「Blackview Tab 8」とAndroid 10タブレットを徹底 比較!


2020年6月に発売された「Blackview Tab 8」(技適認証済み)とAndroid 10タブレットを徹底 比較して紹介! 価格やAntutuベンチマーク、スペックの違いに加えて、メリット・デメリットも紹介します。

※2021年11月、「Blackview Tab 11」が発売されました。

※2021年11月、8型「Blackview Tab 6」が発売されました。

※2021年8月、「Blackview Oscal Pad 8」、6月に「Blackview Tab10」、4月に「Blackview Tab 9」が発売されました。

※2020年12月、「Blackview tab 8E」が発売されました。

「Blackview Tab 8」の特徴

Blackview Tab 8」の特徴をまとめてみました。

節電&リバースチャージ機能付き

Blackview Tab 8」のバッテリー(6580 mAh)には節電機能がついており、より長時間 駆動できるようになっています。また、リバースチャージ機能も搭載。OTG対応のUSB Type-C端子から他のスマートフォンなどの機器を充電することができます。

大容量4GBメモリ & 64GB ストレージ

Blackview Tab 8」は1万円台の低価格ながらも大容量4GBメモリを搭載。Unisoc SC9863A オクタコア プロセッサとの組み合わせで、Antutuベンチマーク総合で約90,000点を記録しています。また、64GB ストレージを内蔵。microSDカードで最大128GBまで拡張することもできます。

自立可能なレザーケースが付属・キーボードも用意

Blackview Tab 8」には肌触りのよいファブリック素材のレザーケースが付属しています。このスタンドを利用して自立させることも可能です。また、別売でマグネットですばやく着脱可能な専用キーボードも用意。ノートPCスタイルでOfficeアプリでの文書作成も快適に行えるようになっています。

公式ページ
https://www.blackview.hk/bvtab8/

価格を比較

Blackview Tab 8」と、「Alldocube iPlay 20」、「Binai M11」、「KEIAN KI-R10S」の価格を比較してみました。

「Blackview Tab 8」

Blackview Tab 8」は、Amazonで18,699円(タイムセール・本体のみ)、楽天市場で20,116円(税込)、ヤフーショッピングで21,990 円、Banggoodで15,645円(専用キーボードは5,254円)、AliExpressでUS $161.99 – 192.37、Gearbestで20526 円 、米国 Amazon.comで$129.98 + $16.39 shipping、で販売されています。

「Alldocube iPlay 20」

Alldocube iPlay 20」は、Amazonで17,900円、楽天市場で18,980円 (税込)、ヤフーショッピングで18,500 円、Banggoodで13,117円、AliExpressでUS $139.99 – 169.99、GearBestで15189 円で販売されています。

「Binai M11」

Binai M11」は、Banggoodで20,029円〜、Geekbuyingで20464円 で販売されています。

「KEIAN KI-R10S」

KEIAN KI-R10S」は、Amazonで15,164円、楽天市場で14,800円〜 (税込)、ヤフーショッピングで14,980円〜 (税込)、ビックカメラで16,680円 (税込・ポイント1,668ポイント)で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

Blackview Tab 8」と、「Alldocube iPlay 20」、「Binai M11」、「KEIAN KI-R10S」のAntutuベンチマークスコアを比較してみました。

「Blackview Tab 8」


Antutu総合で「104635」、CPUで「39169」、GPUで「10148」、MEMで「36271」、UXで「19047」。

<CPU> Unisoc SC9863A
※「Teclast P10HD」「Teclast P10S」「Vankyo S30」「Alldocube iPlay 20」「Binai M11」と同じプロセッサ

「Alldocube iPlay 20」

Antutu総合で約90,000

<CPU> Unisoc SC9863A

「Binai M11」

Antutu総合で約90,000

<CPU> Unisoc SC9863A

「KEIAN KI-R10S」

Antutu総合で約43,000

<CPU> Rockchip RK3326
※「Vankyo MatrixPad Z4 PRO」「Dragon Touch Y80」と同じプロセッサ

スペックを比較

Blackview Tab 8」と、「Alldocube iPlay 20」、「Binai M11」、「KEIAN KI-R10S」のスペックを比較してみました。

「Blackview Tab 8」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200ドットのIPS液晶
    ※16:10 / 輝度自動調整(目の保護)/ FHD+
  • プロセッサ Unisoc SC9863A オクタコア 1.6 GHz
  • GPU PowerVR GE8322
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 6580 mAh
  • 駆動時間 連続スタンバイで408時間、連続通話で20時間、連続動画再生で8時間、連続ゲームプレイで8時間、連続音楽再生で28時間
  • 充電 節電機能・OTGリバースチャージ機能
  • 背面カメラ 13MP
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a / b / g / n / ac (2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(GLONASS BEIDOU)
  • インターフェース USB Type-C、microSDカードスロット、SIMカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー 近接、光、重力
  • スピーカー デュアルスピーカー
  • 生体認証 顔認証
  • 専用キーボード あり・マグネットで接続
  • レザーケース 付属・自立可能
  • 技適認証 対応・技術基準適合証明取得済(マーク番号:210-150827)
  • OS Android 10.0
  • サイズ 243.6 x 162.4 x 8.9mm
  • 重量 600g
  • カラー シルバー、ゴールド
  • SIMカード Nano SIM(デュアルSIM)
  • 対応バンド  ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル回線に対応
    4G FDD:B1 / B3/B7/B8/B20
    3G WCDMA:B1 / B8
    2G GSM:850/900/1800/1900(B2/B3/B5/B8)

関連記事2020最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

Amazonで「Blackview Tab 8」(本体のみ)をチェックする

Amazonで「Blackview Tab 8」(キーボード付属)をチェックする

楽天市場で「Blackview Tab 8」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview Tab 8」をチェックする

Banggoodで「Blackview Tab 8」をチェックする

AliExpressで「Blackview Tab 8」をチェックする

Gearbestで「Blackview Tab 8」をチェックする

米国Amazon.comで「Blackview Tab 8」をチェックする

「Alldocube iPlay 20」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200 ドットのIPS液晶
    ※225ppi / 10点マルチタッチ / フルラミネート / Corning Gorilla Glass / アイプロテクション(目の保護モード)
  • プロセッサ Unisoc SC9863A オクタコア
  • CPU ARM-A55×8 & 1.6GHz+1.2GHz Octa-core
  • GPU PowerVR GE8322
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大512GBまで
  • バッテリー 6000mAh
  • 充電 5V/2A
  • 背面カメラ 5MP オートフォーカス対応
  • 前面カメラ 2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n ( 2.4GHz/5GHz )、Bluetooth 5.0、GPS ( Beidou )
  • インターフェース USB Type-C(OTG/充電)、microSDカードスロット、NanoSIMカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
    ※Wi-Fi Display / Wi-Fi Direct 対応
  • センサー 重力センサー、光センサー、距離センサー、ホールエフェクター
  • スピーカー デュアルスピーカー(BOX)
  • マイク あり
  • FMラジオ 対応
  • OTG 対応
  • OS Android 10.0
  • サイズ 245.2 x 149.4 x 7.95mm
  • 重量 450g
  • カラー ブラック

関連記事「Alldocube iPlay 20」と激安10.1タブレットを徹底 比較! 

Amazonで「Alldocube iPlay 20」をチェックする

楽天市場で「Alldocube iPlay 20」をチェックする

ヤフーショッピングで「Alldocube iPlay 20」をチェックする

Banggoodで「Alldocube iPlay 20」をチェックする

AliExpressで「Alldocube iPlay 20」をチェックする

GearBestで「Alldocube iPlay 20」をチェックする

「Binai M11」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200ドットのIPS液晶
    ※マルチタッチ / 2.5D曲面ガラス / AIで最適化
  • プロセッサ Unisoc SC9863A オクタコア 1.6 GHz
    ※28nm / 64bit / 8コア / AI
  • CPU Octa-core ARM Cortex™-A55 1.6GHz+1.2GHz
  • GPU IMG GE8322
  • RAM(メモリ) 6GB
  • ストレージ 64GB or 128GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大256GBまで
  • バッテリー 6000mAh ※節電機能あり
  • 充電 PD高速充電
  • 駆動時間 8時間
  • 背面カメラ 13MP
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11b/g/n(2.4GHz+5.0 GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(Beidou)
  • インターフェース USB Type-C、microSDカードスロット、NanoSIMカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • Miracast 対応
  • センサー Gセンサー
  • スピーカー デュアルBOXスピーカー
  • マイク 搭載
  • OS Android 10.0
  • サイズ 243.6 x 162.4 x 7.8mm
  • 重量 559g
  • カラー シルバー

関連記事Android 10「Binai M11」と2in1タブレットを徹底 比較! 

Banggoodで「Binai M11」をチェックする

Geekbuyingで「Binai M11」をチェックする

Amazonで「Vankyo S30」をチェックする

楽天市場で「Vankyo S30」をチェックする

ヤフーショッピングで「Vankyo S30」をチェックする

「KEIAN KI-R10S」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1280×800 ドットのIPS液晶
  • プロセッサ Rockchip RK3326 Quad-Core ARM Cortex-A35 最大1.5GHz
  • GPU Mali G31MP2
  • RAM(メモリ) DDR3 2GB
  • ストレージ 16GB (システムで約4.4GB使用します)
  • 外部ストレージ microSDカードで最大64GBまで
  • バッテリー 5,000mAh 3.8V
  • 電源 5V 2A
  • 背面カメラ 2MP
  • 前面カメラ 0.3MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 4.0
  • インターフェース Micro USB × 1、3.5mm ステレオミニジャック
  • マイク MIC × 1 内蔵
  • スピーカー 8Ω 1W × 2 内蔵
  • OS Android 10.0 Go edition
  • サイズ 約 244 x 172 x 9.2mm
  • 重量 約 512g
  • カラー ダークネイビー
  • 付属品 充電用ACアダプター、充電用USBケーブル、取扱説明書、保証書

関連記事「KEIAN KI-R10S」スペック、Antutuベンチマーク、価格

Amazonで「KEIAN KI-R10S」をチェックする

楽天市場で「KEIAN KI-R10S」をチェックする

ヤフーショッピングで「KEIAN KI-R10S」をチェックする

ビックカメラで「KEIAN KI-R10S」をチェックする

「Blackview Tab 8」のメリット・デメリット

Blackview Tab 8」のメリットデメリットをまとめてみました。

メリット

・4G LET通信に対応

Blackview Tab 8」は本体にSIMスロットを搭載し、高速な4G LET通信が利用できます。ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイルの回線に対応し、格安SIMカードも利用できます。

一方、「KEIAN KI-R10S」は4G LET通信に対応していません。「Alldocube iPlay 20」と「Binai M11」は4G LET通信に対応しています。

・バッテリー駆動時間が長い

Blackview Tab 8」は6580 mAhバッテリー搭載で、連続スタンバイで408時間、連続通話で20時間、連続動画再生で8時間、連続ゲームプレイで8時間、連続音楽再生で28時間 駆動することができます。

一方、「Alldocube iPlay 20」は6000mAhバッテリー、「Binai M11」は6000mAhバッテリー(8時間の駆動)「KEIAN KI-R10S」は5,000mAhバッテリーを搭載しています。

・フルHDのIPS液晶・輝度調整で目に優しい

Blackview Tab 8」は 10.1インチのIPS液晶を搭載。解像度は1920 x 1200ドットのフルHD画質。アスペクト比は16:10で、目の負担を軽減する輝度自動調整機能もついています。

一方、「KEIAN KI-R10S」は10.1インチ、解像度1280×800 ドットのIPS液晶搭載でHD画質になります。「Alldocube iPlay 20」と「Binai M11」は10.1インチ、解像度1920 x 1200 ドットのIPS液晶でフルHD画質です。

・顔認証が使える

Blackview Tab 8」は顔認証に対応。自分の顔をカメラにかざすだけですばやくロック解除できます。

・デュアルスピーカー搭載で音がいい

Blackview Tab 8」は本体に2つのスピーカーを搭載し、高音質なサウンドを楽しむことができます。

一方、「Alldocube iPlay 20」と「Binai M11」はデュアルスピーカー(BOX)、「KEIAN KI-R10S」は、インピーダンス 8Ωのデュアルスピーカー(1W)を搭載しています。

・厚さ8.9mmのメタルボディ・ゴールド色も用意

Blackview Tab 8」は厚さ8.9mmで薄型デザインを採用しています。重さは600g。シルバー色のほかに、ゴールド色も用意しています。

一方、「KEIAN KI-R10S」は厚さ9.2mm&重さ約 512gで「Blackview Tab 8」よりも本体が厚くなります。

「Alldocube iPlay 20」は厚さ7.95mm&重さ450g、「Binai M11」は厚さ 7.8mm&重さ559gで、「Blackview Tab 8」よりも薄いボディになっています。

・Android 10の新機能が使える

Blackview Tab 8」はAndroid 10 OSを採用。新たに追加された機能を使うことができます。一方、「KEIAN KI-R10S」は軽量版のAndroid 10.0 Go editionを採用しています。「Alldocube iPlay 20」と「Binai M11」はAndroid 10 OSを採用しています。

Android 10の新機能には、スマートリプライ(AIによって短い返信候補が表示される機能)、アプリでの位置情報 共有の設定、「フォーカスモード」(指定したアプリを指定時間の間は停止しておく機能)、「Live Caption」(音声を自動的に字幕に変換する機能)、「Sound Amplifier」(スマホのマイクで周囲の音を取り込み、イヤホンやヘッドホンから増幅した音を流す)機能などがあります。

デメリット

・ゴリラガラスで保護されていない

Blackview Tab 8」の液晶ディスプレイは堅牢なゴリラガラスで保護されていません。「Alldocube iPlay 20」だけはゴリラガラスで保護されています。

・対応バンドが少ない

Blackview Tab 8」はSIMフリーで4G LET通信も可能ですが、対応バンドは少なめです。ドコモやソフトバンク、ワイモバイルの回線には対応していますが、auの回線には対応していません。また、ドコモ回線のプラチナバンドにも対応していません。

「Blackview Tab 8」で楽天モバイルSIMは使えるか?

「Blackview Tab 8」で楽天モバイルSIMは使えるのでしょうか?調べてみると、4G LETバンドのB3に対応しているので一応使えるようです。ただし、楽天モバイルの対応エリアであることが条件です。また、楽天モバイルではタブレットの動作はサポート対象外になっています。過度な期待は避けた方がいいでしょう。楽天モバイルについての詳細は以下のページをご覧ください。

【2021】「楽天モバイル」申し込み殺到の超格安SIMサービス

「Blackview Tab 8」は技適認証に対応しているか?

Blackview Tab 8」は技適認証に対応しているのでしょうか?調べてみると、Amazon.co.jpの販売ページに以下のように記載されていました。

技適認証済み:本製品は技術基準適合証明取得済(マーク番号:210-150827)

というわけで、「Blackview Tab 8」は技適認証に対応しています。問題ないので安心して購入できますね。

「Blackview Tab 8」の販売・購入先

Blackview Tab 8」は、

Amazonで18,699円(タイムセール・本体のみ)、

楽天市場で20,116円(税込)、

ヤフーショッピングで21,990 円、

Banggoodで15,645円(専用キーボードは5,254円)、

AliExpressでUS $161.99 – 192.37、

Gearbestで20526 円 、

米国 Amazon.comで$129.98 + $16.39 shipping、

で販売されています。

Amazonで「Blackview Tab 8」(本体のみ)をチェックする

Amazonで「Blackview Tab 8」(キーボード付属)をチェックする

楽天市場で「Blackview Tab 8」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview Tab 8」をチェックする

Banggoodで「Blackview Tab 8」をチェックする

AliExpressで「Blackview Tab 8」をチェックする

Gearbestで「Blackview Tab 8」をチェックする

米国Amazon.comで「Blackview Tab 8」をチェックする

 

 

 

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Blackview Tab 11」(Android 11)

★「Blackview Tab 6」(Android 11)

★「Blackview Oscal Pad 8」(Android 11)

★「Blackview Tab10」(Android 11)

★「Blackview Tab 9」(Android 11)

Fire HD 10」(2021)

Fire HD 10 Plus

Dragon Touch MAX10 PLUS」(量子ドット液晶)

BMAX i10」(UNISOC Tiger T618 搭載)

Alldocube iPlay 40」(10.4インチ)

Blackview tab 8E」(Android 10・10.1インチ・専用キーボードあり)

VANKYO P31」(Android 10・専用スタイラスペンとキーボード付属)

Teclast M40」(Android 10)

Chuwi HiPad X」(Android 10・キーボードあり)

Alldocube X Neo」(キーボードあり)

Teclast M16」(キーボードあり)

Alldocube iPlay 20」(Android 10)

Teclast P20HD」(Android 10・HDMI出力対応)

キーボードが使えるAndroidタブレットと比較

専用のキーボードが使えるAndroidタブレットも販売されています。4G LET通信に対応しているモデルもあり、仕事でも十分に活用できます。ぜひ比較してみてください。

2in1スタイルで使えるAndroidタブレット まとめ

2in1スタイルで使えるAndroidタブレット まとめ

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

Android 11で使えるタブレット 2021 最新 まとめ

最新のAndroid 11タブレットをまとめて紹介しています。

2021最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

最新のAndroid 10.0タブレットをまとめて紹介しています。

Android 9.0で使えるタブレット 最新 まとめ

Android 9.0 OSを搭載したタブレットをまとめて紹介しています。

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

2万円前後のAndroid タブレット(国内販売)をまとめて紹介しています。

超激安でゴメン! ノーブランド Androidタブレット まとめ

ノーブランドの激安Androidタブレットをまとめて紹介しています。