「Alldocube X Neo」と高コスパ タブレットを徹底 比較!


2020年6月に発売された「Alldocube X Neo」と高コスパ タブレットを徹底 比較して紹介! 価格やAntutuベンチマーク、スペックの違いに加えて、メリット・デメリットも紹介します。

「Alldocube X Neo」の特徴

Alldocube X Neo」の特徴をまとめてみました。

2.5Kの有機EL液晶・DCI-P3対応で色鮮やか

Alldocube X Neo」は10.5インチのSuper AMOLED(有機EL)液晶を搭載。解像度は2560 x 1600 ドットの2.5K画質。より幅広い色の領域を表現できるデジタルシネマ規格「DCI-P3」やHDR機能、色域 NTSC 105%に対応し、これまでにないほどの色鮮やかな映像を実現しています。また、180°の視野角に対応し、見やすさも抜群。ブルーライトカットで目の疲れも軽減できます。

Snapdragon 660 & 4GBメモリで3Dゲームも快適

Alldocube X Neo」は低電力消費で動作するQualcomm Snapdragon 660 オクタコアプロセッサを搭載。14nmプロセスで製造された64ビット対応の8コアプロセッサで、Antutuベンチマーク総合で約150,000点を記録。大容量4GBメモリとAdreno 512 GPU グラフィックスとの組み合わせで 3Dゲームもスムーズに動作します。

大容量7700mAhバッテリー・18W急速充電に対応

Alldocube X Neo」は大容量7700mAhバッテリーを搭載。フルHD動画の連続再生で9.5時間 駆動することができます。また、Quick Charge 3.0規格の18W急速充電に対応。 38分で50%まで回復できるほか、2.5時間でフル充電することもできます。

公式ページ
https://www.alldocube.com/en/android/xneo/

価格を比較

Alldocube X Neo」と、「Mi Pad 4 Plus」、「Huawei MatePad 10.4」、「Teclast T30」の価格を比較してみました。

「Alldocube X Neo」

ALLDOCUBE X Neo」は、Amazonで29,999円、Banggoodで25,899円(※キーボード付属モデルは30,215円)、AliExpressでUS $269.99 – 319.99、Gearbestで30630 円、で販売されています。

「Mi Pad 4 Plus」

Mi Pad 4 Plus」は、AliExpressでUS $241.14 – 412.06(サマーセール)で販売されています。

AliExpressで「Mi Pad 4 Plus」をチェックする

「Huawei MatePad 10.4」

Huawei MatePad 10.4」は、日本のAmazonで29,800円、楽天市場で31,469円 (税込)、ヤフーショッピングで32,780円 (税込)、ビックカメラで32,780円 (税込)、AliExpressでUS $291.99 – 399.99 で販売されています。

「Teclast T30」

Teclast T30」は、日本のAmazonで26,900(2000円OFFクーポン付き)、ヤフーショッピングで28,711円〜 (税込)、GearBestで23137 円、Banggoodで 22,406円、AliExpressでUS $196.52 – 243.42(サマーセール) で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

Alldocube X Neo」と、「Mi Pad 4 Plus」、「Huawei MatePad 10.4」、「Teclast T30」のAntutuベンチマークスコアを比較してみました。

※Antutuスコアとは3D性能、UX速度、CPU性能、RAM性能を総合した評価点のこと。

「Alldocube X Neo」

Antutu総合で約150,000

<CPU> Qualcomm Snapdragon 660

「Mi Pad 4 Plus」

Antutu総合で「144186」、CPUで「65950」、GPUで「30578」、MEMで「39217」、UXで「8441」。

<CPU> Qualcomm Snapdragon 660

「Huawei MatePad 10.4」

Antutu総合で「259306」、CPUで「92799」、GPUで「65542」、MEMで「45215」、UXで「55750」。

<CPU> HiSilicon Kirin 810

「Teclast T30」

Antutu総合で「169081」、CPUで「73834」、GPUで「28454」、UXで「33587」、MEMで「33206」。

<CPU> MediaTek Helio P70 MT6771

スペックを比較

Alldocube X Neo」と、「Mi Pad 4 Plus」、「Huawei MatePad 10.4」、「Teclast T30」のスペックを比較してみました。

「Alldocube X Neo」のスペック

  • ディスプレイ 10.5インチ、解像度2560 x 1600 ドットのSuper AMOLED液晶
    ※有機EL / 疎油性コーティング / 2.5K / NTSC 105% / DCI-P3 / HDR / ブルーライト低減 / 287 ppi / 視野角180°
  • プロセッサ Qualcomm® Snapdragon™ 660 AIE オクタコア
    ※14 nm / 64bit / 8コア / 最大2.2 GHz
  • CPU 4 x Kyro260(A72)@2.2GHz & 4 x Kyro260(A53)@1.8GHz Octa core
  • GPU Adreno™ 512
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大512GBまで
  • バッテリー 7700mAh / 3.8V / 30.4Wh
  • 駆動時間 フルHD動画の連続再生で9.5時間
  • 充電 18Wの急速充電・ Quick Charge 3.0 (38分で50%まで回復・2.5時間でフルチャージ)
  • 背面カメラ 8MP
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n(2.4GHz+5.0GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(GLONASS, Beidou, Galileo)
  • インターフェース USB Type-C (OTG /HDMI出力)、microSDカードスロット、Nano SIMカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
    ※Wi-Fi Display、Wi-Fi Directに対応
  • センサー  重力センサー、ライトセンサー、距離センサー、ホールエフェクター、ジャイロセンサー
  • スピーカー デュアルスピーカー(BOX)
  • マイク デュアルマイク
  • キーボード 専用キーボードあり(別売オプション)
  • FMラジオ 対応
  • OS Android 9.0
  • サイズ 243.68 x 173.14 x 6.9mm
  • 重量 497g
  • カラー シルバー
  • SIMカード Nano SIM
  • 対応バンド
    4G FDD-LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/28, TDD-LTE:B40
    3G WCDMA:B1/2/5/8
    2G GSM:B2/3/5/8

関連記事ALLDOCUBE タブレット 激安コスパで独走! 最新 全機種を比較

Amazonで「ALLDOCUBE X Neo」をチェックする

Banggoodで「Alldocube X Neo」をチェックする

Banggoodで「Alldocube X Neo with keyboard」をチェックする

AliExpressで「Alldocube X Neo」をチェックする

Gearbestで「Alldocube X Neo」をチェックする

楽天市場で「ALLDOCUBE」をチェックする

ヤフーショッピングで「ALLDOCUBE」をチェックする

「Mi Pad 4 Plus」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1200 x 1920 ドットのIPS液晶
    ※16:10 / 224 ppi
  • プロセッサ Qualcomm SDM660 Snapdragon 660
  • CPU Octa-core (4×2.2 GHz Kryo 260 Gold & 4×1.8 GHz Kryo 260 Silver)
  • GPU Adreno 512
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 64GB or 128GB
  • バッテリー 8620 mAh
  • 充電 10Wの急速充電
  • 背面カメラ 13 MP, f/2.0
  • 前面カメラ 5 MP, f/2.0
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0
  • インターフェース USB Type-C
  • センサー 加速度計、ジャイロ、近接、コンパス(LTEモデルのみ)
  • OS Android 8.1 (Oreo), MIUI 10
  • サイズ 245.6 x 149.1 x 8 mm
  • 重量 485 g
  • カラー ブラック、ローズゴールド

関連記事「Mi Pad 4 Plus」のスペック、Antutuベンチマーク、価格

AliExpressで「Mi Pad 4 Plus」をチェックする

AliExpressで「Xiaomi Mi Pad 4」をチェックする

「Huawei MatePad 10.4」のスペック

  • ディスプレイ 10.4インチ、解像度1200 x 2000 pxのIPS液晶
    ※5:3 / 224 ppi / 電子書籍モード(自動調光で目に優しい)
  • プロセッサ HiSilicon Kirin 810
    ※7 nm / 64bit / 8コア
  • CPU Octa-core (2×2.27 GHz Cortex-A76 & 6×1.88 GHz Cortex-A55)
  • GPU Mali-G52 MP6
  • RAM(メモリ) 4GB or 6GB
  • ストレージ 64GB or 128GB
  • バッテリー  7250 mAh
  • 駆動時間 動画視聴で約12時間
  • 充電 18Wの急速充電/30分で27%充電、2.8時間でフル充電
  • 背面カメラ 8 MP ※HDR 対応
  • 前面カメラ 8 MP ※HDR 対応
  • 動画撮影 背面1080p@30fps、前面1080p@30fps
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.1、GPS(LETモデル / A-GPS, BDS)
  • インターフェース USB Type-C (2.0) (※3.5mmイヤホンジャックはありません)
  • センサー 加速度計、ジャイロ、近接、コンパス
  • サウンド クワッドスピーカー、Huawei Histen 6.0、Harman Kardonチューニング、3Dステレオサウンド、クアッドマイク
  • スタイラスペン Huawei M-Pencilのデジタイザをサポート
  • 機能 スマートフォンの画面を映し出す機能
  • NFC 非対応 利用できません
  • OS Android 10.0 + EMUI 10 with HMS
  • Google Play ストア 非対応 利用できません
  • サイズ 245.2 x 155 x 7.4 mm
  • 重量 450 g
  • カラー ホワイト、グレー

関連記事「Huawei MatePad 10.4」と人気タブレットを徹底 比較 

日本のAmazonで「Huawei MatePad 10.4」をチェックする

楽天市場で「Huawei MatePad 10.4」をチェックする

ヤフーショッピングで「Huawei MatePad 10.4」をチェックする

ビックカメラで「Huawei MatePad 10.4」をチェックする

AliExpressで「Huawei MatePad 10.4」をチェックする

「Teclast T30」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度 1920×1200 px の IPS液晶
    ※ WUXGA / 16:10 / 2.5D / ブルーライトカット / 370nit
  • プロセッサ MediaTek Helio P70 MT6771 2.1GHz オクタコア
    ※Arm Cortex-A53, Arm Cortex-A73 / Up to 2.1GHz / 64-bit / 8 コア,8スレッド / 12 nm
  • GPU Mali-G72 MP3
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 64GB
  • バッテリー 8000mAh
  • バッテリー駆動時間 11時間
  • カメラ 背面800万画素、前面500万画素
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.1
  • インターフェース USB Type-C、3.5mmイヤホンジャック、1 x Micro SIMスロット
  • センサー ライト、距離、ホールエフェクト
  • OS Android 9.0 Pie OS
  • サイズ 24.90 x 13.50 x 0.85 cm
  • 重量 560g
  • カラー グレイ

関連記事「Teclast T30」のスペック、ベンチマーク、特徴、機能、価格

Amazonで「Teclast T30」をチェックする

楽天市場で「Teclast T30」をチェックする

ヤフーショッピングで「Teclast T30」をチェックする

GearBestで「Teclast T30」をチェックする

Banggoodで「Teclast T30」をチェックする

AliExpressで「Teclast T30」をチェックする

「Alldocube X Neo」のメリット・デメリット

Alldocube X Neo」のメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

・専用キーボードカバーが用意されている

Alldocube X Neo」はオプションで専用キーボードカバーが用意されており、ノートPCスタイルで使用することができます。一方、「Mi Pad 4 Plus」と「Huawei MatePad 10.4」は専用キーボードが用意されていません(※他社製キーボードはあり)。「Teclast T30」は専用キーボードカバーが用意されており、ノートPCスタイルで使用することができます。

・単体で4G LET通信できる

Alldocube X Neo」はSIMスロット搭載で、単体で4G LET通信できるようになっています。Wi-Fiモデルはありません。一方、「Mi Pad 4 Plus」、「Huawei MatePad 10.4」はLETモデルもありますが、Wi-Fiモデルと比べると価格が高くなります。「Teclast T30」はSIMフリーのLETモデルのみ用意されています。

・有機EL液晶を搭載している

Alldocube X Neo」は高コントラストで発色に優れる有機EL液晶を搭載しています。サイズは10.5インチで、解像度は2560 x 1600 ドットになります。

一方、「Mi Pad 4 Plus」は10.1インチ、解像度1200 x 1920 ドットのIPS液晶、「Huawei MatePad 10.4」は10.4インチ、解像度1200 x 2000 pxのIPS液晶、「Teclast T30」は10.1インチ、解像度 1920×1200 px の IPS液晶を搭載しています。

・バッテリー駆動時間が長い

Alldocube X Neo」は7700mAhバッテリー搭載で、9.5時間(※フルHD動画の連続再生)の駆動が可能になっています。

一方、「Mi Pad 4 Plus」は 8620 mAhバッテリー搭載で約8時間の駆動、「Huawei MatePad 10.4」は7250 mAh搭載で、約12時間(動画視聴)の駆動、「Teclast T30」は 8000mAhバッテリー搭載で 11時間の駆動が可能になっています。

・充電スピードが速い

Alldocube X Neo」はQuick Charge 3.0規格の18W急速充電に対応しています。一方、「Teclast T30」はUSB Type-Cの高速充電に対応していますが、18W急速充電と比べると速度が劣ります。「Mi Pad 4 Plus」は10Wの急速充電、「Huawei MatePad 10.4」は18Wの急速充電に対応しています。

デメリット

・専用スタイラスペンが用意されていない

Alldocube X Neo」には専用キーボードが用意されていますが、専用のスタイラスペンは用意されていません。「Huawei MatePad 10.4」だけは筆圧検知は4096段階に対応した「Huawei Mペンシル」(別売)が用意されており、手書き入力できるようになっています。

・128GBストレージモデルが用意されていない

Alldocube X Neo」は64GBストレージを搭載し、別売のmicroSDカードで最大512GBまで拡張できますが、128GBストレージ搭載モデルは用意されていません。一方、「Mi Pad 4 Plus」と「Huawei MatePad 10.4」は64GBストレージモデルの他に、128GBストレージ搭載モデルも用意されています。

「Alldocube X Neo」の販売・購入先

Alldocube X Neo」は、

Amazonで29,999円、

Banggoodで25,899円(※キーボード付属モデルは30,215円)、

AliExpressでUS $269.99 – 319.99、

Gearbestで30630 円、

で販売されています。

Amazonで「ALLDOCUBE X Neo」をチェックする

Banggoodで「Alldocube X Neo」をチェックする

Banggoodで「Alldocube X Neo with keyboard」をチェックする

AliExpressで「Alldocube X Neo」をチェックする

Gearbestで「Alldocube X Neo」をチェックする

楽天市場で「ALLDOCUBE」をチェックする

ヤフーショッピングで「ALLDOCUBE」をチェックする

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Chuwi HiPad X」(Android 10・キーボードあり)

AliExpressで「Chuwi HiPad X」をチェックする

★「Blackview Tab 8」(Android 10.0・キーボードあり)

★「Teclast M16」(キーボードあり)

★「Teclast P20HD

★「Mi Pad 4 Plus

AliExpressで「Mi Pad 4 Plus」をチェックする

★「Huawei MatePad 10.4

★「Teclast T30」(キーボードあり)

★「Lenovo Tab M10 Plus

★「Galaxy Tab S7 / Plus」(Android 10.0・キーボードあり)

他のAlldocubeタブレットと比較

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Alldocube iPlay 20 Pro」(10.1インチ)

★「Alldocube iPlay 20」(10.1インチ)

★「Alldocube M5X Pro」(10.1インチ)

★「ALLDOCUBE M5X」(10.1インチ)

★「ALLDOCUBE X」(10.1インチ)

★「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」(10.1インチ)

★「ALLDOCUBE M5XS」(10.1インチ)

ALLDOCUBE タブレットをまとめてチェック!

ALLDOCUBE タブレットは以下のページにまとめてあります。

ALLDOCUBE タブレット 激安コスパで独走! 最新 全機種を比較

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

2020最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較!

Android 10.0 OSを搭載したタブレットをまとめて紹介しています。

Android 9.0で使えるタブレット 最新 まとめ

Android 9.0 OSを搭載したタブレットをまとめて紹介しています。

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

2万円前後のAndroid タブレット(国内販売)をまとめて紹介しています。

一度は手に入れてみたい 超ハイスペックな高級Androidタブレット まとめ

ハイスペックなAndroidタブレットをまとめて紹介しています。