「Xiaomi Redmi K30」スペック、ベンチマーク、Mi Note 10 比較


驚異の6眼スマホ「Xiaomi Redmi K30」のスペック、ベンチマーク、特徴、価格、対応バンドを紹介! 「Xiaomi Mi Note 10」との比較・違いやお得なセール&クーポン情報も合わせて掲載しています。

※日本のAmazonで発売されました。GearBest、Banggood、AliExpressでも販売中です。

このページ内の目次

「Xiaomi Redmi K30」の概要

Xiaomi Redmi K30」はAndroid 10ベースのMIUI 11を搭載した6.67型のスマートフォン。厚さ8.79mm、重さ208gのボディにQualcomm Snapdragon 730G オクタコア プロセッサと6GBメモリを搭載。20:9のフルスクリーン液晶、 128GB UFS 2.1 ストレージ、4500mAhバッテリ、背面64.0MP + 8.0MP + 2.0MP + 2.0MPのメインカメラ、前面20.0MP + 2.0MPのデュアルカメラを備えるほか、Game Turbo 2.0、液体冷却システム、120Hzリフレッシュレート、指紋認証(側面)、NFC、27W 急速充電、USB Type-C、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 5.0、赤外線リモコン機能にも対応している。

公式ページ 「Xiaomi Redmi K30」
https://www.mi.com/redmik30

非公式レビュー動画 ディスプレイの見え方やボディの質感・操作・アプリ・ゲームプレイの様子が分かる

Amazonで「Xiaomi Redmi K30」をチェックする

GearBestで「Xiaomi Redmi K30」をチェックする

Banggoodで「Xiaomi Redmi K30」をチェックする

AliExpressで「Xiaomi Redmi K30」をチェックする

Amazonで「Xiaomi Mi Note 10」(CC9 Pro)をチェックする

「Xiaomi Redmi K30」 スペック 一覧

  • ディスプレイ 6.67 インチ、解像度2400×1080 pxのIPS 液晶
    ※20:9 / FHD + / ナイトモード / リーディングモード / 色温度調整 / Corning Gorilla Glass 5 / HDR 10 / 120Hzリフレッシュレート / ブルーライト低減
  • プロセッサ Qualcomm Snapdragon 730G オクタコア
    ※8 nm / 64bit / 8コア / 最大2.2 GHz
  • GPU Adreno 618, max to 700MHz
    ※Game Turbo 2.0
  • RAM(メモリ) 6GB LPDDR4X 1866MHz
  • ストレージ 128GB UFS 2.1
  • 外部ストレージ microSDカードで最大256GBまで
  • バッテリー 4500mAh
  • 充電 27W 急速充電 68分で100%充電
  • 背面カメラ  64.0MP + 8.0MP + 2.0MP + 2.0MP AI対応
    64 MP=f / 1.9、26mm(ワイド)、1 / 1.7インチのSonyセンサー、0.8µm、PDAF
    8 MP=f / 2.2、13mm(超広角120度)、1 / 4.0 “、1.12µm
    2 MP=f / 2.4、1 / 5.0 “、1.75µm(専用マクロカメラ)
    2 MP=f / 2.4、1 / 5.0 “、1.75µm、深度センサー
  • 前面カメラ 20.0MP + 2.0MP AI対応
    20 MP=f / 2.2、27mm(幅)、1 / 3.4 “、0.8µm
    2 MP=f / 2.4、1 / 5 “、1.75µm、深度センサー
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(A-GPS, GLONASS, GALILEO, BDS)、NFC
  • インターフェース USB Type-C 、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー 指紋(サイドマウント)、加速度計、ジャイロ、近接、コンパス
  • オーディオ 1216 0.5 mm の最大高振幅 ウルトラリニアスピーカー、Smart PA 超高電圧大音量
  • OS Android 10 + MIUI 11
  • サイズ 165.3 x 76.6 x 8.79mm
  • 重量 208g
  • カラー レッド、ブルー、パープル
  • SIMカード Nano SIM
  • 対応バンド
    4G: LTE FDD: B1/B3/B5/B8  TDD: B34/B38/B39/B40/B41
    3G: WCDMA: B1/B5/B8 TDSCDMA: B34/B39  CDMA EVDO BC0
    2G: GSM B2/B3/B5/B8 CDMA 1X: BC0

「Xiaomi Redmi K30」のベンチマーク


Xiaomi Redmi K30」のAnTuTuアプリによるベンチマークスコアは、

総合で「259758」、CPUで「87866」、GPUで「68820」、MEMで「49123」、UXで「53949」。

※Antutuスコアとは3D性能、UX速度、CPU性能、RAM性能を総合した評価点のこと。

参考資料「Xiaomi Mi Note 10」のベンチマーク

参考資料として「Xiaomi Mi Note 10」のベンチマークスコアを紹介します。

Xiaomi Mi Note 10」のAnTuTu ベンチマーク スコアは、

総合で「255058」、CPUで「95082」、GPUで「70844」、UXで「41998」、MEMで「47134」。

「Xiaomi Redmi K30」の特徴

Xiaomi Redmi K30」の特徴を、「Xiaomi Mi Note 10」との違いをふまえてまとめてみました。

20:9のフルスクリーン液晶・パンチホール式で画面が圧倒的に広い

Xiaomi Redmi K30」は「Xiaomi Mi Note 10」よりも0.2インチ大きい6.67 インチ(解像度2400×1080 px)のIPS 液晶を搭載。画面がより広く見えるパンチホール式カメラアスペクト比 20:9を採用し、19.5:9の「Xiaomi Mi Note 10」よりもより高い没入感を体験できるようになっています。また、現実に近い明暗コントラストや豊かな色合いを表現する「HDR 10」技術に対応。目の負担を軽減するブルーライト低減や傷や破損を防ぐGorilla Glass 5も採用しています。

リフレッシュレート120Hzで超滑らか再生・Game Turbo 2.0でゲームも快適

Xiaomi Redmi K30」はハイスペックなゲーミングスマートフォンと同じリフレッシュレート120Hzを採用。「Xiaomi Mi Note 10」よりも滑らかに映像を再生できるようになっています。また、「Game Turbo 2.0」を採用。ゲームプレイを中断することなく、バックグラウンドで、ネットワークの切り替え・メッセージのブロック・通話応答を実行することができます。

Snapdragon 730G&6GBメモリで高速動作・液体冷却で熱暴走なし

Xiaomi Redmi K30」は「Xiaomi Mi Note 10」と同じく、Qualcomm Snapdragon 730G オクタコア プロセッサを搭載。8 nmプロセスで製造された64ビット対応の 8コアプロセッサで、Antutuベンチマークスコアは総合で約25万9千点を記録しています。また、大容量6GBメモリと高いグラフィック性能を発揮するAdreno 618 GPUを搭載。独立した液体冷却システム(ヒートパイプ)も採用し、熱暴走(オーバーヒート)することなく安定してパフォーマンスを発揮できるようになっています。

Sony 64MPクアッドカメラ・120度の超広角撮影やマクロ撮影も自在

Xiaomi Redmi K30」は背面に64MP + 8.0MP + 2.0MP + 2.0MPのクアッドカメラを搭載。64MPメインカメラではSonyセンサーを採用し、超高精細な写真を撮影することができます。また、8MPカメラでは120度の超広角撮影が、2MPカメラでは2cmまで被写体に近づいて撮影できるマクロ撮影リアルタイムで背景をぼかした撮影が可能になっています。そのほか、夜景などをキレイに撮影できるスーパーナイトシーンモードを搭載。AI機能による自動シーン認識にも対応しています。

20MPデュアルフロントカメラ・ショートムービーも簡単に作れる

Xiaomi Redmi K30」は前面に20.0MP + 2.0MPのデュアルカメラを搭載。前面32 MPの「Xiaomi Mi Note 10」よりも画素数が低いですが、その分背景をぼかした美しいポートレート写真が簡単に撮影できるようになっています。また、テンプレートを利用して字幕付きのショートムービーが簡単に撮影できる機能を搭載。AI機能に対応するほか、アバター機能「Mimoji」パノラマ自撮り機能も利用できるようになっています。

大容量4500mAhバッテリ・27W 急速充電も利用できる

Xiaomi Redmi K30」は大容量4500mAhバッテリを搭載。一日充電なしで使用できます。また、27W の急速充電に対応。68分でフル充電することができます。なお、「Xiaomi Mi Note 10」は760mAh多い5260 mAhバッテリを搭載。約2日間 駆動できるほか、30Wの高速充電にも対応しています。

3D曲面ガラスの薄型ボディ・側面に指紋認証も

Xiaomi Redmi K30」は光の反射で美しく照り輝く3D曲面ガラス デザインを採用。厚さ8.79mmの薄型ボディでスタイリッシュで高級感のあるボディに仕上がっています。また、本体側面に指紋認証センサーを搭載。画面内指紋認証を採用する「Xiaomi Mi Note 10」と違い、ボタンにタッチすることですばやくロック解除できるようになっています。

「Xiaomi Redmi K30」と「Xiaomi Mi Note 10」 のスペックを比較

Xiaomi Redmi K30」と「Xiaomi Mi Note 10」 (CC9 Pro)のスペックを比較してまとめてみました。

ディスプレイの違い

Xiaomi Redmi K30」  6.67 インチ、解像度2400×1080 pxのIPS 液晶
※20:9 / FHD + / ナイトモード / リーディングモード / 色温度調整 / Corning Gorilla Glass 5 / HDR 10 / 120Hzリフレッシュレート / ブルーライト低減

Xiaomi Mi Note 10」   6.47インチ、解像度1080 x 2340 pxの3D曲面 AMOLED液晶
※19.5:9 / 398 ppi / 画面比率 87.8% / Corning Gorilla Glass 5 / 600 nits / DCI-P3 / HDR10 / Always-on display

プロセッサの違い

Xiaomi Redmi K30」  Qualcomm Snapdragon 730G オクタコア
※8 nm / 64bit / 8コア / 最大2.2 GHz

Xiaomi Mi Note 10」  Qualcomm Snapdragon 730G Octa-core 2.2 GHz
※8 nm プロセス / 64bit / Kryo 470

GPUの違い

Xiaomi Redmi K30Adreno 618, max to 700MHz
※Game Turbo 2.0

Xiaomi Mi Note 10Adreno 618 最大 700 MHz
※Game Turbo 2.0

RAM(メモリ)の違い

Xiaomi Redmi K306GB LPDDR4X 1866MHz

Xiaomi Mi Note 10」  6GB LPDDR4x

ストレージの違い

Xiaomi Redmi K30128GB UFS 2.1 microSDカードで最大256GBまで

Xiaomi Mi Note 10」   128GB microSDカードで最大128GBまで

バッテリーの違い

Xiaomi Redmi K304500mAh   27W 急速充電

Xiaomi Mi Note 105260 mAh 駆動時間 約2日間 30Wの高速充電

カメラの違い

Xiaomi Redmi K30背面 64.0MP + 8.0MP + 2.0MP + 2.0MP、前面20.0MP + 2.0MP

Xiaomi Mi Note 10背面 108 MP+12 MP+5 MP+20 MP+2 MP 、前面32 MP

ワイヤレス通信の違い

Xiaomi Redmi K30」 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(A-GPS, GLONASS, GALILEO, BDS)、NFC

Xiaomi Mi Note 10」  Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0 ( A2DP, LE, aptX HD ) , GPS(A-GPS, GLONASS, GALILEO, BDS)、NFC

インターフェースの違い

Xiaomi Redmi K30」 USB Type-C 、3.5mmイヤホンジャック

Xiaomi Mi Note 10」  USB Type-C、3.5mmイヤホンジャック

セキュリティの違い

Xiaomi Redmi K30」 指紋認証(側面)

Xiaomi Mi Note 10」  画面内指紋認証

OSの違い

Xiaomi Redmi K30」 Android 10 + MIUI 11

Xiaomi Mi Note 10」  Android 9.0 Pie + MIUI 11

サイズ・重量・カラーの違い

Xiaomi Redmi K30サイズ 165.3 x 76.6 x 8.79mm、重量 208g、カラー レッド、ブルー、パープル

Xiaomi Mi Note 10サイズ 157.8 x 74.2 x 9.7 mm、重量 208 g、カラー ミッドナイトブラック グレーシャーホワイト オーロラグリーン

「Xiaomi Redmi K30」のメリット・デメリット

Xiaomi Redmi K30」のメリットデメリットを、「Xiaomi Mi Note 10」との違いをふまえてまとめてみました。

<メリット>

「Xiaomi Mi Note 10」の液晶ディスプレイよりも0.2インチ大きく、よりワイドなアスペクト比になっている

「Xiaomi Mi Note 10」の液晶と違い、120Hzリフレッシュレートに対応している

「Xiaomi Mi Note 10」と違い、前面カメラがデュアルカメラになっている

「Xiaomi Mi Note 10」よりもOSのバージョンが新しい

「Xiaomi Mi Note 10」よりも本体が0.91mm薄い

「Xiaomi Mi Note 10」よりも価格が安い

<デメリット>

「Xiaomi Mi Note 10」と違い、有機EL液晶を採用していない

「Xiaomi Mi Note 10」よりもバッテリ容量が760mAh分少ない

「Xiaomi Mi Note 10」のカメラよりも画素数が低い

「Xiaomi Mi Note 10」と違い、画面内指紋認証を採用していない

「Xiaomi Redmi K30」の価格は?

Xiaomi Redmi K30」は、

日本のAmazonで37,500円、

GearBestで40247 円、

Banggoodで34,663円、

AliExpressでUS $243.69 – 299.99、

で販売されています。

Amazonで「Xiaomi Redmi K30」をチェックする

GearBestで「Xiaomi Redmi K30」をチェックする

Banggoodで「Xiaomi Redmi K30」をチェックする

AliExpressで「Xiaomi Redmi K30」をチェックする

「Xiaomi Redmi K30」のセール・クーポン情報は?

 

Xiaomi Redmi K30」のセール・クーポン情報はまだありませんが、大規模なセール期間中にクーポンが配布され、さらに安くなることがあります。頻繁にサイトをチェックすることをおすすめします。

 

GearbestでXiaomiスマホの激安セールが開催中!

GearbestでXiaomiスマホの激安セールが開催中です。お得なクーポンが大量に配布されているので、ぜひチェックしてみてください。

Xiaomi クーポン掲載ページ 一覧 GearBest

 

BanggoodでXiaomiスマホが大幅値下げ!

BanggoodでXiaomiスマホが大幅値下げされています。

Banggoodで「Xiaomiスマホセール」をチェックする

 

 

 

「Xiaomi Redmi K30」の対応バンドを詳細にチェック!

Xiaomi Redmi K30」の対応バンドは以下の通りです。

4G: LTE FDD: B1/B3/B5/B8  TDD: B34/B38/B39/B40/B41
3G: WCDMA: B1/B5/B8 TDSCDMA: B34/B39  CDMA EVDO BC0
2G: GSM B2/B3/B5/B8 CDMA 1X: BC0

SIMカードはNano SIMを採用しています。

以下、「Xiaomi Redmi K30」の対応バンドを詳細に紹介していきます。

「Xiaomi Redmi K30」のドコモ回線対応状況

Xiaomi Redmi K30」の4G LTE通信は日本全国で利用できるバンド1、 東京・名古屋・大阪の高速通信バンド3に対応。地下や郊外でも繋がりやすいプラチナバンドの19には対応していません。3G通信は日本全国で使えるバンド1に対応していますが、極一部の山岳地帯や農村地区をサポートするFOMAプラスエリア(バンド6の800MHz帯と、バンド19の800MHz帯)には非対応なので該当地域へ行くときは注意が必要です。

Xiaomi Redmi K30」はドコモLTE通信バンドのほとんどに対応し、3Gも主なバンドに対応しているので大部分のエリアで快適な通信が可能です。

主なドコモ回線SIM:楽天モバイル、LINEモバイル、BIGLOBE、DMMモバイル、OCNモバイル、IIJmio、イオンモバイルなど

「Xiaomi Redmi K30」のソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

※ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しています。

Xiaomi Redmi K30」の4G LTEは、メインとなる バンド1、エリアが広い元Emobile回線のバンドの3、通信エリアを広くカバーするプラチナバンドの8に対応。また、モバイルWiFiやSoftbank Airなどに使われる、通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41にも対応。3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています。

Xiaomi Redmi K30」はソフトバンクやワイモバイルのスマホと同じように通信できる対応バンドを持っています

「Xiaomi Redmi K30」のau回線対応状況

Xiaomi Redmi K30」はau VoLTE SIMのバンドに対応し、通話もデータ通信も行えることになっています。しかし、au回線は対応バンドが合致していても、うまく通信できない場合があります。実機レビューなどでau VoLTE SIMが利用できるのを確かめた上で、購入した方がいいでしょう。