対応
  • センサー 重力センサー、光センサー、距離センサー、ホールエフェクター
  • スピーカー デュアルスピーカー(BOX)
  • マイク あり
  • FMラジオ 対応
  • OTG 対応
  • OS Android 10.0
  • サイズ 245.2 x 149.4 x 7.95mm
  • 重量 450g
  • カラー ブラック

関連記事「Alldocube iPlay 20」と激安10.1タブレットを徹底 比較! 

Amazonで「Alldocube iPlay 20」をチェックする

楽天市場で「Alldocube iPlay 20」をチェックする

ヤフーショッピングで「Alldocube iPlay 20」をチェックする

Banggoodで「Alldocube iPlay 20」をチェックする

AliExpressで「Alldocube iPlay 20」をチェックする

GearBestで「Alldocube iPlay 20」をチェックする

「Binai M11」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200ドットのIPS液晶
    ※マルチタッチ / 2.5D曲面ガラス / AIで最適化
  • プロセッサ Unisoc SC9863A オクタコア 1.6 GHz
    ※28nm / 64bit / 8コア / AI
  • CPU Octa-core ARM Cortex™-A55 1.6GHz+1.2GHz
  • GPU IMG GE8322
  • RAM(メモリ) 6GB
  • ストレージ 64GB or 128GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大256GBまで
  • バッテリー 6000mAh ※節電機能あり
  • 充電 PD高速充電
  • 駆動時間 8時間
  • 背面カメラ 13MP
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11b/g/n(2.4GHz+5.0 GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(Beidou)
  • インターフェース USB Type-C、microSDカードスロット、NanoSIMカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • Miracast 対応
  • センサー Gセンサー
  • スピーカー デュアルBOXスピーカー
  • マイク 搭載
  • OS Android 10.0
  • サイズ 243.6 x 162.4 x 7.8mm
  • 重量 559g
  • カラー シルバー

関連記事Android 10「Binai M11」と2in1タブレットを徹底 比較! 

Banggoodで「Binai M11」をチェックする

Geekbuyingで「Binai M11」をチェックする

Amazonで「Vankyo S30」をチェックする

楽天市場で「Vankyo S30」をチェックする

ヤフーショッピングで「Vankyo S30」をチェックする

「KEIAN KI-R10S」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1280×800 ドットのIPS液晶
  • プロセッサ Rockchip RK3326 Quad-Core ARM Cortex-A35 最大1.5GHz
  • GPU Mali G31MP2
  • RAM(メモリ) DDR3 2GB
  • ストレージ 16GB (システムで約4.4GB使用します)
  • 外部ストレージ microSDカードで最大64GBまで
  • バッテリー 5,000mAh 3.8V
  • 電源 5V 2A
  • 背面カメラ 2MP
  • 前面カメラ 0.3MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 4.0
  • インターフェース Micro USB × 1、3.5mm ステレオミニジャック
  • マイク MIC × 1 内蔵
  • スピーカー 8Ω 1W × 2 内蔵
  • OS Android 10.0 Go edition
  • サイズ 約 244 x 172 x 9.2mm
  • 重量 約 512g
  • カラー ダークネイビー
  • 付属品 充電用ACアダプター、充電用USBケーブル、取扱説明書、保証書

関連記事「KEIAN KI-R10S」スペック、Antutuベンチマーク、価格

Amazonで「KEIAN KI-R10S」をチェックする

楽天市場で「KEIAN KI-R10S」をチェックする

ヤフーショッピングで「KEIAN KI-R10S」をチェックする

ビックカメラで「KEIAN KI-R10S」をチェックする

「Blackview Tab 8」のメリット・デメリット

Blackview Tab 8」のメリットデメリットをまとめてみました。

メリット

・4G LET通信に対応

Blackview Tab 8」は本体にSIMスロットを搭載し、高速な4G LET通信が利用できます。ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイルの回線に対応し、格安SIMカードも利用できます。

一方、「KEIAN KI-R10S」は4G LET通信に対応していません。「Alldocube iPlay 20」と「Binai M11」は4G LET通信に対応しています。

・バッテリー駆動時間が長い

Blackview Tab 8」は6580 mAhバッテリー搭載で、連続スタンバイで408時間、連続通話で20時間、連続動画再生で8時間、連続ゲームプレイで8時間、連続音楽再生で28時間 駆動することができます。

一方、「Alldocube iPlay 20」は6000mAhバッテリー、「Binai M11」は6000mAhバッテリー(8時間の駆動)「KEIAN KI-R10S」は5,000mAhバッテリーを搭載しています。

・フルHDのIPS液晶・輝度調整で目に優しい

Blackview Tab 8」は 10.1インチのIPS液晶を搭載。解像度は1920 x 1200ドットのフルHD画質。アスペクト比は16:10で、目の負担を軽減する輝度自動調整機能もついています。

一方、「KEIAN KI-R10S」は10.1インチ、解像度1280×800 ドットのIPS液晶搭載でHD画質になります。「Alldocube iPlay 20」と「Binai M11」は10.1インチ、解像度1920 x 1200 ドットのIPS液晶でフルHD画質です。

・顔認証が使える

Blackview Tab 8」は顔認証に対応。自分の顔をカメラにかざすだけですばやくロック解除できます。

・デュアルスピーカー搭載で音がいい

Blackview Tab 8」は本体に2つのスピーカーを搭載し、高音質なサウンドを楽しむことができます。

一方、「Alldocube iPlay 20」と「Binai M11」はデュアルスピーカー(BOX)、「KEIAN KI-R10S」は、インピーダンス 8Ωのデュアルスピーカー(1W)を搭載しています。

・厚さ8.9mmのメタルボディ・ゴールド色も用意

Blackview Tab 8」は厚さ8.9mmで薄型デザインを採用しています。重さは600g。シルバー色のほかに、ゴールド色も用意しています。

一方、「KEIAN KI-R10S」は厚さ9.2mm&重さ約 512gで「Blackview Tab 8」よりも本体が厚くなります。

「Alldocube iPlay 20」は厚さ7.95mm&重さ450g、「Binai M11」は厚さ 7.8mm&重さ559gで、「Blackview Tab 8」よりも薄いボディになっています。

・Android 10の新機能が使える

Blackview Tab 8」はAndroid 10 OSを採用。新たに追加された機能を使うことができます。一方、「KEIAN KI-R10S」は軽量版のAndroid 10.0 Go editionを採用しています。「Alldocube iPlay 20」と「Binai M11」はAndroid 10 OSを採用しています。

Android 10の新機能には、スマートリプライ(AIによって短い返信候補が表示される機能)、アプリでの位置情報 共有の設定、「フォーカスモード」(指定したアプリを指定時間の間は停止しておく機能)、「Live Caption」(音声を自動的に字幕に変換する機能)、「Sound Amplifier」(スマホのマイクで周囲の音を取り込み、イヤホンやヘッドホンから増幅した音を流す)機能などがあります。

デメリット

・ゴリラガラスで保護されていない

Blackview Tab 8」の液晶ディスプレイは堅牢なゴリラガラスで保護されていません。「Alldocube iPlay 20」だけはゴリラガラスで保護されています。

・対応バンドが少ない

Blackview Tab 8」はSIMフリーで4G LET通信も可能ですが、対応バンドは少なめです。ドコモやソフトバンク、ワイモバイルの回線には対応していますが、auの回線には対応していません。また、ドコモ回線のプラチナバンドにも対応していません。

「Blackview Tab 8」の販売・購入先

Blackview Tab 8」は、

Amazonで21,999円(3000円OFFクーポン付き・本体のみ)、

楽天市場で 21,999円(税込)、

ヤフーショッピングで18,800 円、

Banggoodで14,796円(セール販売中・専用キーボードは5,254円)、

AliExpressでUS $161.99 – 192.37、

Gearbestで19159 円 、

で販売されています。

Amazonで「Blackview Tab 8」(キーボード付属)をチェックする

Amazonで「Blackview Tab 8」(本体のみ)をチェックする

楽天市場で「Blackview Tab 8」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview Tab 8」をチェックする

Banggoodで「Blackview Tab 8」をチェックする

AliExpressで「Blackview Tab 8」をチェックする

Gearbestで「Blackview Tab 8」をチェックする

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「BMAX i10」(UNISOC Tiger T618 搭載)

AliExpressで「BMAX i10」をチェックする

★「Alldocube iPlay 40」(10.4インチ)

★「Blackview tab 8E」(Android 10・10.1インチ・専用キーボードあり)

AliExpressで「Blackview tab 8E」をチェックする

★「VANKYO P31」(Android 10・専用スタイラスペンとキーボード付属)

★「Teclast M40」(Android 10)

★「Chuwi HiPad X」(Android 10・キーボードあり)

AliExpressで「Chuwi HiPad X」をチェックする

★「Alldocube X Neo」(キーボードあり)

★「Teclast M16」(キーボードあり)

★「Teclast T30」(キーボードあり)

★「Alldocube iPlay 20」(Android 10)

★「Teclast P20HD」(Android 10・HDMI出力対応)

★「Binai M11」(Android 10)

Banggoodで「Binai M11」をチェックする

★「KEIAN KI-R10S」(Android 10 Go edition)

★「VUCATIMES N10」(Android 10 Go)

★「Dragon Touch NotePad K10」(Android 9.0)

★「Teclast P10HD」(Android 9.0)

★「Winnovo T10」(Android 9.0・HDMI出力対応)

★「Dragon Touch MAX10」(Android 9.0)

★「Vankyo S30」(Android 9.0・HDMI出力対応)

★「Lenovo Tab M10 Plus」(Android 9.0)

★「WINNOVO P20」(Android10.0)

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

2020最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

最新のAndroid 10.0タブレットをまとめて紹介しています。

Android 9.0で使えるタブレット 最新 まとめ

Android 9.0 OSを搭載したタブレットをまとめて紹介しています。

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

2万円前後のAndroid タブレット(国内販売)をまとめて紹介しています。

超激安でゴメン! ノーブランド Androidタブレット まとめ

ノーブランドの激安Androidタブレットをまとめて紹介しています。