ASUS「ZenFone 2 Laser」6インチのIPS液晶スマホ

zenfone_2_laser_ze610kl
ASUS JAPANが日本国内で「ZenFone 2 Laser」(ZE601KL)を発売する。6インチの大型IPS液晶やデュアルSIMスロットを搭載し、レーザーオートフォーカス機能も利用できるという。

ASUSはすでに日本国内で「ZenFone Selfie」を発売済み。前面に1300万画素のカメラを搭載し、セルフィーも楽しめることで人気商品になっている。

今回発表された「ZenFone 2 Laser」(ZE601KL)は、レーザーによるオートフォーカス機能を搭載したハイスペックモデル。4G/LTEに対応したデュアルSIMスロットも搭載し、今まで以上に快適に使うことができそうだ。

レーザーオートフォーカス機能&デュアルSIMスロット搭載 ASUS「ZenFone 2 Laser」

kv-product

ZenFone 2 Laser」(ZE601KL)はレーザーによるオートフォーカス機能を搭載したSIMロックフリースマートフォン。4G/LTE対応のデュアルSIMスロットも搭載され、幅広い通信バンドを利用できる。

ディスプレイは6インチ、解像度1,920×1,080のIPS液晶を搭載。液晶表面にはGorilla Glass 4とフルラミネーションディスプレイも採用されている。プロセッサはQualcomm Snapdragon S616 オクタコア、RAMは3GBを搭載。ストレージは32GBでmicroSDカードで最大128 GBまで増設可能。バッテリー容量はは3000 mAhで、約8.5~8.9時間連続して使用できる。

通信はWi-Fi 802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.1をサポート。Micro SIMスロットを2基搭載し、SIMを2枚使用することが可能。

対応バンドはFDD-LTEがBand 1/2/3/5/6/8/9/19/28、TD-LTEが38/39/40/41、W-CDMA(HSPA+)が1/2/5/6/8/19、TD-SCDMAが34/39、GSM/EDGEが850/900/1,800/1,900MHzとなる。

カメラは背面1,300万画素、前面500万画素。レーザーオートフォーカスを搭載し、暗所でも最速約0.2の高精度なフォーカスが利用できる。そのほか、OSにAndroid 5.0.2、ソフトウェアに独自インタフェース「ASUS ZenUI」を搭載。画面を2度タップするだけでスリープ状態からオン/オフできる「ZenMotion」や画面を小型化して配置する「片手モード」などが利用できる。センサーはGPS、電子コンパス、環境光、加速度、近接、ジャイロなど。サイズは約84×164.5×3.9~10.55mm、重量は約109g。カラーはグレー、レッド、ゴールドの3色をラインナップする。

ASUS「ZenFone 2 Laser」(ZE601KL)のスペック

  • ディスプレイは6インチ、解像度1,920×1,080のIPS液晶
  • プロセッサはQualcomm Snapdragon S616 オクタコア
  • RAMは3GB
  • ストレージは32GB(microSDカードで最大128 GBまで増設可能)
  • バッテリーは3000 mAh(連続待受時間は3G時が約439時間、LTE時が約439時間)
  • カメラは背面1,300万画素、前面500万画素
  • OSはAndroid 5.0.2

Amazonで「ZenFone 2 Laser」(ZE601KL)をチェックする

楽天で「ZenFone 2 Laser」(ZE601KL)をチェックする

ヤフーショッピングで「ZenFone 2 Laser」(ZE601KL)をチェックする

<関連記事>

ASUS製品をまとめて紹介!

格安スマホは意外と高い?! 激安でASUS ZenFoneシリーズを手に入れる方法

<コスパのいいスマホ>

一万円以下で買えちゃう?! SIMフリーで使える通話専用ガラケー/スマホ まとめ

1万5千円前後で買える性能の高いスマホ まとめ

2万円台で買えるリッチなスマホ 全機種を比較 

<ハイスペックなスマホ>

注文殺到で売れまくり! 3万円台で買えるハイスペックスマホ まとめ

選ばれし者だけが使う究極のハイスペックスマホ まとめ