「Xiaomi Mi Band 5」と激安スマートバンドを徹底 比較!


2020年6月18日に発売される「Xiaomi Mi Band 5」と激安スマートバンドを徹底 比較して紹介! 価格や測定できること、機能、スペックの違いをはじめ、メリット・デメリットも合わせて紹介します。

※GearBest、AliExpress、Geekbuyingで発売されました。グローバル版は7月に発売される予定です。

「Xiaomi Mi Band 5」の特徴

Xiaomi Mi Band 5」の特徴をまとめてみました。

大型の1.2インチのカラー有機EL液晶

Xiaomi Mi Band 5」は1.2インチのOLED(カラー有機EL)液晶を搭載。0.95インチだった前モデル「Xiaomi Mi Band 4」よりも液晶が0.25インチ大きくなり、より画面が見やすくなりました。また、100種類以上のテーマから好みのものにカスタマイズすることが可能。54種類のアニメキャラクター(有料)も利用できます。

14日間のロング駆動・磁気充電にも対応

Xiaomi Mi Band 5」は1回の充電で約14日間 駆動することができます。また、着脱不要の磁気充電にも対応。前モデル「Xiaomi Mi Band 4」ではストラップからコアユニットを外してアダプターにセットする必要がありましたが、「Xiaomi Mi Band 5」ではいちいち取り外して充電する手間が不要になっています。

Google Payに対応・SpO2測定やAmazon Alexaも

Xiaomi Mi Band 5」(グローバル版)はNFCとGoogle Payに対応し、電子マネー決済が利用できるようになっています。また、新型コロナ流行で注目されるようになった血中酸素濃度(SpO2)の測定にも対応。音声認識「Amazon Alexa」や11種類のスポーツモードも利用できます。

※公式ページはもうすぐ公開される予定です。

価格を比較

Xiaomi Mi Band 5」と、「HUAWEI Band 4」、「Galaxy Fit e」、「Honor Band 5」の価格を比較してみました。

「Xiaomi Mi Band 5」

Xiaomi Mi Band 5」は、Amazonで5,980円、楽天市場で5,800円、ヤフーショッピングで5,980円 (税込)、Banggoodで4,059円、GearBestで3744 円、AliExpressでUS $30.59 – 37.99、Geekbuyingで$ 39.99 で販売されています。

「HUAWEI Band 4」

HUAWEI Band 4」は、Amazonで5,280円、楽天市場で5,280円、ヤフーショッピングで4,800円、AliExpressでUS $22.77 – 34.91 で販売されています。

「Galaxy Fit e」

Galaxy Fit e」は、Amazonで4,336円、楽天市場で4,769円 (税込)、ヤフーショッピングで4,770円+送料、ビックカメラで4,770円 (税込)、米国 Amazon.comで$49.99 (日本発送は+ $15.61 )で販売されています。

「Honor Band 5」

Honor Band 5」は、Amazonで3,799円、楽天市場で6,300円 (税込)、ヤフーショッピングで4,376円 (税込)、AliExpressでUS $27.07 – 32.24で販売されています。

計測できることを比較

Xiaomi Mi Band 5」と、「HUAWEI Band 4」、「Galaxy Fit e」、「Honor Band 5」で計測できることを比較してみました。

「Xiaomi Mi Band 5」

歩数、消費カロリー、移動距離、心拍数、睡眠の質(※精度が40%向上・24時間)、女性の健康状態、スポーツモード(11種類)

「HUAWEI Band 4」

歩数、消費カロリー、距離、速度、心拍数(24時間)、睡眠(HUAWEI TruSleepTM 2.0)、トレーニングモード(9種類)

「Galaxy Fit e」

歩数、消費カロリー、移動距離 (歩数目標設定)、睡眠、心拍、トレーニングモード(3種類)

「Honor Band 5」

歩数計、カロリー消費、移動呂距離、睡眠(HUAWEI TruSleepモニタリング技術)、SpO2測定、平均SWOLF、心拍数(TruSeen3.5)、不整脈、スポーツモード(10種類)

機能を比較

Xiaomi Mi Band 5」と、「HUAWEI Band 4」、「Galaxy Fit e」、「Honor Band 5」の機能を比較してみました。

「Xiaomi Mi Band 5」

機能 SpO2測定、リモートシャッター機能(スマホカメラを操作)、磁気充電(ストラップをつけたまま充電可能)、NFC、Google Pay(グローバル版のみ)、Amazon Alexa(グローバル版のみ)、目覚まし時計、タイマー機能、天気や時計の表示、11種類のトレーニングモード、リマインダー機能、テーマ変更(100種類以上からカスタマイズ可能)、センサーの向上(PPG心拍数センサーが24時間監視・睡眠監視の精度が40%向上)、ストレスモニタリング機能、深呼吸や休息を勧める機能

「HUAWEI Band 4」

ワークアウトのトラッキング(9つのモード)、スマート通知 (着信 / メッセージ / メール / カレンダー / SNS アプリ等)、スマートフォン探索、リモート撮影、 アラーム設定

「Galaxy Fit e」

スマホ連携、アクティビティのタイプを自動で検知する「自動ワークアウトトラッキング」機能、3つのトレーニングモード(ランニング、ウォーキング、ダイナミックトレーニング)

「Honor Band 5」

着信通知、着信拒否、スマホ探索、時刻、Eメール、SNS通知、振動アラーム、スマートアラーム、タイマー、睡眠の質向上のアドバイス(AI技術が6種類の睡眠問題を正確に識別し、200以上のアドバイス)、カメラのリモートコントロール

スペックを比較

Xiaomi Mi Band 5」と、「HUAWEI Band 4」、「Galaxy Fit e」、「Honor Band 5」のスペックを比較してみました。

「Xiaomi Mi Band 5」のスペック

  • ディスプレイ 1.2インチのOLED(カラー有機EL)液晶
  • スポーツモード  11種類
  • センサー PPG心拍数センサー、三軸加速度センサー、三軸ジャイロセンサー
  • 通信 Bluetooth 5.0
  • アプリ 「Mi Fit」
  • 防水 5気圧 防水(水深50mまで)
    ※水泳のトラッキングも可
  • バッテリー 1回の充電で約14日間 駆動
  • 充電   USB Type-C経由での充電
  • NFC 対応(※NFCモデルのみ・NFCに非対応のモデルも発売される)
  • Google Pay 対応(グローバル版のみ) ※中国版はUnionPayモバイル決済
  • 音声認識 Amazon Alexa 対応(グローバル版のみ) ※中国版はAIアシスタント「XiaoAI」
  • サイズ 不明
  • 重量 不明
  • 本体カラー ブラック
  • ストラップのカラー ブラック、イエロー、グリーン、オレンジ
  • 発売日 中国版は2020年6月18日・グローバル版は7月に発売

関連記事「Xiaomi Mi Band 4」レビュー Galaxy Fit e と比較 

Amazonで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

楽天市場で「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

ヤフーショッピングで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

Banggoodで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

GearBestで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

AliExpressで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

Geekbuyingで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

「HUAWEI Band 4」のスペック

  • ディスプレイ 0.96インチ、解像度80 x 160ピクセルのTFTカラースクリーン液晶
    ※タッチ対応
  • ケース素材 フロントカバー: プラスチック
  • ストラップ  シリコンゴム、幅 約17 mm 、長さ: 約123 mm + 約85 mm
  • センサー 3軸加速度センサー、赤外線センサー、光学心拍センサー
  • プロセッサ Apollo 3
  • バッテリー容量 91 mAh
  • バッテリー駆動時間 7〜9日間
  • 充電時間 約1.5時間 (周囲温度25°C未満)
  • 充電端子 USB充電ポート 内蔵USBプラグあり
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 4.2
  • アプリ Huawei Health
  • 対応OS Android 4.4 以降、iOS 9.0 以降
  • 防水 5ATM 5気圧防水 50m防水
  • 操作方法 フルタッチスクリーン + ホームキー
  • サイズ 約56 mm (ストラップなしの全長) x 約18.5 mm (幅) x 約12.5 mm (バンド本体の厚さ)
  • 重量 約12 g (ベルト含まず)
  • カラー グラファイトブラック、サクラピンク、アンバーサンライズ

関連記事「HUAWEI Band 4」スペック、特徴、価格 Xiaomi Mi Band 4比較 

Amazonで「HUAWEI Band 4」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI Band 4」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI Band 4」をチェックする

ビックカメラでで「HUAWEI Band 4」をチェックする

AliExpressで「HUAWEI Band 4」(グローバル版)をチェックする

「Galaxy Fit e」のスペック

  • ディスプレイ   0.74インチ PMOLED
  • 計測できること 日々の活動量、睡眠、心拍
  • 機能 スマホ連携、アクティビティのタイプを自動で検知する「自動ワークアウトトラッキング」機能、3つのトレーニングモード(ランニング、ウォーキング、ダイナミックトレーニング)
  • バッテリー容量 120mAh
  • 充電 POGOプラグ経由
  • センサー 心拍、加速度計
  • 通信 Bluetooth v5.0 LE
  • OS FreeRTOS
  • サイズ   16.0×40.2×10.9mm
  • 重量  15g
  • カラー ブラック、シルバー、イエロー
  • 発売日  2019年8月

関連記事「Galaxy Fit」と「Galaxy Fit e」を徹底 比較! 違い まとめ

Amazonで「Galaxy Fit e」をチェックする

楽天市場で「Galaxy Fit e」をチェックする

ヤフーショッピングで「Galaxy Fit e」をチェックする

ビックカメラで「Galaxy Fit e」をチェックする

米国 Amazon.comで「Galaxy Fit e」をチェックする

「Honor Band 5」のスペック

  • ディスプレイ  0.95インチ、AMOLED カラータッチスクリーン液晶(2.5Dのガラス)
  • スポーツモード 10種類
  • 機能 着信通知、着信拒否、スマホ探索、時刻、Eメール、SNS通知、振動アラーム、スマートアラーム、タイマー、睡眠の質向上のアドバイス(AI技術が6種類の睡眠問題を正確に識別し、200以上のアドバイス)、カメラのリモートコントロール
  • バッテリー 100mAh
  • 駆動時間 14日間
  • 通信 Bluetooth 4.2 BLE
  • 対応OS  Android 4.4+ / iOS 9.0+
  • 防水 50m防水 (水泳時着用可)
    ※6軸センサーを搭載し、泳ぎ方を自動認識。水泳速度、距離、カロリーを記録し、平均SWOLFを測定します。
  • サイズ 4.3 x 1.7 x 1.2 cm
  • 重量 22.7 g
  • 発売日 2019年8月

関連記事「Honor Band 5」で計測できること、機能、スペック、価格

Amazonで「Honor Band 5」をチェックする

楽天市場で「Honor Band 5」をチェックする

ヤフーショッピングで「Honor Band 5」をチェックする

AliExpressで「Honor Band 5」をチェックする

「Xiaomi Mi Band 5」のメリット・デメリット

Xiaomi Mi Band 5」のメリットデメリットを紹介します。

メリット

・血中酸素濃度(SpO2)が測定できる

Xiaomi Mi Band 5」は血中酸素濃度(SpO2)の測定に対応しています。この値が低ければ、ウイルスの感染などの影響で健康状態が悪化していることがすぐに分かります。

一方、「HUAWEI Band 4」と「Galaxy Fit e」は血中酸素濃度(SpO2)の測定に対応していません。「Honor Band 5」は血中酸素濃度(SpO2)の測定に対応しています。

・1回の充電で約14日間 使える

Xiaomi Mi Band 5」は1回充電するだけで約14日間 使用することができます。

一方、「HUAWEI Band 4」は 91 mAhバッテリー搭載で7〜9日間の駆動、「Galaxy Fit e」は70mAhバッテリー搭載で7日間の駆動に対応し、「Xiaomi Mi Band 5」よりも駆動時間が短くなります。「Honor Band 5」は100mAhバッテリー搭載で14日間の駆動に対応しています。

・NFC対応でGoogle Payで電子決済できる

Xiaomi Mi Band 5」(グローバル版)はNFC対応でGoogle Payで電子決済できます。この機能を利用すれば、トレーニングした後(サイフなし)でコンビニに寄ってお買い物ができるのでとっても便利です。

「HUAWEI Band 4」と「Galaxy Fit e」はNFCに非対応でGoogle Payが使えません。「Honor Band 5」にはNFC対応モデルも用意されており、AliExpressでも販売されています。

・11種類のスポーツモードが使える

「Xiaomi Mi Band 5」はトレッドミル、エクササイズ、アウトドアランニング、サイクリング、ウォーキング、スイミングなど11種類のスポーツモード(トレーニングモード)が使えるようになっています。前モデル「Xiaomi Mi Band 4」は6種類だったので5種類増えました。

一方、「HUAWEI Band 4」は9種類のトレーニングモード、「Galaxy Fit e」は3種類のトレーニングモード、「Honor Band 5」は10種類のスポーツモードに対応しています。

・液晶ディスプレイが大きくて見やすい

Xiaomi Mi Band 5」は 1.2インチのOLED(カラー有機EL)液晶を搭載しています。

一方、「HUAWEI Band 4」は0.96インチ、解像度80 x 160ピクセルのTFTカラースクリーン液晶、「Galaxy Fit e」は 0.74インチのPMOLED液晶、「Honor Band 5」は0.95インチのAMOLED カラータッチスクリーン液晶(2.5Dのガラス)を採用しています。

デメリット

・中国版は音声認識が「Xiao AI」になる

「Xiaomi Mi Band 5」の中国版は音声認識が「Xiao AI」になり、「Amazon Alexa」は使用できません。「Amazon Alexa」を使いたい人はグローバル版を購入してください。

・中国版はUnionPayモバイル決済になる

「Xiaomi Mi Band 5」の中国版はNFC対応であってもUnionPayモバイル決済にしか対応していません。当然、日本では利用できないので注意してください。グローバル版のNFC対応モデルはGoogle Payが利用できます。

「Xiaomi Mi Band 5」の販売・購入先

Xiaomi Mi Band 5」は、

Amazonで5,980円、

楽天市場で5,800円、

ヤフーショッピングで5,980円 (税込)、

Banggoodで4,369円、

GearBestで4431 円、

AliExpressでUS $31.29 – 45.98、

Geekbuyingで4431円

で販売されています。

Amazonで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

楽天市場で「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

ヤフーショッピングで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

Banggoodで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

GearBestで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

AliExpressで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

Geekbuyingで「Xiaomi Mi Band 5」をチェックする

 

他のスマートバンドと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報や性能、価格などが分かるようになっています。

HUAWEI Band 4

Galaxy Fit e

Honor Band 5

Fitbit Charge 4

UMIDIGI UFit

UMIDIGI Uwatch 2S

HUAWEI Band 4 Pro

Galaxy Fit

GARMIN vivofit 4

Huawei TalkBand B6

その他のおすすめスマートバンドは?

その他のおすすめスマートバンドは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

最新のスマートバンドをまとめて紹介しています。

【2020年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

最新スマートウォッチをまとめて紹介しています。