「VUCATIMES N7」と超激安7型タブレットを徹底 比較!


Android 10 Go edition搭載の 「VUCATIMES N7」と超激安7型タブレットを徹底 比較して紹介!  価格やAntutuベンチマーク、スペックの違いに加えて、メリット・デメリットも合わせて紹介します。

※2020年12月、10.1インチでAndroid 10搭載の「VUCATIMES N20」も発売されました。

※2020年7月25日から8.0インチでAndroid 10搭載の「VUCATIMES N8」も発売されています。

※2020年5月から10.1インチのAndroid 10 Go搭載の「VUCATIMES N10」も発売されています。

「VUCATIMES N7」の特徴

VUCATIMES N7」の特徴をまとめてみました。

Android Go アプリが使える

VUCATIMES N7」はAndroid 10 Go editionを採用しているため、さまざまなGoアプリが使えるようになっています。Goアプリには例えば、データ通信を最大で40%節約できる検索アプリ「Google Go」、軽量な地図アプリ「Maps Go」、メールアプリ「Gmail Go」、カメラアプリ「Camera Go」、Googleフォトの縮小版「Gallery Go」、ファイル管理アプリ「Files Go」、動画ダウンロードもできる「YouTube Go」などがあります。

低スペックでも快適に動作

VUCATIMES N7」はクアッドコア(4コア)プロセッサと1GBメモリ搭載とスペックが低めですが、Android 10のGo editionを採用しているため、比較的軽快に動作します。また、新バージョンになったことで、Google Lensも使える「Google Go」をはじめ、低速回線でもスムーズに動画再生できる「YouTube Go」、機械学習によって自動的に写真を分類するアプリ「Gallery Go」の性能も向上しています。

Google Playストアが使える

VUCATIMES N7」はGMS認証に対応し、Google Playストアが使用できます。Amazon Fire タブレットやEMUI 10を搭載した最新のHuaweiタブレットと違い、Google Playストアにあるさまざまなアプリをダウンロードし、インストールできます。

※VUCATIMESタブレットはWinnovoから発売されていました。

Winnovoの公式ページ
https://www.mywinnovo.com/tablets

価格を比較

VUCATIMES N7」と「Winnovo T7Pro」、「Dragon Touch M7」、「HAOQIN H7 Pro」の価格を比較してみました。

「VUCATIMES N7」

VUCATIMES N7」は、Amazonで7,580円(30%OFFクーポン付き)、ヤフーショッピングで8,199 円で販売されています。

「Winnovo T7Pro」

Winnovo T7Pro」は、Amazonで7,580円(500円OFFクーポン付き)、楽天市場で9,978円、ヤフーショッピングで8,736円〜 (税込)、米国 Amazon.comで$69.99(日本発送は $19.07 )で販売されています。

「Dragon Touch M7」

Dragon Touch M7」は、Amazonで8,999円(2000円OFFクーポン付き)、楽天市場で11,009円〜 (税込)、ヤフーショッピングで9,380 円〜、米国 Amazon.comで$69.99 (日本発送は+ $19.28 )で販売されています。

「HAOQIN H7 Pro」

HAOQIN H7 Pro」は、Amazonで7,388円(2000円OFFクーポン付き)、楽天市場で11,274円〜 (税込)、ヤフーショッピングで8,724円〜 (税込)で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

VUCATIMES N7」と「Winnovo T7Pro」、「Dragon Touch M7」、「HAOQIN H7 Pro」のAntutuベンチマークを比較してみました。

「VUCATIMES N7」

Antutu総合で約30,000 (※推定)

<CPU> Allwinner 1.8GHz

「Winnovo T7Pro」

Antutu総合で約43,000

<CPU> MediaTek MT8163
※ASUS ZenPad 8.0/Z380Mと同じプロセッサ

「Dragon Touch M7」

Antutu総合で約43,000

<CPU> Rockchip RK3326
※Vankyo MatrixPad Z4 PROと同じプロセッサ

「HAOQIN H7 Pro」

Antutu総合で約43,000

<CPU> Rockchip 3326
※Vankyo MatrixPad Z4 PROと同じプロセッサ

スペックを比較

VUCATIMES N7」と「Winnovo T7Pro」、「Dragon Touch M7」、「HAOQIN H7 Pro」のスペックを比較してみました。

「VUCATIMES N7」のスペック

  • ディスプレイ 7.0インチ、解像度1024×600 pxの IPS液晶
  • プロセッサ Allwinner Cortex-A7 クアッドコア 1.8GHz
  • GPU  ARM Mali400 MP2
  • RAM(メモリ) 1 GB DDR DRAM
  • ストレージ 16GB eMMC
  • 外部ストレージ microSDカードで最大64GBまで
  • バッテリー 2800mAh
  • 駆動時間 動画再生で2〜3時間、Web閲覧で3〜4時間
  • 背面カメラ 30万画素
  • 前面カメラ 30万画素
  • ワイヤレス通信 WiFi 802.11 /b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 4.0
  • インターフェース microUSB x 1、microSDカードスロット x 1、3.5mmイヤホンジャック
  • OS Android 10.0 Go edition
  • GMS認証 対応・取得済み
  • Google Play 対応
  • 言語 日本語を含むマルチ言語に対応
  • サイズ 18.9 x 10.8 x 0.9 cm
  • 重量 249 g
  • カラー ブラック
  • 発売日  2020年5月

関連記事超激安でゴメン! ノーブランド Androidタブレット まとめ

Amazonで「VUCATIMES N7」をチェックする

楽天市場で「VUCATIMES N7」をチェックする

ヤフーショッピングで「VUCATIMES N7」をチェックする

米国 Amazon.comで「VUCATIMES N7」をチェックする

「Winnovo T7Pro」のスペック

  • ディスプレイ 7.0インチ、解像度1024×600ピクセルのIPS液晶
    ※16:9 / 画面占有率 90%
  • プロセッサ MediaTek MT8163
  • GPU ARM Mali T720
  • RAM(メモリ) 2GB
  • ストレージ 32GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで拡張可能
  • バッテリー 2800mAh
  • 背面カメラ 200万画素
  • 前面カメラ 200万画素
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 4.0、GPS (Wi-Fi)
  • インターフェース micro USB、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー Gセンサー
  • スピーカー あり
  • マイク あり
  • OS Android 9.0
  • GMS認証 取得済み
  • Google Play 対応
  • FMラジオ 対応
  • 言語 日本語を含むマルチ言語に対応
  • サイズ 189 x 108 x 9.6mm
  • 重量 249 g
  • カラー ブラック、ブルー
  • 付属品 ACアダプタ x1、USBケーブル x1、ユーザーマニュアル(日本語) x1

関連記事「Winnovo T7 pro」と7インチ激安タブレットを徹底 比較!  

Amazonで「Winnovo TS7」をチェックする

Amazonで「Winnovo M8」をチェックする

楽天市場で「Winnovo TS7」をチェックする

ヤフーショッピングで「Winnovo TS7」をチェックする

米国 Amazon.comで「Winnovo TS7」をチェックする

「Dragon Touch M7」のスペック

  • ディスプレイ 7インチ、解像度1024 x 600 ドットの IPS液晶
    ※5点マルチタッチスクリーン
  • プロセッサ Rockchip RK3326 クアッドコア 最大1.6GHz
    ※64ビット / Cortex-A35
  • GPU ARM Mali-G31
  • RAM(メモリ) 2GB
  • ストレージ  16GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 2500mAh / 3.7V
  • バッテリー駆動時間 連続動画再生時間で3時間、連続ブラウジング時間で3時間、連続音楽再生時間で6時間
  • 電源 5V/1.5A
  • 背面カメラ 200万画素
  • 前面カメラ 30万画素
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 b/g/n (2.4GHz)、Bluetooth 4.0
  • インターフェース Micro USB × 1、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • マイク MIC × 1 内蔵
  • スピーカー 8Ω/1W × 1内蔵
  • ボディの材質 金属メタル素材
  • 言語 日本語にも対応
  • OS Android 9.0
  • サイズ 約189.5 x 109 x 9.2mm
  • 重量 約 250g
  • カラー ブラック
  • 付属品 説明書、充電ケーブルと電源タップ

関連記事「Dragon Touch M7 2019」スペック、特徴 Alldocube iPlay 7T 比較

Amazonで「Dragon Touch M7 2019」をチェックする

Amazonで「Dragon Touch Y88X PRO」をチェックする

楽天市場で「Dragon Touch M7」をチェックする

ヤフーショッピングで「Dragon Touch M7」をチェックする

米国 Amazon.comで「Dragon Touch M7」をチェックする

「HAOQIN H7 Pro」のスペック

  • ディスプレイ 7インチ、1024×600 ドットのIPS液晶
    ※ マルチタッチ対応 / HD
  • プロセッサ Rockchip 3326 クアッドコア 1.5GHz
  • GPU Mali-G31MP2
  • RAM(メモリ) 1GB
  • ストレージ 32GB
  • 外部ストレージ micro SDカードで最大64GBまで
  • バッテリー 2,800mAh リチウムポリマーバッテリー
  • 背面カメラ 200万画素
  • 前面カメラ 30万画素
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 4.0
  • インターフェース  microUSB、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • OS Android 9.0
  • Google Play 対応
  • 多言語 対応
  • サイズ 18.9 x 10.8 x 0.9 cm
  • 重量 249g
  • カラー オレンジ、ブラック、シルバー
  • 発売日  2020年5月

関連記事「HAOQIN H7 Pro」スペック、Antutuベンチマーク、評判、価格 

Amazonで「HAOQIN H7 Pro」をチェックする

楽天市場で「HAOQIN H7 Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「HAOQIN H7 Pro」をチェックする

米国 Amazon.comで「HAOQIN H7Pro」をチェックする

「VUCATIMES N7」のメリット・デメリット

VUCATIMES N7」のメリットデメリットをまとめてみました。

メリット

・HD画質のIPS液晶を搭載している

VUCATIMES N7」は7.0インチ、解像度1024×600 pxの IPS液晶を搭載しています。「Winnovo T7Pro」、「Dragon Touch M7」、「HAOQIN H7 Pro」も同じくHD画質のIPS液晶を搭載しています。

・重さ 249 gのコンパクトサイズ

VUCATIMES N7」のサイズは18.9 x 10.8 x 0.9 cmで、重さ 249 gになっています。

一方、「Winnovo T7Pro」のサイズは189 x 108 x 9.6mmで重さ249 g、「Dragon Touch M7」のサイズは約189.5 x 109 x 9.2mmで重さ約 250g、「HAOQIN H7 Pro」のサイズは 18.9 x 10.8 x 0.9 cmで重さ249gになっています。

・2800mAhバッテリー

「VUCATIMES N7」は2800mAhバッテリーを搭載し、動画再生で2〜3時間、Web閲覧で3〜4時間駆動することができます。一方、「Winnovo T7Pro」と「HAOQIN H7 Pro」は2800mAhバッテリー搭載、「Dragon Touch M7」は2500mAhバッテリー搭載(動画再生で3時間、Web閲覧で3時間)になっています。

・Android 10.0 OSが使える

VUCATIMES N7」は最新のAndroid 10.0 Go editionを搭載し、セキュリティ性能や動作スピードも向上しています。

一方、「Winnovo T7Pro」、「Dragon Touch M7」、「HAOQIN H7 Pro」はAndroid 9.0搭載で、Android 10で新しく追加された機能は使えません。

デメリット

・ストレージ容量が16GB

VUCATIMES N7」は16GBストレージを搭載し、最大64GBまで拡張できます。一方、「Winnovo T7Pro」と「HAOQIN H7 Pro」は32GBストレージ搭載です。「Dragon Touch M7」は16GBストレージ搭載です。

・Wi-Fiデュアルバンドに対応していない

VUCATIMES N7」は2.4GHz帯のWi-Fiのみに対応しています。一方、「Winnovo T7 pro」だけは高速で途切れにくい通信が可能なWi-Fiデュアルバンドに対応しています。

・カメラが30万画素

VUCATIMES N7」は背面30万画素&前面30万画素カメラを搭載しています。

一方、「Winnovo T7Pro」は背面200万画素&前面200万画素カメラを搭載。「Dragon Touch M7」と「HAOQIN H7 Pro」は背面200万画素&前面30万画素カメラを搭載しています。

・メモリが1GB

VUCATIMES N7」は1 GB DDR メモリを搭載しています。一方、「Winnovo T7Pro」と「Dragon Touch M7」は2GBメモリを搭載しています。「HAOQIN H7 Pro」は1GBメモリ搭載です。

・カラーがブラックのみ

VUCATIMES N7」の本体カラーはブラックのみ用意されています。

一方、「Winnovo T7Pro」はブラック、ブルーの2色、「HAOQIN H7 Pro」はブルー、オレンジ、グレーの3色が用意されています。「Dragon Touch M7」はブラックのみです。

「VUCATIMES N7」の販売・購入先

VUCATIMES N7」は、

Amazonで7,580円(30%OFFクーポン付き)、

ヤフーショッピングで8,199 円、

で販売されています。

Amazonで「VUCATIMES N7」をチェックする

楽天市場で「VUCATIMES N7」をチェックする

ヤフーショッピングで「VUCATIMES N7」をチェックする

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「VUCATIMES N20

VANKYO Z1」(2020モデル・7.0インチ・Android 10.0)

Winnovo TS7

Winnovo T7Pro

Dragon Touch M7

HAOQIN H7 Pro

Alldocube iPlay 7T

VANKYO S7

Amazon Fire 7」(2019)

ファーウェイ「MediaPad T3 7

Winnovo T7

★「VUCATIMES N8」(8.0インチ)

★「VUCATIMES N10」(10.1インチ)

その他のおすすめAndroid タブレットは?

その他のおすすめAndroid タブレットは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

2020最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

最新のAndroid 10.0タブレットをまとめて紹介しています。

超激安でゴメン! ノーブランド Androidタブレット まとめ

ノーブランドの激安Androidタブレットをまとめて紹介しています。

Android 9.0で使えるタブレット 最新 まとめ

Android 9.0 OSを搭載したタブレットをまとめて紹介しています。

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

2万円前後のAndroid タブレット(国内販売)をまとめて紹介しています。