「Dragon Touch Notepad Y80」を激安タブレットと徹底 比較


2020年4月に発売された8型タブレット「Dragon Touch Notepad Y80」を激安タブレットと徹底 比較して紹介! 価格やAntutuベンチマーク、スペックの違いをはじめ、メリット・デメリットも合わせて掲載しています。

「Dragon Touch Notepad Y80」の特徴

Dragon Touch Notepad Y80」の特徴についてまとめてみました。

広視野角のIPS液晶を採用・ベゼル幅も狭くてワイド

Dragon Touch Notepad Y80」は8インチのフルHD(解像度1280 x 800 px)を搭載しています。前モデルの「Dragon Touch Y80」と違い、IPSパネルを採用しているため、斜めの角度からも見やすくなっています。また、ベゼル幅がより狭くなり、従来モデルよりもワイドで見やすくなっています。

ストレージ容量が32GBに増加・128GBまで拡張できる

Dragon Touch Notepad Y80」は大容量32GBストレージを搭載。16GBだった前モデルの「Dragon Touch Y80」からストレージ容量が2倍に増加し、より多くのアプリをインストールできるようになりました。また、別売のmicroSDカードを使うことで最大128GBまで拡張することも可能で、写真や音楽、動画、PDFなどのファイルも余裕をもって保存することができます。

背面800万画素カメラで高画質な写真撮影も

Dragon Touch Notepad Y80」は背面に800万画素カメラを搭載しています。200万画素だった前モデルの「Dragon Touch Y80」から600万画素も画素数が高くなり、より高精細な写真を撮影できるようになりました。また、前面にも200万画素カメラを搭載し、Web会議やテレワーク、Skypeなどのチャット、オンライン授業などでも利用できます。

公式サイト Dragon Touch
https://www.dragontouch.com/

価格を比較

Dragon Touch Notepad Y80」と、「Teclast P80X」、「ALLDOCUBE iPlay8 Pro」、「Winnovo T8」の価格比較してみました。

「Dragon Touch Notepad Y80」

Dragon Touch Notepad Y80」は、Amazonで12,999円(4000 OFFクーポン付き)、楽天市場で 17,300円 (税込)、ヤフーショッピングで23,600 円 販売されています。

「Teclast P80X」

Teclast P80X」はAmazonで11,950円、楽天市場で15,980円 (税込)、ヤフーショッピングで15,340円〜 (税込)、Banggoodで8,204円、GearBestで10579 円、AliExpressでUS $84.99 で販売されています。

「ALLDOCUBE iPlay8 Pro」

ALLDOCUBE iPlay8 Pro」はAmazonで9,300円、楽天市場で9,980円 (税込・中古)、ヤフーショッピングで11,303円 〜 (税込)、Banggoodで7,439円(NEWユーザーは18ドルOFF)、AliExpressでUS $79.99 – 88.49 で販売されています。

「Winnovo T8」

Winnovo T8」はAmazonで12,380円(3000円OFFクーポン付き)、ヤフーショッピングで14,784円〜 (税込)で販売されています。

ベンチマークを比較

Dragon Touch Notepad Y80」と、「Teclast P80X」、「ALLDOCUBE iPlay8 Pro」、「Winnovo T8」のベンチマークスコアを比較してみました。

「Dragon Touch Notepad Y80」

Dragon Touch Notepad Y80」はAntutu総合で約 4万3千点

<CPU> Rockchip RK3326
※「Vankyo MatrixPad Z4 PRO」と同じ

「Teclast P80X」

Teclast P80X」はAntutu総合で約 7万3千点

<CPU> Spreadtrum SC9863A

「ALLDOCUBE iPlay8 Pro」

ALLDOCUBE iPlay8 Pro」はAntutu総合で約 4万7千点

<CPU> MediaTek MT8321
※NEC「LAVIE Tab E(TE507/KAS)」と同じ

「Winnovo T8」

Winnovo T8」はAntutu総合で約 5万1千点

<CPU> MediaTek MT8163
※「Teclast P80 Pro」と同じ

スペックを比較

Dragon Touch Notepad Y80」と、「Teclast P80X」、「ALLDOCUBE iPlay8 Pro」、「Winnovo T8」のスペック比較してみました。

「Dragon Touch Notepad Y80」 のスペック

  • ディスプレイ 8インチ、解像度1280 x 800 pxのIPS液晶
    ※タッチスクリーン
  • プロセッサ Rockchip RK3326 クアッドコア
  • CPU Cortex-A35 Quad-core
  • GPU Mali G31MP2
  • RAM(メモリ) 2GB
  • ストレージ 32GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 4000mAh  / 3.7V
  • 駆動時間 連続スタンバイで約2〜3日間、連続使用時で3〜4時間
  • 背面カメラ 8MP
  • 前面カメラ 2MP
  • ワイヤレス通信 WiFi 802.11 b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 4.0
  • インターフェース microUSB 2.0、microSDカードスロット×1、3.5mmイヤホンジャック×1、マイク、スピーカー
  • OS Android 9.0
  • Google Play 対応
  • Google Mobile Service (GMS) 認証 対応
  • 言語 日本語を含むマルチ言語に対応(※デフォルト設定は英語・変更可)
  • サイズ 12.45cm x 20.85cm x 0.92cm
  • 重量 320g
  • カラー ブラック

Amazonで「Dragon Touch Notepad Y80」をチェックする

楽天市場で「Dragon Touch Notepad Y80」をチェックする

ヤフーショッピングで「Dragon Touch Notepad Y80」をチェックする

楽天市場で「HAOQIN 8」をチェックする

ヤフーショッピングで「HAOQIN 8」をチェックする

「Teclast P80X」 のスペック

  • ディスプレイ 8.0インチ解像度1280 x 800ドットのIPS液晶
    ※ 16 Mカラー / 189 PPI / 10点マルチタッチ / 画面比率 71%
  • プロセッサ Spreadtrum SC9863A オクタコア 1.6GHz+1.2GHz
  • GPU PowerVR Series 8XEP IMG8322
  • RAM(メモリ) 2GB
  • ストレージ容量 16GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大 128GB まで
  • バッテリー  4200mAh
  • 駆動時間  動画再生時で連続 5時間ほど
  • 背面カメラ 200万画素
  • 前面カメラ 30万画素
  • ワイヤレス通信 WiFi 802.11 b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 4.1、GPS(A-GPS)
  • インターフェース microUSB、microSDカードスロット×1、SIMスロット×1、ヘッドホンジャック×1
  • OS Android 9.0
    ※ Google Play&日本語 表示 対応
  • サイズ   20.50 x 12.10 x 0.58 cm
  • 重量   400g
  • カラー   ブラック
  • SIMカード Nano SIM
    対応バンド
    4G FDD-LTE:B1,B3 TD-LTE:B39,B40,B38,B41
    3G WCDMA:B1 TD- SCDMA:B34,B39
    2G GSM:B3,B8

関連記事:

「Teclast P80X」AI進化の格安SIMフリータブレット

Amazonで「Teclast P80X」をチェックする

楽天市場で「Teclast P80X」をチェックする

ヤフーショッピングで「Teclast P80X」をチェックする

Banggoodで「Teclast P80X」をチェックする

GearBestで「Teclast P80X」をチェックする

AliExpressで「Teclast P80X」をチェックする

「ALLDOCUBE iPlay8 Pro」のスペック

  • ディスプレイ 8.0インチ解像度1280×800のIPS液晶
    ※ 静電容量式 / 10点マルチタッチ / 自動輝度調整 / アイプロテクション(目の保護) / リーディングモード / 189ppi
  • プロセッサ MediaTek MT8321 クアッドコア 1.3GHz
  • ※28 nm / 32bit / 4コア / 最大1.3GHz / Cortex-A7
  • GPU ARM Mali-450
  • RAM(メモリ) 2 GB
  • ストレージ容量 32 GB
    外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで拡張可
  • バッテリー 5500 mAh
  • 駆動時間 動画再生時で 最大 6時間
  • 背面カメラ 200万画素
  • 前面カメラ 30万画素
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11b/g/n/ac (2.4GHz)、Bluetooth 4.0、GPS
  • インターフェース Micro USB×1、microSDカードスロット、3.5 mm ジャック×1
  • OS Android 9.0
  • サイズ 高さ:215.0mm x 幅:122.9mm x 厚さ:8.9mm
  • 重量 345g
  • カラー  シルバー
  • SIMカード  Nano SIM + Micro SIM
  • 対応バンド    3G WCDMA:B1/B2/B8、2G GSM:850/900/1800/1900MHz

関連記事:

「ALLDOCUBE iPlay8 Pro」スペック、Antutu、特徴、価格、比較

Amazonで「ALLDOCUBE iPlay8 Pro」をチェックする

楽天市場で「ALLDOCUBE iPlay8 Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「ALLDOCUBE iPlay8 Pro」をチェックする

Banggoodで「 Alldocube Cube iPlay8 Pro」をチェックする

AliExpressで「ALLDOCUBE iPlay8 Pro」をチェックする

「Winnovo T8」 のスペック

  • ディスプレイ 8 インチ、解像度1280×800ドットのIPS液晶
    ※ HD
  • プロセッサ MediaTek MT8163 クアッドコア 1.3GHz
    ※64bit
  • GPU  Mali T720P
  • RAM(メモリ) 2GB
  • ストレージ 32GB
  • 外部ストレージ micro SDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 4,000mAh リチウムポリマー電池
  • カメラ 背面500万画素(オートフォーカス対応)、前面200万画素
  • ワイヤレス通信  Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 、GPS (Wi-Fi)
  • インターフェース microUSB、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
    ※Gセンサー搭載
  • Google Play 対応
  • OS Android 9.0
  • サイズ 20.8 x 12.4 x 0.9 cm
  • 重量 322 g
  • カラー ブラック、ブルー

関連記事:

Android9.0の激安タブレット「Winnovo T10」が入荷!

Amazonで「Winnovo T8」をチェックする

ヤフーショッピングで「Winnovo T8」をチェックする

楽天市場で「Winnovo」をチェックする

「Dragon Touch Notepad Y80」のメリット・デメリット

Dragon Touch Notepad Y80」のメリットデメリットについてまとめてみました。

メリット

・背面800万画素・前面200万カメラを搭載

「Teclast P80X」は背面200万画素&前面30万画素、「ALLDOCUBE iPlay8 Pro」は背面200万画素&前面30万画素、「Winnovo T8」は背面500万画素&前面200万画素で、「Dragon Touch Notepad Y80」が最もカメラ性能が高いことが分かります。

・ストレージ容量が多い

「Teclast P80X」 は16GBです。と「ALLDOCUBE iPlay8 Pro」と「Winnovo T8」は32GBで「Dragon Touch Notepad Y80」と同じです。

・Android 9.0で使える

Android8.1を搭載した前モデル「Dragon Touch Y80」と違い、Android 9.0の機能が使えるようになっています。新機能には、新しいナビゲーションUIや電源ボタン長押しでのスクリーンショット、画面回転を簡単にできる機能、アプリごとの通知設定、バッテリー節約機能、ディスプレイの自動明るさ調整、スマホ使いすぎ防止機能などがあります。

・ボディが軽い

重さ 320gで軽いボディになっています。「Teclast P80X」は400g、「ALLDOCUBE iPlay8 Pro」は345gでやや重めです。「Winnovo T8」は322 gと軽いボディになっています。

デメリット

・単体で4G LET通信が利用できない

「Teclast P80X」と「ALLDOCUBE iPlay8 Pro」はSIMスロット搭載で単体でも4G LET通信が利用できます。

・Wi-Fiデュアルバンドに対応していない

「Winnovo T8」はWi-Fiデュアルバンドに対応し、高速かつ途切れづらい通信が利用できます。

・10点マルチタッチ操作に対応していない

製品の説明欄に記載がなかったのでおそらく5点タッチだと思われます。ゲーム操作はやや使いづらいでしょう。なお、「ALLDOCUBE iPlay8 Pro」と「Teclast P80X」 は10点マルチタッチ操作に対応しています。

・ブルーライトを軽減できない

「ALLDOCUBE iPlay8 Pro」にはアイプロテクション(目の保護)モードやリーディング(読書)モードが用意されています。

・バッテリー容量があまり多くない

4000mAhバッテリー搭載で、それほどバッテリー容量が多いわけではありません。「ALLDOCUBE iPlay8 Pro」は5500 mAhで、「Dragon Touch Notepad Y80」よりも1500mAh多いことになります。なお、「Teclast P80X」は 4200mAh、「Winnovo T8」は4,000mAhになっています。

「Dragon Touch Notepad Y80」の販売・購入先

Dragon Touch Notepad Y80」は、

Amazonで12,999円(4000 OFFクーポン付き)、

楽天市場で 17,300円 (税込)、

ヤフーショッピングで23,600 円、

で販売されています。

Amazonで「Dragon Touch Notepad Y80」をチェックする

楽天市場で「Dragon Touch Notepad Y80」をチェックする

ヤフーショッピングで「Dragon Touch Notepad Y80」をチェックする

楽天市場で「HAOQIN 8」をチェックする

ヤフーショッピングで「HAOQIN 8」をチェックする

他のタブレットと比較する

リンク先から詳しいスペック情報や性能、価格などが分かるようになっています。

Teclast P80H」(8.0インチ・Android 10.0)

HUAWEI MatePad T8」(8.0インチ・EMUI 10.0.1 )

Teclast P80X

ALLDOCUBE iPlay8 Pro

Winnovo T8

VUCATIMES N8」(8インチ・Android 10.0)

VANKYO S8

Fire HD 8」(2020)

Fire HD 8 Plus

Galaxy Tab A 8.0 with S Pen (2019) 」

Lenovo Tab M8

他のDragon Touchタブレットと比較

リンク先から詳しいスペック情報や性能、価格などが分かるようになっています。

Dragon Touch M7」(7インチ)

Dragon Touch Y80」(8インチ)

Dragon Touch NotePad K10」(10.1インチ)

Dragon Touch MAX10」(10.1インチ)

その他のおすすめAndroid タブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

2020最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

Android 10.0 OSを搭載したタブレットをまとめて紹介しています。

Android 9.0で使えるタブレット 最新 まとめ

Android 9.0 OSを搭載したタブレットをまとめて紹介しています。

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

2万円前後のAndroid タブレット(国内販売)をまとめて紹介しています。

超激安でゴメン! ノーブランド Androidタブレット まとめ

ノーブランドの激安Androidタブレットをまとめて紹介しています。