「Alldocube Knote 5 Pro」と低価格タブレットPCを徹底 比較!


2020年5月30日に発売された「Alldocube Knote 5 Pro」と低価格タブレットPCを徹底 比較して紹介! 価格やスペック、ベンチマークの違いに加えて、メリット・デメリットも紹介します。

「Alldocube Knote 5 Pro」の特徴

Alldocube Knote 5 Pro」の特徴をまとめてみました。

6GBメモリ&Gemini Lakeで快適動作!

Alldocube Knote 5 Pro」は低価格ながらも大容量6GBメモリを搭載。4GBメモリ搭載だった前モデル「Alldocube Knote 5」よりもスムーズに動作するようになっています。また、Gemini Lake世代のIntel Celeron N4000 デュアルコア プロセッサを搭載。Passmarkベンチマークスコアでは「1489」(CPU)を記録しています。

USB Type-C端子を搭載・PD2.0の急速充電に対応

Alldocube Knote 5 Pro」は前モデル「Alldocube Knote 5」と同じく、USB Type-C端子を搭載。 PD2.0の急速充電に対応し、約2.5時間で充電を完了させることができます。また、OTG対応でUSBメモリなどで高速なデータ転送が可能。HDMI対応のディスプレイやテレビに画面を映し出すこともできます。

大容量128GBストレージ・最大128GBまで拡張

Alldocube Knote 5 Pro」は大容量128GBストレージを搭載。一般的なタブレットPCよりも2倍多い容量になっています。また、microSDカードスロットを搭載し、最大128GBまで拡張することが可能。大量の写真・音楽・動画などのファイルを持ち歩くことができます。

「Alldocube Knote 5」の公式ページ
https://www.alldocube.com/en/parm/knote5-parm/

価格を比較

Alldocube Knote 5 Pro」と、「CHUWI UBook Pro」、「Teclast X6 Pro」、「Surface Go 2」の価格を比較してみました。

「Alldocube Knote 5 Pro」

Alldocube Knote 5 Pro」は、Banggoodで29,578円、AliExpressでUS $259.99 – 279.99 で販売中です。

「CHUWI UBook Pro」

CHUWI UBook Pro」は、Amazonで33,575 円(※タイムセール中)、楽天市場で45,236円 (税込)、ヤフーショッピングで39,039円 (税込)、Banggoodで47,106円、AliExpressでUS $369.99 – 443.99 で販売されています。

「Teclast X6 Pro」

Teclast X6 Pro」は、Amazonで49,900円(2500円OFFクーポン付き)、楽天市場で65,322円 (税込)、ヤフーショッピングで54,699円 (税込)、Banggoodで47,763円、AliExpressでUS $489.99 – 579.87で販売されています。

「Surface Go 2」

Surface Go 2」は、Amazonで65,780円〜(本体のみ)、楽天市場で65,120円 (税込)〜、ヤフーショッピングで55,500円 (税込)、ビックカメラで65780円(税込)〜、マイクロソフト公式ストアで65,780 円(税込)〜で販売されています。

スペックを比較

Alldocube Knote 5 Pro」と、「CHUWI UBook Pro」、「Teclast X6 Pro」、「Surface Go 2」のスペックを比較してみました。

「Alldocube Knote 5 Pro」のスペック

  • ディスプレイ 11.6インチ、解像度1920X1080 pxのIPS液晶
    ※タッチ対応 / 広視野角
  • プロセッサ Gemini Lake世代のIntel Celeron N4000 デュアルコア
    ※14 nm / 64bit / 2コア / 2スレッド / 最大2.60 GHz
  • GPU Intel HD Graphics 600
  • RAM(メモリ) 6GB
    ※旧モデルは4GB
  • ストレージ 128GB eMMC
    ※旧モデルは128GB SSD
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 4000mAh 7.6V
  • 駆動時間 連続スタンバイで15日間、通常時で10時間
  • 充電時間 2.5時間
  • 電源 DCチャージ 12V/2.5A DC3.5mm
  • 充電 Type-C PD2.0の急速充電に対応
  • カメラ 前面200万画素
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11ac/a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.0
  • インターフェース USB Type C (OTG) x1、Micro SDカードスロット x1、DCポート(12V / 2.5A) x1、3.5mm イヤホンジャック x1
  • マイク・スピーカー 内蔵
  • センサー G-sensor
  • OS  Windows10
  • 言語 日本語を含むマルチ言語に対応
  • キーボードカバー 別売・オプション・フルサイズ / キーストローク1.4 mm / 5ピンドック / 270度まで傾斜
  • スタイラスペン 専用スタイラスペンはなし・筆圧には非対応・一般的なスタイラスペンは使用可
  • サイズ 261 x 168 x 9mm
  • 重量 586g
  • カラー グレー

関連記事:

「ALLDOCUBE KNote 5」スペック、ベンチマーク、性能、価格

Banggoodで「Alldocube Knote 5 Pro」をチェックする

AliExpressで「Alldocube Knote 5 Pro」をチェックする

Amazonで「ALLDOCUBE Knote5」(4GBメモリ・キーボード付属)をチェックする

ヤフーショッピングで「ALLDOCUBE Knote5」をチェックする

楽天市場で「Alldocube」をチェックする

「CHUWI UBook Pro」のスペック

  • ディスプレイ 12.3インチ、解像度1920 x 1080 px のIPS液晶
    ※ フルHD / 3:2 / full-laminated / 10点マルチタッチ / 筆圧2048段階スタイラスペン 対応
  • プロセッサ
    Amber Lake Y世代の Intel Core m3-8100Y Up to 3.4 GHz
    Gemini Lake世代のIntel Celeron N4100 Quad Core Up to 2.4GHz
  • GPU
    (Core m3-8100Y ) Intel UHD Graphics 615,900MHz
    (Celeron N4100) Intel UHD Graphics 600
  • RAM(メモリ)
    (Core m3-8100Y ) 8GB DDR4
    (Celeron N4100) 8GB DDR3
  • ストレージ 256GB SSD (SATA)
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで拡張可能
  • バッテリー 37Wh (5000mAh)
  • バッテリー駆動時間 7〜8 時間
  • 背面カメラ 500万画素
  • 前面カメラ 200万画素
  • ワイヤレス通信
    (Core m3-8100Y )  WIFI 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2
    (Celeron N4100)   WIFI 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0
  • インターフェース USB Type-Cx1、USB Type-A x2、micro HDMI、microSDカードスロット、3.5mmヘッドフォンジャック、DCポート
  • OS Windows 10 Home 64bit
  • サイズ 292.2 x 207.9 x 9.9 mm
  • 重量 780g (タブレット本体)

関連記事:

「CHUWI UBook Pro」スペック、ベンチマーク、Surface Go 比較

Amazonで「CHUWI UBook Pro」をチェックする

楽天市場で「CHUWI UBook Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「CHUWI UBook Pro」をチェックする

Banggoodで「CHUWI UBook Pro」をチェックする

AliExpressで「CHUWI UBook Pro」をチェックする

「Teclast X6 Pro」のスペック

  • ディスプレイ 12.6 インチ、解像度 2880 x 1920 ドットのIPS液晶
    ※10点タッチ / 16:9 / 275ppi / フルラミネーション
  • プロセッサ Intel Core m3-7Y30 Dual Core 1.1GHz up to 2.6GHz
  • GPU Intel HD Graphics 615
  • RAM(メモリ) 8GB DDR3
  • ストレージ 256GB SSD
  • バッテリー 5000mAh
  • 背面カメラ  500万画素
  • 前面カメラ  200万画素
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.0
  • インターフェース USB Type-C、2x USB 3.0、microHDMI、SDカードスロット、3.5mmジャック
  • OS Windows 10 Home 64bit
  • サイズ  297 x 213 x 8.5mm
  • 重量 850g
  • キーボード 専用ドッキングキーボードあり

関連記事:

「Teclast X6 Pro」スペック、ベンチマーク、価格、セール情報

Amazonで「Teclast X6 Pro」(本体のみ)をチェックする

楽天市場で「Teclast X6 Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「Teclast X6 Pro」をチェックする

Banggoodで「Teclast X6 Pro」をチェックする

AliExpressで「Teclast X6 Pro」をチェックする

「Surface Go 2」のスペック

  • ディスプレイ 10.5 インチ、解像度1920 x 1280ドットのPixelSense液晶
    ※3:2 / 220 PPI / コントラスト比: 1500:1 / 10点マルチタッチ / Corning Gorilla Glass 3
  • プロセッサ
    第 8 世代 インテル Core m3 8100y
    インテル Pentium Gold 4425Y
  • GPU インテル® UHD グラフィックス 615
  • RAM(メモリ) 4GB または 8GB
  • ストレージ
    eMMC ドライブ: 64GB (Wi-Fi)
    SSD (ソリッド ステート ドライブ): 128 GB (Wi-Fi または LTE)
    256 GB (LTE)
  • バッテリー駆動時間 通常のデバイス使用時間は最大 10 時間
  • 背面カメラ 8.0 MP オートフォーカス付きリア カメラ (1080p HD ビデオ)
  • 前面カメラ  5.0 MP フロント カメラ (1080p HD ビデオ)
    ※Windows Hello 顔認証に対応
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax (2.4GHz+5GHz/Wi-Fi6)、Bluetooth 5.0、GPS(Assisted GPS および GLONASS)
  • インターフェース USB Type-Cx 1、3.5 mm ヘッドフォン ジャック、Surface Connect ポート x 1、Surface タイプ カバー ポート、MicroSDXC カード リーダー、nano SIM トレイ
  • センサー 光センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、磁力計、NFC
  • マイク 強化された、遠距離用デュアル スタジオ マイク
  • スピーカー Dolby® Audio™ Premium 搭載 2W ステレオ スピーカー
  • OS Windows 10 Pro
  • Officeアプリ Microsoft Office 365 新規顧客向け 1 ヶ月間試用版
  • サイズ 245 mm x 175 mm x 8.3 mm (9.65 x 6.9 x 0.33インチ)
  • 重量 Wi-Fi:544 g(1.2ポンド)、LTE Advanced: 553 g(1.22ポンド)
  • カラー シルバー(ケース)

関連記事:

「Surface Go 2」と人気タブレットPCを徹底 比較!

Amazonで「Surface Go 2」をチェックする

楽天市場で「Surface Go 2」をチェックする

ヤフーショッピングで「Surface Go 2」をチェックする

ビックカメラで「Surface Go 2」をチェックする

マイクロソフト公式ストアで「Surface Go 2」をチェックする

ベンチマークを比較

Alldocube Knote 5 Pro」と、「CHUWI UBook Pro」、「Teclast X6 Pro」、「Surface Go 2」のベンチマークを比較してみました。

「Alldocube Knote 5 Pro」

<CPU> Intel Celeron N4000

Passmarkによるベンチマークスコアは「1489」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「388」、マルチコアで「680」。

<GPU>  Intel UHD Graphic 600

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「391」。

「CHUWI UBook Pro」

Core M3モデル
<CPU> Amber Lake Y世代の Intel Core m3-8100Y

Passmarkによるベンチマークスコアは「3709」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「3707」、マルチコアで「6098」。

<GPU>  Intel UHD Graphics 615,900MHz

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィック性能は「720」。

Celeron N4100モデル
<CPU> Gemini Lake世代のIntel Celeron N4100

Passmarkによるベンチマークスコアは「2257」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「383」、マルチコアで「1187」。

<GPU>  Intel UHD Graphics 600

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィック性能は「391」。

「Teclast X6 Pro」

<CPU>  Intel Core m3-7Y30

Passmarkによるベンチマークスコアは「3556」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「2762」、マルチコアで「5338」。

<GPU> Intel HD Graphics 615

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080]によるグラフィック性能は「664」( Intel HD Graphics 615)。

「Surface Go 2」

<CPU> インテル Core m3 8100y

Passmarkによるベンチマークスコアは「2898」(CPU)。

Geekbench 4によるベンチマークスコアは、シングルコアで「3989」、マルチコアで「6773」

<CPU> インテル Pentium Gold 4425Y

Passmarkによるベンチマークスコアはまだ不明。

<GPU> インテル UHD グラフィックス 615

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「720」。

「Alldocube Knote 5 Pro」のメリット・デメリット

Alldocube Knote 5 Pro」のメリットデメリットをまとめてみました。

メリット

・11.6インチのフルHD液晶が見やすい

Alldocube Knote 5 Pro」は11.6インチで、解像度1920X1080 pxのIPS液晶を搭載しています。

「Surface Go 2」は10.5 インチ、解像度1920 x 1280ドットのPixelSense液晶で、「Alldocube Knote 5 Pro」の液晶よりも1.1インチ小さくなります。「CHUWI UBook Pro」は12.3インチ、解像度1920 x 1080 px のIPS液晶、「Teclast X6 Pro」は12.6 インチ、解像度 2880 x 1920 ドットのIPS液晶を搭載しています。

・4000mAhバッテリーで10時間駆動する

Alldocube Knote 5 Pro」は4000mAhバッテリーを搭載し、10時間駆動することができます。

一方、「CHUWI UBook Pro」は37Wh (5000mAh)バッテリー搭載で 7〜8 時間の駆動、「Teclast X6 Pro」は5000mAhバッテリー搭載で8時間の駆動、「Surface Go 2」は約26.8Whバッテリー搭載で10時間の駆動が可能になっています。

・メモリ容量が多い

Alldocube Knote 5 Pro」は6GBメモリを搭載しています。「Surface Go 2」は4GB または 8GB搭載で、最安モデルの場合は「Alldocube Knote 5 Pro」よりも2GB分メモリ容量が少なくなります。「CHUWI UBook Pro」と「Teclast X6 Pro」は8GB DDR3メモリを搭載しています。

・ストレージ容量が多い

Alldocube Knote 5 Pro」は128GBストレージを搭載しています。「Surface Go 2」は 64GB eMMC (Wi-Fi)、SSD 128 GB (Wi-Fi / LTE)、SSD 256 GB (LTE)が用意されていますが、最安モデルは64GBになり、「Alldocube Knote 5 Pro」のストレージ容量の半分になります。「CHUWI UBook Pro」と「Teclast X6 Pro」は256GB SSD (SATA)を搭載しています。

デメリット

・筆圧検知に対応していない

Alldocube Knote 5 Pro」はタッチ対応で市販のスタイラスペンも使用できますが、筆圧検知には対応していないので本格的なイラスト制作には使えません。「CHUWI UBook Pro」、「Teclast X6 Pro」、「Surface Go 2」は筆圧検知に対応しています。

・カメラが前面200万画素のみ

Alldocube Knote 5 Pro」はオンライン授業やテレワークなどで使える前面200万画素カメラを搭載していますが、背面にはカメラを搭載していません。「CHUWI UBook Pro」と「Teclast X6 Pro」は背面500万画素、前面200万画素カメラ、「Surface Go 2」は背面800万画素、前面500万画素カメラを搭載しています。

・USB Type-C が1つのみ

Alldocube Knote 5 Pro」はUSB Type-Cを1つしか搭載していません。USB3.0やUSB2.0もないので、USBハブは必須であるといえます。一方、「CHUWI UBook Pro」はUSB Type-C x1とUSB Type-A x2、「Teclast X6 Pro」はUSB Type-C x1とUSB 3.0 x2、「Surface Go 2」はUSB Type-Cx 1とSurface Connect ポート を搭載しています。

「Alldocube Knote 5 Pro」の販売・購入先

Alldocube Knote 5 Pro」は、

Banggoodで29,578円、

AliExpressでUS $259.99 – 279.99 、

で販売中です。

Banggoodで「Alldocube Knote 5 Pro」をチェックする

AliExpressで「Alldocube Knote 5 Pro」をチェックする

Amazonで「ALLDOCUBE Knote5」(4GBメモリ・キーボード付属)をチェックする

ヤフーショッピングで「ALLDOCUBE Knote5」をチェックする

他のタブレットPCと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

CHUWI UBook Pro

Teclast X6 Pro

Surface Go 2

ALLDOCUBE Knote X Pro

Teclast X4

CHUWI Hi10X

IdeaPad C340 (AMD)

mouse MT-WN1004

その他のおすすめ2in1タブレットPCは?

その他のおすすめ2in1タブレットPCは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

2019 Surface風タブレットPCの最新モデル 全機種 比較