2019 最新 IoT家電 スマート化に役立つガジェット まとめ


2019年に入り、今まで見たこともなかった新しいIoT 家電 が続々と登場しています。スマートスピーカーの普及に伴ってGoogle アシスタントやAmazon Alexa対応の製品が増加。照明などの家電だけでなく美容や健康など身近な日常生活に役立つ製品も増えています。今回はそんなスマート化に役立つ 2019 最新 IoT家電 ガジェット をまとめて紹介します。

以下、Amazonや楽天市場、ヤフーショッピングなどで販売しているものを紹介します。発売時期がやや古いものでも2019年にAmazonに入荷したものやバージョンアップして新たな機能を追加したものも含めて紹介します。

家電操作・Web連携に役立つ最新 IoT 家電 ガジェット

ここでは家電操作(リモコン)・Web連携(IFTTT)に役立つ最新 IoT 家電 ガジェットをまとめて紹介します。AI機能を搭載するものや物理キーでWebサービスを発動させるもの、壁のスイッチをスマートWi-Fi化させるもの、防水防塵で屋外でも使えるスマートプラグなどが登場しています。

人工知能WiFiスマート家電コントローラリモコン「Ambi Climate 2 」

Ambi Climate 2 」はAI機能を搭載したエアコン用のWiFiスマート家電コントローラ(リモコン)です。温度調整などのフィードバックを学習分析することで、最適な温度を保つことができます。接続はスマホアプリをダウンロードし、エアコンとペアリングするだけ。温度、湿度、気象、時間帯、日光を分析できるほか、外出先から自宅の状態を確認することもできます。アプリはiOS と Android に対応。Amazon Alexa、Google Home、IFTTTにも対応しています。

Amazonで「Ambi Climate 2 」をチェックする

Wi-Fi対応のスマートキースイッチ「Cerevo Hackey CDP-HK01A」

Cerevo Hackey CDP-HK01A」は本体の鍵をひねることでWebサービスを発動できるスマートキースイッチです。「IFTTT」「Zapir」「myThings」いったサービスを利用することで、「鍵をひねってTwitterにメッセージを送る」「スマート電球の点灯をコントロールする」「天気予報の結果をLEDで通知する」といったWebサービスのアクションを発動させることができます。

Amazonで「Cerevo Hackey CDP-HK01A」をチェックする

「スマートWiFiライトウォールスイッチ」

スマートWiFiライトウォールスイッチ」は壁のスイッチをスマート化するWiFiライト用のスイッチ。専用アプリ「Smart Life」を使用することで、スマートフォン上からライトのON/OFFを操作できる。また、Googleアシスタント、Amazon Alexaに対応し、音声でライトのON/OFF操作が可能。壁のスイッチに取り付けずに、本体だけでも機能を利用できる。

Amazonで「スマートWiFiライトウォールスイッチ」をチェックする

「スマート 壁スイッチ Link-S2」

スマート 壁スイッチ Link-S2」は既設の壁スイッチをLink-S2と交換・Wi-Fi化することで、IoT化する製品。専用アプリ「Link-S2アプリ」でスマートフォン上からライトをON/OFFできるほか、Amazon AlexaやGoogle Assistant経由による音声操作も可能です。また、起床など、生活のシーンに応じた「スケジュール設定」が可能で、指定した時間帯の間にランダムに照明をON/OFFさせて防犯に役立てることも。内蔵されている人感センサを活用したサービス「みまもり」(※有料で月額400円)も利用できます。

Amazonで「スマート 壁スイッチ Link-S2」をチェックする

「BMK スマートプラグ IP44 防水 防塵 」

「BMK スマートプラグ IP44 防水 防塵」はIP44の防水防塵に対応したスマートプラグです。接続は有線LANを採用し、本体に電気プラグ(2本まで対応)を挿すことで、家電をワイヤレスで制御できるようになります。時間設定機能で特定の時間に電源をオン/オフすることも可能です(最大8組まで)。Amazon Alexa & Googleアシスタント対応で音声操作にも対応します。

照明・ライト・アラーム・温度計・窓開閉に役立つ最新 IoT 家電 ガジェット

ここでは照明・ライト・アラーム・温度計・窓開閉に役立つ最新 IoT 家電 ガジェットをまとめて紹介していきます。照明&AIスピーカーとして使えるもの、スマホなどからアラーム設定して音声で知らせてくれるもの、スマートフォンと連携できる温湿度計、スマートフォンと連携できるテーブルランプ、スマホと連携できる自動窓開け機などが登場しています。

「Sony Multifunctional Light」(LGTG-100/WHC J1)

「Sony Multifunctional Light」(LGTG-100 WHC J1)は人感・温度・湿度・照度のセンサー、マイク、スピーカーなどを内蔵した照明器具マルチファンクションライトです。人の存在を検知して自動的に明かりをコントロールしたり、起床・就寝時に明かりと音で次の行動を促したりすることができます。また、Multifunctional Lightに接続しているテレビやエアコンのスイッチを、設定時間や部屋の温度に合わせてコントロールすることも。温度や湿度、明るさなどの家の状況を屋外の外出先からでも確認できるほか、スマートフォンの音楽ファイルを無線LAN経由で再生することもできます。2019年からAmazon Alexa、Google アシスタントにも対応しています。

Amazonで「LGTG-100 WHC J1」をチェックする

「キングジム スマートアラーム LT10」

キングジム スマートアラーム LT10」は無線LANを通じてスマートフォンやパソコンから簡単にアラームを設定できるデジタル時計です。声がアラームになる「ボイスメモ」機能で自分で録音した音声や、入力したテキスト情報を発声することもできます。また、天気予報やGoogleカレンダー上の予定を音声で読み上げることもできます。「Alexa(アレクサ)」、Google社「Googleアシスタント」の音声アシスタントはこれから連携する予定です。

Amazonで「キングジム スマートアラーム LT10」をチェックする

「SwitchBot スイッチボット デジタル 温湿度計」

SwitchBot スイッチボット デジタル 温湿度計」はスマートフォンと連携できる温湿度計です。付属のマグネットシートで冷蔵庫や壁などに取り付けることで、簡単に正確な温度や湿度を記録することができます。履歴として確認できるのは最新の30日間で、測定できる温度範囲は-20°C~80°Cまで。事前にアラームを設定しておくことで、異常が発生した際にBluetooth経由で知らせることもできます(※Android端末の場合は、別売の「Switch Bot Hub」という製品が必要になります)。

また、別売の「スイッチボットハブ」(SwitchBot Hub)と併用することで、IFTTT機能も利用可能になり、温度に応じて、エアコンをON/OFFすることも。Google アシスタント、Amazon Alexaとの連携で音声で温度・湿度状態を確認することもできます。

Amazonで「SwitchBot スイッチボット デジタル 温湿度計」をチェックする

「テーブルランプ スマートライト HUGOAI 」

テーブルランプ スマートライト HUGOAI 」はスマートフォンと連携できるテーブルランプです。Google アシスタント、Amazon Alexaと連携して音声から操作することもできます。専用アプリ「Smart Life」からはライトのオン/オフ、明るさ調整し、色の選択などの設定が可能。タイマーやシーンモードも利用できます。接続は無線LAN(2.4GHzのみ)を利用します。

Amazonで「テーブルランプ スマートライト HUGOAI 」をチェックする

サンコー自動窓開け機「ムーブウィンドウ」

サンコー自動窓開け機「ムーブウィンドウ」は工事せずに既存の窓に後付けして設置できる自動窓開け機。スマートフォンと連携し、スマホから窓の開閉を制御することができます。設置は窓枠に突っ張り棒をするように本体を取り付けるだけ。自宅のWi-Fiルータと接続することで、外出先から操作することができます。専用アプリ上から操作できるのは、手動開閉操作、時間指定による開閉操作、施錠、防犯アラームなど。アプリはiOS10.0以降、Android 4.1以降のスマートフォンに対応しています。

楽天市場で「ムーブウィンドウ」をチェックする

サンコー公式ショップで「ムーブウィンドウ」をチェックする

美容・健康・ペットに役立つ最新 IoT 家電 ガジェット

ここでは美容・健康・ペットに役立つ最新 IoT 家電 ガジェットをまとめて紹介していきます。肌の状態を分析・記録できるスマートミラーや睡眠サイクルを分析する睡眠パッド、スマホと連携できるスマート歯ブラシ、スマホと連携できるカメラ付きの自動給餌器などが登場しています。

「スマートミラー HiMirror Mini」

スマートミラー HiMirror Mini」は肌の状態を分析・記録できるスマートミラーです。鏡を見るだけで現在の肌の状態を簡単に確認することができます。

高度な皮膚分析が可能な肌分析エンジンにより、シワや小じわ、目の周りのくま、シミ、赤い斑点(赤み)、肌荒れ、毛穴を分析。スキンケアが最適化どうかの分析も行い、化粧品を登録することで、製品仕様後の実際の肌の状態も知ることができます。分析したお肌の詳細なデータはスマートフォンからも閲覧可能。本体には拡大鏡を搭載し、簡単にアイラインをひいたり、眉を整えたりすることができます。

Amazonで「スマートミラー HiMirror Mini」をチェックする

スマート睡眠パッド「Withings Sleep」

Withings Sleep」は睡眠サイクルを分析する睡眠パッド。深い/浅い眠り/レム、心拍数、いびき、呼吸の乱れを検出して記録することができます。

セットアップはワンステップの簡単操作。Wi-Fi経由で専用アプリ「Health Mate」に自動的にデータを同期できます。また、スマートフォンとも連携し、測定した睡眠スコアを確認することが可能。IFTTT統合機能も搭載し、他のIFTTT対応端末からのアクションを自動的に発生させることもできます。

Amazonで「Withings Sleep」(WSM02-ALL-JP)をチェックする

スマートハブラシ 「GUM PLAY」(ガムプレイ)

GUM PLAY」はスマホと連携できるスマートハブラシです。ハブラシの動きを認識するアタッチメントを装着することで、歯みがき中の動きや経過時間などのデータを記録し、磨き残しを防ぐことができます。記録したデータは日・週・月・年ごとに切り替えることが可能で、歯みがきした時間(棒グラフ)やみがき具合を点数と色で確認できます。アプリはiOS8.0以上、Android4.4以上(Bluetooth4.0以降)に対応。ゲーム感覚で歯磨きできる「MOUTH MONSTER」アプリも用意されています。

Amazonで「GUM PLAY」をチェックする

カメラ付きで便利なペット向け「WOpet自動給餌器」

WOpet自動給餌器」はスマホと連携できるカメラ付きの自動給餌器です。カメラ付きのため、ペットが餌をちゃんと食べているかどうかを確認することができます。専用アプリでは1日に4回の定時給餌が設定可能で、自動的にペットに給餌できます(※ON/OFFの設定も可)。また、デュアル電力供給に対応し、停電の場合に自動的にバッテリー給電状態に切り替わり、通常通り給餌することもできます(※停電時の遠隔操作には非対応)。

Amazonで「自動給餌器 カメラ付き」をチェックする

その他のおすすめ IoT家電&ガジェット

その他のおすすめ IoT家電&ガジェットはまだまだたくさんあります。IoT家電製品に興味のある方は以下の記事もチェックしてみてください。

<IoT製品>

生活を劇的に便利にするIoT製品 2018 まとめ 

<スマートスピーカー>

スマートスピーカーのオススメは? Alexa Google全機種を比較 

<スマートリモコン>

スマートリモコンで家電を操作! Alexa Google全機種を比較

<スマートテレビ>

新生活から使いたいスマートなテレビ おすすめ 2018&2019