「HUAWEI Mate S」ファーウェイの高級フラグシップモデル


Amazonでファーウェイのフラグシップモデル「HUAWEI Mate S」が販売されている。豪華なスペックの他に指紋認証センサーを搭載し、指の関節でもタップできるタッチ機能も備えているという。

ファーウェイはこのほかにも6インチファブレット「Huawei Mate 8」を発表済み。ハイスペックで多彩な機能を兼ね備えたモデルを次々に投入している。

今回Amazonで販売された「HUAWEI Mate S」はデザインと機能が凝縮した待望のモデル。スペックにも妥協点がなく、まさにフレグシップ端末の名にふさわしいモデルになっている。

Huaweiスマホのまとめ記事こちら

ビックカメラ.com

指紋認証センサー&タッチセンシング技術を搭載したフラグシップモデル「HUAWEI Mate S」

HUAWEI Mate S」はファーウェイのフラッグシップモデルとなるSIMロックフリーのスマートフォン。OSにはAndroid 6.0 MarshmallowベースのEMUI 4.0を採用している。

公式製品紹介ページはこちら

ディスプレイは5.5インチ、解像度1,920×1,080のAMOLED液晶を搭載。液晶には2.5Dラウンドエッジ加工が施された第4世代Gorillaガラスも採用されている。プロセッサはHisilicon Kirin 935(2.2GHz+1.5GHz、8コア)、RAMは3GBを搭載。ストレージは32GBでmicroSDHCカードで最大128GBまで増設できる。バッテリー容量は2,700mAh

カメラは背面1,300万画素、前面800万画素。光学手ブレ補正を搭載し、暗所などブレやすい場所でも安心して撮影できる。通信はWi-FI 802.11b/g/n、Bluetooth 4.1+LEをサポート。インターフェイスは、Micro USB、microSDHCカードスロット、Nano SIMスロットを備える。そのほか指紋センサーやNFCに対応。

機能面では爪先や指の関節部でタップできる機能を搭載。画像だけではなく映像も切り取って共有する機能や、動画を保存する機能、画面に文字を描くだけで設定したアプリをいつでも起動できる機能も備えている。ボディには最薄部2.65mmの精巧に削り出された「フルメタルシェル」ボディを採用。側面にはエッジを切り落としたダイヤモンド加工も施されている。サイズは約75.3×149.8×7.2mm、重量は約156g。カラーは、ミスティックシャンパン、チタニウムグレー、ローズゴールドの3色をラインナップ。

「HUAWEI Mate S」のスペック

  • ディスプレイは5.5インチ、解像度1,920×1,080のAMOLED液晶
  • プロセッサはHisilicon Kirin 935(2.2GHz+1.5GHz、8コア)
  • RAMは3GB
  • ストレージは32GB(microSDHCカードで最大128GBまで増設可能)
  • バッテリーは2,700mAh
  • カメラは背面1,300万画素、前面800万画素
  • OSはAndroid 5.1(Lollipop)とEmotion UI 3.1

Amazonで「HUAWEI Mate S」(CRR-L09)をチェックする

楽天市場で「HUAWEI Mate S」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI Mate S」をチェックする

 

 

 

ビックカメラ.com

 

<関連記事>

Huaweiスマホをまとめて紹介!

HuaweiスマホはSIMフリーで評判も高い おすすめ全機種を比較

<コスパのいいスマホ>

一万円以下で買えちゃう?! SIMフリーで使える通話専用ガラケー/スマホ まとめ

1万5千円前後で買える性能の高いスマホ まとめ

2万円台で買えるリッチなスマホ 全機種を比較 

<ハイスペックなスマホ>

注文殺到で売れまくり! 3万円台で買えるハイスペックスマホ まとめ

選ばれし者だけが使う究極のハイスペックスマホ まとめ