「UMIDIGI UFit」激安スマートウォッチと人気モデルを比較


激安スマートウォッチ「UMIDIGI UFit」と人気モデルを徹底 比較 して紹介! 機能や計測できること、価格、スペックの違いのほか、お得なセール&中古情報も合わせて掲載しています。

※「UMIDIGI UFit」はAmazon、ヤフーショッピング、AliExpressで販売中です。

「UMIDIGI UFit」の特徴

UMIDIGI UFit」の特徴についてまとめてみました。

血中酸素濃度(SpO2)・血圧を計測できる

血中酸素濃度(SpO2)とは、血液(動脈血)中の酸素が、赤血球に含まれるヘモグロビンに何%結合しているかを示している値のことです。この値を調べることで、健康な状態を維持しているかどうかを確認することができます。

例えば、ウイルス感染、肺疾患、睡眠時無呼吸などでは、通常時よりも血中酸素濃度が低下する傾向がありますが、「UMIDIGI UFit」で血中酸素濃度(SpO2)を計測することで、その異常をすばやく検知することができます。なお、「UMIDIGI UFit」を使って血圧を測定することも可能です。

精度の高い心拍センサーを搭載・睡眠の質も

UMIDIGI UFit」には従来モデルよりもより精度の高い心拍センサーが搭載されています。24時間の高精度の心拍数を検出することが可能で、日常の生活のなかでどこにストレスを感じているのかを知り、健康状態を向上させることができます。また、心拍センサーを利用した睡眠の計測にも対応しています。浅い眠りと深い眠りをより正確に追跡することで、睡眠の質を改善することができます。

最長10日間のロングバッテリー・Bluetooth 5.0 LEにも対応

UMIDIGI UFit」は通常使用時で最長10日間 駆動するバッテリーを搭載しています。GoogleのWear OS搭載スマートウォッチよりも7日間以上長く駆動できるため、頻繁に充電する手間もかかりません。また、低電力消費のワイヤレス通信が可能なBluetooth 5.0 LEに対応。スマートフォンとペアリングしてSNSやメールなどの通知を受信してもバッテリー切れを気にすることなく使用できます。

公式ページ
https://www.umidigi.com/page-umidigi_ufit_activity.html

価格を比較

UMIDIGI UFit」、「Fitbit Versa 2」、ASUS「VivoWatch BP」、「Xiaomi Mi Band 4」の価格比較してみました。

「UMIDIGI UFit」

Amazonで4,969円(新品)、ヤフーショッピングで6,344円 (税込)、AliExpressでUS $35.99

「Fitbit Versa 2」

Amazonで24,991円、楽天市場で25,240円〜 (税込)、ヤフーショッピングで27,490 円〜

「VivoWatch BP」

Amazonで24,200円、楽天市場で25,330円 (税込)、24,400円 (税込)

「Xiaomi Mi Band 4」

Amazonで3,966円、楽天市場で4,990円〜、ヤフーショッピングで4,390円 〜(税込)、AliExpressでUS $29.05 – 42.55

計測できることを比較

UMIDIGI UFit」、「Fitbit Versa 2」、ASUS「VivoWatch BP」、「Xiaomi Mi Band 4」の機能・計測できることを比較してみました。

「UMIDIGI UFit」

計測できるもの 歩数、距離、消費カロリー、血中酸素濃度(SpO2)、血圧、心拍数、睡眠、女性の健康状態

「Fitbit Versa 2」

歩数、消費カロリー、距離・ペース・ルート(※スマホと連携必要)、心拍数、生理周期、睡眠、水泳ラップ(泳いだ時間の長さ)、上昇階段

「VivoWatch BP」

歩数、消費カロリー、心拍数、睡眠(睡眠時間・寝返りの回数・熟睡度)、活動量、運動量、ストレス解消指標(HRVスコア)

「Xiaomi Mi Band 4」

歩数、消費カロリー、移動距離、心拍数、睡眠の質

機能を比較

UMIDIGI UFit」、「Fitbit Versa 2」、ASUS「VivoWatch BP」、「Xiaomi Mi Band 4」の機能を比較してみました。

「UMIDIGI UFit」

スポーツ機能 9つのスポーツモード(ウォーキング、スピニング、ランニング、ヨガ、ハイキング、クライミング、トレッドミル、自転車、ワークアウト)

その他の機能 アラーム、プリセットのウォッチフェイス、手首検出、タイマー、ストップウォッチ、電話のアラームと通知、着信、メッセージ通知、カレンダー通知、アプリの通知、私の電話を見つける、目標到達リマインダー、ナイトモード、 リモートミュージックコントロール、バッテリー残量表示、スタンドリマインダー

「Fitbit Versa 2」

Amazon Alexa、睡眠スコア、スリープモード、スマートウェイク、常時画面表示モード、音楽再生 機能、通知 & クイック返信機能、FitBit Pay、24時間の心拍測定、ガイド付き呼吸セッション(リラックス)、オンスクリーントレーニング、エクササイズモード、運動リマインダー、SMARTTRACK、有酸素運動のフィットネススコア

「VivoWatch BP」

血圧測定、ストレス測定、エクササイズモード(リアルタイム測定)、有酸素運動インジケーター、GPS機能(速度、距離、運動継続時間)、リマインダー機能、「ASUS HealthAI Technology」(健康診断&アドバイス提供)

「Xiaomi Mi Band 4」

決済サービスの「AliPay」対応、音声アシスタント「Xiao AI」(※NFCモデルのみ)、目覚まし時計、タイマー機能、天気や時計の表示、6つのトレーニングモード(トレッドミル、エクササイズ、アウトドアランニング、サイクリング、ウォーキング、スイミング)、リマインダー機能

スペックを比較

UMIDIGI UFit」と「Fitbit Versa 2」、「VivoWatch BP」、「Xiaomi Mi Band 4」のスペック比較してみました。

「UMIDIGI UFit」のスペック

  • ディスプレイ 1.3インチ、解像度240 x 240 pxの液晶
    ※指紋防止コーティングを施した2.5D強化ガラス
  • ストレージ 非搭載・利用できません
  • バッテリー駆動時間 デイリーモード:7〜10日、スタンバイモード:30日
  • 充電時間 2.5時間
  • 充電タイプ 2Pin Pogo Pin
  • カメラ なし・利用できません
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0 BLE
  • センサー 相対SpO2センサー、PPG生体追跡光学センサー 3軸加速度センサー、3軸地磁気センサー
  • シングルタッチボタン 起動(ロック解除)、戻る
  • 対応OS Android 4.4、iOS 8.0以降
  • アプリ VeryFitPro
  • 防水 5 ATM・5気圧防水・50m防水
    ※ 耐水仕様でシャワー、プール、水泳時にも着用可能・水中アクティビティも計測できる
  • サイズ 42 x 36 x 12mm
  • 重量 39g (without the strap)
  • カラー Starry Black
  • 材質 316Lステンレス鋼
  • ストラップの素材 肌にやさしいTPU リストストラップタイプ 取り外し可能なリストストラップ
  • ストラップ幅 19mm(Uwatch3と互換性あり)
  • 言語 日本語を含む多言語をサポート

Amazonで「UMIDIGI UFit」をチェックする

ヤフーショッピングで「UMIDIGI UFit」をチェックする

AliExpressで「UMIDIGI UFit」をチェックする

「Fitbit Versa 2」 のスペック

  • ディスプレイ AMOLEDディスプレイ
    ※常時表示モード / 有機EL / Corning Gorilla Glass 3
  • ストレージ 容量 不明 ※音楽ファイルを300 曲以上 保存可能
  • データ保存
    1 分単位の詳細なモーションデータを、7 日間保存
    1 日単位の統計データを、過去 30 日分保存
    心拍数のデータを、エクササイズ中は 1 秒間隔、それ以外の場合は 5 秒間隔で保存
  • バッテリー  リチウムポリマー電池
  • バッテリー駆動時間 最大6日間
  • 充電時間  2時間
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi(IEEE802.11 b/g/n)、Bluetooth 4.0 、NFC
  • センサー   3軸加速度計、光学式心拍計、高度計、振動モーター、相対的SpO2センサー、環境光センサー
    ※GPSセンサーは非搭載
  • マイク あり
  • 音声認識 Amazon Alexa
  • ケース 艶消し処理 アルマイト加工が施されたアルミニウム製
  • アプリ FitBit Pay(最大6枚までのクレジットカードやデビットカードを登録できる・日本では未対応)、天気やスポーツなどのアプリ、FitBit アプリ(データの測定と確認、モチベーションの確保、健康ガイダンスのチェック)
  • 対応OS Bluetooth 4.0以上でiOS 11.0以上、Android7.0以上を搭載したスマートフォン
  • 本体のOS   Fitbit OS 3.0
  • 防水 50m防水 耐水仕様でシャワー、プール、水泳時にも着用可能・水中アクティビティも計測できる
  • ベルト テーパードラインのシリコン・交換&カスタマイズ可能
  • サイズ 1.6 x 1.6 x 0.5 inches
  • 重量 40g
  • カラー ブラック/カーボンアルミニウム、ペダル/カッパーローズアルミニウム、ストーン/ミストグレーアルミニウム

Amazonで「Fitbit Versa 2」をチェックする

楽天市場で「Fitbit Versa 2」をチェックする

ヤフーショッピングで「Fitbit Versa 2」をチェックする

ビックカメラで「Fitbit Versa 2」をチェックする

「VivoWatch BP」 のスペック

  • ディスプレイ  反射型カラーLCDを搭載。タッチ機能を搭載し、直感的に操作できる。
  • バッテリー駆動時間 約28日間(通常使用時)
  • 防水・防塵 IP67・水深1mでの30分浸水に耐えられる
  • 通信 Bluetooth 4.2
  • 搭載センサー 3軸加速度センサー、GPSセンサー、ECGセンサー(心電図)とPPGセンサー(血液の流れを計測するセンサー)
  • ベルトラグ幅 20mm (標準)
  • 重量 45g
  • 専用アプリ 「ASUS HealthConnect」
  • アプリの対応OS  iOS 11以降 、 Android 4.4以降

Amazonで「VivoWatch BP」をチェックする

楽天市場で「VivoWatch BP」をチェックする

ヤフーショッピングで「VivoWatch BP」をチェックする

「Xiaomi Mi Band 4」 のスペック

  • ディスプレイ 0.95インチ、解像度120×240ピクセルのカラーAMOLED(有機EL)液晶
    ※ 最大輝度 400nit
  • センサー 光電式心拍センサー(容積脈 PPG タイプ)、三軸加速度センサー、三軸ジャイロセンサー
  • 通信 Bluetooth (5.0 LE)
  • アプリ 「Mi Fit」
  • 対応OS iOS 9.0以降、Android 4.4以降
  • 言語 アプリは日本語対応・本体は中国語と英語のみ対応
    (※バージョンアップで日本語に対応する可能性あり)
  • 防水 5気圧 防水(水深50mまで)
    ※水泳のトラッキングも可
  • バッテリー容量・駆動時間 NFCモデルで125mAh(15日間 駆動)、非NFCモデルで135mAh(20日間 駆動)
  • 充電時間 約2時間
  • サイズ 不明
  • 重量 NFCモデルが22.2g 非NFCモデルが22.1g
  • 本体カラー ブラックのみ
  • ベルトのカラー ブラック、ネイビー、ワインレッド、オレンジの4色

Amazonで「Xiaomi Mi Band 4」をチェックする

楽天市場で「Xiaomi Mi Band 4」をチェックする

ヤフーショッピングで「Xiaomi Mi Band 4」をチェックする

AliExpressで「Xiaomi Mi Band 4」をチェックする

「UMIDIGI UFit」のメリット・デメリット

UMIDIGI UFit」のメリットデメリットについてまとめてみました。

メリット

・タッチ対応のフルカラー液晶ディスプレイが見やすい

1.3インチの正方形の画面は、円形デザインのスマートウォッチよりも広い表示領域を確保できるため、より多くの情報を伝えることができます。

・スタイリッシュなステンレスボディ

「UMIDIGI UFit」には航空宇宙で使用されるグレード316Lステンレス鋼が採用されています。また、2.5Dの湾曲した保護ガラスも採用し、強度も高めています。

・スマホの音楽を操作できる

「UMIDIGI UFit」にはリモートミュージックコントロール機能が搭載されています。 スマートフォンとBluetoothでペアリングすることで、ウォッチ上から音楽再生をコントロールすることができます。

・血中酸素濃度(SpO2)・血圧を計測できる

・心拍センサー搭載で睡眠の質も計測できる

・9つのスポーツモードが使える

・バッテリー駆動時間が長い

・Bluetooth 5.0 BLEに対応している

デメリット

・単体で音楽再生できない

UMIDIGI UFit」はストレージを内蔵していないため、単体で音楽再生することができません。「Fitbit Versa 2」はローカルストレージ搭載で300 曲以上保存できるほか、Spotify アプリも利用できるようになっています。

・有機EL液晶でない

UMIDIGI UFit」には1.3インチ、解像度240 x 240 pxの液晶が搭載されていますが、有機ELパネルは採用されていません。「Fitbit Versa 2」と「Xiaomi Mi Band 4」は有機ELパネルを採用しています。

・血圧測定の精度が高くない

UMIDIGI UFit」は一応 血圧測定は可能ですが、精度はそれほど高くはありません。一方、「VivoWatch BP」はECGセンサー(心電図)とPPGセンサー(血液の流れを計測するセンサー)を搭載しており、高い精度で血圧を測定することができます。

「UMIDIGI UFit」の販売先

UMIDIGI UFit」は、Amazon、ヤフーショッピング、AliExpressで販売されています。

Amazonで「UMIDIGI UFit」をチェックする

ヤフーショッピングで「UMIDIGI UFit」をチェックする

AliExpressで「UMIDIGI UFit」をチェックする

他のスマートウォッチと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報、性能、特徴、価格などが分かるようになっています。

Fitbit Versa 2

VivoWatch BP

Xiaomi Mi Band 4

Xiaomi Mi Band 5

Honor Band 5

Galaxy Fit e

HUAWEI Band 4

Fitbit Charge 4

その他のUMIDIGI スマートウォッチと比較

リンク先からさらに詳しいスペック情報、性能、特徴、価格などが分かるようになっています。

★「UMIDIGI Uwatch 2S

Banggoodで「UMIDIGI Uwatch 2S」をチェックする

★「UMIDIGI Uwatch3

★「UMIDIGI Uwatch GT

その他のおすすめスマートウォッチは?

その他のおすすめスマートウォッチは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

スマートウォッチに新モデル続々! 2019 最新モデルを比較

最新のスマートウォッチをまとめて紹介しています。

スポーツ&健康管理に使える活動量計が人気! 全機種を比較

最新のリストバンド(活動量計)をまとめて紹介しています。