「MINISFORUM S40」と大容量スティックPCを徹底 比較!


2020年5月に発売された「MINISFORUM S40」と大容量スティックPCを徹底 比較して紹介! 価格やスペック、ベンチマークの違いに加えて、メリット・デメリットも紹介します。

「MINISFORUM S40」の特徴

MINISFORUM S40」の特徴をまとめてみました。

Mini DisplayPortとHDMIで2画面 4K同時出力

MINISFORUM S40」はスティックPCながらもMini DisplayPort(ミニディスプレイポート)を搭載。HDMI端子と組み合わせて2画面同時出力することができます。また、Mini DisplayPort、HDMI端子は4K出力に対応。対応のテレビで高画質な映像を映し出すことができます。

大容量64GBストレージ搭載・128GBまで拡張可能

MINISFORUM S40」は低価格ながらも大容量64GBストレージを搭載。16GB〜32GB搭載の一般的なスティックPCよりも2倍以上の容量になっています。また、microSDカードで最大128GBまで拡張することが可能。大量の写真や音楽、動画、PDFファイルなどを保存できます。

Gemini Lake & 4GBメモリで軽快に動作

MINISFORUM S40」はGemini Lake世代のIntel Celeron N4000 デュアルコア プロセッサを搭載。Passmarkによるベンチマークスコアは「1489」(CPU)を記録しています。また、大容量4GB DDR4メモリを搭載。一般的なスティックPCよりも2倍多い容量でよりスムーズに動作するようになっています。

価格を比較

MINISFORUM S40」と、「Skynew M1K」、「W5 Pro」、「VivoStick TS10」(4GB/64GB)の価格を比較してみました。

「MINISFORUM S40」

MINISFORUM S40」は、Amazonで19,280円、ヤフーショッピングで23,372円 (税込)、Banggoodで16,440円、米国 Amazon.comで$169.90 (日本発送は+ $32.38)で販売されています。

「Skynew M1K」

Skynew M1K」は、Amazonで27,000円、楽天市場で29,990円 (税込)で販売されています。

「W5 Pro」

W5 Pro」は、Amazonで17,480円、ヤフーショッピングで17,930円〜 (税込)、Banggoodで10,521円、AliExpressでUS $159.00 – 219.00で販売されています。

「VivoStick TS10」(4GB/64GB)

VivoStick TS10」(TS10-B174D)は、Amazonで30,008円、楽天市場で30,800円 (税込)、ヤフーショッピングで30,800円で販売されています。

スペックを比較

MINISFORUM S40」と、「Skynew M1K」、「W5 Pro」、「VivoStick TS10」(4GB/64GB)のスペックを比較してみました。

「MINISFORUM S40」

  • プロセッサ Gemini Lake世代のIntel Celeron N4000 デュアルコア 1.10 GHz
    ※14 nmプロセス / 64bit / 2コア / 2スレッド / 最大2.60 GHz
  • GPU  Intel UHD Graphic 600
  • RAM(メモリ) 4GB DDR4
    ※オンボードで増設不可
  • ストレージ 64GB eMMC
    ※オンボードで増設不可
  • 拡張ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • 電源 USB Type-C (DC ジャック)から給電
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz + 5GHz)、Bluetooth 5.0
  • インターフェース USB 3.0 x 2、 USB Type-C (DC ジャック)、Mini Display Port (4k@60Hz) x 1、HDMI (4k@60Hz) x 1、microSDカードスロット、音声出力
  • 冷却ファン あり
  • OS Windows 10 Pro
    ※Chromium/Linux OSサポート
  • サイズ 13.00 x 4.60 cm
  • 重量 30g
  • カラー ブラック
  • 付属品 MiniDPケーブル x1、HDMIケーブル(30cm) x1、HDMIコンバーター x1、電源アダプター x1、取扱説明書(日本語対応) x1

関連記事:

「MINISFORUM」の激安ミニPCを徹底 比較!

Amazonで「MINISFORUM S40」をチェックする

ヤフーショッピングで「MINISFORUM S40」をチェックする

Banggoodで「MINISFORUM S40」をチェックする

米国 Amazon.comで「MINISFORUM S40」をチェックする

AliExpressで「ACEPC W5 Pro」をチェックする

「Skynew M1K」のスペック

  • プロセッサ Gemini Lake世代のIntel Celeron N4100 クアッドコア 1.10 GHz
    ※14 nmプロセス / 64bit / 4コア / 4スレッド / 最大2.40 GHz
  • GPU インテル UHD グラフィックス 600
  • RAM(メモリ) 4GB DDR4
  • ストレージ 128GB eMMC
  • 電源 DC電源ポートから給電
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz + 5GHz)、Bluetooth 4.0
  • インターフェース USB3.0×2、HDMI×1、microSDカードスロット×1、音声出力×1、DC電源ポート×1、BIOS初期化ボタン
  • OS Windows 10 Home 64ビット
  • サイズ  135×45㎜
  • 重量 62g
  • カラー ブラック

関連記事:

「Skynew M1K」スペック、ベンチマーク、増設、価格

Amazonで「Skynew M1K」をチェックする

楽天市場で「Skynew M1K」をチェックする

ヤフーショッピングで「Skynew M1K」をチェックする

AliExpressで「T6 pro」をチェックする

「W5 Pro」のスペック

  • プロセッサ Cherry trail世代の Intel Atom Z8350 クアッドコア 1.44GHz
    ※14nm / 64bit / 1.92GHz
  • GPU Intel HD Graphics 400
    ※Gen8-LP 10/12EU up to 500MHz
  • RAM(メモリ) 4GB DDR3
  • ストレージ 64GB eMMC
  • 電源  12V  ※microUSB経由で給電
  • ワイヤレス通信  Wi-Fi 802.11 b/g/n 2.4G、Bluetooth 4.0
  • インターフェース USB 3.0 x 1 、 USB 2.0 x 1、microUSB x 1(電源用)、microSDカードリーダー、HDMI x 1、3.5mmイヤホンジャック
  • 冷却ファン あり
  • OS Windows 10
  • サイズ 10.5x 4.0 x 1.0 cm
  • 重量 50g
  • カラー ブラック

関連記事:

「W5 Pro」スペック、ベンチマーク、増設、価格

Amazonで「W5 Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「W5 Pro」をチェックする

Banggoodで「W5 Pro」をチェックする

AliExpressで「W5 Pro」をチェックする

「VivoStick TS10」のスペック

  • モデル「TS10-B174D」(4GB RAM / 64GB ROM)・「TS10-B052D」(2GB RAM / 32GB ROM)
  • プロセッサ  Cherry trail世代のIntel Atom x5-Z8350 クアッドコア 1.44GHz
  • GPU Intel HD Graphics 400
  • RAM(メモリ) 4GB
    ※「TS10-B052D」は2GB メモリ
  • ストレージ 64GB eMMC
    ※「TS10-B052D」は32GB ストレージ
  • 電源  microUSB経由で給電
  • ワイヤレス通信   Wi-Fi 802.11ac/a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.1
  • インターフェース USB 3.0×1、USB 2.0×1、HDMI×1、microUSBポート(電源用)、3.5mmイヤホンジャック
  • 冷却ファン あり
  • OS Windows 10 Pro
  • サイズ 約W139×D36×H16.5mm
  • 重量 約75g
  • カラー ブラック

関連記事:

「ASUS VivoStick TS10」スティックPCでスマホをマウス化

Amazonで「VivoStick TS10 TS10-B174D」をチェックする

楽天市場で「VivoStick TS10 TS10-B174D」をチェックする

ヤフーショッピングで「VivoStick TS10 TS10-B174D」をチェックする

AliExpressで「BBen MN9」をチェックする

ベンチマークを比較

MINISFORUM S40」と、「Skynew M1K」、「W5 Pro」、「VivoStick TS10」(4GB/64GB)のベンチマークスコアを比較してみました。

「MINISFORUM S40」

<CPU> Intel Celeron N4000

Passmarkによるベンチマークスコアは「1489」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「388」、マルチコアで「680」。

<GPU>  Intel UHD Graphic 600

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「391」。

「Skynew M1K」

<CPU> Intel Celeron N4100

Passmarkによるベンチマークスコアは「2510」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「382」、マルチコアで「1160」。

<GPU> インテル UHD グラフィックス 600

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「391」。

「W5-Pro」

<CPU> Intel Atom Z8350

Passmarkによるベンチマークスコアは「876」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「168」、マルチコアで「529」。

<GPU> Intel HD Graphics 400

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「149」。

「VivoStick TS10」(4GB/64GB)

<CPU> Intel Atom Z8350

Passmarkによるベンチマークスコアは「876」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「168」、マルチコアで「529」。

<GPU> Intel HD Graphics 400

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「149」。

「MINISFORUM S40」のメリット・デメリット

MINISFORUM S40」のメリットデメリットをまとめてみました。

メリット

・USB Type-Cから給電・安定動作

MINISFORUM S40」は、インターフェースにUSB Type-C(DC ジャック)で給電し、安定して動作できるようになっています。一方、「Skynew M1K」、「W5-Pro」、「VivoStick TS10」(4GB/64GB)はmicroUSB(DC ジャック)で給電します。

・冷却ファン搭載・放熱性に優れている

MINISFORUM S40」は本体の内部に冷却ファンを搭載しています。また、本体の表面に放熱穴と通風口を設け、内部の熱を効率的に放出できるようになっています。

一方、「W5-Pro」と「VivoStick TS10」(4GB/64GB)は静音な冷却ファンを搭載していますが、放熱穴は少ないように見えます。「Skynew M1K」は冷却ファンがあるかどうか不明。ボディの放熱穴はかなり多いです。

・USB 3.0ポートを2つ備えている

MINISFORUM S40」は電源用のにUSB Type-C(DC ジャック)以外にUSB 3.0ポートを2つ搭載し、他のUSB機器と接続できるようになっています。

一方、「W5-Pro」と「VivoStick TS10」(4GB/64GB)は電源用のmicroUSBの他にUSB 3.0 x 1 と USB 2.0 x 1を搭載しています。「Skynew M1K」は電源用のmicroUSBの他にUSB 3.0ポートを2つ搭載しています。

・Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0に対応

MINISFORUM S40」は高速で途切れにくい通信が可能なWi-FiデュアルバンドとBluetooth 5.0に対応しています。

一方、「Skynew M1K」はWi-FiデュアルバンドとBluetooth 4.0対応、「W5-Pro」はWi-Fiデュアルバンドに非対応(2.4GHzのみ)でBluetooth 4.0対応、「VivoStick TS10」(4GB/64GB)はWi-FiデュアルバンドとBluetooth 4.1に対応しています。

・4Kデュアルディスプレイが使える

MINISFORUM S40」はMini DisplayPort(ミニディスプレイポート)とHDMI端子で4K動画を2画面同時に映し出すことができます。

一方、「Skynew M1K」、「W5-Pro」、「VivoStick TS10」(4GB/64GB)は4K動画の再生には対応していますが、2画面同時に4K動画を出力することはできません。

デメリット

・Officeアプリはなし

MINISFORUM S40」にOfficeアプリはインストールされていません。自前で用意する必要があります。※ Officeアプリを使うのに十分な性能を持っています。

・負荷の高いゲーム用途には向いていない

MINISFORUM S40」は負荷の高いゲーム用途には向いていません。軽めの2Dゲームやブラウザゲーム程度であれば快適にプレイできます。※YouTube、Amazonプライムなどの動画視聴では快適に使えます。

・ディスプレイ、キーボード、マウスはなし

MINISFORUM S40」はスティックPCなのでディスプレイやキーボード、マウスは別途購入する必要があります。また、テレワークやオンライン授業、Web会議などで使用する際には別途USBカメラを用意する必要があります。※他のスティックPCも同様です。

「MINISFORUM S40」の販売・購入先

MINISFORUM S40」は、

Amazonで19,280円、

ヤフーショッピングで23,372円 (税込)、

Banggoodで16,440円、

米国 Amazon.comで$169.90 (日本発送は+ $32.38)、

で販売されています。

Amazonで「MINISFORUM S40」をチェックする

ヤフーショッピングで「MINISFORUM S40」をチェックする

Banggoodで「MINISFORUM S40」をチェックする

米国 Amazon.comで「MINISFORUM S40」をチェックする

他の大容量スティックPCと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

Skynew M1K

W5 Pro

VivoStick TS10」(4GB/64GB)

Skynew M1S」(MoreFine M1s)

X96S」(Android8.1)

Intel Compute Card

Diginnos Stick DG-STK5S」(ドスパラ)

Chromebit CS10」(Chrome OS)

その他のおすすめスティックPCは?

その他のおすすめスティックPCは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

大容量メモリ&ストレージの激安スティックPCを探せ! 

主に海外で販売されているスティックPCをまとめて紹介しています。

スティックPCに新型が続々! ChromeやAndroidモデルもあり

主に日本で販売されたスティックPCをまとめて紹介しています。