「HUAWEI Band 4 Pro」スペック、特徴、価格、Galaxy Fit 比較


ファーウェイの最新リストバンド活動量計「HUAWEI Band 4 Pro」のスペック、特徴、価格を紹介! サムスン「Galaxy Fit」との比較・違いやお得なセール&キャンペーン情報も合わせて掲載しています。

※Amazon、楽天市場、ヤフーショッピングなどで予約販売中。 2020年1月17日から発送開始です。

「HUAWEI Band 4 Pro」 の概要

HUAWEI Band 4 Pro」は光学式心拍計を備えたリストバンド型の活動量計。5気圧防水ボディにタッチ対応で0.95インチのフルカラー有機EL液晶を搭載。約12日間駆動する100 mAhバッテリーを搭載するほか、24時間の心拍測定(HUAWEI TruSeen 3.5)、HUAWEI TruSleepTM 2.0による睡眠トラッキング、11種類のワークアウト(スポーツモード)トラッキング、GPS機能(地図データ表示)、スマート通知(スマートフォンとの連携機能)、スマートフォン探索、リモート撮影、 アラーム設定、Bluetooth 4.2、ウォッチフェイスのダウンロード(Androidのみ)にも対応している。

公式ページ 「HUAWEI Band 4 Pro」
https://consumer.huawei.com/jp/wearables/band4-pro/

公式レビュー動画 ディスプレイの見え方やボディの質感・操作・充電の様子が分かる

Amazonで「HUAWEI Band 4 Pro」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI Band 4 Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI Band 4 Pro」をチェックする

ビックカメラで「HUAWEI Band 4 Pro」をチェックする

AliExpressで「HUAWEI Band 4 Pro」をチェックする

「HUAWEI Band 4 Pro」 スペック 一覧

  • 計測できるもの 歩数、消費カロリー、距離、速度、心拍数(24時間)、睡眠(HUAWEI TruSleepTM 2.0)、VO2max(最大酸素摂取量)、ストレスレベル
  • 機能 ワークアウトのトラッキング(11種類)、スマート通知 (着信 / メッセージ / メール / カレンダー / SNS アプリ等)、スマートフォン探索、リモート撮影(EMUI8.1以上のHUAWEI端末)、 アラーム設定、心拍アラート
  • ワークアウト(スポーツ) 屋外/屋内ランニング、屋外/屋内ウォーキング、屋外/屋内サイクリング、エリプティカル、ローイング、プール、オープンウォーター、自由訓練
  • ディスプレイ 0.95インチ、解像度240 × 120 ピクセルのAMOLEDカラー液晶
    ※タッチ対応
  • バッテリー容量 100 mAh
  • 駆動時間
    通常使用:約12日間
    ※HUAWEI TruSleep™と心拍数の継続的監視を無効、手首を挙げて画面起動をOFF、1日30回画面点灯
    GPS連続使用:約7時間
    ファーウェイラボのデータに基づいています。1日30回程度の画面点灯、睡眠・心拍数モニタリングをOFF、「手首を上げて画面を起動」モードをOFFにした際のバッテリー持続時間です。実際の使用状況によって変動します。
  • 操作 スマートアシスタント タッチスクリーン+タッチキー
  • 充電端子 充電クレードルに固定された2つのPIN充電ポート
  • 防水 5ATM 5気圧防水 50m防水
  • GPS 対応
  • Bluetooth 4.2、周波数: 2.4 GHz、接続距離は10 m以内(開放エリア)
  • 対応OS Android 4.4 以降 iOS 9.0 以降
  • アプリ HUAWEI Healthアプリ
  • 動作環境温度: -10℃~+45℃
  • センサー 6軸センサー(加速度センサー+ジャイロセンサー)、光学式心拍センサー、装着検知センサー
  • 材質:ステンレス+プラスチック
  • ストラップ 材質:シリコン、幅:16.5 mm (ストラップを完全に緩めた場合)、長さ:長いストラップは約120 mm、短いストラップは約92 mm
  • サイズ 約45 mm × 約19 mm × 約11 mm(縦 × 幅 × 厚さ)
  • 重量 約25 g(ストラップを含む)
  • カラー グラフィットブラック・ピンクゴールド・シナバーレッド

「HUAWEI Band 4 Pro」の特徴

HUAWEI Band 4 Pro」の特徴を、サムスン「Galaxy Fit」との違いをふまえてまとめてみました。

0.95インチの有機EL液晶・ウォッチフェイスも変更できる

HUAWEI Band 4 Pro」は、サムスン「Galaxy Fit」と同じ0.95インチの有機EL液晶を搭載。解像度240 × 120 ピクセルの高精細な液晶で、コントラストの高い色鮮やかな映像を映し出します。また、「HUAWEI Watch Face Store」からウォッチフェイスをダウンロードすることが可能。その日の気分に合わせてウォッチフェイスを変更することができます。

24時間の心拍モニタリング・AIアルゴリズムでより正確に計測

HUAWEI Band 4 Pro」は24時間モニタリングできる光学式心拍計を搭載。サムスン「Galaxy Fit」と違い、ファーウェイ独自のAIアルゴリズムで、心拍数をより正確に計測することができます。また、心拍アラート機能を搭載。心拍数の異常を検知し、振動で知らせてくれます。

4つのレベルで分かりやすい睡眠モニタリング・快眠のためのアドバイスも

HUAWEI Band 4 Pro」は、心拍数をもとに睡眠をより正確にモニタリング(※HUAWEI TruSleep 2.0)。サムスン「Galaxy Fit」と違い、計測結果を4つのレベルに分けて表示することができます。また、睡眠を分析することで6種類の睡眠に関する課題をピックアップ。快眠のためのアドバイスを受けることができます。

GPS内蔵でスマホなしトレーニング・ルートも確認できる

HUAWEI Band 4 Pro」は本体にGPSセンサーを内蔵。スマートフォンなしでも速度や距離、ルートを計測することができます。また、計測したデータをもとに経路(ルート)を地図上に表示することが可能。スマートフォンでGoogle MapYAMAPアプリを使い、
ランニング、ウォーキング、サイクリング、オープンウォータースイミング(海、川、湖など、自然の水域で行われる長距離の水泳競技)などのトレーニングルートを確認することができます。

11種類のワークアウト トラッキング・5気圧防水で水泳にも対応

HUAWEI Band 4 Pro」は11種類のワークアウト トラッキングに対応。6種類のみのサムスン「Galaxy Fit」と違い、屋外/屋内ランニング、屋外/屋内ウォーキング、屋外/屋内サイクリング、エリプティカル、ローイング、プール、オープンウォーター、自由訓練を自動で計測することができます。また、5気圧防水に対応。水泳中の距離、ラップ、アクティブな消費カロリー、速度、ストローク数、ストロークタイプ、SWOLFを記録することができます。

スマホの通知を確認・音楽の再生コントロールやリモート撮影も

HUAWEI Band 4 Pro」はBluetoothでスマートフォンと連携することが可能。スマートフォンからの通知、メッセージを画面上に表示することができます。また、スマートフォン上で再生している音楽をコントロールすることが可能。EMUI8.1以上のHUAWEI端末を利用してスマートフォンのカメラをリモート撮影することもできます。

「HUAWEI Band 4 Pro」と「Galaxy Fit」のスペックを比較

HUAWEI Band 4 Pro」と「Galaxy Fit」 のスペックを比較してまとめてみました。

計測可能なものの違い

HUAWEI Band 4 Pro」 歩数、消費カロリー、距離、速度、心拍数(24時間)、睡眠(HUAWEI TruSleepTM 2.0)、VO2max(最大酸素摂取量)、ストレスレベル

Galaxy Fit」 アクティビティ、睡眠、心拍、ストレスレベル

機能の違い

HUAWEI Band 4 Pro」ワークアウトのトラッキング(11種類)、スマート通知 (着信 / メッセージ / メール / カレンダー / SNS アプリ等)、スマートフォン探索、リモート撮影(EMUI8.1以上のHUAWEI端末)、 アラーム設定、心拍アラート

Galaxy Fit」  「自動ワークアウトトラッキング」機能、メールなどへ定型文で返信するQuick Reply機能、6つのトレーニングモード(ランニング、ウォーキング、サイクリング、エリプティカルトレーナー、ローイングマシン、ダイナミックトレーニング)

ディスプレイの違い

HUAWEI Band 4 Pro」0.95インチ、解像度240 × 120 ピクセルのAMOLEDカラー液晶
※タッチ対応

Galaxy Fit」  0.95インチ、フルカラーAMOLED(有機EL)液晶
※タッチ対応でスワイプ操作が可能

バッテリーの違い

HUAWEI Band 4 Pro」 100 mAh 通常使用で約12日間、GPS連続使用で約7時間

Galaxy Fit」   120mAh 最長7日間

充電の違い

HUAWEI Band 4 Pro」 POGOピン 専用充電ケーブルで充電
※USBの直挿し充電は不可

Galaxy Fit」  無線でのワイヤレス充電 ※Qi対応ではない

ワイヤレス通信の違い

HUAWEI Band 4 Pro」 Bluetooth 4.2

Galaxy Fit」   Bluetooth v5.0 LE

センサーの違い

HUAWEI Band 4 Pro」 6軸センサー(加速度センサー+ジャイロセンサー)、光学式心拍センサー、装着検知センサー

Galaxy Fit」  心拍、加速度計、ジャイロ

アプリの違い

HUAWEI Band 4 Pro」 専用アプリ HUAWEI Healthアプリ

Galaxy Fit」  専用アプリ「Galaxy Wearable」

防水の違い

HUAWEI Band 4 Pro」  5ATM 5気圧防水 50m防水

Galaxy Fit」  5気圧防水(5ATM防水等級)

サイズ・重量・カラーの違い

HUAWEI Band 4 Pro」 サイズ 約45 mm × 約19 mm × 約11 mm(縦 × 幅 × 厚さ)、重量 約25 g(ストラップを含む)、カラー グラフィットブラック・ピンクゴールド・シナバーレッド

Galaxy Fit」 サイズ 本体サイズは18.3(幅)×45.1(高さ)×11.2(奥行)mm、重量は23g、カラー ブラック、シルバー

「HUAWEI Band 4 Pro」のメリット・デメリット

HUAWEI Band 4 Pro」のメリットデメリットを、サムスン「Galaxy Fit」との違いをふまえてまとめてみました。

<メリット>

「Galaxy Fit」と違い、VO2max(最大酸素摂取量)も測定できる

「Galaxy Fit」と違い、11種類のワークアウト(スポーツ)を測定できる

「Galaxy Fit」と違い、最長で約12日間 駆動できる

「Galaxy Fit」よりも本体カラーの種類が多く、ピンクやレッドカラーも選択できる

<デメリット>

「Galaxy Fit」と違い、メールなどへ定型文で返信するQuick Reply機能がない

「Galaxy Fit」よりもバッテリ容量が20mAh分少ない

「Galaxy Fit」と違い、ワイヤレス充電に対応していない

「Galaxy Fit」よりもBluetoothのバージョンが古い

「HUAWEI Band 4 Pro」の価格は?

HUAWEI Band 4 Pro」は、

Amazonで8,888円、

楽天市場で9,680円〜 (税込)、

ヤフーショッピングで9,680円〜 (税込)、

ビックカメラで9,680円 (税込)、

AliExpressでUS $50.88 – 59.88、

で販売されています。

Amazonで「HUAWEI Band 4 Pro」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI Band 4 Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI Band 4 Pro」をチェックする

ビックカメラで「HUAWEI Band 4 Pro」をチェックする

AliExpressで「HUAWEI Band 4 Pro」をチェックする

廉価版の「HUAWEI Band 4」も発売中!

廉価版の「HUAWEI Band 4」も発売中です。詳しい説明は以下のページにまとめてあります。

「HUAWEI Band 4」スペック、特徴、価格 Xiaomi Mi Band 4比較 

「HUAWEI Band 4 Pro」のセール・キャンペーン情報は?

HUAWEI Band 4 Pro」のセール・キャンペン情報はまだありませんが、大規模なセール期間中にクーポンが配布され、さらに安くなることがあります。頻繁にサイトをチェックすることをおすすめします。

 

 

 

ビックカメラ.com